月別アーカイブ:2011年08月


2011年08月16日

☆キッズプランナーオススメ新商品☆


皆さんこんにちは(≧3≦)/^^^

毎日暑い日が続いていますが夏バテなど大丈夫ですか??

熱中症にならない様にこまめに水分補給をして下さいね!!!

 

さて!!

今日ご紹介させていただくのは、こちらの新商品です♪♪

 


 

暑くても外で遊び回るお子さんにぴったり!!!

★メッシュキャップ(パイピング:Jrフリーサイズ) ¥2,845

 

ついにビッグサイズなエンブレムステッカー誕生!!!

☆エンブレムステッカー(大) \735(左)

 

自分のお気に入り+1でオリジナルを作っちゃおう!!!

2011シール \315(中央)

 

小学生に大人気の両面開きマグネット式筆箱!!!

☆ペンケース \1,260(右)

 

本日新商品を紹介してくれたのは・・

KIDS DREAM PLAN 2011』で1日ショップ店員をしてくれた真一君&和希君!!!

グッズ販売やフットサル大会のお手伝いをたくさんしてくれました(^▽^)/

 

ドリームハウスには新商品が入荷しています!!

ぜひこの夏休みにご家族揃ってお店へとお越し下さい♪♪

お待ちしております☆★☆                   


スタッフ一同



2011年08月02日

【メディカルブログ】vol.3 膝前十字靭帯損傷


今回はスポーツ選手に多い膝のケガ、前十字靭帯(以後、ACL)損傷についてです。


J
リーグでも、毎年数人の選手が受傷していて、比較的頻度の高い重傷の1つです。

ジャンプの着地、急激なターンやストップの際に膝が外側から内側に入ったり、相手からのタックルなどによって強く捻った場合などに受傷することが多くみられます。

膝には、主要な靭帯が4つあります。そのうち、前後方向や回旋の安定性に欠かせない靭帯がACLです。この靭帯を傷めてしまうと、膝の安定性が損なわれて、ターンやストップ動作の際に踏ん張ることができずに、膝から崩れるように倒れてしまうことが多くなります。


 
右膝を前から見た図


 一般的に治療は手術を選択します。特に選手は激しい動作をするので、手術をしない場合、筋力だけでは脚が安定せず、踏ん張れなかったり、再び膝を捻ったり、「また膝から崩れてしまうのではないか?」という恐怖感などから、パフォーマンスが低下してしまいます。
さらには、軟骨や半月板、他の靭帯を傷めやすくなり、選手生命を脅かす重篤な状況に陥りやすくなってしまいます。そのため、日本整形外科学会でも治療指針として手術を行うことを勧めています。

 


手術後は、膝へのリスクを考慮しながら、リハビリを行います。
現在、児玉選手は現在、手術後2ヶ月ですが、順調な経過であり、徐々にトレーニングの量が増え、質も高くなってきています。固定していた装具が外れ、脚の動きを思い出すために、足首・膝・股関節が滑らかな動作となるように日夜繰り返しリハビリに励んでいます。



▲児玉選手が実際に使用したACL装具



▲8月初旬、リハビリに励む児玉選手



手術後6ヶ月程度(残り4ヶ月)での復帰を目指しています。
  

児玉選手のピッチ上での勇姿を再びご覧いただける日まで、復帰までの4ヶ月間、皆さんお待ち下さい。

私たちメディカルスタッフも最善の努力を尽くします!

 

PT
 N