月別アーカイブ:2015年03月


2015年03月31日

U-14館山遠征レポートA


3月28日(土)、昨日の良いイメージを持って今日も元気にスタートです。





グラウンド横には大きな風車があります。羽根の根元部分が大型コンテナに相当する大きさのようで、今日も低い唸り音を響かせ回っています。





午前中の新潟戦は4-0で勝利しました。良いイメージを持ってプレーしていましたが、フィニッシュの精度、力強さなど課題は残りました。 点を奪う意識を高め、闘う姿勢をもっと押し出してほしいゲームでした。 





午後の三菱養和戦も勝利しましたが、課題を克服出来ずに終わってしまいました。特に昨日のミーティングで指摘した点が改善、修正出来ずに終わってしまった選手が多く残念でした。何となくその場しのぎでプレーするのでなく、出来ない事、課題を修正していく強い姿勢がほしいと改めて感じました。








29日(日)最終日の朝、朝食の時間が遅くなり、少し慌ただしく宿舎を出発。








今遠征で最終戦となるマリノス追浜戦、立ち上がり10分は良かったのですが、それ以降はペースダウンしてしまいました。結果は3-2で勝利しましたが、ボールがきてから考えるプレーが多く、簡単にボールを失ってしまう事が多かったと思います。








4日目で疲れも見えていましたが、ゲームをやるからには、闘い抜く強い精神力も養っていかなくてはなりません。
選手にはこの遠征で起きた事、改善点を次に繋げ、今日より明日という気持ちで今後も取り組んで欲しいと思いました。 


2015年03月28日

全国高校サッカー親善試合


全国高校サッカー親善試合(通称:清水高校サッカーフェスティバル)が3月26日(木)より29日(日)までの4日間、静岡市清水区を中心に開催されています。


今年で42回目を迎える歴史あるこのフェスティバルでは、多くの日本を代表する選手たちが活躍してきました。今年も県外からの招待チーム17チームと、県内の5チームが好ゲームを繰り広げています。








エスパルスユースでは、このフェスティバルと並行して聖一色寮での合宿を行っています。試合、スタッフによるレクチャー、ミーティング、そして寝食をともにし、4月開幕のプレミアリーグに向けてチームの団結力を高めていきます。 










2015年03月28日

U-14館山遠征レポート



3月26日(木)〜29日(日)、ジュニアユース新U-14は、千葉県館山市で行われている「横浜F・マリノスJY主催 研修合同キャンプ」に参加しています。


26日(木)、およそ4時間半の移動で館山に到着しました。この合同キャンプはJクラブの育成組織が集うフェスティバルで、各チームのバスが並んでいます。





到着後、仙台戦にむけすぐにウォーミングアップを行わなければなりませんが、準備の遅さを監督に指摘され、その影響からか試合の入り方も悪く、結果は完敗。良い面もありましたが悪い面もありました。





このような遠征でチーム全員で話し合い、次に繋げる事が重要であると再認識し、明日の試合に望むよう伝えました。
まだまだ成長中の選手たちが明日以降、どのように変わるかを期待したいと思います。 






翌27日(金)、清々しい朝を迎え、新たな気持ちで宿舎から試合会場に向かう選手たち。 





昨日の反省を活かし、試合に備え、準備万端です。





午前中に行われた千葉戦は、立ち上がりから精力的にボールを奪い、3-0で勝利しました。
改善していく中で1日1日の選手の成長を目の当たりにでき、指導者として嬉しい限りでした。









午後のマリノス戦は、攻守に渡り良いプレーの連続でした。試合は惜しくも負けてしまいましたが、技術はもちろん、精神面でも成長出来た試合でした。今日のような戦う姿勢を継続させ、明日に繋げて欲しいと思います。 







2015年03月24日

東海U15リーグ グランパス戦


3月22日(日)、鈴与三保グラウンドにて東海地域リーグ開幕から4連勝同士で迎えた首位攻防戦 エスパルスvsグランパスが行われました。
 

開始直後に大きなチャンスを作りましたが決め切ることができず、押し気味の展開でしたが0-0で前半を終了しました。 


後半はシンプルなカウンターからチャンスを作りましたが、得点には至らず、両者譲らずスコアレスドローのまま試合が終了しました。





の結果、グランパスと勝ち点と得失点差は同じですが、総得点でエスパルスは2位となり、東海地域リーグは春休みの中断に入ります。
 
2週間後にはJFAプレミアカップ東海大会が岐阜で開催されます。こちらは一発勝負のトーナメントで4年振りの全国大会出場を目指します。 

春休みに入り、各カテゴリーで試合や遠征が続きます。選手一人一人のレベルアップに期待し、4月から新学年となりさらに逞しく成長していってほしいと思います。


2015年03月15日

東海U15リーグ 岐阜VAMOS戦


開幕から3連勝で迎えた東海地域リーグU-15。
昨日、SC岐阜VAMOS戦が鈴与三保グラウンドにて行われました。

この週末からユース、ジュニアユースはユニフォームが新しくなり、トップチームと同じ新ユニホーム初披露です。 







ブロックを形成し、スペースを消す守備をしてくるVAMOSに対し、なかなか前線にパスを入れることができず、前半30分までシュートが打てなかったエスパルスでしたが、31分に得たコーナーキックのこぼれ球を佐塚洋介選手が相手GKの頭越しにシュートを決め、前半1-0としました。
 


後半立ち上がりから受け身の試合展開で、相手がボールを保持する時間が長くなる中、後半34分にまたもコーナーキックから蓮池光選手がヘディングで押し込み、追加点を奪いました。 後半、何回か招いたピンチもなんとか食い止め、無失点で開幕4連勝としました。



22日には、こちらも負けなしの名古屋グランパスU15との首位対決があります。 昨日の
試合からの課題をしっかり修正し、春休み中断期間前の大一番に臨みます。 




2015年03月01日

U-15リーグ2連勝!


先週開幕した東海地域リーグU-15。 
第2節の対戦相手はジュビロ磐田。昨日、U-15版静岡ダービーが行われました。 


お互い相手を意識してか堅い立ち上がりでしたが、前半11分に辻選手が両チームのファーストシュートで先制点をあげました。
 

その後も中盤での潰し合いが続く試合展開の中、前半終了間際に出口選手が追加点を奪い2-0で前半を折り返しました。 







後半は開始直後から攻勢を仕掛けるエスパルス。後半7分にコーナーキックのこぼれ球を中村選手が押し込み3-0とリードします。 
その後相手のクロスからシュートを打たれるも、GK天野選手が好セーブで得点を許さず無失点で勝利をおさめました。
 

次節は今年初のアウェーゲームでグランパス三好との対戦です。
普段と違う環境でも、しっかり力を発揮できるように頑張ります。