月別アーカイブ:2015年04月


2015年04月05日

JリーグU-16チャレンジリーグB


4月4日(土)チャレンジリーグ2日目、午前中はプルタミナ(インドネシア)と対戦しました。前半1点を先制したものの、ボールへの執着心が強い相手に後半開始早々攻め込まれる展開でしたが、相手の勢いを逆手にとって2得点し、3-0で勝利しました。

午後にはジェフユナイテッド千葉と対戦しましたが、0-3の完敗。多くの課題が発見され、選手たちには良い経験となりました。






全国にはこんなにすごい選手がいる、強いチームがあると選手たちは感じたはずです。 
その相手に負けたくない、必ず追いつき、追い越してやるという気持ちを持ってプレーを続けてほしいです。

この日は選手間でミーティングを行い、自分達のプレーを振り返りました。ノートに書き記された内容は客観的に自分達を見つめ、非常に建設的なものでした。


5日(日)の最終日、グループリーグ最終戦となるセレッソ大阪との対戦はキックオフから闘う姿勢が見られ、積極的なプレーが随所に見られました。 

互いにプレッシャーを掛け合う試合は、前半21分に相手の一瞬の隙をついてDFの背後を取った橋本和真選手が先制点を決めました。

後半も立ち上がりから相手陣に攻め込むエスパルスユース。後半2分に再びDFの背後をついた橋本選手の追加点で2-0としました。 後半15分にPKで失点をしましたが、その後も試合の主導権を握り続け、共にコーナーキックから橋本選手がハットトリックとなる3点目、鳥居大人選手がヘディングでダメ押しとなる4点目を奪い、4-1で勝利しました。 

この結果グループリーグで3位となり、5・6位決定戦でベトナムのPVFと対戦しました。 

PVFは非常にタフで速さのあるチームですが、エスパルスユースも相手の良さを消す前線からの守備で対抗しました。 

前半30分に滝裕太選手がスルーパスを受け先制点を奪いましたが、前半のアディショナルタイムにそれまで抑えていたPVFのカウンター攻撃から一瞬の隙を突かれ、前半を同点で終えました。 してはいけない時間帯での失点でしたが、選手達はもう一度集中力を高めて後半に臨み、後半17分の滝選手の得点で勝ち越し、そのまま最後まで集中を切らさず2-1でタイムアップとなりました。 この結果、5位で大会を終えました。


3日間で6試合を重ね、うち国際試合も2試合経験することができました。その中で色々な課題を選手達が自ら改善しようとする姿勢が見られ、とても有意義な大会となりました。 


来週から高円宮杯U-18プレミアリーグが開幕します。この大会に参加した1・2年生もレギュラー争いに加われるよう、頑張ってもらいたいと思います。


 


2015年04月03日

JリーグU-16チャレンジリーグA


JリーグU16チャレンジリーグ1日目。 初戦はFC岐阜との対戦でした。





強風の中、風上の前半に多くのチャンスを作るものの決めきれず、風下になった後半にスルーパスから抜け出した選手にゴールを決められ先制されました。その後支配率は高くなるもののチャンスが作れない中、アディショナルタイム直前にサイドを崩し、クロスから滝裕太選手が決めて同点でタイムアップとなりました。


2試合目はカマタマーレ讃岐との対戦。





強風に加え雨が殴りつける中、立ち上がりから積極的なプレーを見せるエスパルスユース。初戦に続いて滝選手が得点し、前半を1-0で折り返しました。 
後半、風下になりましたが初戦の反省からディフェンスが安定し、2点を追加したエスパルスユースが3-0で勝利しました。 

明日はプルタミナ(インドネシア)とJEF千葉との2試合があります。良い準備をして試合に臨みます。 

2015年04月03日

JリーグU-16チャレンジリーグ


本日より5日(日)まで、Jリーグ主催の「2015 JリーグU-16チャレンジリーグ」がJ-GREEN堺で開催され、エスパルスユースが参加します。


この大会はJリーグのアカデミーチームが集まり、トップレベルの選手を育成するために重要なU-16年代の選手たちに試合の経験を積ませる貴重な大会となり、今年で8回目となります。



今回エスパルスユースは、FC岐阜・カマタマーレ讃岐・プルタミナサッカースクール(インドネシア)・ジェフユナイテッド千葉・セレッソ大阪と対戦し、最後に順位決定戦を行います。 

昨晩、インドネシアとベトナムからの招待チームを交え、ウェルカムセレモニーが開催されました。和太鼓が披露され、選手たちも国際交流を楽しんでいました。 











大会を通じて選手のさらなる成長に期待したいと思います。