2017年05月05日

U-15プレミアカップ優勝!!大会2連覇達成。


本日行われた『JFAプレミアカップ2017』決勝戦。エスパルスジュニアユースは名古屋グランパスU-15に3-1で勝利し、2年連続3回目の優勝を果たしました!







決勝の相手は同じ東海勢の名古屋グランパスU-15。プレミアカップ東海大会や東海地域リーグでも対戦していますが、お互いこの全国大会で成長を見せ、ここまで勝ち上がってきました。










五月晴れの中、J-GREEN堺にて行われた決勝戦。試合開始から自分たちのペースで試合を進め、8分に相手DFのクリアボールを花田耀祐選手がダイレクトシュート。先制点を奪います。







その後も攻め続け、前半だけで9本のシュートを打ちます。23分に中里圭佑選手がゴール前へ攻め上がりシュートを放ち、そのこぼれ球に東廉選手が素早く反応。追加点を決めます。



 




しかし、前半終了間際にコーナーキックからヘディングシュートを決められ、2-1で前半は終了。
後半は相手にボールを支配され苦しい時間もありましたが、最後まで粘り強く対応します。

58分にコーナーキックから田島詳基選手が弾丸ボレーシュートを決め、3-1のスコアで見事勝利を収めました。






 



また、エスパルスジュニアユースはフェアプレー賞を受賞。青島健大選手が大会MVPに選出されました。


会場で選手に大きなご声援をいただいた皆様、スカパー!やJFA-TVをご観戦いただき応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。大会関係者の皆様、そして日々の活動を支えてくださるスポンサーの皆様、エスパルスジュニアユースにご声援いただいた全ての皆様に感謝申し上げます。









選手にはこれからも第一目標であるプロ選手を目指すために、この経験を次につなげ、今出来ることを自ら考え、日々全力でサッカーに打ち込んでもらいたいと思います。日々の積み重ねこそが今大会の結果に繋がっています。エスパルス育成部はトップチームで活躍できる選手、さらには日本、そして世界を代表する選手を育てることに引き続き取り組んでまいります。

ユース・ジュニアユース・U-12への温かいご声援、サポートをこれからもよろしくお願いいたします。 










〜選手コメント〜

 
NO.4  DF 大塚 亮介
今大会は連戦で暑い中での試合が続きましたが、試合をこなし体力もつきました。相手のプレッシャーが速い中でそれをどうやってかわすかなど、プレーへの考え方も変わったので良かったです。この経験を生かして、練習からレベルの高い練習をして、三冠を獲りたいです。




NO.10  MF 青島 健大
初戦の山口戦で先制され、チームが目指す無失点は叶わなかったですが、優勝という目標をチームで成し遂げられて良かったです。今大会ではシュートで腰が落ちてしまったりダフってしまったりしたこともあったので、練習でもっとシュートの正確さを改善していきたいです。大会2連覇し今後は注目をあびると思いますが、そのプレッシャーにも負けないように練習し、二冠、三冠を獲り、プロになるために頑張りたいです。




NO.11  DF 宮原 秀仁
今大会では、自分の苦手なプレーや、自分のもっと生かしたいプレーに挑戦することができました。今大会で得た経験やつかんだものから新たに挑戦していきたいことも見つかったので、今後の練習や試合で取り組んで頑張っていきたいです。



 
NO.12  DF 田中 芳拓
大会中にみんなで力を合わせることができ、優勝できたのでとても嬉しいです。(田島)詳基選手と一緒に失点を少なくすることができ、粘り強く戦えたので良かったです。これからは、もっとスタミナを増やして、このような大会や遠征でも体力が落ちずにプレーできるように頑張りたいです。




NO.15  MF 東 廉
プレミアカップは、相手が強いチームばかりでしたが、全部勝つことができて良かったです。今大会では、しっかり相手を見てプレーできたことや、大事なところでゴールを決めることができたので良かったと思います。



 
NO.19  MF 中里 圭佑
予選初戦は相手の勢いにのまれて大変でしたが、そこからチーム全体のモチベーションを上げて、決勝でも相手にのまれることなく最後まで戦いきれて優勝できたので良かったです。自分のプレーで良かったことは、守備の予測が大会を通じてどんどん良くなったことで、課題は体力がなくなると判断が悪くなりボールを奪われることが多かったので、そこを改善していきたいです。