エスパルス カーボンオフセットクラブ化計画

ECO CHALLENGE / CARBON OFFSET

エスパルス カーボンオフセットクラブ化計画

地球にやさしいサッカークラブであるために。
次世代に快適にサッカーのできる環境を引き継いでいくために。
エスパルスはカーボンオフセットクラブ化を2007年12月27日に宣言、エコチャレンジを始めました。

理念
  • サッカーを愛し、地域スポーツ文化の発展に寄与するクラブとして、次世代にサッカーを快適に楽しめる環境を残すのはクラブの義務だと考えています。
  • 一流のサッカークラブを目指すのみならず、環境においてもグローバルスタンダードをクラブの標準としていきます。
  • CSRはエスパルスが大切にしている活動の一環であり、この分野をさらに充実させ、地域、さらに地球に貢献できることはクラブの喜びと考えています。
エスパルス エコチャレンジ 第2章(2013年〜)
エスパルスは2007年12月、「地球にやさしいサッカークラブであるために。次世代に快適にサッカーのできる環境を引き継いでいくために。」をコンセプトに掲げ、京都議定書の約束期間に則り2008年から2012年までの5年間に日本平スタジアム(現IAIスタジアム日本平)でのホームゲーム開催により排出される二酸化炭素(カーボン)をオフセット(相殺)する「カーボン・オフセットクラブ化」を日本のプロスポーツ界で初めて宣言し、クラブCSR活動の一つとして『エスパルス エコチャレンジ』をスタートしました。
以降、『エスパルス エコチャレンジ』の活動は、ファン・サポーターの皆様とスポンサー各社のご賛同をいただき、様々な展開へと拡がりを見せ、2010年と2012年には環境大臣賞を受賞するまでに成長いたしました。
そして、第1約束期間が終了した2013年からは『エスパルス エコチャレンジ〜第2章』として、カーボン・オフセット活動を継続することとし、新たに2017年までの5年間分のクレジットを購入することとなりました。

カーボン・オフセット(クレジット購入)
【対象】
2013年〜2017年の5シーズン中にIAIスタジアム日本平で開催されるホームゲーム約100試合

【購入数量】
1,800トン ※電力消費、ゴミ処理、シャトルバス運行等に関する排出

【排出権の種類と購入先】
クレジット購入先クレジット種別排出権詳細
(1)鈴与ホールディングス(株)CER(国連認証済排出権)中国湖北省およびインドネシアの小水力発電プロジェクト
(2)静岡ガス(株)国内クレジットスポンサー企業によるCO2削減活動をクレジット化
(3)一般社団法人フォレストック協会フォレストック認定制度スポンサー企業[(株)巴川製紙所]所有林のCO2吸収量をクレジット化
【選定理由】
(1)に関して
今後ACL制覇を目指し、アジア各国との交流を目指すクラブとして、クレジット購入を通じて、アジアへの環境貢献を行いたいとの想い

(2)に関して
クレジット購入を通じて、地元スポンサー企業等が取り組むCO2削減活動を応援したいとの想い

(3)に関して
クレジット購入を通じて、自然環境(森林)整備に少しでも協力したいとの想い

※平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(2010年12月15日)
 第1回カーボン・オフセット大賞環境大臣(2012年3月7日)

オフィシャルエコパートナーの募集について
エスパルスでは、オフィシャルエコパートナー(年間50万円 消費税別)を募集しています。
毎試合ゴミとして捨てられる10,000〜13,000個もの紙コップを回収してトイレットペーパーにリサイクルする「紙コップ分別回収カート」(ホームゲーム全20試合にて稼動。15基)やアストロヴィジョン(大型映像装置)にて御社名を掲出いたします。詳しくは営業企画までお問い合わせください。

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.