最新試合情報

TOP SATELLITE / RESULT

エスパルスのLIVEテキスト速報は公式ケータイサイトで!! サンプルはこちら≫

最新試合情報

明治安田生命J1リーグ 第4節
2017年3月18日(土) 14:03 @IAIスタジアム日本平

テキスト実況

  • 試合前に17番の横断幕が掲出された<br>(C)S-PULSE
  • FW10 鄭大世選手<br>(C)S-PULSE
  • MF7 六平光成選手<br>(C)S-PULSE
  • 先制ゴールを決めたMF30 金子翔太選手<br>(C)S-PULSE
  • 追加点を決めたMF10 白崎凌兵選手<br>(C)S-PULSE
  • 空中戦で激しく競り合うDF3 犬飼智也選手<br>(C)S-PULSE
  • 積極的に攻撃参加したDF25 松原后選手<br>(C)S-PULSE
  • DF5 鎌田翔雅選手<br>(C)S-PULSE
  • DF45 角田誠選手<br>(C)S-PULSE
  • 激しくボールを奪いにいく選手たち<br>(C)S-PULSE
清水エスパルス 試合終了 鹿島アントラーズ
清水エスパルス 2 1 前半 0 3 鹿島アントラーズ
1 後半 3









金子 翔太[41分]
白崎 凌兵[71分]
得点者 [74分]植田 直通
[79分]鈴木 優磨
[85分]金崎 夢生
メンバー
Name No. Pos.   Pos. No. Name
六反 勇治 13 GK スターティング
メンバー
GK 1 クォン スンテ
鎌田 翔雅 5 DF DF 24 伊東 幸敏
犬飼 智也 3 DF DF 5 植田 直通
角田 誠 45 DF DF 3 昌子 源
松原 后 25 DF DF 16 山本 脩斗
六平 光成 7 MF MF 6 永木 亮太
野津田 岳人 14 MF MF 40 小笠原 満男
枝村 匠馬 22 MF MF 25 遠藤 康
白崎 凌兵 10 MF MF 8 土居 聖真
金子 翔太 30 MF FW 9 鈴木 優磨
鄭 大世 9 FW FW 7 ペドロ ジュニオール
植草 裕樹 43 GK 控え選手 GK 21 曽ヶ端 準
二見 宏志 26 DF DF 28 町田 浩樹
飯田 貴敬 27 DF DF 22 西 大伍
フレイレ 44 MF MF 4 レオ シルバ
村田 和哉 11 MF MF 11 レアンドロ
ミッチェル デューク 19 FW MF 13 中村 充孝
長谷川 悠 18 FW FW 33 金崎 夢生
IN ← OUT   OUT → IN
ミッチェル デューク ← 金子 翔太[84分]
村田 和哉 ← 枝村 匠馬[86分]
長谷川 悠 ← 野津田 岳人[88分]
交 代 [46分]山本 脩斗 → 西 大伍
[65分]ペドロ ジュニオール → 金崎 夢生
[76分]小笠原 満男 → レオ シルバ
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード鄭 大世[44分]
イエローカード松原 后[69分]
2 7 9 シュート 10 6 4 [67分]鈴木 優磨イエローカード
[69分]金崎 夢生イエローカード
6 8 14 GK 10 2 8
2 2 4 CK 7 6 1
1 9 10 直接FK 12 4 8
3 1 4 間接FK 0 0 0
3 1 4 オフサイド 0 0 0
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
16,951人 晴のち曇/弱風
14.4℃
42%
全面良芝/乾燥
90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
橋本 健一
上田 益也
唐紙 学志
金井 清一
小椋 剛
森田 祐史
ハーフタイムコメント
清水エスパルス 鹿島アントラーズ
小林 伸二監督

・相手のロングボールのセカンドを拾うこと
・安易にフリーキック、コーナーキックを与えないこと
・自信を持って丁寧にボールをつなごう
石井 正忠監督

・後半、気持ちを切り替えてしっかり戦おう。まずは1点だ!
・自陣ではセカンドボールへのリアクションをより早く。絶対に相手より先に触れ。
・より速くボールを動かすことで、自分たちのリズムを作っていこう。
試合後 監督コメント
小林 伸二監督

前半は上手く守備が機能して、(相手の)攻め手がなく、ロングボールのセカンドボールくらいというところで、後半もそのような形でしかないくらい上手くいっていたと思う。
ただ、ボールを獲った後のファーストタッチがブレたり、バイタルにボールが入るが、(相手は)足を入れるのが上手いので、引っ掛かったりということがあった。切り替えは我々の方が速かったと思うので、そういう中で2点取れたということは凄く良かったと思う。
(相手の)突破口がない中で、GKの判断ミスだったり、後ろの選手のファーストタッチが悪く、足元に(ボールを)入れてしまってスペースへ持ち出せなくて、ボールを忘れ物にして危ない場面も少しずつ出てきたが、(そこまでは)みんなのカバーで失点にならなかった。
サッカーの2点(差)ということで、いけそうだという部分と、(相手に)1点取られるとひっくり返るということを、まざまざと今日は(見せつけられた)。J2では2点取って1点取られても逃げ切るということは去年も随分やったと思うが、やはりJ1の王者でもある。得意のリスタートで、ちょっとした隙を見せてしまい、2つとも仕留められてしまったということは残念だった。
事実として守備の安定、ボールを奪うこと、切り替えが速いことはできているので、そこは大事に(したい)。2点取ったところまでは良いので、このようなメンタルの隙だったり、90分やることをやり続けるということが今日はできなかった。


<Q.2点リードした後、メンタル面で変化を感じたところはあるか?>
浮き足立っているわけではないが、相手がもっとかかってくるので、よく見て、しっかりキープしていくということ(必要)はあったと思う。相手も2−0というのは、3点取られても、1点取るという強い気持ちはあると思う。(相手に)上手く(交代)カードを変えてこられて、金崎に(DFの)脇に走られて起点になられたし、レオ シルバが出てきて押し込まれてきつくなった。その2人が(交代で)入ることで、10人で守っている形になってしまった。フリーキックやコーナーキックは怖いと言って(後半)送り出したが、最後は仕留められてしまった。

<Q.交代カードのタイミングが少し遅かった感じがするが?>
あの状態(2−0)でどこを切るかというところが難しくて、少し躊躇したところがあった。
まずボランチのところを考えたが、(相手に点を)取られたので、スムーズに変えられなかった。例えば金子が効いているが、金子を代えて野津田を前にやり、枝村が疲れると野津田をもう1回右に出して、FWを入れるというプログラムにしたかった。あそこでどのような現象になるのかということと、イージーミスが多かったりするので、心配で難しかったことは事実だった。
試合後のコメント
鄭 大世

鄭 大世

これが優勝するチームである鹿島の強さだし、ここで勝てないのが自分たちの弱さだと思う。2−0になった時、去年はJ2だったから1点を返されても耐えることができたが、J1の上位クラスには難しくなる。鹿島はそういう勢いのあるチーム。それが分かっていたのに、あまりにも早く1失点をしてしまったというところが課題かなと思う。
(2点リードしてから)まずは失点をしないということが全員の中での共通意識だった。その意識を持ちながらも失点してしまったので、そこが今日の試合の勝敗を分けたと思う。
ただ、75分は完璧な試合運びができていた。2点を取って、相手が嫌がる守備もできていたと思う。自分たちがやろうとしているサッカーで相手を苦しめられたことは変わらない。次は勝てるようにしたい。
角田 誠

角田 誠

前半からしっかりと守備をしていた結果なので、(終盤に)足が止まってしまうのは仕方がないのかなと思う。今は試合が終わったばかりなので、どうしたら良かったのかを考えることは難しい。
(抑えていたように見えたが)90分を通してのゲームなので、最後に点を決められてしまっては意味がない。後半に入ってからは鹿島の圧力が相当強かったが、運良く2点目を取れた。ただ、必然の失点とは言わないが、あれだけ押し込まれたらゴール前の危ないシーンが増えてくる。
この中断期間は、(個人的には)痛めていた足首をしっかり治すところと、チームとしては2週間かけてもう一度リスタートを確認したい。
六平 光成

六平 光成

前半も後半も上手く点が取れたが、1失点をしてから相手の勢いを受けてしまったのかなと思う。失点の後に「守備から入ろう」と全員で確認したが、そこからの失点もセットプレーだったのがもったいなかった。そこでしっかりと跳ね返さなければいけなかったし、セットプレーにさせないことも大事になる。
攻撃では上手くいくところもあったと思う。失点をするまでは、良い形で攻撃もできていたが、そこで決めきる力がもう少し足りなかった。
鹿島は球際が強いことも分かっていたし、途中までは守れていたので、そこからの試合の運び方をチームとして考えなければいけない。次はダービーなので、切り替えてやっていきたい。
白崎 凌兵

白崎 凌兵

(自分たちが)2点目を取ってから相手が前に来て、その圧力を抑えきれなかった。1点目を取られるタイミングが早かったこともあった。(1失点後)一度集まってチームでコミュニケーションをとったが、相手のセットプレーのクオリティで上回られた。相手に良い状態でやらせていなかったが、流れが悪くても点を取れる鹿島の底力はさすがだなと思った。そこで守りきれなかったのが、差なのかなと思う。
(2点目は)金子(翔太)が良いパスをくれたので、あとは流し込むだけだった。それほど難しいゴールではなかったと思う。
次に勝たないと、今日の試合の意味がない。負けたことを自分たちでどれだけプラスに持っていくか。この中断期間で、チームとして課題をトレーニングに落とし込んで、良い状態で次の試合を迎えたい。
金子 翔太

金子 翔太

組織として良い守備ができていたし、後半の残り15分までは作戦通りの戦い方だった。だが、1点を取ってからの相手の圧力がすごかった。自分たちは少し飛ばし過ぎていたところもあって、体力的にも落ちてしまったことも重なったと思う。それを考えると、鹿島は90分を通して要領よくプレーしていた。残り15分でも相手が落ちることはなかった。
(ゴールは)鄭大世選手が競り勝つと信じて走りこんでいた。相手のミスもあったが、(ボールがこぼれてからは)思いっきり振り抜いて、良いコースに飛んでくれたと思う。今年まだ点も取れていなかったし、シュートもそれほど打てていなかったので、次につながると思う。ずっと点を取りたいと思っていたが、まずはチームとして守備をするところからやっている。その守備をしっかりやったからこそのゴールかなと思う。
PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.