最新試合情報

TOP SATELLITE / RESULT

エスパルスのLIVEテキスト速報は公式ケータイサイトで!! サンプルはこちら≫

最新試合情報

明治安田生命J2リーグ 第42節
2016年11月20日(日) 14:04 @鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

テキスト実況

  • 先制ゴールを決めたDF3 犬飼智也選手<br>(C)S-PULSE
  • フリーキックから先制ゴールをアシストしたMF10 大前元紀選手<br>(C)S-PULSE
  • MF22 枝村匠馬選手<br>(C)S-PULSE
  • DF45 角田誠選手<br>(C)S-PULSE
  • 決勝ゴールを決めたMF30 金子翔太選手<br>(C)S-PULSE
  • 追加点後に喜び合う選手たち<br>(C)S-PULSE
  • 集中してゴールを守るエスパルスイレブン<br>(C)S-PULSE
  • 試合終了直後歓喜の瞬間<br>(C)S-PULSE
  • 試合終了直後にピッチで喜び合う選手たち<br>(C)S-PULSE
  • 応戦してくれた皆さんと一緒に勝ちロコ<br>(C)S-PULSE
清水エスパルス 試合終了 徳島ヴォルティス
清水エスパルス 2 1 前半 1 1 徳島ヴォルティス
1 後半 0









犬飼 智也[29分]
金子 翔太[73分]
得点者 [35分]藤原 広太朗
メンバー
Name No. Pos.   Pos. No. Name
植草 裕樹 43 GK スターティング
メンバー
GK 31 長谷川 徹
三浦 弦太 2 DF DF 26 橋内 優也
犬飼 智也 3 DF DF 2 福元 洋平
角田 誠 45 DF DF 4 藤原 広太朗
松原 后 25 DF MF 22 広瀬 陸斗
河井 陽介 17 MF MF 28 井澤 惇
竹内 涼 20 MF MF 8 岩尾 憲
枝村 匠馬 22 MF MF 3 アレックス
白崎 凌兵 39 MF MF 10 大埼 淳矢
大前 元紀 10 MF FW 16 渡 大生
鄭 大世 9 FW FW 17 山埼 凌吾
高木和 徹 29 GK 控え選手 GK 1 相澤 貴志
二見 宏志 26 DF DF 5 石井 秀典
鎌田 翔雅 4 DF MF 13 佐々木 一輝
本田 拓也 7 MF MF 7 木村 祐志
村田 和哉 11 MF MF 11 キム キョンジュン
金子 翔太 30 MF MF 23 前川 大河
北川 航也 23 FW FW 18 佐藤 晃大
IN ← OUT   OUT → IN
金子 翔太 ← 大前 元紀[68分]
本田 拓也 ← 河井 陽介[85分]
鎌田 翔雅 ← 三浦 弦太[88分]
交 代 [64分]渡 大生 → 佐藤 晃大
[70分]大埼 淳矢 → 木村 祐志
[78分]山埼 凌吾 → キム キョンジュン
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
5 4 9 シュート 8 3 5 [56分]井澤 惇イエローカード
10 7 17 GK 9 4 5
1 1 2 CK 4 2 2
6 6 12 直接FK 7 5 2
1 2 3 間接FK 4 3 1
1 2 3 オフサイド 4 3 1
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
9,767人 曇/中風
21.2℃
66%
全面良芝/乾燥
90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
辺見 康裕
上田 益也
大友 一平
日比野 真
今村 義朗
監物 政希
ハーフタイムコメント
清水エスパルス 徳島ヴォルティス
小林 伸二監督

・相手のアプローチにあわてず、落ち着いてボールを回すこと
・リスタートはもう一回集中しよう。
・チャンスは作れる。我慢強くやろう!
長島 裕明監督

・攻撃は前を向けばもっとつなげるので、ボールが入ったら押し出していくこと。
・守備は構えずにしっかり相手に挑んでいくこと。相手がシフトチェンジしてきた時こそ盛り返せ!
試合後 監督コメント
小林 伸二監督

前半はビルドアップが上手くいかなくて、(ボールを)持ち出しても、中盤のところで個人の判断が悪かったり、芝が少し深くて(ボールが)足元に入って取られたりということで、なかなかリズムが取れない中で点が取れた。ただ、失点をした後にバタついた前半だった。
後半は風上なので、(ボールを)転がしていけば、たぶんチャンスは作れるだろう(と思った)。前半も決定的なチャンスを2回作っていたので、しっかり相手を見てパスを回そうというところ、どちらの(サイドの)方から持ち出した方が良いのか、(相手の)1トップ2シャドーがどうなびいているかと見ながら持ち出せということで、後半は少し上手くいったのではないかと思う。
ただ、(ボールが)サイドに出たときの個人の判断は良くなくてギクシャクした。鄭大世と大前は良い守備をしたと思う。大前を代えて金子が良い仕事をしてくれた。
最後の10分については、落ちついてサイドを取りに行くところが、チームが若いのでどうしてもバタついてしまうところは、今日の前半からあった。若い選手が出ている中で良い経験になったのではないかと思う。こういう経験をチームもそうだが個人がやりながらJ1で頑張っていければ良いと思っている。
今日の想いというのはいつまでも忘れずに、J1で落ちることのないようにしっかり準備をしていければ良いと思う。
サポーターには感謝している。こんなに多くのサポーターがアウェイに来てもらって、追いつかれたときには、普通だったら難しいと思う。やはり声援が選手を押してくれたと思う。私の声は聞こえないが、サポーターの声はしっかり聞こえるので、今日は本当に感謝している。ありがとうございました。


<Q.改めてサポーターに報告を>
1年間ありがとうございました。こういう仕事に呼んでもらって感謝している。また、6月の苦しいときにブレずにスタッフ、選手を応援してくれて感謝している。おかげでこのように徐々に力をつけて伸びていくことができた。
前半はサポーターの応援を少し力にできないような感じで、勝ちきれていないので、それが重く圧し掛かったと思うが、後半はそれが力になって、そのものに応えよう、感謝しようというのがあったと思う。
今日は選手には1年間通してしっかり応援してもらったことに対して感謝しながらプレーしようという話をした。

<Q.試合終盤、他会場の途中経過は伝えていたのか、そして試合の締め方はどのように考えていたのか?>
(途中経過の連絡は)前半が終わったところでいいと。当面、札幌は関係ないので、松本との戦いで、松本が負けているところで我々が1−1だと。帰ってきたときに松本がPKで追いついた。勝った方がやっぱり(昇格する)ということで、冷静に後半は入らなくていけないなと。途中で松本がリードしているという連絡が入ったので、今日はボランチを切って、攻撃的にいくということを考えてやった。
ボールが動いているので、焦らずにと思った矢先に2−2になったということを聞いて、また落ち着いて、自分のチームの状況を見ながら(考えた)。ボランチがちょっと重たくなっているので、ボランチの展開でということも考えたが、前半から走っている大前を代えた方がいい、まずはそこからと判断した。
(交代で入った)金子が良い仕事をしてくれてリードしたが、最後、また松本がリードしているということになった。最後の10分が、この何試合か際のところで厳しいゲームをしているので、もの凄く怖くて、どこを代えようかというところで、まず徳島が先手を取って木村(祐志)を出してきたので、村田で攻撃と思ったが、その間に三浦の足がつったので、鎌田を(入れた)。
(こちらと松本の)どちらも勝っているので、最後の5分くらいをどう終わらせるかということだが、なかなかボールが収まらなく、サイドにボールを持っていけなかった。木村のドリブルしてシュートがやはり怖くて、最後のクロスが切れたところで助かったかなという気がした。

<Q.この1年間を振り返ってチームの成長はどんなところに感じるか?>
個人が組織になってボールを運べるように少しずつなってきた。後ろから丁寧にボールを運べるようになったのが一つと、良い状態でボールを持つと足元と裏を狙える選手が出てきたので、そこはグループになって点が取れるようになったと思う。それと守備については、夏過ぎから切り替えが早くなった。選手が代わっても、その選手の特徴は出るが、やるべきことはやるという形には少しずつなったのではないかと思う。
試合後のコメント
大前 元紀

大前 元紀

優勝して(J1に)上がりたかったが、サポーターの皆さんが喜んでくれるのを見たら、昇格をして本当に良かったなと思った。
シーズンの初めから勝っていれば、このような結果になっていなかったと思うが、切羽詰まって「負けてはいけない」という状況になってから、みんなの勝利への意欲が9連勝につながったと思う。
怪我をして3ヶ月チームを離れたが、その間にチームみんなで上の順位に持って行ってくれたし、自分が戻ってきてからは、チームに貢献して勝ち続けられたので、個人的にも良いシーズンだったと思う。
サポーターの皆さんには本当に「おめでとうございます」と伝えたい。毎回、アウェイでもホームのような空気を作ってくれていることに感謝したいし、静岡で応援してくれている人もたくさんいる中で勝てたことは良かった。
鄭 大世

鄭 大世

今日はサポーターへの感謝の気持ちを、結果で恩返しできたことが一番大きい。
序盤はなかなか勝てない試合が続いて、J2も甘くないと思った。でも、試合を戦っていきながら、若手もベテランもそれぞれの役割をしっかりして、右肩上がりにチームは良くなった。最終的には負ける気がしなかったし、2点以上は取れるチームになった。でも、こういう勝負どころになってくると、実力だけではなく精神的な部分も必要になってくる。その意味で、勝って昇格を決めたことは、J1に上がった後の戦いを考えても、すごく大きな力になる。
今の時点では、まだ(来季)J1に上がっても、残留争いをするチーム。ただ、昨年よりチームは良くなっているし、若手の成長もある。勝ち癖も付いているので、今のこの時点から上を目指して、今いる選手たちが自分たちの役割をこなし、シーズンを通して成長をできるようにしたい。
角田 誠

角田 誠

試合が終わった瞬間は、ベテラン全員が泣いていた。周りからは「一年で上がらなければいけない」というプレッシャーがあったし、自分もそう思っていたので、試合が終わった瞬間にホッとした想いから出た涙だった。
9連勝というのはなかなかできることではないし、松本の立場であれば相当きつい状態だったと思う。それでも、9連勝して(松本とは)勝ち点差ゼロで、得失点差で(上回ってJ1に)上がるという相当厳しいリーグだった。結果論になるが、J2を経験できて良かったと思う。
試合前から「ここはどこ?」というくらいサポーターの応援がすごかった。ここまで来ていただいて、かなり力強かった。
(来季はJ1に上がるが)自分たちはまだ20番目のチーム。歴史のあるクラブだが、もう一度作っていかなければいけない。今年で土台はできたと思うので、もっともっと個人の力を上げることがJ1では必要になると思う。
犬飼 智也

犬飼 智也

(得点シーンは)大前(元紀)選手には「自分の好きなところに走って良いよ」と言われていて、本当にそこに合わせられるのが大前選手。それを信じて走っていると、本当に良いボールがきた。あとは体が自然に動いて、ギリギリのところで頭一つ伸びた感じがする。今まで点が取れていなかったので、最後に結果を残せて良かったと思う。
今年は副キャプテンとして大前選手をサポートすることと、自分のプレーをやり切ることはできたと思う。練習から声を枯らして、責任を持って全力で取り組むことができた。
(松本)山雅の時の(J1)昇格と比べると、今回はこういうギリギリの状況だったし、「上がって当たり前のチーム」と言われていたのでプレッシャーも全然違った。昇格できて本当にホッとしている。
金子 翔太

金子 翔太

今季は大前(元紀)選手の怪我から出場機会を得て、責任感もあったし、覚悟を持ってやってきた。大前選手が戻ってきてから、結果的にスタメンを外れることになったが、自分が出た時には絶対にやってやろうという気持ちを強く持っていた。今日も1-1の状態で大前選手と代わったので、自分のゴールで昇格を決めたいと思っていた。
監督に「前線で守備をすればチャンスが来る」ということを言われて試合に出た。同じように鄭大世選手からも、「まずは守備をしたら、絶対にお前のところに良いボールを渡すから」と言われていて、本当に良いボールを出してくれたので感謝している。
PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.