最新試合情報

TOP SATELLITE / RESULT

エスパルスのLIVEテキスト速報は公式ケータイサイトで!! サンプルはこちら≫

最新試合情報

明治安田生命J1リーグ 第1節
2017年2月25日(土) 14:04 @IAIスタジアム日本平

テキスト実況

  • DF3 犬飼智也選手<br>(C)S-PULSE
  • FW9 鄭大世選手<br>(C)S-PULSE
  • GK13 六反勇治選手<br>(C)S-PULSE
  • MF10 白崎凌兵選手<br>(C)S-PULSE
  • DF25 松原后選手<br>(C)S-PULSE
  • MF17 河井陽介選手<br>(C)S-PULSE
  • DF7 六平光成選手<br>(C)S-PULSE
  • 途中交代で出場したMF22 枝村匠馬選手<br>(C)S-PULSE
  • MF44 フレイレ選手<br>(C)S-PULSE
  • DF45 角田誠選手<br>(C)S-PULSE
清水エスパルス 試合終了 ヴィッセル神戸
清水エスパルス 0 0 前半 0 1 ヴィッセル神戸
0 後半 1









得点者 [71分]橋本 和
メンバー
Name No. Pos.   Pos. No. Name
六反 勇治 13 GK スターティング
メンバー
GK 18 キム スンギュ
六平 光成 7 DF DF 6 高橋 峻希
犬飼 智也 3 DF DF 5 岩波 拓也
角田 誠 45 DF DF 3 渡部 博文
松原 后 25 DF DF 22 橋本 和
河井 陽介 17 MF MF 14 藤田 直之
フレイレ 44 MF MF 7 ニウトン
野津田 岳人 14 MF MF 29 大森 晃太郎
白崎 凌兵 10 MF MF 19 渡辺 千真
金子 翔太 30 MF FW 11 レアンドロ
鄭 大世 9 FW FW 21 田中 順也
植草 裕樹 43 GK 控え選手 GK 30 徳重 健太
二見 宏志 26 DF DF 34 藤谷 壮
飯田 貴敬 27 DF DF 39 伊野波 雅彦
杉山 浩太 6 MF MF 16 高橋 秀人
村田 和哉 11 MF MF 23 松下 佳貴
枝村 匠馬 22 MF FW 13 小川 慶治朗
北川 航也 23 FW FW 33 大槻 周平
IN ← OUT   OUT → IN
村田 和哉 ← 野津田 岳人[64分]
北川 航也 ← 金子 翔太[73分]
枝村 匠馬 ← フレイレ[83分]
交 代 [64分]レアンドロ → 大槻 周平
[72分]大森 晃太郎 → 小川 慶治朗
[75分]橋本 和 → 松下 佳貴
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカードフレイレ[33分]
イエローカード六平 光成[53分]
イエローカード松原 后[78分]
4 2 6 シュート 8 6 2 [26分]藤田 直之イエローカード
2 5 7 GK 4 2 2
0 2 2 CK 7 4 3
7 6 13 直接FK 15 6 9
0 1 1 間接FK 2 0 2
0 1 1 オフサイド 2 0 2
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
17,861人 晴/弱風
15℃
40%
全面良芝/乾燥
90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
玉井 朗
松尾 一
戸田 東吾
前之園 晴廣
村上 篤史
岩下 和弘
ハーフタイムコメント
清水エスパルス ヴィッセル神戸
小林 伸二監督

・準備とファーストタッチをもっとしっかり
・確実なプレーをタイミング良く
・相手が食いついて空いたスペースをうまく使うこと
ネルシーニョ監督

・オーガナイズは崩れていない
・中途半端なプレーはしないこと
・残り45分、出し切れ!
試合後 監督コメント
小林 伸二監督

前半は、これがJ1なんだなということで、少し堅さだったり合わないところがあったが、(徐々に)慣れてきた。
我々がボールを持つときに、(相手は)中を締めてくるので、難しかったら(ポジションを)中に取るようにして、(ボールを)サイドバックに付けるというところから、(相手サイドの)裏を取るか、バイタルが空いているので(狙う)というところが、後半の走りだった。
サイドハーフが中にいて、(相手に)中を締められても、サイドバックがフリーなので、そこを上手く使おうと(指示をした)。特に右サイドは上手くいったと思う。そこから広がりというときに、もう1枚中盤の横でもらって展開するということが後半は乏しかった。ロングフィードの打ち合いになったときに、向こうに個のスピードがあるので少し危ないなと。そういう中で、幅広い攻撃ができれば良かったが、そこはできなかったので残念だった。
パスが右に付くのか左に付くのか、コントロールはどこに置くのかというところで、安易に止めるところを(相手に)寄せられて獲られるとか、厳しい寄せで流れが取れないということを後半見受けられたので、そこを丁寧に(したい)。
失点のところも、真ん中でタイミングが合わずにコーナーキックになってしまった。コーナーキックの競ったところが外れて、セカンドで入れられてしまい、勿体ないと言えば勿体ないが、そこがちょっとした差で大きな差にならないように、今後工夫していく必要があると思っている。


<Q.新加入の野津田選手、フレイレ選手の評価は?>
野津田はいくつか中にポジションを取って、中でボールをもらえなかった。1回フリックして中に(という場面が)、前半はあったと思う。それとスピードアップしたときに、スペースに持っていった方がいいのか、足元に左でオープンに持った方がいいのか、判断をもう少ししないと捕まってしまう。スローダウンさせられてしまうということがいくつかあったので、そこはやはりJ1の厳しいところだと思う。スイッチが入ったときに、どこにボールを止めて持ち運ぶかというところは少し変わっていければいいと思う。
フレイレについては無難にやっていたと思うが、後半になるとセカンドボールを拾えないというところと、(ボールが)右から流れてきたのを付けて、相手が締めてきたときに、間や横でもらってサイドに展開するという縦と横のサポートの意識が乏しかったなと。だから幅広い攻撃ができなかったという意味では、攻撃が堅くなってしまったなという感じがする。ただ、後半少し守備的になった方が、予定通りに(ボールを)獲れている場所があったので、そこからスイッチを入れるという意味では、右サイドはスイッチが入らないので、村田に代えたり、左は白崎がいるので、守備は安定していたと思う。そこからスローになったときに幅広い攻撃ができなくて、少し窮屈になってしまった。そういうときに失点をしてしまったので、全体的に重たくなった感じだった。そういうところでフレイレが攻撃に絡むことができれば、もう少しゲームが流れたと思う。

<Q.一桁順位を目指すということだが、今日の結果を見てシーズンの入りとしてどう思うか?>
緊張とプレッシャーはあったと思うが、あのくらい(相手のマークが)緩ければ自分たちで(ボールを)回せるんだなというところと、前半は意図的に(ボールが)獲れている。獲れていない場所はあるが、グループで獲れているところもはっきりある。(ボールが)縦に入らなかったら幅広く脇に入れて流していくというイメージは少しあるので、そこはそのまま続けていければチームとしてなっていくと思う。そういうイージーミスをなくしていくことは、ゲームの流れを変えていく。これで(失)点がゼロであれば、どういう風になるか分からないゲームなので、決して悪くはないと思う。
試合後のコメント
鄭 大世

鄭 大世

神戸がアウェイゲームということで前から来なかったので、お互い攻め手やチャンスが作れないまま前半を0-0で終えた。後半も前半同様、お互いチャンスを作れたわけではないが、セットプレーの集中力1つで勝敗が別れてしまった。そういうギリギリの試合だったと思う。ただ、失点したあとにミスが多かったので、失点後の試合運びは今後の課題になる。
個人的にはシュートを4本打ったので、その中で1つでも決まっていればという感じだったが、もっと攻撃の時間を増やさなければいけない。そのためには、もう少しポゼッションの質を向上させなければいけないのと、サイドからのビルドアップの質を高めていきたい。あとは、攻撃の時に人数をかけて崩すことができたらと思う。
神戸は実力者を揃えるチームではあるが、自分たちは守備の組織を保っていたので、相手の良さを上手く消しながら試合を運べたというのは今日の試合で良かったところ。(組織として)コンパクトに保っていたので、間に入ったパスは抑えられたし、そこから相手に決定機を作られることもなかった。その手応えは感じている。まだ1試合終わっただけ。もっとチームとして高めていきたい。
六反 勇治

六反 勇治

バスが(アイスタに)着いた時の応援は、今まで感じたことがないほど(サポーターの)熱量を感じた。僕自身テンションが上がり過ぎて、試合に入る前に落ち着かせて入らなければいけないなと思うほど、サポーターの方が声援を送ってくれた。その中で、勝ち点3をプレゼントできなかったのは申し訳ない。
開幕戦ということもあって、少し堅くなった選手が多かった。そこはJ1を経験してきた(年齢が)上の選手の責任。まだまだ若い選手には伸びしろもあって、能力の高い選手も多いので、声をかけてやっていければ清水エスパルスというチームはJ1でもやってけると思う。
守備ではブロックを作ったり、前から追うというところがチームとしてできていたので、90分を見ても流れの中でのピンチはあまりなかったかなと思う。(失点シーンは)あれを守れるか、守れないかというところがJ1というところ。コーナーキックになるべくしてなったわけではなくて、相手にプレゼントしたようなコーナーキックなので、J1はそういったところで勝負がつく。でも、J2から1年でJ1に上がってきたエスパルスなら、成長しながらJ1で戦えると思う。
フレイレ

フレイレ

個人的には悪くはなかったが、まだまだ成長しなければいけないと感じた。チームのためには、守備だけではなく、もう少し攻撃に参加しなければいけない。相手が引いて、なかなか攻めるスペースもなかったが、もう少しボールを回せたら良かったと思うし、まだまだ落ち着いて攻撃はできたと思う。そこを修正していきたい。
チームとしてもシュートまでいけていなかったので、シュートチャンスを多く作ったり、少ないチャンスでも決められるようにしなければいけない。(チーム)全体としては最後まで頑張ったが、残念ながら負けてしまったので、次の試合に向けてすぐに切り替えたい。
白崎 凌兵

白崎 凌兵

先に点を決められてしまって、そこから自分たちがバランスを崩してでも点を取りに行ったので、チャンスは作られてしまったが、自分たちも相手も特別良いというわけではなく、お互いに似たような(状態の)ゲームになった。
昨年ベースとしてやってきたことが通用しなかったというよりは、(自分たちのサッカーが)出せなかったということが悔しい。個人的にもボールを受けることができなかったし、自分たちから上手く仕掛けることができなかったことが課題になる。
J1は相手のレベルも高いので、チャンスの数も減ってくる。そこをいかに仕留めるかということが大事になると思う。あとは、失点するまでは大きなピンチもなく、上手く守れていたので、それを我慢強くやらなければいけない。
犬飼 智也

犬飼 智也

試合を通して、あまりピンチを作られていなかったので、「あの失点さえなければ」という試合だった。(失点した)セットプレーで、最初にヘディングされたところは自分のマークだったので、本当に悔しい。理想は自分たちがボールを持ってゲームを支配することだが、今日のようなサッカーになってしまうこともある。ただ、そこでみんなでコミュニケーションを取りながら、耐える時間に耐えることができた。そこは悪くなかったと思う。
次からもやれることは変わらないので、切り替えて広島戦に向けてやり続けるだけ。後ろが踏ん張っていれば、前はチャンスを作れると思うので、もう少し工夫は必要だが、手応えを感じた部分もある。相手はレベルが高い選手が揃っていて、色々な駆け引きがある。個人的にはやりがいがある1年になると思う。
PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.