清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第3節  2017.03.11 Sat 15:35 デンカビッグスワンスタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

2

  • 鄭 大世(76分)
  • 松原 后(90+3分)

試合終了

  • 0前半0
  • 2後半0

0

ロゴ:アルビレックス新潟

アルビレックス新潟

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
3 DF 犬飼 智也
45 DF 角田 誠
25 DF 松原 后
7 MF 六平 光成
14 MF 野津田 岳人
22 MF 枝村 匠馬
10 MF 白崎 凌兵
30 MF 金子 翔太
9 FW 鄭 大世

Substitutes

43 GK 植草 裕樹
26 DF 二見 宏志
27 DF 飯田 貴敬
44 DF フレイレ
11 MF 村田 和哉
23 FW 北川 航也
19 FW ミッチェル デューク

アルビレックス新潟

Line-ups

21 GK 守田 達弥
19 DF 矢野 貴章
2 DF 大野 和成
4 DF ソン ジュフン
23 DF 酒井 宣福
34 MF 原 輝綺
8 MF 小泉 慶
13 MF 加藤 大
18 MF 成岡 翔
9 FW 山崎 亮平
7 FW ホニ

Substitutes

1 GK 大谷 幸輝
24 DF 川口 尚紀
33 DF 西村 竜馬
14 MF 田中 達也
15 MF 本間 勲
10 FW チアゴ ガリャルド
49 FW 鈴木 武蔵

STATS

    45 90   90 45    
    1 6 7 シュート 9 6 3    
    2 8 10 GK 7 4 3    
    2 0 2 CK 2 1 1    
    9 6 15 直接FK 11 4 7    
    2 1 3 間接FK 0 0 0    
    2 1 3 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
二見 宏志 ← 角田 誠(49分)
北川 航也 ← 金子 翔太(73分)
フレイレ ← 野津田 岳人(89分)
交代 (61分)成岡 翔 → 田中 達也
(77分)山崎 亮平 → 鈴木 武蔵
(85分)ホニ → チアゴ ガリャルド
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
31,014人 晴/無風 8.1℃ 43% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
小野 俊介 家本 政明 三原 純 堀越 雅弘 細尾 基 清田 聖子

GAME FLASH

試合前

今日はデンカビッグスワンスタジアムでJ1第3節新潟戦です。エスパルスは、前節の勝利から、この試合に繋げたいところです。アウェイ2連勝でホームに帰りましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DF犬飼智也、DF角田誠、DF松原后、MF六平光成、MF野津田岳人、MF枝村匠馬、MF白崎凌兵、MF金子翔太、FW鄭大世の11人。古巣対決となる野津田岳人が先発に入っています。

試合前

新潟先発メンバーは、GK守田達弥、DF矢野貴章、DF大野和成、DFソン ジュフン、DF酒井宣福、MF原輝綺、MF小泉慶、MF加藤大、MF成岡翔、FW山崎亮平、FWホニの11人。富澤清太郎に代わりソン ジュフンが先発に入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

試合前

東日本大震災で犠牲となられた方々への黙祷が捧げらます。

前半 1分

新潟ボールで前半キックオフ。

前半 1分

新潟、右サイドでホニがボールを持つも、角田誠がこれを阻止。

前半 2分

エスパルス、野津田岳人がエリア外から左足でシュート。これは枠を外れる。

前半 3分

新潟、エリア外から加藤大のシュートは六反勇治の正面。しっかりと抑える。

前半 5分

エスパルス、金子翔太がエリア中央でボールを持つと、右サイドの枝村匠馬にパスを選択。しかし、これはディフェンスにカットされる。

前半 7分

エスパルス、中盤で六平光成がボールを奪われるも、素早い寄せでボールを奪い返す。

前半 8分

新潟、エリア内でホニと加藤大のワンツーからチャンスを作るも、これはエスパルスボールの判定。

前半 9分

新潟、ホニのドリブルから右サイドに展開。加藤大のクロスは六反勇治がガッチリと抑える。

前半 9分

エスパルス、素早いリスタートから右サイドの鎌田翔雅に展開。鎌田翔雅のクロスはファーに流れ、中央の鄭大世には合わず。

前半 11分

エスパルス、左サイドの松原后のクロスは逆サイドに流れ、鎌田翔雅が後方の六平光成に返して立て直すも、ディフェンスのタックルに遭い、ゴール前に上げることができない。

前半 15分

エスパルス、相手陣内中央右からFK獲得。キッカーは野津田岳人。ゴール前にボールが上がるも、これはディフェンスにクリアされる。

前半 18分

新潟、ホニが斜めの動きから左サイドに抜け出したものの、これはオフサイドの判定。

前半 19分

中盤で激しいボールの奪い合い。ボールの支配がコロコロと変わる。

前半 20分

新潟、エスパルス陣内中央左からFK。加藤大のボールはエスパルスディフェンスがなんとかクリア。

前半 22分

エスパルス、左サイドの野津田岳人からのスルーパスで同サイドの白崎凌兵を走らせるが、これはその前でディフェンスにクリアされる。

前半 24分

新潟、一人前線に残ったホニにボールが渡り、ドリブルからシュートを打たれるも、角田誠がブロック。

前半 26分

エスパルス、ハーフライン付近で白崎凌兵が倒されFK獲得。金子翔太のボールは犬飼智也が後ろに戻すも、味方とタイミングが合わない。

前半 29分

エスパルス、左サイド深くまで松原后がボールを持ち込むも、新潟ディフェンス2人に囲まれクロスを上げることができない。

前半 30分

エスパルス、左サイド松原后のクロスは、ディフェンスに当たってコースが変わり、GK守田達弥が弾いてCK獲得。しかし、右CKは、金子翔太のボールをディフェンスにクリアされる。

前半 33分

エスパルス、左サイドからのクロスにファーで枝村匠馬が落とし、エリア内で金子翔太、鎌田翔雅とボールがつながる。鎌田翔雅はシュートを放つも、ディフェンスにクリアされる。

前半 37分

エスパルス、左CK獲得。金子翔太のボールは、ファーに飛ぶが、GK守田達弥が右手でコースを変える。松原后がボールを拾ってファウル獲得。

前半 38分

エスパルス、エリア右からFK獲得。野津田岳人のボールはクロスバーに直撃。そのボールをつないで、左サイドからのクロスに犬飼智也がヘッドで合わせるも、GK守田達弥がキャッチ。

前半 39分

新潟、左CK。加藤大のボールに中央で矢野貴章のヘディング。これはバーに直撃。その後も新潟にボールを持たれるも、何とか六反勇治が抑える。

前半 42分

エスパルス、相手エリア内で枝村匠馬がボールを奪い、白崎凌兵が持ち込むも新潟の3人がかりのディフェンスでシュートを打つことができない。

前半 44分

エスパルス、中盤から六平光成が前線の鄭大世にボールを放り込む。しかし、鄭大世は上手くボールをコントロールできず、流れてGK守田達弥がキャッチ。鄭大世は頭を抱える。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。両チーム無得点のまま後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、右サイド鎌田翔雅のクロスに鄭大世が中央で落とすも、金子翔太には上手く合わせられない。

後半 3分

新潟、エリア内左から小泉慶がシュートを放つも、これは六反勇治が右に飛びファインセーブ。

後半 3分

新潟、左CK。加藤大のボールは、鄭大世が頭でクリア。

後半 4分

エスパルス選手交代。角田誠に代わり、二見宏志。角田誠は足を引きずりながらピッチを出る。

後半 7分

新潟、前線のホニにボールが出るも、野津田岳人が下がってディフェンス。ボールを持たせない。

後半 9分

エスパルス、右サイド枝村匠馬のグラウンダーのクロスに鄭大世が中央で飛び込むも、ゴールの右に外れる。

後半 11分

新潟、山崎亮平がエリア内で仕掛け中央に折り返す。クリアのボールが転がったところを、小泉慶がシュートを放つもゴールの上に外れる。

後半 13分

新潟、左サイドの酒井宣福のクロス。これはファーに流れて助かる。この時間、エスパルス押し込まれる時間が続いている。

後半 16分

新潟、ハーフライン付近でボールをカットし、加藤大がロングシュート。六反勇治が前目にポジションを取っていたが、ボールはわずかに上に外れて事なきを得る。

後半 17分

新潟選手交代。成岡翔から田中達也。

後半 19分

新潟、エリア内右からホニがシュートを放つも、これは犬飼智也がスライディングでブロック。枠には飛ばさせない。

後半 21分

新潟、中盤で野津田岳人からボールを奪い、ホニがドリブル。エリア付近まで持ち込みシュートを放つも、ゴールの左に外れる。

後半 24分

エスパルス、サイドにボールを預けるも、そこからボールをつなぐことができない。

後半 25分

エスパルス、左サイドで松原后が仕掛け、後ろに戻す。野津田岳人はワンタッチでクロスを上げるも、これはゴールラインを割ってしまう。

後半 27分

エスパルス、金子翔太がエリア手前から下げて、野津田岳人が左足でミドルシュート。これはGK守田達弥がキャッチ。

後半 28分

新潟、田中達也が中央でボールを持ち、すぐ横のスペースにいた加藤大がミドルシュートを放つも、これは枠を外れる。

後半 28分

エスパルス選手交代。金子翔太に代わり北川航也。

後半 31分

エスパルス先制!エスパルス、中央の六平光成が右に展開。そこに走り込んだ枝村匠馬がクロスを放り込む。これをファーにいた鄭大世が頭で合わせた。1-0

後半 32分

新潟選手交代。山崎亮平から鈴木武蔵。

後半 36分

エスパルス、中盤で六平光成が北川航也にくさびのボールを入れる。これを北川航也はターンからシュートを放つが、ゴールの右に外れる。

後半 38分

新潟、エスパルス陣内に入ったところでFK獲得。加藤大がゴール前に上げたボールは、二見宏志がクリアしようとしたところを倒されてエスパルスボールのFKに。

後半 40分

新潟選手交代。ホニからチアゴ ガリャルド。

後半 42分

エスパルス、白崎凌兵が前線でボールを奪い、左サイドでドリブルも、戻ってきた小泉慶に素早く寄せられチャンスを作ることができない。

後半 44分

エスパルス選手交代。野津田岳人に代わりフレイレ。

後半 45分

新潟、ハーフライン付近からFK。加藤大がゴール前に放り込むも、エリア内でファウルがあったもよう。エスパルスボールで再開。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

新潟、ロングボールからエリア内で田中達也が入れ替わったが、二見宏志が体を入れて防ぐ。

後半 48分

エスパルス2点目!!エスパルス、カウンターからエリア内で松原后が受け、ターンから左足でシュート。これが、GK守田達弥に当たり勢いが弱まりながらも、ゴールに吸い込まれた。2-0

後半 50分

ここで試合終了。鄭大世、松原后のゴールで2-0。エスパルスは連勝となりました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手のセットプレーの時、良い準備をすること。

・ボールを幅広く回すこと。

・後半立ち上がり、良い入りをしよう。

アルビレックス新潟
三浦 文丈監督

・守備は、最後まで集中しよう。

・攻撃は一辺倒にならず、ボールを動かせる時は動かそう。最後までやりきること。

・粘り強く我慢比べだ。残り45分、集中して闘おう。

COACH COMMENT

小林 伸二監督

前半に比べると、後半は幅広い攻撃が少しできたのではないかなと思う。どちらも点を取るためにオープンになったところで、我々の1点目は精度が高かったと思う。
何回かピンチを食らっているので、あの辺でやられると厳しかったと思っている。(相手の)中盤のプレスバックが凄く速くて、1タッチでさばくか、コントロールしてプレスバックを待ってアングル変えたところにパスを出せるかが遅いので、つかまっていた。それとちょっとしたイージーミスが多くて、カウンターだったり、危ない場面があったので、そういうところを個人、技術、判断として自分が今どこの場所でどういう風にプレーしているかというのは必要だと思う。
メンバーを変えているので、前半は機能しないところが少しあるが、そういうところはある部分、選手にとってはチャンスであって、仕方なくだが少しずつ修正しながら、こういう形で点が取れて勝てたというのは我々にとって凄く大きいので、大事にカップ戦、ホームでのアントラーズ戦に向けて準備していきたいと思う。


<Q.野津田選手をボランチで起用した狙いは?>
練習で使ったときに、ボールが流れて、また左サイドも活性化したので、これは良いのではないか(と思った)。ただ、ボールの持ち方が足元に入った持ち方をするので、それがいきなり序盤に(ミスが)出たが、あそこは遠い方(の足で)でしっかり持つとかが必要ではないかなと思う。あと、ビハインド・ザ・ボールのポジションからボールサイドしか出ていないので、前半からあれをオープンに出すか、オープンに出すようにして縦パスが入れられるようになると、もう少し質が高くなる。その辺りを理解しているのかなと思ったが、ゲームはやはり初めてのポジションだったので、なかなか難しかったのではないかな(と思う)。ただ、あのような感じで技術があるので、飄々とするところを我慢せざるを得ないかなと今日は思った。前半も後半も決定的なミスをしたので、あそこで(点を)入れられると厳しい。今日はそういう意味でラッキーだったなと思っている。

PLAYERS' COMMENTS

画像:鄭 大世

鄭 大世

これまでの2試合で失点が少ないというのは、まだ半信半疑のところもあったが、全員が守備をすれば守れるということを(今日の試合で)確認することができた。自分としては、攻撃を犠牲にして守備を一所懸命やれば、最後にお返しが来るということも再認識できたと思う。
(1点目の枝村匠馬からのクロスは)正直に言うと、予想していなかった。「ニアに来るかな」と思って、ニアに走ろうと思ったが、枝村(匠馬)から良いボールが来た。だから、逆に戸惑って一瞬遅れてしまったところがある。少し当たり損ないだったが、ひねってうまく押し込めたと思う。
終わってみれば(相手は)まだ調子の出ていない広島、新潟からの勝利。その相手に連勝することはもちろん大きいが、これから強豪チームを相手に、自分たちがどれだけ戦えるかということが大事になる。今日の結果に一喜一憂せずに、足元を見据え、地に足をつけて戦いたい。
画像:枝村 匠馬

枝村 匠馬

両チームともにチャンスはあったが、自分たちの方がしっかり決めたという試合。(得点につながった)クロスは「あの辺りに落とそう」とイメージで上げた。六平(光成)から素晴らしいボールが来たので、それをつなげるだけだった。
チームとしては、守備の部分で粘り強くなってきていると思う。(攻撃でも)ボールも上手く回っていた。(課題は)今のところない。欲を張らずに、このまま続けていきたい。
(今日の試合は)まだ相手が仕上がっていなかったし、(リーグ全体を見ても)仕上がっているチームはあまりない。それを上手く拾えたと思う。
画像:犬飼 智也

犬飼 智也

角田(誠)選手が交代をしてしまったが、代わりに入った二見(宏志)選手も普段通りのプレーをしていたし、声を出し合いながら上手くやれたと思う。
新潟は前から来ると思っていたし、球際に強いチームだということは分かっていた。だからこそ、そこを外せることができれば自分たちのチャンスになっていた。ただ、逆にそこを狙われた時はピンチになることもあるので、そのカウンターに対しては気をつけていた。ホニ選手は一発狙っている感じだったが、センターバック、ボランチと上手く対応できたと思う。
あとは、我慢して自分たちの時間をもう少し作ることができれば、もっと楽に守ることができると思う。
画像:野津田 岳人

野津田 岳人

今日の試合は、ボールを受けることや、(守備の部分で)相手のスペースを消すというところは、手応えがあった。だが、もっと縦にクサビを入れたり、サイドに振ったり、自分が前に出たりというところが少なかった。監督から「リスク管理をしろ」という話があって、そのバランスを考えすぎた面もあると思う。結果的に勝利につながったことは良かったが、少しずつ自分の良さを出していけるようにしたい。
(古巣との対決は)へんな感じがしたが、やっていて楽しかった。(ポジションを変えながらでも)試合に出られることは嬉しいし、どのポジションで出ても結果を出せるようにしたい。これからも、与えられたポジションで、求められること以上のことをできるようにしたいと思う。
画像:松原 后

松原 后

(得点のシーンは、北川)航也が良いボールを出してくれたので、感謝している。(守備のリスクは)考えなかった。チャンスだと思ったので、気がついたら走っていた。もっとしっかりと決めたかったが、それでも追加点を挙げられたことは大きかったと思う。
ただ、今日は自分のプレーとしては納得がいかない出来だった。ボールが収まらないし、相手にも警戒されて良いプレーができなかったと思う。矢野貴章選手の足の長さに戸惑って、どのように仕掛ければ良いのかが、自分でもつかめなかった。また次に対戦した時に、上手くやれるようにしたい。
連勝できたことはチームとして一番良いこと。このまま次の試合も勝って、もっと勢い付けて上位をキープしたい。