清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第5節  2017.04.01 Sat 15:03 エコパスタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • 鄭 大世(90+4分)

試合終了

  • 0前半2
  • 1後半1

3

  • 森下 俊(6分)
  • ムサエフ(37分)
  • 川辺 駿(48分)
ロゴ:ジュビロ磐田

ジュビロ磐田

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
3 DF 犬飼 智也
26 DF 二見 宏志
25 DF 松原 后
7 MF 六平 光成
14 MF 野津田 岳人
22 MF 枝村 匠馬
10 MF 白崎 凌兵
30 MF 金子 翔太
9 FW 鄭 大世

Substitutes

43 GK 植草 裕樹
15 DF ビョン ジュンボン
33 DF 立田 悠悟
27 DF 飯田 貴敬
6 MF 杉山 浩太
11 MF 村田 和哉
19 FW ミッチェル デューク

ジュビロ磐田

Line-ups

21 GK カミンスキー
5 DF 櫻内 渚
3 DF 大井 健太郎
35 DF 森下 俊
13 MF 宮崎 智彦
8 MF ムサエフ
40 MF 川辺 駿
10 MF 中村 俊輔
11 MF 松浦 拓弥
9 MF 太田 吉彰
20 FW 川又 堅碁

Substitutes

1 GK 八田 直樹
24 DF 小川 大貴
14 MF 松本 昌也
15 MF アダイウトン
22 MF 松井 大輔
23 MF 山本 康裕
16 FW 齊藤 和樹

STATS

    45 90   90 45    
    5 7 12 シュート 10 5 5    
    4 3 7 GK 13 8 5    
    2 10 12 CK 2 1 1    
    9 3 12 直接FK 12 3 9    
    1 0 1 間接FK 1 0 1    
    1 0 1 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
村田 和哉 ← 枝村 匠馬(53分)
飯田 貴敬 ← 鎌田 翔雅(72分)
ミッチェル デューク ← 野津田 岳人(80分)
交代 (68分)太田 吉彰 → 松本 昌也
(78分)ムサエフ → 松井 大輔
(86分)松浦 拓弥 → 齊藤 和樹
画像:イエローカード鄭 大世(40分)
画像:イエローカード飯田 貴敬(90分)
警告・退場 (22分)ムサエフ画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
40,491人 雨/弱風 17.2℃ 39% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
山本 好彦 村上 伸次 和角 敏之 中井 恒 竹田 明弘 花澤 秀登

GAME FLASH

試合前

今日はエコパスタジアムで、J1リーグ第5節、静岡ダービーです。小雨が降る中での試合となりますが、いつも以上の応援で4シーズンぶりのダービーを楽しみましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DF犬飼智也、DF二見宏志、DF松原后、MF六平光成、MF野津田岳人、MF枝村匠馬、MF白崎凌兵、MF金子翔太、FW鄭大世の11人。二見宏志が今季初先発になります。

試合前

磐田先発メンバーは、GKカミンスキー、DF櫻内渚、DF大井健太郎、DF森下俊、MF宮崎智彦、MFムサエフ、MF川辺駿、MF中村俊輔、MF松浦拓弥、MF太田吉彰、FW川又堅碁の11人。アダイウトンはベンチスタートとなります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

磐田ボールでキックオフ。

前半 3分

エスパルス、相手ゴールエリア付近で金子翔太と森下俊が激しく体をぶつけ合うも、金子翔太のファウルを取られる。

前半 6分

エスパルス先制を許す。磐田、エスパルス陣内中央右からFK獲得。キッカーは中村俊輔。左足から放たれたボールがゴール前にふわりとあがると、森下俊がダイビングヘッドで合わせた。0-1

前半 8分

磐田、センターサークル付近でFK獲得。キッカーは再び中村俊輔。左サイドに転がすと、太田吉彰がゴール前に上げる。これは六反勇治がパンチングでクリア。

前半 10分

エスパルス、ハーフライン付近からFK獲得。野津田岳人の左足は低いボール。これはエリア手前でディフェンスにクリアされる。

前半 11分

エスパルス、エリア外に飛び出してクリアした六反勇治が櫻内渚に倒される。六反勇治はすぐに起き上がったが、エスパルスボールのFKで再開。

前半 12分

エスパルス、ゴール前から右サイドにこぼれたボールを鎌田翔雅が快速を飛ばして追いつく。グラウンダーのクロスに鄭大世が合わせるも、ゴールの右に外れる。

前半 16分

磐田、エスパルス陣内でFK。すぐに始めて左サイドにボールを集めクロス。大井健太郎が合わせるも、ゴールの左に外れる。

前半 18分

エスパルス、中央で崩し右サイドに展開。鎌田翔雅のクロスにファーで白崎凌兵が合わせたが、ややボールが高かった。ボールはそのまま、逆サイドに流れる。

前半 20分

エスパルス、犬飼智也から一本の縦パスで前線中央の白崎凌兵へ。白崎凌兵が抜け出し、ターンからシュートを放つも、カミンスキーがファインセーブ。続く右CKでは、中央で鄭大世が頭で合わせるも、ゴールの上に外れる。

前半 23分

磐田、ムサエフにイエロー。そして、左膝をケガしたもよう。担架で運ばれる。

前半 23分

磐田、ムサエフがピッチに戻る。

前半 27分

エスパルス、ボールをつないで、左サイドに展開。松原后がゴールライン際からクロスを送るも、これは大きすぎた。

前半 29分

磐田、左サイドの松浦拓弥からクロスも、これは中央の川又堅碁に合わせることができず。

前半 32分

エスパルス、右サイドから鎌田翔雅のクロスは、そのままファーに流れて作り直し。左サイドの野津田岳人がためて、ボールを受けた松原后が中央にドリブル。ショートパスを通そうとするも、これは相手ディフェンスにカットされてしまう。

前半 33分

エスパルス、右CK。野津田岳人の低いボールはゴール前で混戦になるも、ボールはゴールの右に転がる。磐田ボールで再開。

前半 35分

エスパルス、左サイドの松原后からグラウンダーのクロスに金子翔太が左足で合わせる。惜しくもゴールの左に外れる。

前半 37分

エスパルス2失点目。磐田、エスパルス陣内中央左からFK。中村俊輔のボールは、ゴール中央で大井健太郎が落として、ムサエフが押し込んだ。0-2

前半 39分

エスパルス、エリア手前で受けた鄭大世が、ターンから強引にシュート。しかし、これはゴールの上に外れる。

前半 40分

エスパルス、鄭大世にイエローカード。

前半 41分

磐田、ゴール中央でボールをつなぎ、最後は松浦拓弥のシュート。これは六反勇治がガッチリとセーブ。

前半 44分

磐田、左CK。中村俊輔はショートコーナーを選択。しかし、リターンを上手く受けられず、エスパルスボールのゴールキック。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 48分

ここで前半終了。エスパルスはセットプレーから2失点を喫する厳しい前半でした。後半の巻き返しに期待しましょう。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 3分

エスパルス3失点目。磐田、中央でフリーになっていた中村俊輔から右の川又堅碁へ。川又堅碁がワンタッチで落として、中央を川辺駿が抜け出して一対一を制した。0-3

後半 5分

エスパルス、右CK獲得。野津田岳人のボールは、GKカミンスキーが中央でキャッチ。そのままムサエフにつながれ、カウンターを受ける。しかし、金子翔太が戻って抑えた。

後半 8分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり村田和哉。

後半 10分

エスパルス、右サイドの村田和哉が抜け出してグラウンダーのクロス。鄭大世がゴール前でトラップして、バックパス。野津田岳人が左足を振り抜いた。しかし、これはディフェンスのブロックにあう。

後半 13分

エスパルス、右サイドの村田和哉の縦パスに鄭大世が抜け出して、ゴール前に転がす。これはディフェンスがクリアして、右CK獲得。

後半 14分

エスパルス、2本目の右CKは川又堅碁にクリアされるもセカンドボールを拾って、右サイドから六平光成がゴール前に放り込む。鄭大世が何とか体に当てるも、ボールはゴール左に外れる。

後半 16分

エスパルス、左CK。金子翔太のボールは、ゴール正面でGKカミンスキーがキャッチ。そこから、カウンターを受ける。磐田の左サイド太田吉彰が持ち上がり、クロスをあげられるが、これは落ち着いて対応した。

後半 18分

磐田、森下俊がゴール前で倒れていたため、一旦ボールを出す。野津田岳人がカミンスキーにボールを返してプレー再開。

後半 21分

エスパルス、右サイドを村田和哉が抜け出して、低いクロス。ニアで鄭大世がダイビングヘッドで合わせるも、カミンスキーがキャッチ。

後半 22分

エスパルス、右CK獲得。金子翔太のボールはニアで川又堅碁にクリアされる。

後半 23分

磐田選手交代。太田吉彰から松本昌也。

後半 25分

エスパルス、右CK獲得。野津田岳人のボールはディフェンスにクリアされる。金子翔太がボールを拾うも、パスミス。そこからカウンターを受け、最後はムサエフと六反勇治の一対一になったが、これは六反勇治がファインセーブ。

後半 27分

エスパルス選手交代。鎌田翔雅に代わり飯田貴敬。

後半 30分

エスパルス、右CK獲得。野津田岳人のボールは、GKカミンスキーがパンチングでクリア。

後半 33分

磐田選手交代。ムサエフから松井大輔。

後半 34分

エスパルス、ゴール前で金子翔太のパスから、村田和哉がターンから左足でシュートを放つもGKカミンスキーがキャッチ。

後半 35分

エスパルス、左サイド松原后がドリブルでディフェンスを一人かわしてシュート。これはゴールのわずかに上。

後半 36分

エスパルス選手交代。野津田岳人に代わりミッチェル デューク。

後半 37分

エスパルス、右サイドミッチェル デュークのクロスに、白崎凌兵がダイビングヘッドで合わせるも、ボールは右ポストを弾く。

後半 40分

エスパルス、自陣で金子翔太がボールを奪って、ミッチェル デュークへ渡す。ミッチェル デュークは直線的なドリブルでエリア内まで突っ込むが、ディフェンス2人囲まれボールを奪われる。

後半 41分

磐田選手交代。松浦拓弥から齊藤和樹。

後半 44分

エスパルス、左サイド白崎凌兵のクロスに、鄭大世がGKカミンスキーに競り勝ち、ゴール方向にボールがこぼれるも、ディフェンスにクリアされる。

後半 45分

エスパルス、飯田貴敬にイエローカード。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 47分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールにニアで鄭大世がコースを変えるも、ファーには合わず。

後半 49分

鄭大世のスーパーゴールで1点返す!エスパルス、白崎凌兵のクロスを犬飼智也が落とすと、鄭大世がワントラップからオーバーヘッド。これがゴールに突き刺さって1点返す。1-3

後半 50分

ここで試合終了。エスパルス鄭大世のゴールで1点を返しましたが、それまでの3点が重くのしかかり、勝利を飾ることができませんでした。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手のセットプレーのとき、もう1回マークとポジションを確認すること

・チャンスは作れている。慌てずに

・あと45分ある。1点取ればゲームは変わる

ジュビロ磐田
名波 浩監督

・セカンドボールをシンプルにつなぐこと

・後半も積極的に仕掛けること

COACH COMMENT

小林 伸二監督

(この結果は)すごく残念。リスタートと(ゲームへの)入りが悪かったことは申し訳なかったと思う。(相手に)1点取られた後、少し時間はかかったが上手くリカバリーしたと思う。あそこで、いくつかのチャンスをモノにできれば(良かった)。左の持ち出しとクロスや右のサイドチェンジからのクロスも悪くはなかったと思う。両サイドバックの持って上がったときのクロスが、もう少し力が抜けて良いボールが入ればどうだったのだろうというところはある。
2点目もリスタートでやられた。3点目は後半の入りで、右サイドで少しモタモタしたところを引っ掛けられてということで、入りも悪かったなと思う。
全体的に我々が押し込んだなか、破って点を取りたかった。(ハーフタイムに)後半45分あるからと言って送り出したが、頭をくじかれて、なかなか上手くゲームを持ち出せなかった。そういう意味では(相手が)一枚上だったなと思う。
ボールを、より効果的に回して点を取るということでいくと、1点取ったので、そこを次につなげていきたい。(また、失点したリスタートの場面は)ボールは止まっている、ペナルティエリアの中の人は我々の方が多い。それでもやられているということは、もう少し具体的にリスタートの修正をしなくてはいけないと思っている。


<Q.セットプレーの失点は、(相手に)想定外の形で来られたようなことはあるか?>
(1失点目は、FKを)少し置きに来たなというのは分かるが、ミスマッチのところに合わせて来たのか、(相手に)前に入られているところは残念だった。組み合わせのマークを合わせていくと、そのような形になるが、前に入られたときに、ゴールの方から体を入れていくということを瞬時にできず、習慣化されていない。個人のところをもう少し上げれば問題ない守備だと思う。

<Q.ここ2試合で失点数は増えているが、守備の改善点はあるか?>
3点目は引っ掛けられてカウンターだったが、あとはリスタート。(流れの中で)破られてはいないので、そこは直していかなくてはいけない。
2点目は自分のマークを見失っている人がいる。(相手と)競るのだが、自分がそこに関われなかったらマークを見るということが、このような大きな大会になると、ついついボールウォッチャーになってしまう。そこで、たまたまだが、そういうところ(相手の前)にこぼれてしまっているというのは、まだまだ練習しろということだと思う。
ボールを運ぶことについては、今日は左を持っていったが、そこは良い判断だったと思うし、そのなかから点が前半取れれば良かったと思う。クロスに1本でも合えば、もっと面白いゲームになったのではないかと思う。残念だ。

<Q.気迫という面で磐田の選手の方が前面に出ていたと思うが?>
(相手にゲームへ)良い入りをされたということでいくと、そのように見えると思う。(ただ、自分自身は)そうは思わない。球際だったり気迫だったりというところは気にならなかった。

PLAYERS' COMMENTS

画像:鄭 大世

鄭 大世

前節セットプレーから3失点しているので、相手はセットプレーで集中してやってくるということは分かっていた。自分たちもそこを修正するために取り組んできたが、そこでやられてしまって、精神的な弱さを見せてしまった結果、その勢いで2点目を入れられてしまった。
ただ、失点したあとは、前に人数をかけてチャンスをたくさん作れていた。でも、勝負の別れ目となるところで決められなかった。フォワードして、キャプテンとして、ベテランとして責任を感じるし、本当に悔しい。
(得点は)後半のアディショナルタイムでも、1回はビッグチャンスが来ると信じ続けてやっていた。ただ(ボールが)来たところを決めたというだけのこと。それでも、チームとしてもゼロで終わらず、1点を返したことで、少しでも自信を回復して次につなげられたらと思う。あとは、多くのサポーターに来ていただいて、ゼロで帰らせるわけにはいかなかったので、焼け石に水だったかもしれないが、少しでもサポーターに気持ちを受け取ってもらえたらと思う。
画像:六反 勇治

六反 勇治

エスパルスに来てから、ほとんどの失点がセットプレー。その部分での対策は、チームでもしっかりとやっている。ただ、それよりも一人ひとりが「マークを外さない」という意識を持つこと。それと、今日のゲームでは、自分が試合の流れを変えられるようなプレーができなかったというのが反省点。
ただ、内容はこの5試合を見ても、J1でも上位のサッカーをしている。だが、勝敗は内容だけではなくて、セットプレーや、相手の隙を突くというところで決まってくることも多い。その両方兼ね備えていけば、必ずこのチームは上に行けると信じている。そのために、自分もこのチームに来た。そこでチームを助けるプレーや、声がけができれば、自分自身ももっと良くなると思うし、チームも成長できると思う。
画像:二見 宏志

二見 宏志

自分がファールを取られて、そこから失点したが、直接狙える位置ではないので、(体を当てに)行かないと(相手への)牽制にならないと思った。そこは強く行くべきところだったと思うし、行ったことは後悔していないが、そこでやられてしまった。(勝敗を分けたのは)2本のセットプレーだったが、その2本で負けてしまうという、サッカーの怖さを感じた。
(セットプレーは)ゾーンで守っていないので、個人個人が責任を持って、弾くところは弾く、最低でも体を寄せて自由にさせないということが重要になると思う。(失点後)自分たちが良い時間帯の時に1点でも入っていたら楽になったが、そこで踏ん張れなかったのはディフェンスラインの問題。だが、まだまだ巻き返せるので、悔しい気持ちは強いが、切り替えるしかない。
画像:松原 后

松原 后

多くのサポーターが来てくれて、最高の雰囲気でピッチに立つことができる喜びを感じていた。でも、その中で、負けてしまったことは申し訳ない気持ちでいっぱい。(試合終了と同時に)自分の体のスイッチが切れて、頭が真っ白になって倒れ込んでしまった。
(試合は)開始早々に点を取られてしまったので、そこからは自分が点を取りに行く気持ちで前に仕掛けた。だが、自分の力不足で、得点に結びつかなかったのが残念。突破した後のシュートやクロスの精度が課題として出たと思う。まだ試合は続くので、切り替えて次のダービーでは絶対負けないという気持ちを持ってプレーしたい。
画像:飯田 貴敬

飯田 貴敬

「デビューできて嬉しい」という気持ちと、「悔しい」という気持ちの半分半分。ダービーは特別だということは理解していて、絶対に負けられないというのは今週ずっと意識していたことだった。まだまだやっていかなければいけないところがたくさんあるなと感じた。
監督には「攻撃の部分で持ち味を出して欲しい」ということと、「村田(和哉)選手との連携を上手く使いながら、右サイドを突破して攻撃に絡んで欲しい」という指示があった。練習の時から、「負けている時だったら、自分に出番が来る」と思っていたので、0-3になって心の準備はしていた。ただ、磐田は3点を取ってから引いていた。その状況や、与えられた時間でどれだけ攻撃ができたのかと言うと、まだまだ足りない部分がある。(相手に)引かれた中で、どう崩していくのかが今後の課題。