清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第6節  2017.04.08 Sat 15:03 日立柏サッカー場

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

2

  • 鄭 大世(65分)
  • ミッチェル デューク(90+2分)

試合終了

  • 0前半0
  • 2後半0

0

ロゴ:柏レイソル

柏レイソル

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
3 DF 犬飼 智也
26 DF 二見 宏志
25 DF 松原 后
7 MF 六平 光成
14 MF 野津田 岳人
22 MF 枝村 匠馬
10 MF 白崎 凌兵
30 MF 金子 翔太
9 FW 鄭 大世

Substitutes

43 GK 植草 裕樹
45 DF 角田 誠
15 DF ビョン ジュンボン
27 DF 飯田 貴敬
4 MF カヌ
11 MF 村田 和哉
19 FW ミッチェル デューク

柏レイソル

Line-ups

23 GK 中村 航輔
13 DF 小池 龍太
4 DF 中谷 進之介
5 DF 中山 雄太
22 DF 輪湖 直樹
9 MF クリスティアーノ
7 MF 大谷 秀和
19 MF 中川 寛斗
17 MF 手塚 康平
10 MF 大津 祐樹
11 FW ディエゴ オリヴェイラ

Substitutes

1 GK 桐畑 和繁
2 DF 鎌田 次郎
37 MF 細貝 萌
28 MF 栗澤 僚一
6 MF 小林 祐介
14 FW 伊東 純也
18 FW ドゥドゥ

STATS

    45 90   90 45    
    1 5 6 シュート 16 10 6    
    5 11 16 GK 7 5 2    
    0 2 2 CK 8 5 3    
    3 5 8 直接FK 11 3 8    
    0 0 0 間接FK 6 3 3    
    0 0 0 オフサイド 6 3 3    
    0 0 0 PK 0 0 0    
村田 和哉 ← 枝村 匠馬(62分)
ミッチェル デューク ← 金子 翔太(82分)
角田 誠 ← 野津田 岳人(90+2分)
交代 (65分)大津 祐樹 → 伊東 純也
(76分)中川 寛斗 → 小林 祐介
(86分)手塚 康平 → ドゥドゥ
画像:イエローカード鄭 大世(44分)
警告・退場 (63分)手塚 康平画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
9,432人 雨時々曇/弱風 16.1℃ 85% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
石田 久行 廣瀬 格 木川田 博信 福岡 靖人 塚越 由貴 高野 恵

GAME FLASH

試合前

今日は日立柏サッカー場でJ1リーグ第6節柏戦です。約1月前に、このスタジアムでルヴァンカップの第1節が行われたばかりですが、今回はその試合のリベンジを果たしましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DF犬飼智也、DF二見宏志、DF松原后、MF六平光成、MF野津田岳人、MF枝村匠馬、MF白崎凌兵、MF金子翔太、FW鄭大世の11人。前節と変わりありません。

試合前

柏先発メンバーはGK中村航輔、DF小池龍太、DF中谷進之介、DF中山雄太、DF輪湖直樹、MFクリスティアーノ、MF大谷秀和、MF中川寛斗、MF手塚康平、MF大津祐樹、FWディエゴ オリヴェイラの11人。細貝萌はベンチに入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、左サイド松原后のパスを受けた鄭大世が反転してシュート。これはゴールを大きく外れる。

前半 2分

柏、中盤でボールを奪い、クリスティアーノがシュートを放つもこれは六反勇治が正面で抑える。

前半 3分

エスパルス、鄭大世がエリア内で粘り、六平光成がシュートを放つも、ディフェンスにブロックされる。

前半 4分

柏、右サイドからクリスティアーノのクロスボールはディフェンスとGKの間に飛ぶが、これは六反勇治が落下点を読んで抑える。

前半 6分

柏、右サイドのクリスティアーノのクロスを受けたディエゴ オリヴェイラがワントラップでディフェンスを外してシュート。これはゴールの右にわずかに外れる。危ないところだった。

前半 8分

柏、エリア手前でFK獲得。クリスティアーノが直接狙うも、エスパルスの壁が弾き返す。

前半 9分

エスパルス、六平光成が右前方にふわりと落とすパスを出すと、枝村匠馬がそのスペースに走り込む。そのままワンタッチでクロスを挙げるも、ゴールラインを割ってしまう。

前半 11分

エスパルス、左サイドの野津田岳人のクロスを、鄭大世が落とし、金子翔太がエリア内で相手ディフェンスとボールを競るもファウルの判定。

前半 15分

柏、右サイドタッチライン際からFK獲得。手塚康平のボールは白崎凌兵が跳ね返し、小池龍太がミドルシュートを放つもゴールの上に外れる。

前半 19分

エスパルス、自陣エリア内でディエゴ オリヴェイラにボールを持たれるも、ディフェンス3人で囲み奪い返す。

前半 21分

柏、ディエゴ オリヴェイラが右からゴール正面の中川寛斗に転がすも、中川寛斗はミートできず。ボールが流れ、鎌田翔雅がクリア。ディフェンスラインを崩されてしまったが、何とか乗り切る。

前半 24分

柏、右サイド小池龍太のクロスは、犬飼智也がクリア。そのこぼれ球を輪湖直樹がシュートも、エスパルスディフェンスがクリア。

前半 24分

柏、左CK。クリスティアーノのボールはファーで二見宏志が跳ね返す。

前半 27分

エスパルス、犬飼智也がピッチ上で右足首を押さえてうずくまる。しかし、プレーは続行できる様子。

前半 30分

柏、エリア右からFK獲得。手塚康平のボールは、ニアで鄭大世がコースを変えて柏のCKへ。

前半 31分

柏、右CK。手塚康平のボールはニアで金子翔太がクリア。

前半 33分

柏、右CK獲得。手塚康平のボールは、エリア内でファウルがあった模様。

前半 34分

エスパルス、右サイドの枝村匠馬のクロスに、鄭大世が遠目からヘッドで合わせるも、ゴールに飛ばすことができない。

前半 36分

エスパルス、左サイドで形を作って、右サイドに展開。鎌田翔雅がフリーで持ち出すも、長い距離を戻った大津祐樹に抑えられる。

前半 40分

柏、ゴール正面やや左、約30m付近の位置でFK獲得。クリスティアーノが直接狙うも、ゴールの上に外れる。

前半 44分

柏、右サイド小池龍太のクロスに、クリスティアーノが頭で合わせるもゴールの右に外れる。

前半 45分

エスパルス、鄭大世にイエローカード。

前半 46分

ここで前半終了。両チーム無得点で後半を迎えることになります。

後半 1分

柏ボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、柏陣内のルーズボールを金子翔太が拾いスルーパス。鄭大世のエリア外からミドルシュートは、ゴールの上に外れる。

後半 2分

柏、右CK。クリスティアーノのボールは、ディフェンスがクリアして難を逃れるが、鄭大世と大谷秀和がピッチに倒れ込んでいる。

後半 3分

両者立ち上がり、ドロップボールで再開。

後半 4分

柏、ゴール前の混戦を、エスパルスディフェンス陣が粘り、こぼれ球を大谷秀和のシュートはゴール右に外れる。

後半 5分

エスパルス、カウンターから枝村匠馬が右サイドに展開。鄭大世がドリブルで仕掛けるも、中谷進之介を突破できず。

後半 8分

エスパルス、右CK獲得。野津田岳人はショートコーナーを選択。金子翔太がボールを入れるも、ディフェンスに当たってコースが変わり、味方に合わせることができない。

後半 10分

柏、エリア外から手塚康平がミドルシュートを放つも、これは六反勇治が正面で抑える。

後半 13分

エスパルス、相手パスミスを奪って、エスパルスがショートカウンターに出たいところだったが、なかなかボールを前に出すことができない。

後半 16分

柏、ゴールライン際をギリギリ残したクリスティアーノがクロス。ディエゴ オリヴェイラが落として手塚康平のシュートは犬飼智也がブロック。その後2本の右CKを抑える。

後半 17分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり村田和哉。

後半 18分

柏、カウンターに入った金子翔太を倒した手塚康平にイエローカード。

後半 20分

エスパルス先制!エスパルス、右サイドから中に切り込んだ村田和哉のクロスがディフェンスに当たり、ゴール前に浮く。このボールに反応した鄭大世が押し込んだ。1-0

後半 21分

柏選手交代。大津祐樹から伊東純也。

後半 24分

柏、右サイド小池龍太のクロスに、ファーでクリスティアーノが合わせるもゴールの左に外れる。

後半 26分

エスパルス、右CK獲得。金子翔太のボールは、ニアで犬飼智也が合わせるも、ゴールの右にわずかに外れる。

後半 31分

柏選手交代。中川寛斗から小林祐介。

後半 33分

柏、右サイド伊東純也からのグラウンダーのクロスに、クリスティアーノがスルー、大谷秀和がシュートを放つもゴールを捉えることができない。

後半 36分

エスパルス、右サイドに展開すると、村田和哉が駆け上がりクロスを上げる。このボールを白崎凌兵がニアで合わせるも、シュートはバーに弾かれる。

後半 37分

エスパルス選手交代。金子翔太に代わりミッチェル デューク。

後半 38分

エスパルス、左サイド松原后がディフェンス2人を外してマイナスのクロスを上げるも、これは上手く合わなかった。しかし、迫力のあるドリブルに、観客が沸く。

後半 41分

柏選手交代。手塚康平からドゥドゥ。

後半 43分

柏、左CK獲得。クリスティアーノのボールはミッチェル デュークがクリア。

後半 44分

柏、FK獲得。クリスティアーノの直接FKは、ゴールの遥か上に飛ぶ。

後半 46分

後半アディショナルタイム3分。

後半 47分

エスパルス選手交代。野津田岳人に代わり角田誠。

後半 47分

エスパルス2点目!!エスパルス、カウンターから鄭大世のスルーパスに、ミッチェル デュークが抜け出し、一対一を冷静に決めた。2-0

後半 49分

柏、右CK獲得。クリスティアーノのボールをニアでクリアすると、角田誠が右サイドをドリブルで駆け上がる。前線へのパスは通らなかったが効果的な時間の使い方。

後半 50分

ここで試合終了。鄭大世、ミッチェル デュークのゴールで完封勝ち。見事連敗を止めました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・冷静に相手のスペースを狙っていこう

・丁寧にパスコースのポジションをとること

柏レイソル
下平 隆宏監督

・前線から守備をしっかり連動して続けること

・相手のプレスが厳しくなっても、ビルドアップから、いいポジションをとって丁寧につないでいこう

COACH COMMENT

小林 伸二監督

前半、(相手の)ハイプレッシャーの中で失点しなかったことが大きかったと思う。(相手は)前から来ているので、(ボール)を回すのもいいが、シンプルに(相手DFの裏へ)蹴るのが良かったのかなというところが(あった)。そこを回そうと(して)、イージーに引っ掛けられたのが多かった。失点しなかったことが全てだと思う。
後半は(相手の)両サイドバックが高い位置を取るので、サイドハーフが良いポジションを取れば、(ボールを)奪ったときに(相手DFの)両脇はチャンスになるということと、FWが(相手)バックラインを見ながら駆け引きすると裏を取れる。但し、それだけでは単発になってしまうので、相手が少し緩めば、今度は幅広い攻撃ができるようになればいいと言って、(後半へ)出した。
後半も少しきつかったが、(交代)カードとしてはカップ戦も活躍している村田和哉をどのタイミングで出すかということで、あのコーナーキックがあった厳しかったところで出したことが上手くいったと思う。
あと1枚は逃げ切るということで、デュークに守備をさせて裏へ飛び出すということで(出した)。彼も勇気を出して逃げずに(相手)バックラインの裏に入って、GKと一対一をしてくれたことが良かったと思う。しっかり守った中でのカウンターも効いたし、裏も取れたので良かった。
この2試合6失点しているので、そういう意味では今日のゲームをゼロで抑えたということは、すごく大きい。次のホームで何とか連勝できるよう頑張りたいと思う。


<Q.相手のセットプレーが多かったが、注意点は?>
守るときは全員で守るということと、どうしても失点をすると、そのマークの選手がすごく気になってしまうので、マークはするが、判断良くボールにチャレンジするということを忘れないということは、トレーニングでも(やってきた)。そこは良かったと思う。そういうことが競り合いになったり、相手がちょっとした判断を間違ったりということで、コーナーキックは救われたと思う。

<Q.失点が多い中、角田誠選手をベンチスタートにした理由は?>
今週のコンディションは角田もすごく良くて、二見(宏志)も良かった。ただ、二見については、新潟(戦)の途中から出して勝ったこと、Fマリノスとの練習試合も良い形で勝ったこと。前回の磐田(戦)のときは、(試合への)入りが悪くてやられたが、ボールを奪ったり、(DF)ラインをコンパクトにするというところは悪くない。ここでベテランにバトンタッチしたほうがいいのかどうかということは(悩んで)苦しんだが、もう1回くらい使ってみて、彼がどう変化するかというところを見たかったので、思い切って二見にした。
角田を最後に入れたのは、しっかり締めるためで、ボランチではあまり使わないが、押し込まれているので、あそこでしっかり守って終わるということと、ゲームに少しでも出して慣れてもらえると、次に使えるということも考えて選んだ。

<Q.鄭大世選手をキャプテンに指名した理由と、今日の1ゴール1アシストの活躍ぶりをどう思うか?>
キャプテンをしたいと自分から相談があった。彼の中にも、この歳でチームのために役に立たないかという(想いがあった)。ストライカーなのでエゴイストなところがあったが、去年、チームのために守備をしたり、黒子になることによって点が取れたということを経験している。そういうところでハードワークできれば点も取れるし、チームのために活躍できるということが、たぶん彼の中にあると思う。年齢的には厳しくて、本当はコンディションをとったり、自由にやらせたい。でも、そういうところに身を置いてキャンプから怪我もなくやっている。今日も、あの一瞬のスキを突けたということが、やはりそういうところにあると思う。集中してやれているので、上手く若い選手と交わっていければ、チームも一丸となっていけると思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:鄭 大世

鄭 大世

今週の練習から積極的にチームメートに声をかけていた。特にスタメンで試合に出ている選手には、「自分たちが良い雰囲気でできれば、周りもそれに乗ってくれる」と伝えた。練習の雰囲気も良かったし、紅白戦も生き生きと、積極的に足も、口も動かしてできていたと思う。
後半、全体的にサイドバックの裏を狙い始めると、相手が崩れ始めた。昨季も(村田)和哉のクロスからゴールを決める場面が多かったので、(今日も)「和哉が持ったら自分にボールが来る」と信じていたら、ちょうどゴール前にこぼれてきた。キーパーが出てこないのが見えたので、あとは触れば入るなと思った。難しいゴールを決めなくて良い。簡単なゴールをたくさん決めることが大事になる。
(次節)ホームでは、まだ自分も点を取れていないし、チームとしても勝ち点1も取れていない。次は勝ちロコをしたい。
画像:六反 勇治

六反 勇治

この2節でセットプレーの5発を含めて6失点をしていたが、今日はフィールドプレーヤーがプレスやプレスバック、最後の球際で体を当てたりと、体を張ってくれていたと思う。特に、1―0の状況になって、相手も3トップ気味に変えてきて(ボールを)放り込んでくるような場面で、自分たちのセンターバックの2枚に対して、相手が3枚いる時間が長かった。その中でも、(鎌田)翔雅や(松原)后が絞ってくれて、体を張れていたことも無失点につながったと思う。
失点は全てキーパーの責任なので、(2試合で6失点という内容に)不甲斐なさは感じていた。ただ、そういう失点が続いている中でも、チャレンジすることを見せることで、若手の選手が一つでも学んでもらえたらというところもあった。ダービーで見せられたら良かったが、今日はチームのパフォーマンスが良かったし、自分自身もハイボールに何回もチャレンジできていたことが2―0という結果になったと思う。
画像:村田 和哉

村田 和哉

ダービーの時も早い時間に投入されていたので、今日も出番が来るような気がしていた。自分に与えられた時間の中で、何本仕掛けられるか、何本突破できるのか。相手は60分、70分あたりから落ちるかなという確信があって、(自分が)入った時のイメージはできていた。
(1点目の動きは)ルヴァンカップで対戦した時に縦を切られていたので、昨日の夜から中に切り込んでみようということを考えていた。自分の中で数種類のイメージを持っていると良いのかなと思ったし、それが自分の強みになる。過去の自分から学べたことが良かった。
鹿島戦、磐田戦と非常に悔しい負け方をして、サポーターの皆さんには申し訳なかった。それは自分たちの勝利で変わっていくしかない。今日のようにアウェイの地でみんなと喜び合えたのは、良い転機になると思う。
画像:ミッチェル デューク

ミッチェル デューク

「2連敗から巻き返す」と監督が言っていて、それを達成できたことが大きい。2試合で失点をしていたので、無失点で終われたことも良かったと思う。
(交代時に)監督からは「守備をしっかりとするように」ということを言われて入った。それにプラスして、相手が前に出てきたところに追加点を決めることができて良かった。
(ゴールは)上手く抜け出せて、自分のスピードに相手が付いて来れなかったので決めることができた。今日のゴールは、明日が誕生日の息子に捧げたいと思う。あとは、ダービーで1―3と敗れてしまった中でも、今日も我々を応援してくれたサポーターの皆さんに勝利を見せられて、本当に良かったと思う。チャンスになった時に、ゴール裏から、必死に声を出す彼らの情熱は伝わっていた。
画像:松原 后

松原 后

(前半は)守備に追われる時間が長くて個人としては不完全燃焼だったので、(後半に)1回、2回と上がれるチャンスがあったことは良かった。ただ、そこで精度の高いクロスやフィニッシュで終われるようにしなければいけない。そこは練習から上手くできるようにしたい。
ただ、チームとして勝てたことは大きい。前半、相手に攻め込まれて難しい状況が続いたが、失点をしないことが勝利につながったと思う。これまで2試合セットプレーでやられていることもあったが、今日はみんなが集中していた。これからも、このような試合が多くなると思うので、まずはゼロに抑えることが大事になると感じた。次の試合もまずは失点しないというところをベースにしてやっていきたい。