清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第7節  2017.04.16 Sun 13:06 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 白崎 凌兵(87分)

試合終了

  • 0前半1
  • 1後半0

1

  • 江坂 任(6分)
ロゴ:大宮アルディージャ

大宮アルディージャ

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
3 DF 犬飼 智也
26 DF 二見 宏志
25 DF 松原 后
7 MF 六平 光成
14 MF 野津田 岳人
11 MF 村田 和哉
10 MF 白崎 凌兵
30 MF 金子 翔太
9 FW 鄭 大世

Substitutes

43 GK 植草 裕樹
45 DF 角田 誠
27 DF 飯田 貴敬
4 MF カヌ
22 MF 枝村 匠馬
8 MF チアゴ アウベス
19 FW ミッチェル デューク

大宮アルディージャ

Line-ups

1 GK 加藤 順大
13 DF 渡部 大輔
4 DF 山越 康平
3 DF 河本 裕之
22 DF 和田 拓也
17 MF 横谷 繁
40 MF 茨田 陽生
14 MF 清水 慎太郎
7 MF 江坂 任
8 FW ドラガン ムルジャ
10 FW 大前 元紀

Substitutes

21 GK 塩田 仁史
19 DF 奥井 諒
20 DF 大屋 翼
15 MF 大山 啓輔
28 MF 長谷川 アーリアジャスール
47 MF 岩上 祐三
27 FW 黒川 淳史

STATS

    45 90   90 45    
    2 8 10 シュート 5 1 4    
    3 6 9 GK 16 8 8    
    2 3 5 CK 7 0 7    
    1 8 9 直接FK 4 4 0    
    0 1 1 間接FK 4 1 3    
    0 1 1 オフサイド 5 2 3    
    0 0 0 PK 0 0 0    
チアゴ アウベス ← 金子 翔太(63分)
枝村 匠馬 ← 野津田 岳人(72分)
ミッチェル デューク ← 鎌田 翔雅(81分)
交代 (63分)大前 元紀 → 大山 啓輔
(84分)ドラガン ムルジャ → 長谷川 アーリアジャスール
(86分)和田 拓也 → 大屋 翼
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
16,277人 晴/中風 25.4℃ 40% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
小野 俊介 中村 太 間島 宗一 林 可人 清水 修平 森田 祐史

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJリーグ第7節大宮戦です。エスパルスは前節の勝利から、この試合に繋げたいところです。今季、ホームで4度目の公式戦、ホーム初白星を目指しましょう。

試合前

エスパルスの先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DF犬飼智也、DF二見宏志、DF松原后、MF六平光成、MF野津田岳人、MF村田和哉、MF白崎凌兵、MF金子翔太、FW鄭大世の11人。枝村匠馬に代わり、村田和哉が先発しています。

試合前

大宮の先発メンバーは、GK加藤順大、DF渡部大輔、DF山越康平、DF河本裕之、DF和田拓也、MF横谷繁、MF茨田陽生、MF清水慎太郎、MF江坂任、FWドラガン ムルジャ、FW大前元紀の11人。古巣対決となる大前元紀が先発しています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

大宮ボールで前半キックオフ!

前半 3分

大宮、江坂任がエリア内右からシュートを放つが、六反勇治がそれをブロック。

前半 5分

【エスパルス失点】右からのクロスに合わせた江坂任のヘディングで先制を許す0-1

前半 10分

エスパルス、村田和哉がクロスを送ろうとするが相手DFにブロックされる

前半 11分

エスパルスCK獲得

前半 11分

野津田岳人がCKを蹴るがタイミングが合わずラインを割る

前半 14分

エスパルス、ドラガン ムルジャのファールでFKを獲得。金子翔太の蹴ったボールはDFに塞がれる

前半 14分

大宮、大前元紀が左CKを蹴りクロスをあげるが、エスパルスが阻止

前半 19分

村田和哉が右サイドから鄭大世にクロスを上げるがDFに阻止され繋がらない

前半 21分

左サイドからのアーリークロスを鄭大世が受けシュート、ネットは揺らしたもののオフサイドの判定

前半 25分

大宮、大前元紀を狙ったパスが出されるがDFが阻止

前半 27分

白崎凌兵が相手DFを交わし、エリア左からシュートを打つが相手GKにキャッチされる

前半 28分

鄭大世に渡ったボールは一度左サイドに出され、松原后がクロスを上げるがゴールラインを割る

前半 30分

エスパルス、左からのサイドチェンジのボールを村田和哉が受け、右サイドから鄭大世にクロスを上げるが相手DFに阻止される

前半 32分

村田和哉が中に入り込みシュートを放つがブロックされる

前半 33分

大宮、江坂任がDFを交わしシュートを放つが、エスパルスDFがこれを懸命に阻止

前半 36分

たてパスのボールを鄭大世が受けそのまま左足でシュートを放つがゴール右へ外れる

前半 39分

大宮、清水慎太郎が左サイドからクロスを出し、江坂任がエリア内から強烈なシュートを放つが、六反勇治がこれを弾き返し好セーブ

前半 41分

松原后が左サイドから浮き球のクロスを送るがDFにブロックされる

前半 44分

大宮、ドラガン ムルジャがエリア内でボールを受けシュートに持ち込むが、犬飼智也が体を張って阻止

前半 45分

前半アディショナルタイムは1分

前半 46分

前半試合終了。エスパルスは大宮に先制点を許し0-1のまま後半戦へ。

後半 1分

エスパルスボールで、後半キックオフ!

後半 3分

村田和哉が右へ抜け出し、味方がパスを出すが呼吸があわずラインを割る

後半 4分

松原后が左からクロスを出し白崎凌兵がキックを放つが枠外へ

後半 6分

松原后からパスを受け、六平光成がたてにパスを出すが相手DFにブロックされる

後半 8分

鄭大世が右に出したボールを、村田和哉が受けそこからクロスを出す。白崎凌兵が頭で合わせるが相手GKにキャッチされる

後半 11分

大宮、左からクロスを出すがエスパルスDFが阻止

後半 13分

白崎凌兵から受けたボールを松原后が相手DFを交わしドリブルで中に切り込む。シュートを放つがゴール左へ。枠は捉えられず

後半 16分

鄭大世が倒されエリア右からのFK獲得

後半 16分

【エスパルス交代】金子翔太に代わってチアゴ アウベス

後半 16分

【大宮交代】大前元紀に代わって大山啓輔

後半 17分

チアゴ アウベスがFKをキック。ゴール左下を狙うが相手GKに弾かれる

後半 21分

鎌田翔雅が右サイドから村田和哉にクロスをあげるが相手DFに阻止される

後半 23分

鄭大世がエリア内で頭を押さえうずくまるが、その後立ち上がる

後半 23分

左からのクロスボールに鄭大世が走り、合わせに向かうが相手GKと接触。そのまま倒れこむが、立ち上がり試合再開

後半 25分

センターサークル内で大宮、河本裕之と鄭大世が激しくぶつかる

後半 26分

【エスパルス交代】野津田岳人に代わって枝村匠馬

後半 29分

大宮、大山啓輔と枝村匠馬が接触。エリア手前で大宮にFKを献上

後半 29分

大宮のFK、横谷繁の蹴ったボールはゴール上へそれる

後半 31分

エスパルス右サイドでFK獲得。チアゴ アウベスの蹴ったボールは味方にあたりゴールに向かって飛ぶが相手GKにキャッチされる

後半 33分

左サイドから受けたボールをチアゴ アウベスがエリア内、右からシュートを放つが相手GKに阻止される

後半 35分

【エスパルス交代】鎌田翔雅に代わってミッチェル デューク

後半 37分

エスパルス、左CK獲得。チアゴ アウベスの蹴ったボールは白崎凌兵が右サイドから蹴り込むが相手DFにブロックされる

後半 38分

村田和哉が左からクロスを出そうとするが相手DFに阻止される

後半 39分

【大宮交代】ドラガン ムルジャに代わって長谷川アーリアジャスール

後半 39分

【大宮交代】和田拓也に代わって大屋翼

後半 41分

エスパルス同点ゴール!!

後半 41分

チアゴ アウベスが左からクロスを上げ、エリア内ゴール正面へ走り込んだ白崎凌兵が押し込む1-1

後半 44分

チアゴ アウベスが倒されセンターサークル付近でFK獲得。

後半 45分

後半アディショナルタイムは5分

後半 46分

チアゴ アウベスの蹴ったボールはゴール左へ飛ぶが、味方と合わずゴールラインを割る

後半 47分

ミッチェル デュークがエリア内から放ったシュートは相手にGKに弾かれ、こぼれ球を松原后が押し込もうとするがゴール右へ。

後半 49分

大宮、右サイドでFK獲得。大山啓輔の蹴ったボールは六反勇治がキャッチ

後半 50分

白崎凌兵が背後から村田和哉へボールを送るがオフサイド

後半 50分

試合終了。エスパルス、前半に先制を許したものの、後半の反撃で同点に追いつき1−1の引き分けとなりました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・後半、集中して入ること
・足をもっと動かしてパスをもらうこと
・距離感を近く、リズム良く

大宮アルディージャ
渋谷 洋樹監督

・ラインを下げすぎず、集中して対応しよう
・最後まで足を止めないこと
・中で互いに声を掛け合い、勝ちをもぎとって帰ろう!

COACH COMMENT

小林 伸二監督

ゲームの入りが良くなかったので、少し重みになったということ。天候も暑かったので、大宮も足が止まった中で、前半から、少し高い位置で駆け引きができたら良かった。両ボランチが引いて、サイドバックが引いて、6枚が後ろで前を向いている状態だった。後半は少しそれが出来たという感じがする。
メンバーを替えながら、システムを変えながら点が取れたのは評価したいと思うが、なかなかストロングを出し切れない。どのように使って、どのように出した方が良いのかを、私自身も工夫しなくてはいけないと思う。
メンバーを替えた中で、前に迫力のある選手を入れたが、単発でプレーが続かない。相手の中盤に気が利いた選手がいるとやられるということが自分の反省の中にあって、もう少し上手く使いまわさなくてはいけないと思う。
得点したことは、すごく評価したいと思う。勝ち点1を取ったということは、(次に)繋がると思う。良い入りが出来たときは、やはり点が取れている。(相手に先に)1点入れられると、こじ開けるのは難しいので、そこは修正する必要がある。
そういうことを踏まえながら、次の川崎(戦)に向けて、準備をしていきたいと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:鄭 大世

鄭 大世

「ホームで勝てていない」と周りから言われていて、選手もそれを意識してしまっている。ただ、まだ足が止まっている早い時間帯に失点して不穏な空気が流れたが、最後に10番が仕事をしてくれたので、雰囲気は悪くないと思う。
相手は連敗していたので、やりにくい相手だった。それでも、選手の中では、相手が格上だろうが、格下だろうが、「まずは失点をしないこと」というのは確認していた。そこで失点したのは残念。
自分たちはJ2から積み上げてきたことで勝負している。全試合で圧倒できるチームではないことは分かっているので、自分たちは「したたか」にやらなければいけない。その意味では、負け試合を引き分けにすることは大事なことだったと思う。そこを継続してやっていきたい。次節は自分の力を全て出して、それをみんなに見せて、サポーターに勝利を届けたい。
画像:白崎 凌兵

白崎 凌兵

(試合の)入りが良くなくて失点をしてしまい、相手が引いて守ってくるような形になった。そうなると、ボールを保持する時間は長くなったが、崩し切るのは難しい。(終盤は)チャンスはあったので、勝ち切ることができれば良かったが、最低限の結果だと思う。
(序盤は)相手が前線に攻め残っていて、自分たちの(ボールの)失い方が悪い時にカウンターを受けることが多かった。六反(勇治)選手がピンチを何度も止めてくれたが、危ないピンチが多かったと思う。大前(元紀)選手が下りてきた時に、プレッシャーにも行けず、フリーにさせてしまったところもあった。
(ゴールは)ここ最近の試合で、自分のところにチャンスが来ていたが、結果を残すことができていなくて、チームに迷惑をかけてしまっていた。ただ、自分でゴールを決めることでしか乗り越えられないと思っていたので、練習から、何度外してもシュートを打つというトライをしていた。1点入ったということは、次につながると思う。
画像:村田 和哉

村田 和哉

先発で試合に出られて楽しかったが、「勝ちたかった」という想いが残る。どこかで得点につなげられなかったのかなと思う。ただ、負けなかったというのは大きい。
(序盤は)全体的にふわっとしていたところがあった。自分たちのメンタルに問題があったのかもしれないし、大宮が6連敗をしていたということもあったのかもしれない。もしかすると心の隙があって、そこを突かれてしまったのかもしれない。これからそういう面も良い教訓にしていかなければいけない。
だが、1点を取れたということは、チームの成長したところだと思う。ホームで勝てない試合が続いているが、去年もそういう時期はあった。それでも最後はホームでほとんど負けていなかったので、どんな時もやり続けることによって結果が出ると思う。自分としてはそれを演出できるようにやっていきたい。
画像:六平 光成

六平 光成

序盤はビルドアップが上手くいかず、もったいないところがあったと思う。メンバーも代わって、攻め方も変わっていたので、慣れるまでに時間がかかった。それでも、前半のうちにチャンスを作ることはできていた。(右)サイドで村田(和哉)選手が勝負するという狙いで、それをやり続けた結果、最後に(ゴールが)入ったと思う。ただ、もう少し色々な攻撃ができれば違っていたと思う。
今日の試合では(攻撃が)サイドばかりになって距離感が難しかった。一人(サイドに)張っているので、間で誰かがボールを受けなければいけないし、(スペースに)入っていかないといけなかった。そこで(プレーが)止まってしまうので、2回、3回と攻撃できなくなっていたところもある。
だが、サイド攻撃から点を取ったし、コーナーキックもたくさん取っていた。そこからもっと点が入れば、これからも色々な選手を相手に合わせて使えるようになると思う。
画像:松原 后

松原 后

自分が決められるところを決めていれば、勝てた試合だったと思う。(自分としては)調子は良かったが、相手を抜いた後のクロスの質や、(相手陣内深くまで)持っていって何をするのかというところが課題。自分が結果を残さなければ、さらに上にはいけないと思っている。
あとは、立ち上がりに失点してはいけない。そこは自分たちの悪い癖だと思う。前半に失点しない試合は、
後半に点を取って勝てている。今日の試合のように、後半は点を取れるので、前半をゼロで抑えていれば勝てた試合だった。
(勝ち点1という結果は)負けていないし、ポジティブに捉えないといけない。それと、毎試合改善点は見つかるので、それを曖昧にせずに、しっかり取り組めるかというところが大事になる。