最新試合情報

TOP SATELLITE / RESULT

エスパルスのLIVEテキスト速報は公式ケータイサイトで!! サンプルはこちら≫

最新試合情報

明治安田生命J1リーグ 第12節
2017年5月20日(土) 14:04 @埼玉スタジアム2002

テキスト実況

  • FW9 鄭大世選手<br>(C)S-PULSE
  • MF8 チアゴ アウベス選手<br>(C)S-PULSE
  • MF22 枝村匠馬選手<br>(C)S-PULSE
  • DF45 角田誠選手<br>(C)S-PULSE
  • MF10 白崎凌兵選手<br>(C)S-PULSE
  • MF7 六平光成選手<br>(C)S-PULSE
  • DF25 松原后選手<br>(C)S-PULSE
  • MF19 ミッチェル デューク選手<br>(C)S-PULSE
  • FW23 北川航也選手<br>(C)S-PULSE
  • クリアするGK六反勇治選手とDF44 フレイレ選手<br>(C)S-PULSE
清水エスパルス 試合終了 浦和レッズ
清水エスパルス 3 0 前半 1 3 浦和レッズ
3 後半 2









鄭 大世[64分]
鄭 大世[69分]
チアゴ アウベス[71分]
得点者 [24分]興梠 慎三
[57分]興梠 慎三
[74分]興梠 慎三
メンバー
Name No. Pos.   Pos. No. Name
六反 勇治 13 GK スターティング
メンバー
GK 1 西川 周作
鎌田 翔雅 5 DF DF 3 宇賀神 友弥
角田 誠 45 DF DF 6 遠藤 航
二見 宏志 26 DF DF 5 槙野 智章
松原 后 25 DF MF 24 関根 貴大
六平 光成 7 MF MF 10 柏木 陽介
竹内 涼 20 MF MF 22 阿部 勇樹
枝村 匠馬 22 MF MF 18 駒井 善成
白崎 凌兵 10 MF MF 9 武藤 雄樹
チアゴ アウベス 8 MF MF 20 李 忠成
鄭 大世 9 FW FW 30 興梠 慎三
高木和 徹 21 GK 控え選手 GK 25 榎本 哲也
フレイレ 44 DF DF 4 那須 大亮
野津田 岳人 14 MF MF 7 梅崎 司
ミッチェル デューク 19 MF MF 16 青木 拓矢
村田 和哉 11 MF MF 39 矢島 慎也
金子 翔太 30 FW FW 13 高木 俊幸
北川 航也 23 FW FW 21 ズラタン
IN ← OUT   OUT → IN
フレイレ ← 二見 宏志[46分]
ミッチェル デューク ← 枝村 匠馬[62分]
北川 航也 ← 鄭 大世[81分]
交 代 [68分]李 忠成 → 高木 俊幸
[80分]関根 貴大 → ズラタン
[84分]柏木 陽介 → 矢島 慎也
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード松原 后[40分]
4 11 15 シュート 14 9 5 [65分]李 忠成イエローカード
3 10 13 GK 8 5 3
0 2 2 CK 10 6 4
8 5 13 直接FK 11 2 9
3 2 5 間接FK 3 1 2
3 2 5 オフサイド 3 1 2
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
33,458人 晴/無風
27.7℃
44%
全面良芝/乾燥
90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
桂木 聖次
村上 伸次
五十嵐 泰之
岩田 浩義
細尾 基
大塚 重徳
ハーフタイムコメント
清水エスパルス 浦和レッズ
小林 伸二監督

・相手のサイドチェンジのボールとダイナゴラルの動きに注意すること

・ボールを奪ったら積極的なポジションをとること

・スイッチを入れなおせ!
ペトロビッチ監督

・いい形でできている。もう少しだけ落ち着きを加えよう

・最後のパス、シュートの精度を上げよう

・0−0の気持ちで集中力を切らさないでプレーしよう
試合後 監督コメント
小林 伸二監督

(浦和は)ACLの関係があるので、たぶん前半15分くらいはすごく飛ばしてくるなというところで、我々も前から(守備をする)ということだったが、全然はまらなかった。立ち上がりのポストに助けられて、やはり出だしだったり、セカンドだったり、間(中盤)をなくしてサイドからクロスを入れてダイナゴラルに動くという(相手の戦い方で)、中で(ボールを)奪うということを全くやらせてもらえなかったのが前半だった。
後半は守備を少し修正できたことと、(相手が)2点取ったときに我々が(相手の)隙に入り込めたと思う。そういうところで相手がバタついたこと、新しい(交代)カード(の選手)が機能的に動いてくれたことは良かった。
なかなかあそこ(3-2の場面)で逃げ切るのは難しい。失点のシーンはやはりバランスが良くない。前に(ボールが)入ったときに、フラットで全員が上がり過ぎているので、もう少し我慢したほうが良かったと思う。
我々にとっては、今日のゲームは諦めないということでいくと、すごく良い戦いをしてくれたと思う。(前節)ホームで1-0のリードでロスタイムに(相手に点を)入れられたことからいくと、諦めなかったこと。ラストのコーナー(キック)になる前、コーナー(キック)のところ、1秒たりとも(気を抜かず)集中して戦ってくれたということはすごく(良かった)。勝ち点3取れたかもしれないが、この(勝ち点)1というものを大きなものにして、今後に繋がっていけば良いと思う。


<Q.後半になってボールを回せるようになった要因は?>
(相手は)ワイドからワイドにロングボールしかなくて、もう少し中盤を使ってくるかなと思ったが、5枚の後ろ(ディフェンスライン)で5枚前(線)にいるという形で、我々の守備の狙いどころと違っていたのか、(後半に修正できた)一つは守備を限定できたことは大きかった。あとは(相手の)サイドからサイド(へのロングボールの展開)がそろそろ(我々の)サイドバックの締りが悪くなって、少しずつシャドーだったり、トップにボ−ルが入るようになることに気をつけることが上手くいったこと。点を取られても、前半の途中からウチが慌てているだけで、それほどプレッシャーがかかっていないことを選手は分かったと思う。
デュークが入ってダイナミックな動きと、起点がテセの頭とデュークの左と右になったことで、そこのセカンドボールをリスクがかかってもいいから積極的に取りにいけ、逃げられたらポジションを取るという限られたことを確実にやっていくところからリズムが変わっていったと思う。そういうところは後半上手くやってくれた。したたかにフリーキックを大事にしたり、コーナーキックを大事にしたり、スローインをいい加減にしなかったりというところは変わってきたと思う。
試合後のコメント
鄭 大世

鄭 大世

2-0になった時でも、みんなが声をかけていたし、誰も諦めていなかった。1点を取れば流れが変わると思っていたが、本当に変わった。相手と実力の差があることは認めざるを得ないが、今日のような試合ができるし、最後の2回のチャンスが決まっていれば勝てた試合だった。「諦めない」という精神力が勝敗を左右するということを感じた。
(ゴールを決められず)ここ5試合は正直、キツかった。こういう経験は今まで何度もしているが、今回はキャプテンとして、エースとして、自分が決定機を外して勝ちきれない試合もあったので、そこに責任を感じていた。だが、遅かれ早かれゴールは決まると思っていた。
今は、アウェイで上位を相手に勝ち点1を取れている。アウェイでこれだけ良い試合ができているので、あとはホームで勝てば確実に上位に行けると思う。
チアゴ アウベス

チアゴ アウベス

白崎(凌兵)からボールをもらった時、シュートを打つことしか考えていなかった。ボールをコントロールした瞬間にどこが空いているかを見て、シュートを打つ前にワンタッチをして、もう一度コースを確認した。ゴールに近かったので、力で打つのではなく、コースを狙って打った。狙い通りのコースに入って良かったと思う。3試合連続でゴールを決めているので、4試合連続ゴールも狙っていきたい。
相手は攻撃的なチームで、非常に強かった。でも、自分たちはその相手に0-2から3点を返した。それはこれからの試合でも自信になると思う。今日は勝てなかったが内容としては悪くないので、次こそはホームで勝ちたい。
白崎 凌兵

白崎 凌兵

相手の入りが良くて、そこで失点をしていたら厳しい試合になっていた。相手のシュートがポストに当たったりして、ツキがあったのかなと思う。(前半で得点を決められたが)まだ1点だったので「行ける」という思いはあった。そこで、2点目を奪われてしまったのは、自分の守備の甘さから。相手のサイドの選手はドリブルに特徴のある選手だったので、注意をしているつもりだったが、一瞬の隙でやられてしまった。個人的には、全体のパフォーマンス、フィーリングは悪くなかったが、守備でも攻撃でも、一番大事な場面で良いプレーを出せないところがあったと思う。
ただ、チームとしては2点が入ってから「前に行く」という気持ちが出たと思う。逆転するところまで行って、最後は失点してしまったが、負けずに終わったことは良かった。
ミッチェル デューク

ミッチェル デューク

(途中出場で)チームにエネルギーを注ぐことができたと思う。そして、試合の流れを少し変えることができた。自分がピッチに入ってからチャンスが多く作れていたと思う。(心残りは)終盤にシュートを打つチャンスがあったのに、(北川)航也に出してしまったところ。次からはそういう場面で、自分が決めきるということも考えながやっていきたい。
前節ベンチ入り出来ず、フラストレーションが溜まったところがある。でも、その前のカップ戦に出た時に監督から「良くやっている」と言われていたし、今日は自分自身のプレーを見せることができたと思う。これからもチームの勝利に貢献できるようなプレーをして、リーグの順位を上げていきたい。
北川 航也

北川 航也

監督には「ボールを取った後に出ていく」というところを言われていた。慣れないポジションだったが、監督に言われたことをやろうと思っていたし、自分のやれることをやろうと思っていた。まずは守備を第一に考えて、(松原)后が疲れているのが分かっていたので、そのケアをすること。そこから一発狙ってやろうと思っていた。
(最後のシーンは)そこで決めきれるか、決めきれないかで自分の立ち位置もそうだが、チームの立ち位置も変わる。(ゴールを決めていれば)勝ち点3を取ることができた試合だと思う。それが決められないのは、自分にまだ力がないから。ただ、去年は少ない時間で点を取ってきている自信はあるので、次のルヴァンカップ、リーグで良いプレーを出していきたい。
PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.