清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第15節  2017.06.17 Sat 19:03 ヤンマースタジアム長居

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • 鄭 大世(3分)

試合終了

  • 1前半0
  • 0後半1

1

  • 清武 弘嗣(90+4分)
ロゴ:セレッソ大阪

セレッソ大阪

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
4 DF カヌ
26 DF 二見 宏志
25 DF 松原 后
7 MF 六平 光成
20 MF 竹内 涼
22 MF 枝村 匠馬
19 MF ミッチェル デューク
8 MF チアゴ アウベス
9 FW 鄭 大世

Substitutes

21 GK 高木和 徹
45 DF 角田 誠
16 DF 村松 大輔
11 MF 村田 和哉
30 MF 金子 翔太
23 FW 北川 航也
18 FW 長谷川 悠

セレッソ大阪

Line-ups

21 GK キム ジンヒョン
2 DF 松田 陸
14 DF 丸橋 祐介
22 DF マテイ ヨニッチ
23 DF 山下 達也
10 MF 山口 蛍
15 MF 木本 恭生
16 MF 水沼 宏太
24 MF 山村 和也
8 FW 柿谷 曜一朗
9 FW 杉本 健勇

Substitutes

27 GK 丹野 研太
3 DF 茂庭 照幸
4 DF 藤本 康太
5 DF 田中 裕介
7 MF 関口 訓充
46 MF 清武 弘嗣
19 FW 澤上 竜二

STATS

    45 90   90 45    
    3 3 6 シュート 16 8 8    
    5 5 10 GK 8 4 4    
    0 1 1 CK 12 8 4    
    5 5 10 直接FK 12 6 6    
    1 2 3 間接FK 1 0 1    
    1 1 2 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 1 1 0    
金子 翔太 ← 枝村 匠馬(68分)
北川 航也 ← チアゴ アウベス(72分)
角田 誠 ← ミッチェル デューク(90+2分)
交代 (46分)木本 恭生 → 清武 弘嗣
(82分)松田 陸 → 藤本 康太
(89分)柿谷 曜一朗 → 澤上 竜二
画像:イエローカード北川 航也(88分)
警告・退場 (45+3分)木本 恭生画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
22,737人 曇/弱風 22.9℃ 64% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
大津 隆 村上 伸次 山際 将史 植田 文平 岡 宏道 脇田 大樹

GAME FLASH

試合前

今日はヤンマースタジアム長居でJ1第15節C大阪戦です。C大阪戦と言えば、昨季終盤の9連勝のスタートなった試合を思い出す方も多いと思います。現在リーグ8戦勝ちなしと苦しんでいますが、ここから勝ちを重ねていきましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーはGK六反勇治、DF鎌田翔雅、DFカヌ、DF二見宏志、DF松原后、MF六平光成、MF竹内涼、MF枝村匠馬、MFミッチェル デューク、MFチアゴ アウベス、FW鄭大世の11人。カヌはリーグ初先発となります。

試合前

C大阪先発メンバーはGKキム ジンヒョン、DF松田陸、DF丸橋祐介、DFマテイ ヨニッチ、DF山下達也、MF山口蛍、MF木本恭生、MF水沼宏太、MF山村和也、FW柿谷曜一朗、FW杉本健勇の11人。清武弘嗣はベンチスタートです。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 2分

C大阪、右サイドからFK。丸橋祐介のボールは、そのまま流れてエスパルスボールのゴールキックから再開。

前半 3分

エスパルス先制!エスパルス、左サイド松原后のスローインからチアゴ アウベスのクロス。ニアで鄭大世が頭で合わせた。1-0

前半 7分

エスパルス、左サイド松原后のクロスはディフェンスにクリアされる。

前半 8分

C大阪、右サイドからスルーパスを入れると、二見宏志が対応。しかし、ボールが浮いてしまう。カヌがカバーし、タッチに逃げた。

前半 9分

C大阪、後方のマテイ ヨニッチのスルーパスに、右サイドの水沼宏太が抜け出す。水沼宏太が中央に折り返して、杉本健勇がシュートを放つも、六反勇治がファインセーブ。

前半 10分

エスパルス、エリア左からFK獲得。チアゴ アウベスのボールに、ニアでミッチェル デュークが合わせるもゴールの左に外れる。

前半 12分

C大阪、木本恭生が前線にボールを放り込むと、柿谷曜一朗が抜け出すが、これはオフサイドの判定。エスパルスのディフェンスラインは高く保てている。

前半 14分

C大阪、マテイ ヨニッチが大きくサイドチェンジ。しかし、右サイドの鎌田翔雅はこのボールに対応し、しっかりと弾き返した。

前半 14分

C大阪、左サイド柿谷曜一朗のクロスがファーに飛ぶと、松田陸がエリア内に飛び込み合わせる。これは上手く足に当たらず助かった。こぼれ球を六反勇治が抑えた。

前半 18分

C大阪、ゴールキックから、左サイドに展開。山口蛍が前線に放り込む。この微妙なボールに六反勇治はエリアギリギリまで飛び出しパンチングでクリア。こぼれ球を木本恭生がシュートを放つもディフェンスがしっかりとブロック。

前半 22分

C大阪、左CK獲得。水沼宏太のボールはファーへ。山下達也が頭で落として、中央で柿谷曜一朗が受ける。そのままボールをキープするも、竹内涼がしっかりとついてタッチへ追い込み外に出した。

前半 24分

C大阪、左CK。水沼宏太のボールは、大きくなってしまい、そのままゴールラインを割る。

前半 25分

エスパルス、エリア内でボールを受けたチアゴ アウベスがターン。そのまま左足でシュートを放つも、これはゴール右に外れる。

前半 27分

エスパルス、自陣で二見宏志が倒されてFK獲得。六反勇治のロングボールにミッチェル デュークが競り合うも、ここでファウルを取られる。C大阪ボールで再開。

前半 28分

C大阪、左サイド丸橋祐介からのクロスに中央から杉本健勇が飛び込むも、ディフェンスが体を当てていた。杉本健勇には当たらず、そのままボールは流れた。

前半 30分

C大阪、左サイドの柿谷曜一朗からのクロスは、竹内涼が頭でコースを変え、そのボールを六反勇治がキャッチ。守備は集中している。

前半 31分

C大阪、右サイドから水沼宏太のクロスは、六反勇治が飛び出してキャッチ。飛び出しは完璧だった。

前半 32分

C大阪、左サイドの丸橋祐介のグラウンダーのクロスに、杉本健勇がワンタッチで抜け出すも、ここはカヌが対応。

前半 33分

エスパルス、エリア手前、中央の位置で鎌田翔雅がハンド。C大阪ボールのFKとなる。

前半 34分

C大阪、中央からFK。たっぷりと時間を使って、柿谷曜一朗が直接狙うも、これは六反勇治がパンチングでクリア。

前半 35分

C大阪、左CK。水沼宏太のボールは、中央で鎌田翔雅がクリア。そのままタッチを割る。

前半 38分

エスパルス、鄭大世が自陣でボールをカットし、ミッチェル デュークが前線へボールを出す。チアゴ アウベスがワンタッチで大きくスペースにボールを出してそのままドリブルを開始。エリア内まで侵入も、ディフェンスにクリアされる。

前半 41分

C大阪、右サイドからFK獲得。山口蛍がそのまま縦に転がすと、右サイドから松田陸のクロス。ファーで杉本健勇が頭で合わせるが、ボールはゴールの左に外れる。

前半 44分

エスパルス、ハーフライン付近でFK獲得。二見宏志が左サイドに大きく蹴ると、ミッチェル デュークが中央に落とす。鄭大世が受けると、そのままボレーシュート。強い弾道のシュートだったが、ゴールの右に外れる。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 47分

C大阪、チアゴ アウベスと衝突した木本恭生がピッチに倒れ込む。起き上がりピッチの外に出るが、木本恭生にはイエローカードが提示される。

前半 48分

ここで前半終了。エスパルスは鄭大世の開始早々のゴールで、1点をリードして後半を迎えます。

HT

C大阪選手交代。木本恭生に代わり清武弘嗣。

後半 1分

C大阪ボールで後半キックオフ。

後半 1分

C大阪、山村和也がボランチに入ったもよう。

後半 3分

C大阪、山口蛍が左サイドに展開。丸橋祐介がクロスを上げるも、中央には味方はおらず。二見宏志がクリアする。

後半 5分

エスパルス、エリア内でチアゴ アウベスが粘りシュートを放つも、これはディフェンスにブロックされる。

後半 7分

C大阪、柿谷曜一朗にイエローカード。

後半 9分

C大阪、左サイド深い位置から清武弘嗣がクロスを上げるも、これはミッチェル デュークがボールのコースを変えてクリア。

後半 12分

C大阪、中央で清武弘嗣、杉本健勇、柿谷曜一朗とコンビネーションを見せるが、がっちりと守って通させない。

後半 14分

C大阪、左CK。柿谷曜一朗のボールは、ミッチェル デュークがクリア。

後半 15分

エスパルス、六反勇治のロングキックからミッチェル デュークが落として、中央からチアゴ アウベスが持ち込むも、これはディフェンスにクリアされる。

後半 16分

C大阪、左サイドを柿谷曜一朗が抜け出しクロス。杉本健勇が中央でワントラップからシュートを放つも、ゴールの上に外れる。

後半 17分

C大阪、左サイドで柿谷曜一朗がボールを持つと、中に切り込んで横パス。しかし、竹内涼がしっかりと対応し、大きく前線に蹴り出した。

後半 19分

エスパルス、C大阪にボールを握られており、下がって守備をしている。

後半 20分

C大阪、右CK獲得。清武弘嗣のボールは、ミッチェル デュークが中央でクリア。

後半 21分

C大阪、右CK。清武弘嗣のボールはニアで鄭大世がクリア。

後半 22分

C大阪、左CK獲得。柿谷曜一朗のボールは、ミッチェル デュークがクリア。

後半 23分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり金子翔太。

後半 24分

エスパルス、竹内涼がボールをカットすると、ミッチェル デュークが前線までドリブルで持ち込む。中央まで持ち込んでシュートを放つも、ディフェンスに当たりゴールラインを割る。エスパルスCK獲得。

後半 24分

エスパルス、右CK。チアゴ アウベスのボールは、鋭いカーブを描くも、そのままファーに流れてゴールラインを割ってしまう。

後半 26分

エスパルス、左サイドからFK獲得。チアゴ アウベスのボールにカヌが飛んだがクリアされる。そのこぼれ球を金子翔太がシュート。低くコントロールされたがGKキム ジンヒョンの正面。

後半 27分

エスパルス選手交代。チアゴ アウベスに代わり北川航也。

後半 30分

C大阪、左CK獲得。柿谷曜一朗はショートコーナーのリターンからゴール前に放り込む。これはディフェンスがクリアもC大阪ボールの右CKへ。しかし、これもしっかりと対応。

後半 32分

C大阪、左サイドに開いていた柿谷曜一朗が中央に切り込みシュートを放つも、六反勇治が魂のこもったセービングで弾き出した。

後半 34分

エスパルス、左サイド松原后のクロスから、中央が混戦、北川航也が粘ってシュートを放つが、これは勢いがなかった。GKキム ジンヒョンに抑えられる。

後半 37分

C大阪選手交代。松田陸から藤本康太。

後半 39分

C大阪、左サイドからFK獲得。丸橋祐介のボールは、金子翔太が頭でクリア。

後半 40分

エスパルス、左サイドからミッチェル デュークのクロスが、GKとディフェンスの間に転がる。鄭大世が飛び込むも、飛び出したきたGKキム ジンヒョンと激突し、そのままボールが流れた。C大阪ボールのゴールキックで再開。

後半 43分

C大阪、エリア内で清武弘嗣がシュートを放つも、竹内涼がクリア。押し込まれていただけに、大きなクリアだった。

後半 43分

エスパルス、北川航也にイエローカード。

後半 44分

C大阪選手交代。柿谷曜一朗から澤上竜二。

後半 45分

C大阪、左サイドから丸橋祐介がクロスを上げるが、これは六反勇治んが判断良く飛び出してパンチングでクリア。

後半 46分

後半アディショナルタイム5分。

後半 47分

エスパルス選手交代。ミッチェル デュークに代わり角田誠。

後半 47分

C大阪、エリア右からFK。丸橋祐介のボールは中央でクリア。

後半 48分

エスパルス、自陣エリア内でハンドを取られてしまう。C大阪のPK。

後半 49分

C大阪、PK。ボールをセットしたのは清武弘嗣。これをゴール左に決められて同点に追いつかれる。1-1

後半 50分

C大阪、右サイドから切り込んだ清武弘嗣がシュートを放つもこれはディフェンスがブロックしてコースを変える。

後半 52分

ここで試合終了。エスパルスにとっては酷な判定で1-1のドロー。最後に追いつかれてしまいました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・しっかりボールにチャレンジしよう
・相手のクロスとリスタートに注意すること
・シンプルにボールを回して、チャンスをモノにしよう!

セレッソ大阪
ユン ジョンファン監督

・相手チームのFWの対応をはっきりしよう
・我慢強く集中していこう
・スペースを有効に使おう

COACH COMMENT

小林 伸二監督

前半入りは良かったと思う。ゲームが始まってすぐイージーミスもあったが、ボールを運んで点が取れたことは良かった。
その後に攻撃が単調になるということと、押し込まれて一生懸命足を動かして守備をするが、ボールを取ると、ボールを持っている人の後ろからのサポートがなくて前に蹴るしかない。そして前は単発で、可能性を感じるところもあるが、ダメなときにキープしてボールを回すということを、もう少しピッチの中でチームメイトが喋れるようになって欲しい。最終ラインも足が動かないが、ポジションを変えつつボールを少しでも回すことができると回避できると思うが、(ボールが)来たら蹴るしかない。その蹴るのが、事前に把握してトップに入れるのか、思い切って(相手ディフェンスラインの)裏に蹴るのかではなくて、中途半端なキックしかない。そういうところの整理がまだできない。そこにはメンバーが変わったり、整っていない中でセンターもやっているので、サイドからセンターバックに流れたときに、センターバックで回すと(バックパスをして)ゴールキーパーしかない。それほど立ち位置が悪いなら、(パスを)貰うなということが、伝えられていないというのが自分の中でも悔しくて、もう少し回せるのではないかというところが残念だった。
もう少し早く失点していたら、ひっくり返されていたと思うので、あれはあれでよく頑張ったなと思う。最終的にコーナーキックが続いたが、左側の判断が悪くてファールしたりとか、軽率なプレーを序盤のところでやってしまい、まだまだ逃げ切れない。C大阪は去年J2でやっているが、J1の中で逃げ切れない精度の低さというのは、まだまだあると思う。もう少しできれば、逃げ切ることができたかもしれないし、(PKの判定の場面は)見えなかったが、精一杯の格好でのハンドのような気がするので、そこは残念だが、逃げ切れなかったというのは(我々の)力ではないかなと思う。C大阪はそういうところでも追いつく力はあると感じた。
ただ上位のチームに勝ち点1を取って、前に進んでいるので、天皇杯、ホームの甲府(戦)に向いて準備をしていきたい。

PLAYERS' COMMENTS

画像:鄭 大世

鄭 大世

今日こそは守りきれると思っていたし、勝てると思っていたので悔しい。個人としては守備でかなり頑張って、何度もボールを奪えていたと思う。ただ、攻撃ではもう少しチャンスが欲しかった。
(得点は)自分の感覚でボールをすらした。チアゴ(アウベス)がボールを持っていたので、「ボールが来る」と思って早めに相手の前に入った。その位置取りが良かったと思う。チアゴが上手くボールを出してくれた。
アウェイで勝ち点3を取っておきたかった。負けを引き分けにするチームは上がるが、勝ちを引き分けにするチームは下に行く。こういう試合が続いているので、そうならないようにしていかなければいけない。
画像:カヌ

カヌ

C大阪は2位のチーム。強い相手なので、最初から厳しい試合になることは予想していた。序盤に上手く得点を取ることができたが、この試合の状況を考えれば、勝ち点1は悪くない結果だと思う。この勝ち点1を、前半戦の残り2試合につなげていきたい。
個人的にはリーグ初先発ということもあったし、ピッチに入って試合の状況を見ながら、とにかくシンプルにやることを心がけていた。そこは上手くできたんじゃないかと思う。ヘディングも自分の一番の特徴なので、そこは出せていた。今日は多くの場面で(競り合いに)勝てたが、それ以外にもまだまだできることはある。これからもチームのためにもっと成長できるように頑張っていきたい。
画像:二見 宏志

二見 宏志

アウェイで勝ち点1は最低限の結果。でも、勝てたんじゃないかという思いはある。
今日の試合はロングボールのキッカーに、なかなか(プレスに)行けていなかった。だから、ディフェンスラインを下げざるを得ない場面も多くなってしまった。そこは割り切ってやっていたので悪くないと思うが、もう少し前に押し出したかったというところもある。ただ、序盤に得点を入れてリードしていたこともあって、後ろは落ちついてできていたと思う。
次からは甲府、札幌と大事な試合が続く。この引き分けを含めて、3試合引き分けになってしまうと、1勝2敗と変わらなくなる。だから、この2試合で、勝ち点3を積み重ねなければいけない。
画像:竹内 涼

竹内 涼

狙い通りの良い(試合の)入り方をして、上手く先制点を取れた。そこから、がっちり守りながらカウンターを狙うというアウェイの戦い方ができていたと思う。これで勝てれば、自分たちの勝ちパターンになっていたが、最後の最後でこらえきれなかった。
(中断期間の)2週間でやってきたカウンターの対応など、チームとして堅く守るというところは出せていたと思う。センターバックのカヌは来たボールをきっちり跳ね返してくれていたし、二見(宏志)は相手にガツガツ行けていて、バランスは取れていた。そこでチャレンジ&カバーもできていたし、ボランチがカバーするところのイメージまではできていたと思う。
アウェイで勝って、その流れをホームに持ち込みたかったが、2連敗したところから勝ちに近づくステップは踏めたと思う。みんなで今日の課題に取り組んで、良かったところは継続していきたい。