清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第21節  2017.08.09 Wed 19:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

3

  • 金子 翔太(51分)
  • 北川 航也(60分)
  • 北川 航也(73分)

試合終了

  • 0前半2
  • 3後半0

2

  • 山村 和也(24分)
  • 木本 恭生(33分)
ロゴ:セレッソ大阪

セレッソ大阪

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
4 DF カヌ
26 DF 二見 宏志
25 DF 松原 后
22 MF 枝村 匠馬
20 MF 竹内 涼
19 MF ミッチェル デューク
30 MF 金子 翔太
18 FW 長谷川 悠
23 FW 北川 航也

Substitutes

21 GK 高木和 徹
45 DF 角田 誠
16 DF 村松 大輔
44 MF フレイレ
11 MF 村田 和哉
50 FW 滝 裕太
46 FW 平墳 迅

セレッソ大阪

Line-ups

21 GK キム ジンヒョン
5 DF 田中 裕介
14 DF 丸橋 祐介
15 DF 木本 恭生
22 DF マテイ ヨニッチ
6 MF ソウザ
10 MF 山口 蛍
16 MF 水沼 宏太
24 MF 山村 和也
8 FW 柿谷 曜一朗
9 FW 杉本 健勇

Substitutes

27 GK 丹野 研太
2 DF 松田 陸
23 DF 山下 達也
7 MF 関口 訓充
17 MF 福満 隆貴
26 MF 秋山 大地
11 FW リカルド サントス

STATS

    45 90   90 45    
    4 6 10 シュート 9 5 4    
    5 6 11 GK 10 5 5    
    2 2 4 CK 6 3 3    
    6 4 10 直接FK 14 6 8    
    2 0 2 間接FK 2 1 1    
    2 0 2 オフサイド 2 1 1    
    0 1 1 PK 0 0 0    
フレイレ ← 長谷川 悠(86分)
村松 大輔 ← 金子 翔太(88分)
村田 和哉 ← 北川 航也(90+1分)
交代 (65分)柿谷 曜一朗 → 関口 訓充
(65分)ソウザ → 秋山 大地
(76分)山村 和也 → リカルド サントス
画像:イエローカード枝村 匠馬(31分)
画像:イエローカードカヌ(84分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
12,324人 晴/無風 29℃ 71% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
小林 進 岡部 拓人 間島 宗一 林 可人 数原 武志 田中 憲司

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ1第21節C大阪戦です。現在ホーム2連勝のエスパルスは、3連勝を目指して戦います。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DFカヌ、DF二見宏志、DF松原后、MF枝村匠馬、MF竹内涼、MFミッチェル デューク、MF金子翔太、FW長谷川悠、FW北川航也の11人。ユースの滝裕太、平墳迅がベンチに入っています。

試合前

C大阪先発メンバーは、GKキム ジンヒョン、DF田中裕介、DF丸橋祐介、DF木本恭生、DFマテイ ヨニッチ、MFソウザ、MF山口蛍、MF水沼宏太、MF山村和也、FW柿谷曜一朗、FW杉本健勇の11人。山下達也がベンチに入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 3分

C大阪、杉本健勇が左足を押さえて倒れている。

前半 4分

C大阪、杉本健勇は問題がないもよう。

前半 4分

C大阪、中央で山口蛍から水沼宏太とつなぎ、杉本健勇がエリア外からシュートも、二見宏志がブロック。

前半 6分

C大阪、後方でゆっくりとパス回しをしている。

前半 6分

C大阪、左サイドから柿谷曜一朗がグラウンダーでシュート性のクロスも、六反勇治がキャッチ。

前半 8分

エスパルス、自陣で松原后が倒されFK獲得。近くの味方にパスを出して、プレー再開。

前半 8分

エスパルス、松原后エリア外から左足を振り抜き強烈なシュート。これはGKキム ジンヒョンがセーブ。

前半 10分

エスパルス、右CK獲得。枝村匠馬のボールは、中央でマテイ ヨニッチがクリア。カヌにはわずかに合わず。

前半 10分

C大阪、中央での連携からソウザがミドルシュートを放つが、枠を外れる。

前半 12分

エスパルス、竹内涼が相手ボールを奪ってカウンター。右サイドのミッチェル デュークが飛び出すも、戻ってきたディフェンスにブロックされてクロスを上げられず。

前半 14分

C大阪、右サイドの田中裕介がロングボールでエスパルスディフェンスの裏を狙うが、杉本健勇がオフサイド。

前半 15分

エスパルス、杉本健勇がピッチにうずくまると、プレーが止まっている。その間に選手たちは一斉に水をとっている。

前半 17分

エスパルス、左サイドから松原后がアーリークロス。ゴール正面で長谷川悠が競り合うも、GKキム ジンヒョンがキャッチ。

前半 19分

エスパルス、長谷川悠が前線に送った浮き球のパスに北川航也が走り込むが、エリア外に飛び出したGKキム ジンヒョンが先に触ってクリア。

前半 20分

エスパルス、左サイドで細かなドリブルから金子翔太がシュート。しかし、これはゴールの上に外れる。

前半 21分

エスパルス、木本恭生のパスを枝村匠馬がスライディングでカット。ミッチェル デュークが前線に放り込むも、これはクリアされる。

前半 24分

【ゴール】C大阪、左CK獲得。ソウザのボールは、ファーで田中裕介が折り返し最後はマテイ ヨニッチが押し込んだ。エスパルスの抗議が実らず、判定はゴール。0-1

前半 27分

C大阪、ソウザのロングボールは、六反勇治がエリア外に飛び出して頭でクリア。

前半 30分

エスパルス、左サイド松原后のクロスはGKキム ジンヒョンがキャッチ。

前半 31分

エスパルス、枝村匠馬の山口蛍へのスライディングがファウルの判定。イエローカードをもらってしまう。

前半 33分

【ゴール】C大阪、エスパルス陣内中央、右サイドからFK獲得。丸橋祐介のボールにニアで木本恭生が頭で飛び込んでネットに収まった。0-2

前半 37分

エスパルス、金子翔太が細かいドリブルでゴール前まで持ち込むも、最後はディフェンスにクリアされる。

前半 37分

エスパルス、左CK獲得。枝村匠馬はショートコーナーを選択。後ろに戻して、金子翔太がゴール前に入れる。ファーで二見宏志が折り返して、中央でカヌが頭で狙うがゴールの左に外れる。

前半 39分

C大阪、右CK獲得。ソウザのボールは、ニアで木本恭生が強引に狙うも、ゴールを捉えることができない。

前半 40分

エスパルス、右サイドミッチェル デュークのクロスに中央が混戦。北川航也が粘り、ゴール前に折り返すもクリアされる。

前半 41分

エスパルス、こぼれたボールに枝村匠馬がミドルシュートを狙うも、ゴールの上に外れる。

前半 43分

C大阪、左サイドの柿谷曜一朗がカヌをかわしてクロスを放り込むも、ゴールラインを直接割る。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 46分

C大阪、左CK。ソウザのボールはショートコーナーを選択。折り返しを再びソウザがゴール前に放り込むが、これはエスパルスディフェンスがクリア。

前半 48分

ここで前半終了。エスパルスは2点のビハインドを負って後半を迎えることになります。

後半 1分

C大阪ボールで後半キックオフ。

後半 1分

C大阪、ソウザのスルーパスに水沼宏太がシュートを放つも、これは右ポストに当たり外れた。後半の立ち上がり、集中したいところ。

後半 2分

エスパルス、右サイド鎌田翔雅のクロスに長谷川悠がニアで頭で合わせネットを揺らすも、これはオフサイドの判定。

後半 4分

エスパルス、松原后がエリア内でドリブルで侵入し、相手ディフェンスに倒されてPKを獲得。

後半 6分

【ゴール】エスパルス、金子翔太がPKを左に落ち着いて蹴り込んだ。1-2

後半 8分

C大阪、右サイドの水沼宏太がクロスを放り込み、柿谷曜一朗が折り返したが、枝村匠馬が大きくクリア。

後半 10分

エスパルス、右サイドに流れた長谷川悠がディフェンスの裏に落とす柔らかいボールを放り込み、枝村匠馬が走り込んだがGKキム ジンヒョンが飛び出して抑えた。

後半 14分

エスパルス、松原后がエリア内にドリブルで侵入するも、ディフェンスにクリアされる。

後半 15分

エスパルス、枝村匠馬のミドルシュートからCK獲得。枝村匠馬の左CKは、GKキム ジンヒョンがパンチングでタッチに逃げる。

後半 15分

【ゴール】エスパルス、右スローインからボールを受けた北川航也が、エリア内でターンして左足を振り抜いた。2-2

後半 17分

C大阪、丸橋祐介のクロスに柿谷曜一朗が頭で合わせるも、六反勇治のファインセーブ。

後半 20分

C大阪選手交代。柿谷曜一朗から関口訓充。さらに、ソウザから秋山大地。

後半 21分

エスパルス、左サイドの北川航也のクロスに長谷川悠が胸トラップから左足でシュートを放つがGKキム ジンヒョンがパンチング。

後半 23分

C大阪、田中裕介がエリア手前でボールを受け、シュート性のクロスもそのままゴールラインを割る。

後半 24分

C大阪、エスパルス陣内中央、やや左からFK獲得。水沼宏太のボールはエスパルスディフェンスがタッチに逃げる。

後半 26分

エスパルス、左サイドの松原后がクロスを放り込むも逆サイドタッチに切れる。

後半 28分

【ゴール】エスパルス逆転!エスパルス、左サイドの松原后のグラウンダーのクロスに、北川航也が左足ヒールで押し込んだ。3-2

後半 31分

C大阪選手交代。山村和也からリカルド サントス。

後半 33分

エスパルス、右サイド鎌田翔雅のグラウンダーのり返しに北川航也が合わせるが、わずかにゴールの右に外れる。

後半 34分

エスパルス、ミッチェル デュークがドリブルで持ち込みカウンター。そのままゴール前まで達しシュートを放つが、ディフェンスにブロックされる。

後半 37分

エスパルス、左CK獲得。枝村匠馬のボールは中央で跳ね返されるが、こぼれ球を金子翔太がゴール前に放り込み、最後は二見宏志がシュートを放つがゴールの左に外れる。

後半 39分

エスパルス、カヌにイエローカード。

後半 39分

C大阪、エスパルス陣内中央でFK。丸橋祐介のボールは直接ゴールラインを割る。

後半 41分

エスパルス選手交代。長谷川悠に代わりフレイレ。

後半 42分

C大阪、右サイド水沼宏太のクロスにフレイレがヘディングでクリア。

後半 42分

C大阪、左CK。関口訓充のボールはエスパルスディフェンスがクリア。こぼれを秋山大地がシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

後半 43分

エスパルス選手交代。金子翔太に代わり村松大輔。

後半 44分

C大阪、右サイド水沼宏太のクロスは鎌田翔雅がコーナーに逃げる。

後半 45分

C大阪、左CK。リカルド サントスが中央で合わせるが、ゴールの右に外れる。

後半 45分

エスパルス選手交代。北川航也に代わり村田和哉。

後半 46分

後半アディショナルタイム5分。

後半 48分

C大阪、エリア右からFK。丸橋祐介のボールは、ディフェンスがクリア。

後半 49分

C大阪、左サイドからクロスも、カヌがクリア。続いて右サイドからのクロスも跳ね返した。

後半 50分

C大阪、ゴール前の混戦で木本恭生がシュートを放つもゴールの上。最後まで守りきりたい。

後半 51分

ここで試合終了。エスパルスは後半3得点を挙げて大逆転勝利。皆さま、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・しっかりリカバリーして後半に向かおう

・落ち着いてリズムを作ろう

・アタッキングサードでは前を向いて勝負しろ!

セレッソ大阪
尹 晶煥監督

・もう少し、シンプルにプレーしよう。

・お互いに助け合って、良い流れを作ろう。

・セカンドボールをしっかりと拾うこと。

COACH COMMENT

小林 伸二監督

前半のゲーム運びとしては、中盤を取れていたので悪くはなかったと思う。ただ、2つの失点が、一つはスローインをミスしてコーナー(キック)にしてしまったこと、もう一つはパスミスから一対一プラス数的優位になるような場面でファールしてしまったことのツケが、もう一度フリーキックで失点してしまった。(C大阪は)データ的にリスタートでかなりの得点力がある。もったいないゲームになりそうなところはあった。
ハーフタイムには1/3(アタッキングサード)まで(ボールを)持って行ったときに前を取らない。ファーストタッチで後ろを取ったり、ボールを丁寧に運んで、アタッキングのときにノーリスクでプレーしてしまうというところを、もっと積極的に勇気を出してやろうということで(後半に)送り出した。
まず鎌田(翔雅)のクロスからの得点がオフサイドになったが、そこから積極的に(松原)后もミスはあるが早くリカバーしてプレーしてくれたと思う。そういう形で前に出られたことと、C大阪は失点も一番少ないチームなので、2-0でOKとなったところで我々が入り込めたと思う。向こうは足も止まったし、決して前半から良かったわけではないので、メンタル的にあきらめないということが我々にプラスになったと思う。
ホームで3連勝、天皇杯も入れると5連勝になる。後半はサポーターの声援がプレッシャーではなく、力になってきていると感じる。凄く感謝している。同点かどうかというところで3点入って、最後追い付かれるのかなと怖かった。今日は初めての逆転だが、よく頑張ってくれたと思う。


<Q.今日の勝因は?※キッズドリームプラン参加者より質問>
君たち(キッズドリームプラン参加者の子供たち)が来てくれたから勝ったと思うことが一つ。(また)サポーターの力が凄く大きかったこと。もう一つは、2-0というゲームを向こうに合わせるとたぶん終わる。それをメンタル的に戦ったということが一番大きい。

<Q.先発の北川航也選手の評価は?>
前半重たくて心配だった。いつも(途中出場で)時間が足りないのかというところだったが、今日は良いところを見せようとするが手数がかかったり、もう一回プレーが続かなかったりというところがあった。ただ2日前のシュート練習で(北川)航也はすごく良かった。1タッチ目に左でコントロール、2タッチ目で引っ掛けて左足でシュートを打ったが、あれはトレーニングでもよくやる。そういうところが出たなと(思う)。
2つ目は(松原)后のボールも凄く良かったと思うが、迷わずに触ったことが良かったと思う。後半はリカバリーして凄く良いプレーを出してくれたと思う。周り(の選手)も足元にしっかり速いボールを入れると、ファーストタッチであのようなターンができると思うと、中盤からボールが出てくると思う。そういう意味でも良かったと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:枝村 匠馬

枝村 匠馬

自分たちはメンバーやポジションが変わったりしていたので、ラッキーなところもあったと思う。(今日は)負けゲームだったが、上手くリカバーができたと思う。J1はワンプレーで流れが変わる。後半の立ち上がりに、オフサイドになったが、ネットを揺らすことができた。それで試合が大きく流れが変わったと思う。苦しかったが、勝てたことは良かった。
(ボランチに入って)意識したところは、攻守のバランス。今日は選手がいなかったというところもあって、(自分が)やらなければいけないと思って試合に入った。
今日は勝利したが、流れは関係ない。またスコアレスから試合が始まるので、修正するところは修正してやっていきたい。
画像:金子 翔太

金子 翔太

(松原)后がPKを取ってくれたので、后に感謝したい。練習でも(PKを)蹴っていたので、相手選手がプレッシャーをかけていたが、強い気持ちを持っていた。さらに、サポーターの皆さんがコールをしてくれていたので、決めることができたと思う。
(前半に2点リードされていたが)ハーフタイムに監督から檄を飛ばされていたし、選手たちも後半取り返そうという気持ちで臨んでいたと思う。慌ててしまったところもあるが、そこまで相手のプレッシャーが早いとか、やれないとは感じていなかった。自分たちがボールをつないでポゼッションをすれば、チャンスはあると思っていたので、狙い通りの後半だったと思う。
ただ、後半3点を取ることができたのは、1点を取るごとにサポーターの皆さんの声援が大きくなったことが後押しになったと思う。サポーターと一緒に戦っている気持ちだった。
画像:北川 航也

北川 航也

(ゴールは)ホッとしている。ここまで、使われても結果が出せない、ゴールまで結びつかないという状態が続いていて、サポーターの皆さん、監督にも申し訳ない気持ちだった。こうして結果を残せたということは嬉しい。それでも、まだまだやらなければいけないところもあるし、課題もある。そこは1つずつクリアできればと思う。
(1点目は)一瞬、相手の気が緩んだというところが分かった。ターンからシュートというところは、去年からずっと一人で練習をしている形。監督からも口酸っぱく言われているところでもあったので、それがやっと試合に出せたと思う。(2点目は)「もう一回やれ」と言われたら、入るかどうか分からないシュート。(松原)后があそこまで走ってくれて突破してくれていたというところがあるし、その前に金子(翔太)選手が溜めを作ってくれたというところもある。みんなのゴールだと思う。
ただ、ここから続けないと意味がない。次もホームで、また上位のチームと対戦できるので、自分の力を出して、チームの勝利に貢献できれば、またステップアップできるかなと思う。
画像:長谷川 悠

長谷川 悠

チームにとって自信になる勝利だった。個人としても、試合を重ねるごとに、試合後の疲労感が減ってきているので、試合にも慣れてきているのかなと思う。(ノーゴールとなったシュートシーンでも)(鎌田)翔雅から良いボールが来たので、チームメートにも信頼してもらってボールを預けてもらえるようになっているという感触がある。くさびも早いタイミングで入れてくれているので、チームにフィットしてきているかなと思う。
チームとしては、前線の選手も2回動き直しができている。引いてから出たり、一度出てから引いたりと、いうプレーが多くなっている。暑い中で、それができているのは良いこと。そこは続けて、あとはセットプレーの失点を減らしていきたい。
画像:松原 后

松原 后

前半から相手ディフェンスに(得意とする)縦を切られていた。でも、縦だけでなく、中に切り込んでもプレーできる自信はあったし、それが見せられたことは良かったと思う。(倒されてPKになったが)シュートまでの意識はあった。(3点目のクロスは)クロスの種類を増やしていこうと思っていて、それがゴールにつながった。しかも、(北川)航也はチャンスをモノにできない日々が続いていて、「航也に点を取って欲しい」と思っていたので、自分がアシストできたということは率直に嬉しい。
自分がこのチームを勝たせるという気持ちを持って引き続きやれたらと思う。サイドバックでも結果を出せる選手になっていきたい。