試合情報|清水エスパルス - 公式WEBサイト

清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

天皇杯 3回戦  2017.07.12 Wed 19:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

2

  • 長谷川 悠(1分)
  • 竹内 涼(50分)

試合終了

  • 1前半0
  • 1後半0

0

ロゴ:いわきFC

いわきFC

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
45 DF 角田 誠
26 DF 二見 宏志
4 DF カヌ
7 MF 六平 光成
20 MF 竹内 涼
22 MF 枝村 匠馬
19 MF ミッチェル デューク
18 FW 長谷川 悠
9 FW 鄭 大世

Substitutes

21 GK 高木和 徹
16 DF 村松 大輔
14 MF 野津田 岳人
44 MF フレイレ
11 MF 村田 和哉
30 MF 金子 翔太
23 FW 北川 航也

いわきFC

Line-ups

21 GK 坂田 大樹
14 DF 新田 己裕
13 DF 山﨑 海秀
4 DF 古山 瑛翔
15 MF 金 大生
5 MF 板倉 直紀
25 MF 久永 翼
28 MF 植田 裕史
23 FW 吉田 知樹
9 FW 菊地 将太
10 FW 平岡 将豪

Substitutes

1 GK 大野 将弥
22 DF 五十嵐 陸
30 DF ウェリントン
16 MF 高橋 大河
7 FW 片山 紳
19 FW 小野瀬 恵亮
11 FW 高柳 昴平

STATS

    45 90   90 45    
    8 8 16 シュート 7 2 5    
    6 9 15 GK 14 6 8    
    3 1 4 CK 2 1 1    
    5 6 11 直接FK 7 3 4    
    1 0 1 間接FK 0 0 0    
    1 0 1 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
村松 大輔 ← カヌ(57分)
村田 和哉 ← 鎌田 翔雅(61分)
金子 翔太 ← 長谷川 悠(88分)
交代 (46分)吉田 知樹 → 小野瀬 恵亮
(66分)金 大生 → 片山 紳
(81分)菊地 将太 → 高柳 昴平
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
3,238人 晴/弱 26.1℃ 89% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
川上 覚 今村 義朗 小椋 剛 竹田 明弘 内山 翔太 望月 紀秀

GAME FLASH

試合前

今日はアイスタで天皇杯第3回戦いわきFC戦です。現在アイスタでは3連勝中。このまま連勝を続けて、さらに上のステージに進めるようにしましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DF角田誠、DF二見宏志、DF松原后、MF六平光成、MF竹内涼、MF枝村匠馬、MFミッチェル デューク、FW長谷川悠、FW鄭大世の11人。リーグ前節から、角田誠、鄭大世が先発に入っています。

試合前

いわき先発メンバーは、GK坂田大樹、DF新田己裕、DF山﨑海秀、DF古山瑛翔、MF金大生、MF板倉直紀、MF久永翼、MF植田裕史、FW吉田知樹、FW菊地将太、FW平岡将豪の11人。平均年齢22.3歳の若いメンバーになります。

試合前

エスパルスにメンバー変更があり、二見宏志からカヌに代わっている。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス先制!エスパルス、左サイドの二見宏志がロングスロー。ニアで長谷川悠が頭でスラしてゴールに流し込んだ。1-0

前半 3分

エスパルス、再び左サイドで二見宏志のロングスロー。しかし、これはディフェンスにクリアされる。

前半 4分

エスパルス、右サイドの鎌田翔雅のクロスに長谷川悠が頭に合わせるが、これはディフェンスに当たってCKへ。

前半 4分

エスパルス、左CK。枝村匠馬のボールは、GK坂田大樹がパンチング。

前半 5分

エスパルス、竹内涼がゴール前にボールを放り込むと、長谷川悠が落として鄭大世がヘディングでゴールを狙う。これは、わずかに枠を捉えられれない。

前半 8分

エスパルス、相手陣内中央でFK獲得。枝村匠馬のボールは、カヌが頭から飛び込むも、ゴールの右に外れる。

前半 9分

エスパルス、六反勇治のロングキックが右サイド深いところに飛ぶと、枝村匠馬が走り込みゴール前に放り込む。ミッチェル デュークが中央で頭で合わせるも、ゴールの上に外れる。

前半 11分

エスパルス、左サイドをコンビネーションで崩して、鄭大世がゴール前にクロスを送るも、逆サイドの枝村匠馬には通らず。

前半 15分

エスパルスがボールを持つ時間が増えるが、この時間帯は中盤より前には行かない。

前半 17分

いわき、一瞬の隙きを突いて平岡将豪が中央を抜け出すと、菊地将太がシュート。これを六反勇治が右手1本でセーブ。こぼれ球を、植田裕史に狙われるが、これも六反勇治が体を張って抑える。いわきの最大のチャンスを防いだ。

前半 20分

いわき、左サイドから植田裕史のロングスロー。これは角田誠が中央でクリアする。

前半 22分

エスパルス、左サイドから二見宏志のロングスロー。相手陣内左サイド深くにボールが流れると、鄭大世が強引に狙う。しかし、これはゴールの左に外れる。

前半 23分

いわき、左サイドから植田裕史のクロス。これは金大生がゴールラインギリギリで残したが、ドリブルが流れてゴールラインを割る。

前半 24分

エスパルス、左サイドから二見宏志のロングスローだったが、さすがにこれは相手も警戒しており、クリアされてしまう。

前半 27分

いわき、左サイド古山瑛翔のアーリークロスに金大生がヘッド。これはゴールの右に外れる。

前半 29分

いわき、久永翼のスルーパスに、植田裕史が左サイドから走り込むが、ドリブルがそのまま流れて、ゴールラインを割る。

前半 30分

エスパルス、前線で鄭大世の落としに、ミッチェル デュークが強烈なシュートを放つも、惜しくもサイドネットに外れる。

前半 34分

エスパルス、左サイドから二見宏志のロングスロー。ニアでクリアされるも、こぼれ球を竹内涼が抑えたシュート。これはGK坂田大樹がセーブ。

前半 34分

エスパルス、右CK。枝村匠馬のボールはニアでクリアされてしまう。

前半 36分

エスパルス、左サイドの二見宏志の縦パスからミッチェル デュークが抜け出すと、クロスを放り込むが、これはゴールラインを割ってしまう。

前半 37分

いわき、ゴール前でボールをつなぎ、最後は板倉直紀がミドルシュート。ゴールの左に外れる。

前半 38分

エスパルス、左サイドでFK獲得。枝村匠馬のボールはGK坂田大樹がパンチング。

前半 41分

エスパルス、右CK獲得。枝村匠馬のボールは、ニアでクリアされてしまう。

前半 43分

エスパルス、左サイドに流れた鄭大世がクロス。ニアでミッチェル デュークが頭から飛び込み、さらにこぼれたボールを長谷川悠もダイビングヘッドを試みるも、ゴールの右に外れる。

前半 44分

いわき、左CK。板倉直紀のボールは、中央でミッチェル デュークが大きくクリア。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 46分

エスパルス、中盤から竹内涼がミドルシュートを放つが、これはゴールの上に外れる。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルスは1分の長谷川悠のゴールで、1点リードして後半を迎えます。

HT

いわき選手交代。吉田知樹から小野瀬恵亮。

後半 1分

いわきボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、鄭大世の縦パスにミッチェル デュークが左サイドで抜け出す。エリア内でディフェンスのタックルをジャンプしてかわすが、ボールが長くなりGK坂田大樹に取られる。

後半 4分

いわき、小野瀬恵亮が植田裕史とワンツーで抜け出してシュートを放つが、これはゴールの左に外れる。

後半 5分

【ゴール】エスパルス2点目!エスパルス、右サイドに流れた鄭大世から中央の枝村匠馬にマイナスのパス。枝村匠馬がキープして落とすと、後ろから走り込んだ竹内涼のミドルシュート。これが弧を描いてゴールに突き刺さった。2-0

後半 7分

エスパルス、左サイドからFK。枝村匠馬のボールにファーで二見宏志が落としたが、GK坂田大樹がキャッチ。

後半 10分

エスパルス、右CK獲得。枝村匠馬のボールは中央でクリアされる。

後半 11分

エスパルス、前線でボールを受けた鄭大世から左サイドのミッチェル デュークにボールが渡る。ミッチェル デュークはドリブルで持ち込み、最終ラインに仕掛けるが、これは突破することができない。

後半 12分

エスパルス選手交代。カヌに代わり村松大輔。

後半 14分

エスパルス、左サイドに入った鎌田翔雅から縦パス。ディフェンスの裏に走り込んだミッチェル デュークがドリブルで持ち込む。しかしクロスは鄭大世には合わず。

後半 15分

エスパルス、ミッチェル デューク左サイドから右サイドまでドリブルで持ち込む。クロスが、ファーに飛ぶと、鄭大世が回り込んでシュート。しかし、これはゴールの右に外れる。

後半 16分

いわき、平岡将豪が左サイドからシュートを放つも、ゴールの左に外れる。

後半 17分

エスパルス選手交代。鎌田翔雅に代わり村田和哉。

後半 18分

エスパルス、前線で竹内涼がボールを奪いかえすと、右サイドの村田和哉へ。村田和哉は相手と入れ替わって前に出てシュート。しかし、勢いがなくGK坂田大樹にキャッチされる。

後半 21分

いわき選手交代。金大生から片山紳。

後半 22分

エスパルス、右サイドの村田和哉のクロスに、ファーでミッチェル デュークがワントラップからシュート。これはディフェンスにブロックされるも、こぼれ球を長谷川悠がヘディングシュート。わずかに枠を外れる。

後半 25分

エスパルス、長谷川悠がピッチ上で右スネを押さえて倒れる。すぐに起き上がってプレー再開。

後半 28分

エスパルス、ミッチェル デュークがドリブルで抜け出したあとディフェンスと接触し、右足首を押さえてピッチに座り込む。しかし、何とか起き上がっている。

後半 30分

エスパルス、右サイドに流れた鄭大世から鋭いクロス。これは繋がらなかったが、逆サイドでボールを持ったミッチェル デュークが再びゴール前に折り返す。これは直接ゴールラインを割ってしまう。

後半 34分

エスパルス、右サイドの村田和哉が抜け出してマイナスのクロス。これに鄭大世が合わせるも、GK坂田大樹のファインセーブ。

後半 35分

エスパルス、ゴール前で細かいパスをつないで、最後は竹内涼のミドルシュート。これはゴールの右に外れる。

後半 36分

いわき選手交代。菊地将太から高柳昴平。

後半 39分

エスパルス、竹内涼のスルーパスが絶妙な位置に転がり、ミッチェル デュークが走りこむもディフェンスにコースを防がれてしまう。

後半 40分

エスパルス、右サイドでボールを受けた村田和哉が中央に切り込んで左足シュート。これはわずかにゴールの上に外れる。

後半 42分

いわき、右CK。古山瑛翔のボールは、長谷川悠が大きくクリア。

後半 43分

エスパルス選手交代。長谷川悠に代わり金子翔太。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは前半、後半にそれぞれ1点を挙げて勝利。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手はパワーをもってくる。全員で足を動かして守備を意識すること。

・足元のパス、コントロール、サポート、細かいプレーでリズムを作ること。

いわきFC
田村 雄三監督

・引き続き前からアグレッシブにプレーしよう。

・取られたら全員で取り返そう。

・残り時間、全員で戦おう。

COACH COMMENT

小林 伸二監督

前後半の入りは良かったと思う。前半、サイドバックが(松原后から二見宏志に)変わったところで良いロングスローで効いた。その後に1点入っていればゲームも変わっていたと思う。フリーキックやロングスローでチャンスが作れているからいいが、プレーが全部大味になって、プレーの連続性がなくなっていった。良いプレーをしようと(ボールを)もらうとミスを起こすということで、前半はすごくリズムの悪い攻撃になったと思う。
攻撃が上手くいかないから守備をしっかりやろうとすると(相手の)1トップ2シャドーに対して、ボランチが引き込まれると、相手のボランチをFWがしっかり守備をしなくてはいけないところを疎かにしたので、あのような形になったと思う。相手9番のトップの選手に(ボールが)入ったときにシャドーが絡むのでボランチがそこに引き付けられると、相手のボランチをFWが限定すると必ず(FWの)1枚が落ちるようになるが、そこが前半は緩くて、後半少しできた矢先に点が取れたことは上手い形だったと思う。
(相手は)思ったより浮き球とルーズボールの獲得が強くて、もの凄く良いチームだと思う。ただ、最後のクロスだったり、最後のパスだったり、シュートは少し雑なので我々は助かった。前半1本チャンスがあったと思うが、そこを入れられたらゲームは分からなかったと思う。あれは六反(勇治)がしっかり防いでくれた。
全体的に大きな入りができた後に、風上だから大きいボールを蹴ると流れてしまうので転がせて、もう少し幅のある攻撃をやりたかったが、前半はできなかった。ただ、ラスト4分で自分たちで切れなかったという終わり方はどうだったか。2回ほど六平(光成)からサイドに上手く流したボールがあったが、ボールを奪われないようにキープできなかったのは残念だった。
この苦しい中でも失点をしないで進んでいるので、2週間置いてFマリノス、8月の鳥栖のアウェイ2つを、特にFマリノスには前回1-1から2点取られて1-3で負けているので、そこを上手く持っていけるように(したい)。今日は4回戦に進めたので、それを糧に良い準備をしたいと思っている。

PLAYERS' COMMENTS

画像:長谷川 悠

長谷川 悠

相手は注目されているようなチームだったので、足元をすくわれないようにと思っていた。立ち上がりから良い感じでゴールを取れたことが大きかったのかなと思う。(1点目は)最初からロングスローをやろうと話をしていた。良い形で決まって良かったと思うし、この形を1つのオプションにしていきたい。
下のカテゴリーと対戦する時に大事なことは、最初のチャンスを決めることだと監督からも言われていた。ワンプレーでゴールを決めて、試合を落ち着かせることができたので、プラン通りの試合になったと思う。
シーズンの最初はアイスタで勝てなかったが、ここに来て勝ち続けられている。中断期間も良いものにして、後半戦もしっかり戦えるようにしていきたい。
画像:竹内 涼

竹内 涼

ここ数試合は、アイスタで毎試合良い入りができているので、それを継続できたことは良かった。同じピッチで戦う相手として、(相手は7部相当だが)カテゴリーは関係ないし、全力でやらなければいけないと思っていた。相手はよく走るし、体も強いし、技術もある選手も多くいたので苦しめられたところもある。サッカーの難しさを教えられた試合だった。
(ゴールは)前線で(鄭)大世選手が体を張って、枝村(匠馬)選手がつないでくれたボールを決めることができたが、それはチームとして奪ったゴールだと思う。ボランチとして前線に絡む形が増えると、相手にとって脅威になると思うので、その形を増やしていきたい。(次節の横浜FMは)ホームで負けている相手。相手は調子が良いと思うが、自分たちも流れは良いので、中断期間に入って100%の良い準備をして臨みたいと思う。
画像:鄭 大世

鄭 大世

いわきは良いサッカーをしていたし、強いチームだった。(ボールを大きく)蹴ってくるかと思ったが、細かくボールを回したりしていた。最後のフィニッシュの部分がもう少し良かったら、結果は分からなかったと思う。
相手は後ろに人数が多くて、自分がボランチを見なければいけなかった。ハーフタイムに、監督に「しっかり守備をしろ」と怒られたくらい、いつもの感覚と違って難しいところもあった。ただ、後半にFWの1人がボランチをケアするようになってからは、ボールも取れるようになった。疲れる試合だったが、中断期間の前にホームで勝てたというのは、後半戦につながると思う。
画像:角田 誠

角田 誠

相手の方が良いサッカーをしていた。カウンターの時のスピードが速かったし、何より一人ひとり体が強かった。とくにFW9番(菊地将太)の選手がなかなか倒れなかった。フィジカルの強さもそうだが、やっているサッカーも悪くなかったと思う。決定力がなかったので助かったところもある。
ただ、自分たちは結果を出さなければいけない試合で、しっかり結果を出せた。良いサッカーを見せられなかった悔しさもあるが、それが(勝つこと)一番大事なこと。(リーグの中断期間には)今できている良いところを続けていきたい。
画像:二見 宏志

二見 宏志

(ロングスローは)試合前に(鄭)大世選手に言われて思い出したくらい。練習試合でもやっていなかったので、久しぶりに投げることになった。キーパーの前に長谷川(悠)選手がいたので、そこに投げたら事故も起こるかなと。開始すぐだったので、チャンスだなとは思っていた。試合前に(タッチラインの近くに)タオルを置いて準備をしていたが、まだ最初でボールが滑っていなかったこともあって、上手く投げられたと思う。途中からは拭いてもボールが握れないほどだった。
相手は前への推進力があった。フィジカルも強いし、細かいところも上手かった。後半自分たちは疲れて足が動かなくなっても、相手は若いので走れていたので、苦しい場面もあった。それでも無失点に抑えることができて良かったと思う。