レポート

NEWS / TRAINING

レポート

≪ 前のニュース | レポート一覧 | 次のニュース ≫

【鳥栖戦プレビュー】〜アイスタは勝利を待っている〜

2017年5月14日

アイスタでの勝利を信じ続けて6試合。だが、今季公式戦ではこれまで0勝1分5敗。何故か勝てない状況が続いているが、それもここで終わりにしたい。

絶対に勝つ。強い気持ちで鳥栖にチャレンジしたい
と小林伸二監督はこれまで以上に強い意気込みを見せている。

ルヴァンカップのグループリーグ第5節のダービーでは磐田に2点を先に取られてしまう苦しいスタートだった。しかし、ここから前半のうちに金子翔太のPKで1点を返す。さらに後半開始すぐに北川航也のゴールがファウルで取り消しになったものの、その直後に北川が正真正銘のゴールを決めて同点に追いついた。湧き上がるアイスタは、逆転への雰囲気を作り出していた。しかし、そこからまさかの2失点。磐田にリーグに続いて2連敗を喫してしまった。今節こそ力の限り応援してくれているサポーターの応援を力に変えることが求められる試合になる。

一方鳥栖は、直近の試合となったルヴァンカップ第5節では広島と対戦。鳥栖はリーグ戦のメンバーから先発11人全員を入れ替えて臨んだ。開始から落ち着いたゲームとなり前半は0-0、後半勝負の試合となる。67分、中盤で相手のバックパスをカットした広島のフェリペ シウバがドリブルで持ち込むと、GKが飛び出したところをループシュートで決めて均衡が破れる。鳥栖は、持ち味の球際の強さで打開することができずルヴァンカップは未だ勝利がなく、0勝2分2敗としている。

ただ、鳥栖はリーグ前節で大きな勝利を上げている。第9節終了時点ではエスパルスと勝ち点が並び、得失点で1つ上の順位にいた。そして迎えた前節は横浜FM戦。序盤から攻撃を仕掛け、チャンスを作り続けると得点は意外なところから生まれた。後方でボールを回していた横浜FMは、ボランチの扇原貴宏にボールが渡る。その扇原がコントロールしようとした瞬間だった。鎌田大地がプレスをかけて抜け目なくボールを奪うと、そのままシュートに持ち込み先制。そこから横浜FMの猛攻も、GK権田修一のファインセーブなどもあって1点を守りきって完封勝利。勝ち点でエスパルスと3差と離されている。

エスパルスとして注意するのは、その鎌田ということになるだろう。後ろで回している時もリスク管理が求められることはもちろん、
鎌田が持つと飛び出したり、ドリブルで突破したり、(周りの)3人目の動きがある」(小林監督)
と攻撃の中心になる鎌田を自由にさせないことが一つのポイントになりそうだ。

また鳥栖は、エスパルスと全く逆の状況で、これまで公式戦アウェイの戦績は0勝2分5敗と苦手にしている。エスパルスにとっては、その相手の苦手意識を上手く使いたいところだ。

エスパルスは現在15位の札幌と並んで勝ち点12。降格圏の16位広島とは勝ち点差が6あるとはいえ、苦しい立場であることは変わりない。ここで勝って、少しでもその不安を取り除く試合にしなければいけない。そして、試合後は今季初の勝ちロコで勝利を祝おう。



 公式モバイルサイトでは、小林伸二監督と選手の試合前日コメントを公開!! 


**********

2017明治安田生命J1リーグ 第11節   
5月14日(日)13:00キックオフ 

清水エスパルス vs サガン鳥栖
@IAIスタジアム日本平

<テレビ/ラジオ中継>
DAZN
エフエムしみず

公式モバイルサイトでの『LIVEテキスト速報』でもお楽しみいただけます。 

**********

●エスパルス公式モバイルサイトへのアクセス方法はこちら>>

≪ 前のニュース | レポート一覧 | 次のニュース ≫

PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.