パルちゃんのメディカル講座

S-PULSE ACADEMY / MEDICAL

S-PULSE ACADEMY
ケガの予防(スパイク、テーピング) | ケガの処置(アイシング、すり傷、切り傷) | 熱中症 | 食事・休息
ケガの予防(スパイク、テーピング)

スパイク

大きすぎたり小さすぎたりと、サイズの合わないスパイクは靴擦れを引き起こし、また思わぬケガの原因にもなります。特にジュニア年代は体格的に小さく、まだまだ技術も筋力も未熟な時期だからこそ、スパイク選びは慎重にしてください。

左より 1.ブレード型、2.一般的円筒型、3.ハードグラウンド用

左より 1.ブレード型、2.一般的円筒型、3.ハードグラウンド用

スパイクに関して、プーマジャパン株式会社 野口英規さんに聞きました。

「スパイクのアウトソールにはいろいろな種類があります。
大きく分類すると、スタッドが固定式のスパイクと、取替式のスパイクに分類できます。
日本では、取替式スパイクを使用するケースは少ないようです。Jリーガーでも、ポジション特性(主にゴールキーパー等)や、雨天・軟弱で荒れたピッチ状態の際に、「強いグリップ力」を必要として使用することはあります。しかし、日本での一般的なプレー環境(土のグラウンド/芝含む)では、固定式スパイクが適しているでしょう。 また、固定式スパイクの中でも、スタッドの形状や本数の違いで、それぞれ特長があります。

  • 優れたグリップ力を持つ、ブレード型スタッドタイプ。
  • 適度なグリップ力と回転性を併せ持つ、一般的円筒型スタッドタイプ。
  • 多くのスタッドを配置する事で、硬いグラウンドからの足裏への「突上げ」を軽減し、安定性の高い、ハードグラウンド用タイプ。

様々な特長を理解した上で、重視するポイントからスパイクを選ぶことをおすすめします」

テーピング

テーピングは、筋や腱の補助的な目的、関節の保護やケガの予防として利用されているものです。スポーツにおける万能薬ではありません。
特に子どものうちから、痛いからといってテーピングをすぐ巻いて練習を継続することはよくありません。まず痛みの原因を考え、医療機関に受診し、治療することをおすすめします。
子どもたちがかかえる痛みの多くは、オーバーユース(使いすぎ)によるものです。テーピングをして練習を続けるのではなく、患部の休息が大切です。

チームで使用しているテーピング

チームで使用しているテーピング

練習前のテーピングを巻く様子

練習前のテーピングを巻く様子

PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.