パルちゃんのメディカル講座

S-PULSE ACADEMY / MEDICAL

S-PULSE ACADEMY
ケガの予防(スパイク、テーピング) | ケガの処置(アイシング、すり傷、切り傷) | 熱中症 | 食事・休息
ケガの処置(アイシング、すり傷、切り傷)

アイシング

手順(図)

写真

アイシングに関するQ&A

皮膚が白くなる手前で中止。コールドスプレーは凍傷の危険性が高い。

皮膚が白くなる手前で中止。コールドスプレーは凍傷の危険性が高い。

RICE
R=Rest(安静)、I=Iceing(冷却)、C=Compression(圧迫)、E=Elevation(挙上)

一番の目的は腫れの防止です。損傷組織の二次的な拡大を防止し、炎症反応を最小限に食い止めるために、RICE処置があります。RICE処置は医師の診察を受けるための前処置であり、運動をするための治療ではありません。受傷後48時間経過したら温めてもOKです。
清水エスパルスでは交代浴やマイクロウェーブといった専用の治療機器で温めます。お風呂で温める選手もいます。

交代浴

交代浴

マイクロウェーブ

マイクロウェーブ

すり傷・切り傷の処置

日本のサッカー環境を考えると、まだまだ土のグラウンドでプレーすることが多いようです。また、土のグラウンドだけでなく、人工芝のグラウンドでもすり傷を負うことはあります。いわゆる摩擦による擦過傷(さっかしょう)です。まずは洗浄・消毒ですが、ひどい場合には必ず専門医(この場合は皮膚科等)に受診することをおすすめします。

PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.