2020年11月19日

GKスクールの紹介


こんにちは、今週は静岡エリアのたっきーコーチ(瀧川)が担当します。 

今回はエスパルスGKスクールの紹介をします。 


エスパルスGKスクールは駿東会場(SDF駿東)・静岡会場(SDF静岡)・藤枝会場(SDF藤枝)3会場で年間8回〜10回行っていましたが今年は新型コロナウイルスの関係で9月〜2月の開催となり、年間6回の開催となりました。  

昨年から学年の枠を広げ3年生〜6年生を対象に行っていますが、3年生の参加者がとても多く、ゴールキーパーに興味がある子がこんなにも多くいるのかとびっくりしました! 
(1、2年生でも興味がありましたらご相談ください) 



GKスクールと聞くと
『ゴールキーパーをやって
る子がほとんどでついていけない
『ゴールキーパー初心者だから

と思うかもしれませんが、全く問題ありません!!!
 

小学生の間はゴールキーパーとしての基礎を徹底することが大切なので、構え方やキャッチング、セービングなどをその子に合った方法で指導しています。 

ゴールキーパーについて様々な技術を学ぶこともそうですが、ゴールキーパーを楽しんでもらうことを第一に行っています! 





また、今年はコロナウイルスのこともあり厳しい状況ですが例年はトップチームのゴールキーパーが参加してくれることもあります。 

目の前で一流の技術を見て学ぶことができ、なかなか経験できないことだと思います! 



昨年は梅田選手が参加してくれました!

まずは少しでもゴールキーパーに興味がある子は是非、一度ご参加ください! 

エスパルスのスクール生に限らず一般の子も参加いただけますので、 お友達を誘って一緒に参加してみてください! 


概要、応募方法はエスパルスホームページで募集しておりますのでご覧ください。 

わからないことがあれば
何でもたっきーコーチまで 


たくさんの参加をお待ちしております
!!!!
 以上たっきーコーチでした。 



エスパルスGKスクールの詳細はこちら 

 



 

 



2020年11月12日

大人のサッカークリニック


こんにちは!
今回は、清水エリア、グァンコーチ(李)が担当いたします。
 

今回は清水エリアで行われています、大人のサッカークリニックについてお話させていただきたいと思います。
 

大人のサッカークリニックは月1回(基本第3土曜日)に18歳以上の大人を対象とし、エスパルスドリームフィールドにてサッカーを楽しみながらその中で技術上達することを目指しています。 



参加される方は幅広いタイプがおり、元々サッカーをしていた方、サッカー未経験の方、スクール生のお父さん、そして男性のみならず女性の方々にもたくさんご参加いただいています。
スクール生の保護者の方々も参加大歓迎です! 



女性の方やサッカー初心者の方々は「中々経験者の中にいきなり入ってやるのは勇気がいる」などとお考えの方もいらっしゃるかとは思います。 

ですが大人のサッカークリニックではすべての人が楽しめる内容となっていますので是非一度ご参加してみてください!! 



そして今月の11月21日(土)に行う大人のサッカークリニックは、初の試みとして清水ナショナルトレーニングセンターで行います! 

いつもはフットサルコート2面でトレーニング、ゲームと行っていましたが、今回はとてもきれいな天然芝の広いコートでサッカーを思う存分楽しんでいただけるかと思います。 

内容は簡単なトレーニングをした後にいつもより広いコートで8対8の試合を行います。 

人数が増える分、ボールがないときの動きもたくさん出てきて、サッカーの醍醐味をいつも以上に感じられると思います。 

参加希望される方がいましたら下記フォームからお申込みください! 

https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/45631/ 

お待ちしております!! 




2020年11月05日

SS富士セレクション実施


こんにちは。今回は、富士エリア、トヨコーチ(萩原)が担当いたします。 
※この原稿は10/28(水)に書いております。 

10/25(日)より、小学6年生を対象に、2021年度の新中学1年生チームのセレクションスタートいたしました。 



本年度は、新型コロナウイルス感染症予防対策の為、一次審査を2回、二次審査を1回、計3回を予定しており、富士・富士宮地区を中心に多くの選手にご参加いただきました。 

当日は、夕方からの実施という事で、富士宮のグラウンドは徐々に気温が下がり、冷え込みが厳しくなりましたが、選手達は熱いプレーの連続。

彼らのプレーを見逃すまいと我々コーチ陣も一つひとつのプレーを真剣に見させていただきました。








 



残すところ、後2回。

是非、悔いの残らないようなプレーを見せて欲しいと思います。

私共も、最善の準備をして臨ませていただきます。
 

また、11/3(火・祝)は、セレクションに参加された選手達の先輩にあたる、SS富士U15チームの日本クラブユースサッカー選手権東海大会の初戦となります。

皆様に良いご報告が出来るよう、
こちらも全力で臨ませていただきます。 



応援、よろしくお願いいたします!!





2020年10月29日

東部、頂上決戦!!


こんにちは。

今回は駿東エリアの関根こと【ひで】コーチが担当します!

先日、交流戦を行い、相手は何と・・・!アスルクラロ沼津!
アスルクラロ沼津さんのスクール生と交流戦です。

交流戦ではありますが試合前には【アンパンコーチ】こと今泉担当部長より挨拶をもらい試合を開始しました。






試合では意地と意地とのぶつかり合いでプライドを持ってお互いプレーしていてとても良い試合がたくさん見ることが出来ました。

その中でたくさんの課題も見つかることが出来たので今後のスクールでその課題を少しでも改善できるように頑張ろう!





試合が終わればサッカー仲間。

みんなで集合写真を撮って終わりました。




それと・・・

ひでコーチが大好きな【富士山】にもやっと雪が降って大興奮!!





いつか絶対富士山の頂上に行ってやろうと思っています!!

あと・・・

富士山よりも今、大好きなのが・・・スクール生のみんなも知っていて大好きな・・・

【鬼滅の刃】にはまっています!!

先日、映画もひとりで観に行ってきました!




最高でした!!感動しました!!

また観に行こう!


以上、ひでコーチのスクールブログでした。

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

 



2020年10月22日

裏方のお仕事〜ボールパーソンとは〜


皆さん、こんにちは 
今回のブログを担当します、藤枝エリアのまるコーチ(石丸)です。 

秋も深まり朝晩寒い日が続き、気温の上がり下がりに体調を崩しがちになっていませんか? 
コロナウィルス対策と同じく、風邪など引かないように十分に身体を大事にしてくださいね! 


さて、今回はまるコーチが今年から担当している中学生チーム、「清水エスパルスSS榛原について書きたいと思います。 

先日開催されたJリーグ、清水エスパルスがサンフレッチェ広島をホームに迎えた試合。
実は
この試合のボールパーソンをSS榛原の1年生が担当しました。まるコーチも現地に行ってきました 

ボールパーソンというのは、試合中にピッチの外に出たボールを素早く回収し、あらかじめ用意していた別のボールを選手に渡すことが主な役割となります。
試合の流れを左右すると言っても過言ではない、今回の役割を
上手くこなすことが出来るでしょうか・・・。 




試合当日はまずIAIスタジアム日本平に到着後、ホームゲーム担当のスタッフとのミーティングから始まります。 
普段、なかなかピッチの傍で観戦することがない中学生の選手たちにとってはまさに緊張そのもの。 
ミーティングから真剣に臨んでいました。



その後、ピッチを囲うように全員で配置を決めます。
誰がどこを担当するかを選手たちが話し合い、考えて決めていました。
 


そして、ピッチでは試合前のウォーミングアップが始まり、SS榛原の選手たちもそれぞれ配置につきます。
ウォーミングアップ中も外れたシュートや観客席へ入ったボールを回収する役割があります。 
当日は台風14号の影響で大雨と強風が吹き荒れる天候でした。 



両チームとも試合前ウォーミングアップも終わり、キックオフです。 
試合はサンフレッチェ広島に先制される苦しい展開。 
清水エスパルスはチャンスを多く作るが、得点とはならず前半終了。
ハーフタイムではSS榛原の選手は
雨風で濡れた身体をふき、後半開始に向けてすぐに準備をまた配置へと戻ります。 



後半が始まり、エスパルスはドゥトラ選手のゴールで同点にするも直後に失点、さらに失点を重ねリードを拡げられます。
終盤に後藤選手の素晴らしいヘディングシュートから得点するも反撃もここまで。2-3で敗れてしまいました。
 

試合終了後、ボールパーソンをしていたSS榛原の選手たちは最後のミーティングを行いました。 
ホームゲームの担当のスタッフから今回は全員が協力して臨み、とてもスムーズに行えたと良い評価をいただけたようです。
安心したと同時に
ボールパーソンをしながらもトップチームの選手のプレーや様子を観て多くの発見があったと話をしていました。
コーチとしても今回の経験から学ぶことがあったと選手が実感してくれたことに嬉しいばかりです。
 


今回の活動を通じて、1試合に向けた準備に多くの方々が関わって試合が行えていること、トップチームの選手たちの1試合に対する姿勢を観て学ぶこと、そして自分自身がこうして応援される身になるために必要なことを考え普段のチーム活動に活かすことを期待しています。 
コーチも引き続きSS榛原の選手たちと一緒に頑張っていきたいと思います。 




ぜひ皆さん、トップチームもSS榛原も応援してください! 

 

 


 

 



2020年10月15日

柴原少年と共に歩んだサッカー漫画


こんにちは!

今回は静岡エリアの柴原が担当させていただきます。 

タイトルにもあるように今回は柴原少年と共に歩んだサッカー漫画を紹介していこうと思います

みんなが読んだことがある作品はあるかな? 


初めて読んだのはみんな大好きサッカー漫画の王道 


【キャプテン翼】
 



読み始めた
きっかけは…もともと家に全巻あったからなんですが、小学生の時に読んで作中の技をやったりしました。オーバーヘッドは誰もが憧れる大技! 

奇想天外な技が数々登場しますが、橘兄弟のスカイラブハリケーンは本当に危険なのでやらない方が良い…(笑) 


次に読んだのが 

【ホイッスル】 




小学生
時代に読んでいました。 

身体が小さくても努力と諦めない姿勢で成長していく話です。 

すごく読みやすいのでサッカー未経験者や女性には特にオススメです。 


次は中学生〜高校生時代に読んでいた 

【ファンタジスタ】 




率直に面白いです。
細かな戦術の話など難しい部分もあり読み応え十分!サッカー経験者にオススメですよ。監督がかっこいいのもポイント! 

何回も読み返した記憶があります。 

久しぶりにまた読み返そうかなぁ。 

 

 

まだまだたくさんありますがこの辺にしておきます。 

 

最近注目しているのは 

【アオアシ】 

サッカー漫画は高校サッカーが多いイメージですが、こちらはクラブユースに所属する主人公を題材にした異色の作品です。 


漫画からでもサッカーのことを勉強できたりプレーのイメージを持てたりします! 

ぜひ皆さんも色々読んでみてください。 

 

 



2020年10月08日

女の子大集合!


こんにちは!

今回は清水エリアのさきコーチが担当します!

現在、清水にあるガールズスクールを担当させていただき、笑顔でボールを追いかける女の子たちを見て、毎日うれしく思う今日この頃…



さきコーチがサッカーを始めたきっかけは、さかのぼること4歳のころ…。

お兄ちゃんやお父さんがボールを蹴っているのをみて、気付いたときにはサッカーボールと一緒にいました。

この楽しさを、もっとたくさんの女の子に伝える為にはどうしたらよいか…。

コーチ自身がそうであったように、女の子がサッカーと出会うきっかけは、兄弟やお父さん・お母さんの影響が強いのではないか…


そう考え、9月13日(日)初めての親子でのなでしこひろばを開催しました!



みんな楽しそうにボールを追いかける姿が印象的でした!

少しはサッカーを好きになってくれたかな??

10月以降も各エリアでなでしこひろばを開催します!!

子どもたちだけのスクールも開催するので、興味のある子やサッカーが好きな子、みんなぜひ参加してくださいね?


今年も残り少ないですが、たくさんの女の子とお話しするのがコーチの目標です!!



さて、最後になりますが…

なんと!!コーチの好きなキャラクターがエスパルスとコラボしたんです!!

つい買ってしまった5体を紹介?

みなさんは、このキャラクターを知っていますか?

この機会にぜひ、どんなキャラクターか調べてみてね!このキャラクターが好きなお友達に出会えることを楽しみにしています!



以上、さきコーチでした!

 

 



2020年10月01日

『ありがとうエスパルスドリームハウス』


こんにちは。 

今回の担当は、富士エリアのすずコーチこと鈴木が担当させていただきます。 
出会いと別れの季節といえば3・4月ですが、9月はみんなにとって大きな別れがありましたよね? 


9月23日(水) ・・・

エスパルスドリームハウス駿東店・富士店・駿河店・葵店・藤枝店閉店・・・ 



今回は、すずコーチがいるエスパルスドリームハウス富士店にスポットを当ててみます。 

エスパルスの顔としてファン・サポーターはもちろんスクール生のみんなのために頑張ってくれたスタッフとお別れしました。 
スクール生のみんなは施設内のルールを教えてもらったね 
みんなが元気よく挨拶してくれたこと、スクールをがんばっていることを日々喜んでくれていました。 

新型コロナウイルス感染拡大への防止のため現在は施設内の立ち入りは原則禁止となっていますがスクールの前後ショップのお姉さんとお話たり学校で使う消しゴムや鉛筆を嬉しそうに買っていたことをすずコーチは良く見ていました 

残念ながらその姿を観ることができなくなると思うと寂しく感じます。 

開店後ショップのお姉さんが商品の片づけをキレイに行ってくれています。 



みんなもスクールで使う
道具片付けできているかな? 

スクールを頑張った後片付けは疲れて嫌になってしまうかもしれないけど『片付け』ではなく『次の準備』と考えシューズ・ボールなどサッカーに必要なものを片付けすることはサッカー上達に欠かせません。 
もちろん勉強も怠らないで頑張ろう! 

今後グッズの購入は、エスパルスドリームハウス清水又はオンラインショップをご利用ください! 
なお、サッカースクール・ドリームフィールド事業(フットサル・コートレンタル等)は引き続き営業いたします 



以上、小学生時代に対戦した石毛選手に股抜きされたすずコーチでした! 



2020年09月24日

『駿東エリア 近況報告』


みなさん、こんにちは。今回のブログは駿東エリアのこうたコーチが担当します。

ここ数日、朝晩は本当に過ごしやすくなりました。

自宅近くにあった燕の巣の雛も巣立ち、越冬のためか全く姿を見なくなりました。田んぼの稲穂も少しずつ頭を垂れ、鈴虫の鳴き声も聞こえてきました。少しずつ秋の足音が聞こえてきましたね。
数年前までは気にもしなかった季節の移ろいを感じる今日この頃です。



さてさて、今回のブログ、皆さんに楽しんでいただけるような写真やトピックスも少なく、どうしようか悩みました…

食欲の秋・読書の秋・芸術の秋・行楽の秋…
いやいや、やっぱり『エスパルスの秋』『サッカーの秋』ですよ!!

ということで、今回は駿東エリアの近況報告と題して、最近実施した様々なイベントを紹介、新型コロナウイルス感染症に負けない子どもたちの姿を見ていただければと思います!!


@アスルクラロ沼津(ホーム&アウェイ)との交流戦!!
Jクラブの交流戦。集合時、少し緊張した様子の子どもたちでしたが、試合が始まればいつも通り。
素晴らしいプレーをたくさん見せてくれました。同じ地域にJクラブが存在することは意義深いですね。

今回の交流戦に参加してくれた子どもたちは、その後のスクールでも表情も一変し、大きく成長するきっかけを掴んでくれたと思います。



↑↑ボール一つで仲間になれる素晴らしさ!


A4年生〜6年生交流戦!!
同じ静岡県東部を活動拠点とするFACT Soccer club様にお越しいただき、交流戦を行いました。
広いピッチ、8人制の試合。仲間と協力しながらプレーすることの大切さを実感してくれていたようでした。
試合を経験することで、日常のスクール活動にも活かすことができます!
ここから子どもたちは成長する速度を上げてくれるはずです。



↑↑全員でゴールを目指す姿は感動しました!


Bエスパルスカップ!!(3年生&2年生)
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、定員を設けての開催となりました。
保護者の皆様の熱い声援が子どもたちを後押しし、素晴らしいプレーの連続!『勝って嬉しい』も大切ですが、『負けて悔しい』はもっと大切だと思います。
その悔しさが大きな成長に繋がり、大きな喜びに変わると信じています。



↑↑スーパープレーの連続。練習の成果が実感できました!


今年度は新型コロナウイルス感染症の影響でこれまで通りの活動ができている訳ではありません。
夏休みに予定されていたイベントも中止や規模の縮小を余儀なくされました。様々な制約があるなかですが、子どもたちは本当に一生懸命頑張ってくれています。
コロナ禍の中、私も少し気持ちが下向きになることもありましたが、子どもたちの姿を見ると本当に大きなパワーを貰うことができます。
これからもコロナに負けず、みんなと全力でサッカーを楽しみたいと思います!



↑↑清々しい表情。こうたコーチのパワーの源です!!


『番外編』
エスパルスサッカースクールでは新しい仲間を募集しています。今回紹介したイベント以外にも様々な活動を行っています。まずは体験におこしいただければと思います!!

詳しくはこちら



↑↑愉快なコーチたちが待っています!

以上、こうたコーチがお届けしました!!

 



2020年09月17日

『サッカー上達のために必要なこと!』


皆さんこんにちは、えばコーチです。
今回は、サッカー上達のために必要なことをいくつか紹介します!



エスパルスサッカースクールでは「楽しく・価値ある運動・健全育成」を指導方針として、子どもたちのプレーが上達するように日々コーチ達がトレーニングを提供しています。一番大切なのは子ども自身の“サッカーが好き、もっと上手くなりたい”という気持ちと、それをどのように行動に移すか!ということです。

サッカーでは、ピッチ内において自分で決断して実行することが求められますので、ジュニア年代から日常生活の中で子どもが自立できるように促すことが重要です。
保護者とコーチが連携を取りながら協力していきましょう。


キッズ年代から「自立」をサポートしましょう
“自分のことは自分でする”を徐々に習慣化していく。
タオルで汗を拭く時や着替えや給水、何から何まで親が子どもの世話をする、そんな光景はありませんか?子どもだからできない、可愛いから手伝ってあげたい、と思う気持ちは分かりますが、子どもに関わり過ぎることが子どもの未来を閉ざしていきます。
成功も失敗も自分の判断でさせてあげて下さい。そして本当に必要な時に親が子どもに手を差し伸べてあげて下さい。
保護者は子どものベストサポーターであってほしいと思います。



 

@ トレーニング
試合で得た成功体験や課題などを自宅や所属チームでも練習していますか?上手くなる選手は一人でも繰り返しボールを蹴ることや、たくさんボールに触れることで技術向上を目指しています!
サッカーを楽しむ、技術の向上、身体づくり、戦術理解、など基本的なことを学び、スキルを身につけてサッカーを上達させましょう!


A 食事
朝昼夕の3食をしっかりと摂取することが基本で、栄養バランスと量が大切!
3食の中で五大栄養素(タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく摂ること。そして、サッカーをしている子どもは“運動する分”と“成長する分”の両方のエネルギーが必要なため、一般の子どもよりも多くの量を摂取する必要があります。
身体づくりと疲労回復には、トレーニング前後の“補食”も重要で、運動前にはエネルギーとなるおにぎりやバナナなどを摂取して、運動後には、おにぎり+飲むヨーグルト、または肉まん+牛乳などの炭水化物+乳製品と100%ジュースの組み合わせがよいでしょう。
また、摂取しやすいエネルギーゼリーなどで栄養補給してもよいでしょう。


B 休息
一日の疲れを取るために睡眠は重要ですが、自分のベストパフォーマンスを引き出すための睡眠時間を皆さんは知っていますか?人それぞれ違うと思いますが、自分はどれくらい睡眠をとることでベストパフォーマンスを引き出せるのかを知ることも重要です。
プロ選手が一日10時間の睡眠を取ることでパフォーマンス向上が見られた、というデータ研究もあります。睡眠は大切ですね!
次に1週間のスケジュールで毎日トレーニングがあり休みは一切無し、という子どもはいませんか?これでは身体が疲労して怪我やパフォーマンスの低下に繋がる危険性があります。頑張ることだけが上達する近道ではなく、トレーニングと食事と休息はセットです。



C 話を聞く
“よく話を聞いている子ども”とはどのような子どもなのか?
1)眼と耳で話をよく聞く ⇒ 2)コーチは何を伝えようとしているのか?を考える
⇒ 3)自分はどうしたいか、何をしたらよいのか、の意思を持つ ⇒ 4)行動に移す
「しっかり聞ける子ども」というのはただ聞くだけでなく考えて自分の意思を持ち行動まで起こせる子どもということです!


D 観る 
観る視点を養うことが重要!同じものを観ても人それぞれ捉え方が違います。
例えば、写真のパスのシーンを観た時、全体をなんとなく観て「2人でパスの練習をしているね、右足で蹴ったね」という子どももいれば「2人でパスの練習をしていて、1人は座っている、パスしている選手の身体は正面を向き、立ち足はボールの横で、膝は曲がっている、蹴り足のつま先は上を向いて、目線はボールだね」などと細部まで具体的に観ることができる子どももいます。
“細部まで具体的に観る”ことができればそれを真似たり、自分自身を改善することが可能になります。日頃から親子で視点を養うことにトライしてみましょう。





E 論理的思考の構築
サッカーは、選手一人ひとりが自分で判断して実行することが求められます。
それらを可能にする自立した子どもを育てるためには、言葉によるトレーニングが非常に効果的です。
よく見かける光景として、例えば、子どもが親に1を言うと2、3、4も必要でしょ?と察して動く保護者を見かけることがあります。子どもは満足そうに笑顔になります。
しかし、その子が試合のミーティングの中で仲間に何かを伝えようとしていますが、仲間には自分の伝えたいことがなかなか伝わりません。サッカーは足を使うスポーツですが、言葉はとても大切です!自らの意思を持ち、言葉で表現する(いつ、どこで、誰が、何が、なぜ、どんな)伝えることを習慣化させて下さい。コミュニケーションスキルが重要です。


F 個人技術からの積算とサッカー戦術からの逆算
個人技術を磨きどんなプレッシャーの中でも自由自在にボールコントロールができるようになることは重要です。しかし、上達したボール技術をピッチの中のどのエリア、どの場面でどのように活かすのか?を理解していなければ優れたサッカー選手にはなれません。
攻撃はゴールを奪い、守備はゴールを守り、ボールを奪う、その目的を可能にするために個人・グループ・チーム戦術があります。更にその戦術を可能にするのがボール技術やフィジカルやメンタリティなのです。ひとつに特化することなくサッカーができる選手になってほしいと思います。



今年、清水エスパルスSS藤枝(中学生)が日本クラブユース選手権(U-15)大会 静岡県大会でベスト4に入り(1〜4位はコロナの関係で抽選)東海大会出場権を獲得しました!
コロナでの活動自粛時からオンライントレーニングを実施して、彼らのピッチ内外での積み重ねがひとつの成果として現れました!

下の写真は、2017年のアカデミージュニア藤枝U-12の選手(沖・杉本・高橋・鈴木)です。彼らはSS藤枝に入団して現在は中3年となりSS藤枝の中心選手として活躍しています!



みんなも、いつ、何を、どのように、どれくらい、頑張るのかを明確にして日々積み重ねて下さい!