月別アーカイブ:2019年11月


2019年11月28日

新人戦


こんにちは!今回は藤枝エリアのだいコーチ(奥山)が担当します!


エスパルスSS榛原では、チームの3年生の活動が10月に終わり2年生が最高学年となり、10月の中旬からは新チームでの活動がスタートしました。

現在は新チームがスタートしてすぐに始まった『新人戦』という公式戦を戦っています。

公式戦という真剣勝負の場ではありますが、来年度以降のリーグ戦などに向けた新チームの土台作りの場でもあります。試行錯誤をしながらも選手たちは1戦1戦を真剣に戦いながら少しずつ少しずつ成長しているのを感じます。











『大事なのは今日の結果ではなく、明日、子どもがどんなプレーをするか楽しみにすること』
元日本代表監督オシム監督の言葉です。

2年生にとっての新たなスタートでありますが、コーチにとっても新たなスタートです。

期待と不安でいっぱいではありますが、毎日の選手の成長を楽しみながら選手と一緒に成長していければと思います。
ぜひ、エスパルスSS榛原の応援をよろしくお願いいたします。



2019年11月21日

コーチたちの思い


こんにちは、今回はヤマダコーチが担当させていただきます。


わたし山田は今年からスクールマスターとして全スクールの視察と巡回を行っています。

日頃からコーチたちは、子どもたちにサッカーの楽しさを伝え・学ぶ手助けをし・良いプレーを引き出し・子どもたちが必要なことをしっかり身に付けられるように、有効な働きかけをしております。
特に、地域性を考慮し、また個々の子どもたちへ少しでも有効的なアプローチが出来ればと考えながら活動しています。


そこで今回は、わたし山田が考えるエスパルスサッカースクール各エリアの強みの一部をお教えします!!


1.駿東エリア

◆週末の日曜・祝日を活用





色々な曜日のスクールに参加している子どもたちを週末に合同で、日頃は習得できない知識や技術を特化して指導しています。食育などピッチ外の教育も行っています!


◆成長する場としての意識づけ





練習中はもちろん、多くの個別指導をしています。
生徒達には挨拶や素早い行動など「学ぶ姿勢」も意識させています。



2.富士エリア

◆健全教育





富士・富士宮地区エスパルス地域事業応援団をはじめ、地域の皆様と協力しながら子どもたちの健全教育に努めています。
学ぶ姿勢、聞く姿勢など視覚的に分かり易く指導しています。


◆子どもたちの強みを生み出す指導を継続して実施





ボールの置き所を意識するために、特に「キック」にこだわり指導しています。



3.清水エリア

◆成人対象のサッカー教室や健康増進プログラム





清水にはサッカー文化が成熟しております。ビギナー・レディースクラスをはじめ、月1回のサッカー教室やウォーキングサッカーイベント等、子どもだけではなく幅広い年代に適した内容をご提供しております。


◆納得を生むために





子どもたち1人ひとりを選手として尊重し、同じ目線でお話をしています。大切な仲間達へ「いつも心にスマイルを持ち」指導しています。また、どの年代でもとびっきり楽しいゲームを行っております。



4.静岡エリア

◆ステップ力(能力×意欲)につながる指導





無理のない楽しいスクール活動から、階段を上る力(ステップ力=能力×意欲)を習得し成長を続けられる指導を行っています。


◆段階的ステップアップ






静岡エリアコーチが県内屈指のジュニアチーム「キューズFC・エスパルスジュニア」と中学生チーム「清水エスパルスSS静岡」を指導しています。11/9(土)静岡県高校選手権大会準決勝にて3名のSS静岡出身選手がピッチで戦っていました。


5.藤枝エリア


◆指導の見える化

 


スタッフ間での共通理解と指導の刷新を常に行っています。すべて目の前の子どもたちのために!


◆選抜クラスの充実





練習内容を明確に示し、指導に取り組んでいます。また試合を行う交流戦など、練習の成果を発揮する場を設けております。



どうでしたか(^^)
これからもエスパルスは
サッカーが大好きな皆様をしっかりサポートさせていただきます。

最後に、
子どもたちの夢は、私たちの夢でもあります。
1つのボールに夢を描き
同じ夢を追いかける仲間と共に
皆からの応援を勇気と力に替え
今後も一緒に成長して行きましょう。


最後まで読んでいただき有難うございました。



2019年11月14日

静岡県クラブユース連盟選抜 海外遠征


こんにちは!今回は駿東エリアのくにコーチ(大國)が担当します!


少し前の話になりますが・・・・
8月にタイ、ベトナム遠征に静岡県クラブユース連盟選抜チームのスタッフとして参加してきました。

私自身人生で初めての海外であり、飛行機も二回目?三回目?の経験でした。
正直、初海外という事もあり結構な緊張状態で、荷物準備の段階でも初めてのことだらけで中々大変ではありましたが、楽しみな気持ちの方が強かったです。

そして、いざ出発!!!
海外のサッカーに触れる、海外の選手達を見る、海外の文化に触れることを楽しみに、遠征がスタートしました。今回参加した選手達の中には初めての海外という選手もいれば、複数回行ったことがあるという選手もいて、良い経験をしているんだなと率直に関心しました。







ベトナムでの試合は暑さが日本とは全然違いました。まだ何とか耐えられる暑さではありましたが、選手達は移動疲れもあったのか、少し動きには重さを感じました。

写真でどのくらい伝わるか分からないですが、グラウンドも天然芝ではありましたが実際は滑りやすく、芝生も日本の様に整備されておらず長さも違い、環境の違いを感じました。サッカーに関してはすごくファイティングスピリットの強さを感じました。ボールを奪い合う攻防でも恐れずにぶつかってくる、倒れてもすぐ立ち上がる。これは見習うべきだなと思いました。







試合後に昼食をとり、午後からの試合に備えました。
思っていた以上に選手達もしっかりと現地の食事を食べられていたのが印象的でした。
(・・・もちろんくにコーチもお腹いっぱい食べましたけどね。)

ベトナムでは2日間試合を行い、タイに移動!!!









タイでは到着したその日に試合という過密日程でスタートしましたが、夕方からの試合でしたので、暑さも厳しくなく、どちらかというとベトナムよりも過ごしやすい印象でした。

ただ、ホテルに移動する際には、しっかりスコールにあいました。でも、これも一つの経験でしたね。







ちなみにタイでのグラウンド!!!
周りには陸上トラックがあり、芝生もとても整備されたグラウンドでした!!







こんなグラウンドでサッカーが出来る選手達がとても羨ましかったです。
タイのチームは、各チーム戦術的に戦ってきた印象でした。







上の写真の様に、サッカーはボール一つでたくさんの仲間ができ、楽しめる素晴らしいスポーツであると改めて感じました。そして、自分の目で、肌で感じるからこそできる経験もたくさんありました。みなさんも是非、行かれるチャンスがあれば海外に行ってみてはいかがでしょうか?

何か新たな発見があるかもしれませんよ・・・。





2019年11月07日

エスパルスカップ in御殿場体育館


こんにちは!今回は駿東エリアのおおコーチが担当します!

11月2日(土)に御殿場体育館で行われた『エスパルスカップ』は駿東エリアのキッズスクール生と御殿場、小山地区のキッズを対象に大会を行い、14チーム111名のキッズが参加してくれました。







いつも私たち指導者は、この年代の選手たち(4〜6歳)にどのように接することが良いかを日々考えながら指導方法、指導案を作っていますが、いつもと違う対外試合に参加することで新しい発見があります。

すぐに知らない友達とも打ち解けられる子、徐々に馴染んでいく子、知らない子とプレーするとなかなかいつもの感じが出ない子と様々ですが、それが普通だと思います。

どれが良くてどれが悪いということではなくお父さん、お母さんはもちろんのこと、私たち指導者が一人ひとりの子どもの特徴を知っていることが大事だと改めて感じました。









私たち指導者は「教える」「教えない」「手助け」「励ます」をグラウンドではチョイスしますが、一人ひとりどれを使うかで成長の度合いが変わってくることを痛感しています。縁あって出会えた子ども達がのびのびとサッカーを本気で楽しみながら≪心と技≫が成長できるように、私たち指導者は今まで以上に学んでいかなければいけないと思います。







これからもエスパルスでは様々なキャンプやイベント、駿東エリアでは日曜日のトレーニングや対外試合を今まで以上に充実させ、たくさんの子ども達の笑顔や悔しさから成長する姿を見られるように、取り組んでいきます。その中で私たち自身も成長させてもらいます。




・・・ラグビーも教えてみた!?



清水エスパルス公式サイト

Calendar

<  November 2019  >
SunMonTueWedThuFriSat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30