月別アーカイブ:2020年03月


2020年03月26日

ピンチがチャンス


皆さん、こんにちは。
今回はアンパンコーチこと今泉が担当させていただきます。


新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、感染された方々の一刻も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

今回のコロナウイルスでは、いろいろな方々が影響を受けていることと思います。様々なものが転売されたり、間違った買い込みをしたりすることによって、本当に必要なご家庭に商品が届いていないこともありました。

私たちエスパルスサッカースクールにも様々な影響が生じています。他のJクラブサッカースクールも影響を受けており、Jクラブの仲間と協力しながら情報を共有し活動を進めております。




Jクラブの仲間と共に(2019.8 清水サマーフェスティバル)



エスパルスサッカースクールは3月1日〜3月19日まで休校となりました。活動を自粛していた時間、皆さんはどのように過ごしていたのでしょうか。エスパルスドリームフィールドでは、毎日元気な子どもの声が鳴り響いていた環境が全くと言っていいほど変わってしまいました。

車で街を走っていると、子どもの姿が見えないことへの不安を感じました。もちろん学校も休校となり外出を自粛しているので、外で子どもの姿が見えないことは確かなのですが、子どものいない世界を考えると、先がない未来を生きているようにも感じ、精神的に苦痛をも感じました。私たちにとって子どもたちは、色々な才能の持ち主で、世界の宝ものだと改めて感じました。




世界中の子どもたちが宝もの(2019.12 タイサッカークリニック)



この新型コロナウイルスについて、またこの状況について一人一人いろいろな想いを持っていると思います。私はこの状況を試されているようにも感じています。この状況で、『今何ができる?何をしなければならない?』などいろいろと考えさせられました。


発想の転換で、この状況でしか思いつかないこと、この状況だからやれること、この状況によって徹底されたことなどもいろいろとありました。この環境でいろいろな事を改めて学ぶことができました。

ピンチをずっとピンチと思っていれば、常にリアクションに回ります。ですが、ピンチをチャンスと考える事ができれば、自分からのアクションに変えることができます。

今回卒業式を行えなかった皆さん、卒園式を通常のようにできなかった皆さん、この時間は、皆さんの人生の1ページに残る時間になると思います。この特別な日をどのような日にするかは皆さんの考え方一つです。ぜひとも前向きな思考で過ごしてほしいと思います。

雨は必ずやみますし、明日が来ない日はありません。


スポーツをプレーする皆さん、支える皆さん、観戦する皆さん、またサッカー関係者の皆さん、スポーツがない社会は面白くありません。スポーツは無限の力を秘めています。今はしっかり地中深く根を張り、再開のための準備をしましょう。そして再開の際は皆さんで大いに盛り上がりましょう。




今こそ心ひとつに(2019.11 J1リーグ大分戦)



満員のアイスタでの再会を願って・・・



2020年03月19日

新たな取り組み


こんにちは!
今回のスクールブログは富士エリアのにいコーチ(新野)が担当します。


富士エリアは、2020年新たな取り組みを始めています。


それは.....


富士エリアコーチ陣によるフットサルチームの結成です!!







チーム名は、F−PULSE です。
ただいま、ドリームフィールド富士にて、火曜日サテライトリーグに参戦中です。


目的としては、コーチたちのスキルアップとコミュニケーションです。
今のところ、第一節を戦って、6−2で勝利し、1勝!!


迎えた第二節。

〜まずは、試合前の前哨戦〜







ガッツリ食べて、パワーつけて試合に臨みます。


〜試合前ミーティング〜







第二節 監督 さかコーチ(酒井)
毎試合監督を決めて、戦術理解、指導力アップも図っています!!


〜ウォーミングアップ〜







さて、試合の方は.....







前半 2-0


後半は.....









後半 5-3

合計 7-3 で勝つことが出来ました!!







今日のプレーを振り返り、出た課題を分析し、今後に向けて話し合い、改善し、自分たちの指導力アップに繋げていきたいと思います!!


また、ドリームフィールド富士では、

月、火、木曜日20:15〜フットサルリーグ戦、
日曜日18:30〜20:30、月曜日20:30〜22:30で個サルを行っています。

興味のある方は、ドリームフィールド公式サイト をご覧になってください。


今年の富士エリアの目標は、「当たり前の基準を上げる」。
自分が思っている価値観や基準が他人と比べると違っていることがあります。
自分で限界を作り、他人の声に耳を傾けないのではなく、素直に取り入れて、より良いもの、新たな自分、自己形成を図っていきたいと思います!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!



2020年03月12日

清水エリアコーチの7ルール


こんにちは、今回のブログは清水エリアを代表してグァンコーチ(李)が担当します。

そしてテーマは火曜の夜にテレビで放送されている7ルールを題材にして「清水エリアコーチの7ルール」を紹介していきたいと思います。


まずは、

〜ちゅうコーチ〜


@ 起きたら必ずベッドメイク!
A 週一回大掃除!
B 洗濯の干し方は同じ向きと同じ順番で!
C 週一回激辛を体にいれる!
D 言わない後悔よりも言った後悔!(いっぱい後悔してる・・涙)
E ソファーで足裏コロコロ!疲労回復! ※写真
F 帰った瞬間明日の荷造り! ※写真









几帳面な性格が分かりますね!(笑)
激辛を食べているのもよく見かける気がします。



〜ゆうたコーチ〜


@ 朝食は必ずブラックコーヒーを欠かさずに飲む
A 通勤時に聞く音楽の1曲目は必ず福山雅治
B サッカーをする時は左足の靴から紐を結び左足から必ずピッチへ入る
C 休日は外に出て自分の知らないお店を1つ見つける
D 悩んだり新しいアイデアが浮かばない時はパワースポットへ行く ※写真
E 休日はジャージではなく私服を必ず着る
F タリーズ、ドトールも良いけれどやっぱりスタバが一番好き







ゆうたコーチワールドが見えてきますね(笑)
元旦の初詣は写真の熊野速玉大社に行ったそうです!パワーたくさんもらえそうですね!



〜けんじコーチ〜


@ 目覚し時計を使わないで起きる
A 毎朝大体同じ時間(5時30分〜6時)に起きる
B 朝必ずシャワーを浴びる
C スクール以外で時計をつけない
D 靴を履く時は左足から履く
E 休みの日は海外ドラマを観る(最近はHANNAにハマってます!)
F コーヒーはアイスコーヒしか飲まない







けんじコーチの体内時計はどんな時計より正確かもしれませんね!(笑)



〜さきコーチ〜


@ 塩はかけるものによって種類を変える ※写真
A 休日はDVD鑑賞
B 朝の日課1:飲み物は必ずカフェオレ
C 朝の日課2:めざましじゃんけんと占いは必ず見る
D 新しい靴を買ったら靴紐を自分で入れ替える
E 抹茶味の新発売が出たら必ず購入
F 朝聴く音楽の一曲目は嵐の曲







さきコーチは言わずとも知れた嵐ファンです。二宮くんが一番好きだと言っていたような気がします!



〜なつコーチ〜


@ スタバに行ったらアフォガードフラペチーノを頼む
A 朝の支度時はブラックピンクを聴く
B 1年に5回はディズニーランドとシーに行く
C お店でチーズ料理があったら必ず注文する ※写真
D 服を買うときは必ず試着する
E 時間があれば海に行く
F 寝る前と起きた後は水を一杯飲む







寝る前と起きてまず水を飲むことはすごく大切だと本に書いてありました。
テニスプレイヤーのジョコビッチ選手も必ず飲んでいるみたいです!



〜ぐぁんコーチ〜


@ 寝るときは必ず半袖半ズボン(寒いときは掛け布団を3枚)
A iPhoneのリマインダーをフル活用(使ってない方は是非使ってみてください)
B モスバーガーに行くと必ず海鮮かき揚げライスバーガーを頼む(塩だれがおいしいです)
C 風呂上がりストレッチをする(気持ちよく寝れます)
D 夜寝る前にnetflixを観る(至福のひと時)
E 紐がない靴が好きです(ルールですかこれは?) ※写真
F 最近PayPay始めました(すごく便利です、やってない方おすすめです)







ぐぁんコーチのルール、共感していただける方がいましたら、ぜひ一緒に語り合いましょう!
でもスクール生のみんなは冬に半袖半ズボンで寝ることはマネしないでくださいね。



〜もりコーチ〜


@ 毎日、梅干し、納豆を食べる&乳酸菌、トマトジュースを飲む
A 1日の終わりは、ソファーでCSの映画orドラマを観る
B 靴やトレーニングシューズは4足くらいをローテーションする
C 微妙な季節によって水筒を変える(今年は5本) ※写真
D 疲れた時は、ラブストーリーの映画を見て癒される(ラブ・アクチュアリーがおすすめ)
E お弁当のご飯のふりかけは、すきやき味
F 時計など小物は原色系を買う(派手好きではないですが、なぜか選んでしまいます)







靴も水筒もレパートリーが多いのに、なぜふりかけはすき焼き味一筋なのでしょうか!(笑)



みなさん、いかがでしょうか。
コーチたちの独自の7ルールを通して、コーチたちの私生活や性格の一部が垣間見えたのではないでしょうか?

サッカー選手やスポーツ選手の中でも独自のルール(ルーティーン)を形成している人は多いですよね!イチロー選手は試合当日のお昼ごはんは必ずカレーを食べるとも言われています。

同じことをすることで、今日も変わらず同じプレーが出来るというゲン担ぎをして安心して落ち着いて試合に臨めるようになるということですかね!

逆にぐぁんコーチはルーティーンを作ることによってルーティーンに支配されるのが嫌なので「何も考えず流れのままに」というルーティーンを持っています。そう考えると誰もが何かしらのルールを持って日々を過ごしているのですね!


スクール生のみんな!コーチたちの7ルールをみて気になったところがあれば一度聞いてみてください!
ありがとうございました。



2020年03月05日

ありがとうございました!


こんにちは!
今回のスクールブログは静岡エリアのやすコーチ(安田)が担当します。

突然ですが、やすコーチは3月末をもって、エスパルスを辞めることになりました。約3年間、様々な面において皆様のご協力やご理解があったからこそ、ここまで続けてくることができました。本当にありがとうございました!!

今回のブログではスクール生のみんなや保護者様、そして、いるかは分かりませんが隠れやすコーチファンの皆様に僕が人生の中で一番大切にしている【言葉】をお伝えしたいと思います。

長くなるかもしれないので、お手洗い等をあらかじめ済ませておいてください。もし飽きたら途中で読むのを止めて、やすコーチが大好きな「サウナ」にいって、そのモヤモヤ感を汗と一緒に洗い流していただけたらと幸いです。(笑)


本題に入ります...

一番大切にしている言葉は

【有難う】です。


ん、ん、

漢字? なんて読む?、やすコーチ、「学校でこの漢字習ってないよー!!!」
などこの時点ですでに若干モヤっとするかもしれません。


【有難う】=ありがとう です。


この言葉は僕が高校時代(愛知県立熱田高等学校)にサッカー部の顧問の先生から教えていただいた言葉です。
当時、先生は次のようにこの言葉について話をしてくれました。


「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」
【有る】ことが【難しい】


つまり、みんなが普段生活をしていて、ありがとうと感じられることは実は世の中や世界全体で見たら、もしかしたら【有る】ことが【難しい】、すごく貴重なことかもしれない。


「ありがとう」の反対は「当たり前」


だから、常に「ありがとう」を増やさせるように日常に感謝すること、そして今みんなが「当たり前」と感じていることの中にきっと【有難う】が入っていると思う。

母が毎日弁当を作ってくれる、試合会場まで送ってくれる…など
こういったことが「当たり前」になっていないか??

もしかしたら、好きなサッカーができること自体【有難う】かもしれないな、、、


大分省略していますが、今でもこのような話をしてくれた覚えがあります。


先生は練習の終わりにこういった人生観や哲学などについて本当にたくさん話をしてくれました。
正直、先生からサッカーでこういうこと教えてもらったとか、こんなアドバイスをしてもらったという記憶よりもサッカー以外での学びが数多く鮮明に頭の中に残っています。

※当時部員は120名弱、Aチーム(30名弱)とBチーム(90名弱)、平日練習を先生が観てくれるのは基本AチームでBチームは自分たちで練習を考えなければいけなかった。

※やすコーチ、Bチームのキャプテン、練習を考える毎日、3年生の4月にAチームに昇格、Bチームの他メンバーから練習を考えるやつがいなくなるという意味でかなり名残惜しまれる。(笑)


この話を聞いてからこれまでの人生で【有難う】を大切にしてきました。
すると、ふと気が付いたときにあることを感じました。

それは、【有難う】の感謝の気持ちを常に持つことで、どんなところに行ってもどんな環境になっても僕の周りの方たちの【支え】がいつもあるということです。


やすコーチは凄くいろいろなことを経験させてもらっています。

大学時代に留学や海外ボランティア→一般企業に入社→サッカーの専門学校に通う(数多くのチームでインターンシップを経験)→ザスパクサツ群馬でマネージャー→そしてエスパルスでの今 などなど

海外ボランティアの帰り際に変な人に絡まれて危うく帰国できなくなりそうな状況にもなりました。(笑)

本当に色々なことがありました。困難なこともたくさんありました。

色々振り返ってみると、自分ひとりで何かを成し遂げたことや達成したことなどほとんどないと思います。
強い人ならどんな逆境でも一人で立ち向かっていけると思います。
【強さ】を身につけることを目指すべきかもしれません。

ただ僕はそんなに強い人ではないです。だから、どんなときも自分の周りの方たちが【支え】となってくれたおかげで、今がある、これは間違いないと思います。

きっと高校時代に先生が教えてくれた【有難う】の気持ちを大切にしてきたからこそ、周りの方たちの協力や助けが数多く得られたのかなと思います。

僕と同じ感覚の人たちがいたら、感謝の気持ち【有難う】を大切にしてほしいです。

今後の人生もいろいろなことが起きるはずです。嬉しいことも辛いことも…
どんな状況、環境になってもこの価値観を大事していきたいですし、今後は自分が多くの人たちを【支える】立場、人間になりたいと思います。


最後になりましたが、エスパルスを通して僕を支えてくださった全ての皆様に感謝しています。
本当にありがとうございました!!