2017年08月16日

アスリート育成プロジェクト 富士山カップ少年少女サッカー大会にてレクチャーを実施


8月11日〜13日に富士宮市内各地で開催された「第32回 富士山カップ少年少女サッカー大会」にて、指導者懇親会前に技術講習会としてレクチャーを行いました。







今回は「アスリート育成プロジェクト」の実践内容や成果などを中心に報告させていただきました。レクチャー後の指導者の皆様との会話の中では、生活習慣からの運動能力や身体操作能力について同じような悩みを抱えている方々も多くいらっしゃいました。地域の指導者からは、「セレクションで選ばれているエスパルスの選手は運動能力も抜群だと思っていました。」という声も聞かれ、改めてこのような現状を地域に対して発信していくことの重要性を感じました。



基本運動能力の中には、当たり前に出来ると思っていたことが実は出来ていないことも多く、そこを見落として技術の上積みだけをしようとしても成果が見られない可能性も高く、細かな部分まで確認していく必要があります。


エスパルスではフィジカルのどのような部分に着目しているのか、またどのような取り組みを行ってアスリートを育成し、そこからサッカー選手を育てているのかを、今後もクラブ外へ発信する機会を作っていきたいと考えています。