クラブ沿革

CLUB / HISTORY

クラブ沿革

2011ゴトビ政権元年 苦しみのトンネルから見出した飛躍への光

HISTORY of SHIMIZU S-PULSE since 1991

2011 ゴトビ政権元年 苦しみのトンネルから見出した飛躍への光

 6年間に渡りチームを率いた長谷川健太監督の退任後、新生エスパルスの指揮官に招へいされたのはアフシン ゴトビ氏。かつて、アメリカ、韓国、イランなどの代表チームで監督、コーチを務めた経歴を持つ、国際色豊かな指導者だ。多くの主力選手が去ったエスパルスにおいて、新指揮官の下、次なるレギュラーの座を射止めようと熾烈な争いがキャンプから繰り広げられた。

 迎えたシーズン開幕戦、敵地・柏で0-3の惨敗。暗雲漂う立ち上がりとなったが、その6日後、3月11日に発生した東日本大震災により、リーグ戦は1カ月半におよぶ中断を余儀なくされた。リーグ中断中もゴトビ監督は日本に残り、選手とともにトレーニングを続けた。そして、リーグ戦再開後の初戦となったホームでの福岡戦、先発起用された大前元紀が決勝点をあげ、ゴトビ監督にエスパルスでの初勝利をプレゼント。大前自身、このゴールを皮きりに、2011シーズンを通じて大きな飛躍を遂げていく。

 前半戦は、勢いに乗る大前元紀とともに、この年から加入したベテラン高原直泰がチームを引っ張った。5・6月は6試合で5得点をたたき出すなど、全盛期を彷彿させる切れ味鋭いゴールに、サポーターは酔いしれた。チームも連敗を喫することなくシーズン前半を折り返した。だが、後半戦のスタートは最悪だった。C大阪、広島、新潟とのアウェイ3連戦は、いずれも0-4での魔の3連敗を喫す。この連敗を機に、神がかり的なファインセーブで前半戦のチームを救ってきたGK碓井健平に代わり、山本海人がゴールマウスに立った。すると続く大宮戦、小野、高原の初のアベック弾も飛び出し、3-0で快勝。チームは再び上昇気流に乗っていく。

 さらに8月、オランダからカルフィン ヨン ア ピン、そしてスウェーデンからフレドリック ユングベリが立て続けに加入。ワールドクラスのプレーにスタンドのサポーターのみならず、ピッチの選手たちも心躍るようなプレーを見せた。極めつけは第28節・名古屋戦。小野伸二とユングベリが初めて共演すると、ドリブルとパスワークで中盤を操るプレーは、まさに世界基準だった。首位争いをしていた名古屋を2-0で破る快勝。これぞ、ゴトビサッカーの真骨頂と言えた。

 シーズン終盤の3戦は、いずれも上位に立つ柏、鹿島、G大阪に敗れ、エスパルスの2011シーズンは10位に終わった。3月の東日本大震災、そして9月には、守護神としてエスパルスの一時代を支えた眞田雅則GKコーチの急逝と、悲しいニュースがエスパルスを襲った。そんな中でもチームは確実に成長し、ゴトビ戦術は浸透し始めた。目標としていたACL出場権獲得はならなかったものの、2012シーズンに向けて、飛躍への一筋の光を見出した一年だった。

クラブスローガン

THE CONFIDENCE

2011年、闘う心に刻むのは、Spirit Up!

それは、選手たちにとっては「魂を吹き込む」という意味。
そして、彼らを支えるサポーターにとっては
「元気づける」「鼓舞する」ための言葉。

今シーズン、新しい監督、新しい仲間を得て、
それぞれの想いをさらに強くし、一丸となってエスパルスたる魂を呼び覚ますために。
或いは彼らを信じ、鼓舞し続ける強い絆をチームの力とするために。

Spirit Up!

エスパルスは、2011年、この言葉を掲げ、闘い抜く。

公式戦記録
Jリーグ ディビジョン1 10位(45勝点 11勝12分11敗 42得点、51失点)
Jリーグヤマザキナビスコカップ 2回戦敗退
天皇杯 全日本サッカー選手権大会 ベスト8
主な出来事
4月13日 AFC AJAX(アヤックス[エールディヴィジ])との慈善試合
5月22日 辻尾真二選手が大宮戦にて『Jリーグ通算15,000ゴール』を記録
9月8日 フレドリック ユングベリ選手加入
11月20日 柏戦にてJ1リーグ戦ホームゲーム総入場者数500万人達成(Jクラブ5チーム目)
12月5日 Jリーグアウォーズにて、太田宏介選手がフェアプレー個人賞、アウトソーシングスタジアム日本平がJリーグベストピッチ賞を受賞(4年連続5度目)
  東日本大震災復興支援「チカラをひとつに。-TEAM AS ONE-」
登録選手
No. 名前 name ポジション 出身地
1 山本 海人 Kaito YAMAMOTO GK 静岡県
2 児玉 新 Arata KODAMA DF 大阪府
3 平岡 康裕 Yasuhiro HIRAOKA DF 静岡県
4 太田 宏介 Kosuke OTA DF 東京都
5 岩下 敬輔 Keisuke IWASHITA DF 鹿児島県
6 杉山 浩太 Kota SUGIYAMA MF 静岡県
7 山本 真希 Masaki YAMAMOTO MF 静岡県
8 枝村 匠馬 Takuma EDAMURA MF 静岡県
9 永井 雄一郎 Yuichiro NAGAI FW 東京都
10 小林 大悟 Daigo KOBAYASHI MF 静岡県
11 大前 元紀 Genki OMAE FW 神奈川県
13 高木 俊幸 Toshiyuki TAKAGI FW 神奈川県
14 伊藤 翔 Sho ITO FW 愛知県
15 辻尾 真二 Shinji TSUJIO DF 大阪府
16 木島 悠 Yu KIJIMA FW 兵庫県
17 エディ ボスナー Eddy BOSNAR DF オーストラリア
18 小野 伸二 Shinji ONO MF 静岡県
19 高原 直泰 Naohiro TAKAHARA FW 静岡県
20 橘 章斗 Akito TACHIBANA MF 兵庫県
21 武田 洋平(9月抹消) Yohei TAKEDA GK 大阪府
21 フレドリック ユングベリ(9月加入) Fredrik Ljungberg MF スウェーデン
22 樋口 寛規 Hiroki HIGUCHI FW 兵庫県
23 カルフィン ヨン ア ピン(8月加入) Calvin Jong-A-Pin DF オランダ/td>
24 柴原 誠 Makoto SHIBAHARA MF 静岡県
25 岡根 直哉 Naoya OKANE DF 大阪府
26 村松 大輔 Taisuke MURAMATSU DF 静岡県
27 鍋田 亜人夢 Atomu NABETA FW 静岡県
28 竹内 涼 Ryo TAKEUCHI MF 静岡県
29 碓井 健平 Kenpei USUI GK 千葉県
30 アレックス(2月加入) ALEX FW オーストラリア
31 櫛引 政敏 Masatoshi KUSHIBIKI GK 青森県
32 河井陽介(※) Yosuke KAWAI MF 静岡県

※JFA・Jリーグ特別指定選手

[ クラブ沿革一覧 ]

PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.