クラブ沿革

CLUB / HISTORY

クラブ沿革

2012創設20周年で見せた、新たな世代の台頭

HISTORY of SHIMIZU S-PULSE since 1991

創設20周年で見せた、新たな世代の台頭

 クラブ創設20周年の節目を迎える記念すべき2012シーズン。ゴトビ体制の2年目には厳しい試練が待ち受けていた。 チームの若返りを図るべく、永井雄一郎、ボスナーらが移籍、シーズン中にも、辻尾真二、岩下敬輔、枝村匠馬、小野伸二、アレックスらがチームを離れるなど、前年とは大きくメンバーが入れ替わり、村松大輔、河井陽介、吉田豊、八反田康平、石毛秀樹ら若手選手が積極的に起用されるシーズンとなった。

 Jリーグでのクラブ通算1,000ゴールまであと17ゴールに迫っていたエスパルスは、開幕戦こそ敗れたものの、序盤は好調を維持し、第10節終了時点で首位仙台と勝点2差の2位につける。しかし、第11節を境にチームは失速。1,000ゴールのプレッシャーもあってか、なかなか得点を奪えない日々が続いた。

 苦しい中で迎えた第18節柏戦、大前元紀のゴールで、クラブ通算1,000ゴールを達成すると、試合には敗れたものの、3得点を奪ったチームは息を吹き返し始める。第20節広島戦では上位チームを相手に逆転で勝利を収め、一時は13位まで沈んでいた順位も、第30節終了時点で4位にまで浮上。ACL出場圏内が見え隠れし始めたが、終盤の4試合を1分3敗と再び失速し、2012シーズンは9位で幕を閉じた。

 一方、Jリーグヤマザキナビスコカップは、グループリーグ5連勝で、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めると、準々決勝第2戦の名古屋戦では、壮絶な撃ち合いを制し4-3で勝利。準決勝第2戦FC東京戦では、大前元紀がハットトリックを達成するなど、2008年以来となる決勝進出を果たす。鹿島との決勝は、延長戦までもつれながらも惜敗し、優勝こそ成らなかったものの、石毛秀樹が同大会のニューヒーロー賞を獲得するなど、若いオレンジ戦士たちは大きな“経験”という財産を手にしたに違いない。

 多くの出会いと別れがあり、アップダウンの激しいシーズンではあったが、若手中心のエスパルスにとっては、この苦い経験こそが今後の大きな糧になるはずだ。円熟味を増したゴトビ戦術の下、苦難と悔しさを味わった選手たちが、2013シーズンにその才能をより大きく開花することを期待させられるシーズンとなった。

クラブスローガン

「一」One team,One mission.

それは、すべての始まり、すべての根源。
そして同時に、最高位を意味するもの。

クラブ創設から20年。
2012年、エスパルスが掲げるのは「一」の一文字。

監督、選手、スタッフ、サポーターともに、
一念のもと、一心に、ただ一つの目標を掴み取り、
新しい歴史の一ページを拓くために。

あるのは、誇り高き一つのチームと、一つの使命のみ。

One Team,One Mission.

エスパルスは、2012年の、最上の輝きへ。
一意専心、至高の闘いを誓う。

公式戦記録
Jリーグ ディビジョン1 9位(49勝点 14勝7分13敗 39得点、40失点)
Jリーグヤマザキナビスコカップ 準優勝
天皇杯 全日本サッカー選手権大会 ベスト16
主な出来事
7月2日 村松大輔選手 ロンドン五輪代表選出
7月14日 リーグ戦通算1,000ゴール達成
8月11日 新マスコットキャラクター『ピカルちゃん』がデビュー
11月2日 石毛秀樹選手がヤマザキナビスコカップのニューヒーロー賞を受賞
12月3日 Jリーグアウォーズにて、大前元紀選手が優秀選手賞、アウトソーシングスタジアム日本平がJリーグベストピッチ賞を受賞(5年連続6度目)
登録選手
No. 名前 name ポジション 出身地
1 山本 海人 Kaito YAMAMOTO GK 静岡県
2 村松 大輔 Taisuke MURAMATSU DF 静岡県
3 平岡 康裕 Yasuhiro HIRAOKA DF 静岡県
4 カルフィン ヨン ア ピン Calvin Jong-A-Pin DF オランダ
5 岩下 敬輔(8月抹消) Keisuke IWASHITA DF 鹿児島県
6 杉山 浩太 Kota SUGIYAMA MF 静岡県
7 アレックス(9月抹消) ALEX FW オーストラリア
8 枝村 匠馬(7月抹消) Takuma EDAMURA MF 静岡県
9 ジミー フランサ(8月抹消) Jymmy Franca FW ブラジル
10 小林 大悟 Daigo KOBAYASHI MF 静岡県
11 大前 元紀 Genki OMAE FW 神奈川県
13 高木 俊幸 Toshiyuki TAKAGI FW 神奈川県
14 伊藤 翔 Sho ITO FW 愛知県
15 辻尾 真二(7月抹消) Shinji TSUJIO DF 大阪府
16 八反田 康平 Kohei HATTANDA MF 鹿児島県
17 河井 陽介 Yosuke KAWAI MF 静岡県
18 小野 伸二(10月抹消) Shinji ONO MF 静岡県
19 高原 直泰 Naohiro TAKAHARA FW 静岡県
20 橘 章斗(7月抹消) Akito TACHIBANA MF 兵庫県
21 碓井 健平 Kempei USUI GK 千葉県
22 樋口 寛規 Hiroki HIGUCHI FW 兵庫県
23 白崎 凌兵 Ryohei SHIRASAKI FW 東京都
24 柴原 誠 Makoto SHIBAHARA MF 静岡県
25 犬飼 智也 Tomoya INUKAI DF 静岡県
26 柏瀬 暁 Satoru KASHIWASE FW 千葉県
27 鍋田 亜人夢 Atomu NABETA FW 静岡県
28 吉田 豊 Yutaka YOSHIDA DF 静岡県
29 櫛引 政敏 Masatoshi KUSHIBIKI GK 青森県
30 姜 成浩 KANG Song Ho DF 大韓民国
31 林 彰洋 Masatoshi KUSHIBIKI GK 東京都
32 石毛 秀樹(3月加入) Hideki ISHIGE MF 静岡県
33 李 記帝 LEE kije DF 大韓民国
34 瀬沼優司(※)(7月加入) Yuji SENUMA FW 神奈川県
35 金賢聖(8月加入) KIM Hyunsung FW 大韓民国
36 三吉聖王(8月加入) Kiyotaka MIYOSHI DF 静岡県

※JFA・Jリーグ特別指定選手

[ クラブ沿革一覧 ]

PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.