クラブ沿革

CLUB / HISTORY

クラブ沿革

2013躓きから意地の巻き返し、見えた勝利への道程

HISTORY of SHIMIZU S-PULSE since 1991

躓きから意地の巻き返し、見えた勝利への道程

 ゴトビ体制3年目を迎えた2013シーズンだったが、エースに成長した大前元紀がオフシーズンにドイツへ移籍。また、新たに取り組んだトリプルボランチを採用したシステムがうまく機能せず、シーズン序盤は過去2年にも増して苦しい戦いとなった。

 「アウトソーシングスタジアム日本平」から「IAIスタジアム日本平」へと生まれ変わったホーム開幕戦では、横浜F・マリノスに0-5と完敗。さらに第4節・サンフレッチェ広島戦でも退場者を出して0-4と大敗を喫し、開幕4試合で2分2敗と、結果・内容ともに不甲斐ないスタートとなった。その後、新加入バレーがフィットしてきた4月こそ無敗で乗り切ったものの、チームは波に乗り切れないまま中断期間に突入。リーグ再開後も2連敗と重苦しい戦いが続くなか、クラブの決断が大きく流れを変える。

 まずは7月、本田拓也が鹿島アントラーズから2年半ぶりに古巣復帰を果たすと、バレー移籍で手薄となった最前線には水原三星(韓国)からラドンチッチを期限付きで獲得する。さらに8月には大前がドイツから復帰し、上位陣相手にも力負けしない戦いぶりを披露。先制されても跳ね返す精神的な自信も身に付け、チームは勝ち星を伸ばしていった。

 勝利を重ねることで、若い選手たちも成長の速度を上げていく。シーズン途中から正GKの座を射止めた櫛引政敏は、試合を重ねるごとに守護神としての存在感を発揮。本来の攻撃的なポジションからサイドバックまで経験した石毛秀樹も、1年を通して試合に出続けたことで来季につながるシーズンを過ごした。

 結果的には前年と同じ9位と、決して満足のいく順位ではなかったエスパルス。リーグ最終戦後のインタビューでも、選手たちは口々にシーズン序盤の躓きを悔やむコメントを残していたが、それは後半戦の戦いぶりに手応えを感じているからこそ。チームとしてさらなるレベルアップは必要だが、紆余曲折を経てようやく勝利への道程を導きだし、2014年に向けて期待を抱かせるシーズンとなった。

クラブスローガン

One team,One mission.FORWARD!

人ひとりが役割を果たす。ハードワークする。仲間を信じる。
その原動力は、誇り高き、つのチームと、つの使命。
One Team,One Mission.

団結を身に纏ったエスパルスが、
2013年、闘う胸に刻む新たなるスピリットは、FORWARD。

歓びを創造するために、前へ、進もう。
勝利へ、その先の光へ、向かおう。
最上の輝きを、夢を、掴もう。

前を見て、先を見て、夢を見て。サポーターとともに。
One Team,One Mission.FORWARD!

チームの、そして、個の、進化を証明しながら、
エスパルスは、勇気をもって前へ進むことを誓う。

公式戦記録
Jリーグ ディビジョン1 9位(50勝点 15勝5分14敗 48得点、57失点)
Jリーグヤマザキナビスコカップ グループリーグ敗退
天皇杯 全日本サッカー選手権大会 ベスト16
主な出来事
2月8日 「清水日本平運動公園球技場」のネーミングライツ事業において、(株)アイエイアイ、静岡市との三者によるネーミングライツパートナーシップ契約を締結。スタジアム新愛称が「IAIスタジアム日本平」に
6月26日 富士山、三保松原が世界遺産に登録
7月24日 本田拓也選手が鹿島アントラーズから完全移籍で復帰
8月13日 大前元紀選手がデュッセルドルフ(ドイツ)から期限付き移籍で復帰
12月10日 Jリーグアウォーズにて、IAIスタジアム日本平がJリーグベストピッチ賞を受賞(6年連続7度目)
登録選手
No. 名前 name ポジション 出身地
1 林 彰洋(8月抹消) Akihiro HAYASHI GK 東京都
2 李 記帝 Kije LEE DF 大韓民国
3 平岡 康裕 Yasuhiro HIRAOKA DF 静岡県
4 カルフィン ヨン ア ピン Calvin Jong-A-Pin DF オランダ
5 村松 大輔 Taisuke MURAMATSU DF 静岡県
6 杉山 浩太 Kota SUGIYAMA MF 静岡県
7 八反田 康平 Kohei HATTANDA MF 鹿児島県
8 石毛 秀樹 Hideki ISHIGE MF 静岡県
9 バレー(7月抹消) BARE FW ブラジル
10 河井 陽介 Yosuke KAWAI MF 静岡県
11 瀬沼 優司 Yuji SENUMA FW 神奈川県
13 高木 俊幸 Toshiyuki TAKAGI FW 神奈川県
14 伊藤 翔 Sho ITO FW 愛知県
15 樋口 寛規(4月抹消) Hiroki HIGUCHI FW 兵庫県
16 六平 光成 Mitsunari MUSAKA MF 東京都
17 藤田 息吹 Ibuki FUJITA MF 愛知県
18 李 a洙 Minsoo LEE MF 大韓民国
19 橘 章斗 Akito TACHIBANA MF 兵庫県
20 竹内 涼 Ryo TAKEUCHI MF 静岡県
21 櫛引 政敏 Masatoshi KUSHIBIKI GK 青森県
22 内田 健太 Kenta UCHIDA MF 三重県
23 白崎 凌兵(8月抹消) Ryohei SHIRASAKI FW 東京都
24 柴原 誠(4月抹消) Makoto SHIBAHARA MF 静岡県
25 犬飼 智也(7月抹消) Tomoya INUKAI DF 静岡県
26 柏瀬 暁(7月抹消) Satoru KASHIWASE FW 千葉県
27 廣井 友信 Tomonobu HIROI DF 東京都
28 吉田 豊 Yutaka YOSHIDA DF 静岡県
29 三浦 弦太 Genta MIURA DF 愛知県
30 岡根 直哉 Naoya OKANE DF 大阪府
31 原 寿康 Toshiyasu TAKAHARA GK 岐阜県
32 鍋田 亜人夢 Atomu NABETA FW 静岡県
33 加賀美 翔 Sho KAGAMI FW 静岡県
34 高木 純平 Jumpei TAKAKI MF 熊本県
35 村田 和哉(4月加入) Kazuya MURATA MF 滋賀県
36 三浦 雄也(3月加入) Yuya MIURA GK 愛知県
37 金子 翔太(※)(5月加入) Shota KANEKO MF 栃木県
38 本田 拓也(7月加入) Takuya HONDA MF 神奈川県
39 ラドンチッチ(7月加入) RADONCIC FW モンテネグロ
50 大前 元紀(8月加入) Genki OMAE FW 神奈川県

※JFA・Jリーグ特別指定選手

[ クラブ沿革一覧 ]

PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.