クラブ沿革

CLUB / HISTORY

クラブ沿革

2015エスパルスにとって転換期、クラブ史上初のJ2降格へ

HISTORY of SHIMIZU S-PULSE since 1991

エスパルスにとって転換期、クラブ史上初のJ2降格へ

 1993年のJリーグ開幕から23年間、常にトップカテゴリーでしのぎを削って来たエスパルスが、J2への降格という憂き目を見たシーズンとなってしまった。

 元ナイジェリア代表のピーター ウタカ、オーストラリア代表の経験もあるミッチェル デュークを獲得。また日本人選手では、枝村匠馬、八反田康平、犬飼智也、白崎凌兵など期限付き移籍で経験を積んできた選手が続々と復帰した。

 開幕戦の相手は、前年度リーグ3位の鹿島。エスパルスは「オレンジ山脈」と呼ばれた、身長180センチ以上で本職がセンターバックである選手をディフェンスラインに4人並べる戦術で挑んだ。その強固な守備陣が鹿島の攻撃を跳ね返し続けると、攻撃では大前元紀の2得点という活躍もあり快勝。

 最高のスタートを切ったかのように見えたが、以降成績は安定しなかった。第14節川崎F戦では石毛秀樹の2得点など、平均年齢23.91歳のメンバーが真っ向勝負に競り勝ったように、若手が著しい成長を見せた試合もあった。一方で、シーズン当初から課題に挙げていた守備の面で綻びが見え、失点を減らすことができなかった。この年から復活した2ステージ制で、エスパルスは1stステージ最下位に終わる。

 リーグ中断期間は、前年に続き御殿場キャンプが行われた。そのキャンプ中に、同年5月まで大分を率いていた田坂和昭氏がヘッドコーチに就任し、体制を新たに2ndステージでの巻き返しを誓う。

 だが、2ndステージ開幕戦で神戸に0-5大敗。一度狂った歯車はなかなか元には戻らず、大榎克己監督が第5節横浜FM戦の2ndステージ初勝利を最後に辞任する。エスパルスは2季連続のシーズン途中の監督交代となった。

 後任には田坂ヘッドコーチが就任。水原三星ブルーウイングスから獲得した鄭大世、川崎Fから期限付き移籍で獲得した角田誠など経験のある選手を獲得し、同時に選手の意識改革に努めるも、すぐに結果には現れない。

 そして、ついにその時は来た。

 第14節仙台戦に敗れ、他会場の結果でエスパルスにとって初めてとなるJ2降格が決定。サポーターの願いも虚しく2ndステージで17位、年間の順位でも17位と前年の悔しさを活かすことが出来なかった。来季は22チームが集まるJ2という厳しい舞台で、チームの輝きを取り戻すことになる。

クラブスローガン

Heat Attack Express


Remember2014
あの年の屈辱を忘れない。
2015
厳しさと情熱を持って、誇り高きクラブへ。

HEAT!
とてつもなくサッカーに熱い清水へ。
とてつもなく勝負強い清水へ。
今、これまでを超える、強い、熱い、闘いを!

ATTACK!
未知の領域へチャレンジする勇気を。
選手、スタッフ、クラブが、果敢に挑む姿勢を。
今、強いメンタリティを胸に、立ち向かおう!

EXPRESS!
ピッチを、突き進む、駆け抜ける戦士に。
全速力で、敵ゴールに殺到するエスパルスに。
今、この情熱の闘いを、見せつけてやれ!

−BEYOND THE LIMIT!−
限界を越えろ。

公式戦記録
明治安田生命J1リーグ 1stステージ 18位(13勝点 3勝4分10敗 22得点、32失点)
明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 17位(12勝点 2勝6分9敗 15得点、33失点)
明治安田生命J1リーグ 年間順位 17位
Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ敗退
天皇杯 全日本サッカー選手権大会 2回戦敗退
主な出来事
8月1日 大榎克己監督辞任。田坂和昭監督就任
10月17日 ベガルタ仙台に敗戦し、クラブ史上初のJ2リーグ降格が決まる
12月8日 Jリーグアウォーズにて、最優秀育成クラブ賞受賞、IAIスタジアム日本平がJリーグベストピッチ賞を受賞(8年連続9度目)

2015中部日本横断シリーズ

2015中部日本横断シリーズ

 2015明治安田生命J1リーグにおきまして、アルビレックス新潟、松本山雅FC、ヴァンフォーレ甲府、清水エスパルスの4クラブ合同で対戦と交流を目的とした「中部日本横断シリーズ」を実施しました。


登録選手
No. 名前 name ポジション 出身地
1櫛引 政敏Masatoshi KUSHIBIKIGK青森県
2三浦 弦太Genta MIURADF愛知県
3平岡 康裕Yasuhiro HIRAOKADF静岡県
4カルフィン ヨンアピンCalvin Jong-A-PinDFオランダ
5ヤコヴィッチDejan JAKOVICDFクロアチア
6杉山 浩太Kota SUGIYAMAMF静岡県
7本田 拓也Takuya HONDAMF神奈川県
8石毛 秀樹Hideki ISHIGEMF静岡県
9長沢 駿(7月抹消)Shun NAGASAWAFW静岡県
9鄭 大世(7月加入)Tese CHONGFW愛知県
10大前 元紀Genki OMAEFW神奈川県
11村田 和哉Kazuya MURATAFW滋賀県
13犬飼 智也Tomoya INUKAIDF静岡県
14澤田 崇Takashi SAWADAFW熊本県
15村松 大輔Taisuke MURAMATSUDF静岡県
16六平 光成Mitsunari MUSAKAMF東京都
17河井 陽介Yosuke KAWAIMF静岡県
18ピーター ウタカPeter UTAKAFWベルギー
19ミッチェル デュークMitchell DUKEFWオーストラリア
20竹内 涼Ryo TAKEUCHIMF静岡県
21杉山 力裕Rikihiro SUGIYAMAGK静岡県
22枝村 匠馬Takuma EDAMURAMF静岡県
23高木 善朗(7月抹消)Yoshiaki TAKAGIMF神奈川県
24高木 純平(3月抹消)Jumpei TAKAKIMF熊本県
26鎌田 翔雅Shoma KAMATADF神奈川県
27内田 健太(7月抹消)Kenta UCHIDADF三重県
28八反田 康平Kohei HATTANDAMF鹿児島県
29木和 徹Toru TAKAGIWAGK栃木県
30金子 翔太(8月抹消)Shota KANEKOFW栃木県
31碓井 健平Kempei USUIGK千葉県
32松原 后Ko MATSUBARADF静岡県
33加賀美 翔Sho KAGAMIFW静岡県
34水谷 拓磨Takuma MIZUTANIMF静岡県
35宮本 航汰Kota MIYAMOTOMF静岡県
36北川 航也Koya KITAGAWAFW静岡県
37ブエノ(2月抹消)Wellington Daniel BUENODFブラジル
38福村 貴幸Takayuki FUKUMURADF大阪府
39白崎 凌兵Ryohei SHIRASAKIMF東京都
45角田 誠(8月加入)Makoto KAKUDADF京都府

[ クラブ沿革一覧 ]

PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.