清水エスパルスロゴ

試合情報

パルちゃんでんき

Jリーグ ディビジョン1 第16節  2011.06.18 Sat 18:03 埼玉スタジアム2002

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

3

  • ボスナー(24分)
  • 高原 直泰(64分)
  • ボスナー(86分)

試合終了

  • 1前半0
  • 2後半1
DAZN

1

  • 梅崎 司(80分)
ロゴ:浦和レッズ

浦和レッズ

HOME

清水エスパルス

Line-ups

29 GK 碓井 健平
15 DF 辻尾 真二
5 DF 岩下 敬輔
17 DF ボスナー
4 DF 太田 宏介
18 MF 小野 伸二
3 MF 平岡 康裕
30 MF アレックス
11 FW 大前 元紀
19 FW 高原 直泰
13 FW 高木 俊幸

Substitutes

1 GK 山本 海人
25 DF 岡根 直哉
7 MF 山本 真希
8 MF 枝村 匠馬
10 MF 小林 大悟
28 MF 竹内 涼
9 FW 永井 雄一郎

浦和レッズ

Line-ups

18 GK 加藤 順大
5 DF 高橋 峻希
2 DF 坪井 慶介
17 DF 永田 充
14 DF 平川 忠亮
13 MF 鈴木 啓太
6 MF 山田 暢久
8 MF 柏木 陽介
10 FW マルシオ リシャルデス
11 FW 田中 達也
9 FW エジミウソン

Substitutes

1 GK 山岸 範宏
3 DF 宇賀神 友弥
7 MF 梅崎 司
20 MF 堀之内 聖
22 MF 山田 直輝
21 FW 原 一樹
29 FW マゾーラ

STATS

    45 90   90 45    
    4 7 11 シュート 14 9 5    
    1 4 5 GK 5 1 4    
    3 4 7 CK 9 4 5    
    4 10 14 直接FK 16 11 5    
    1 1 2 間接FK 2 0 2    
    1 1 2 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
枝村 匠馬 ← 小野 伸二(46分)
小林 大悟 ← 高木 俊幸(58分)
永井 雄一郎 ← 高原 直泰(77分)
交代 (34分)坪井 慶介 → 原 一樹
(60分)鈴木 啓太 → マゾーラ
(69分)田中 達也 → 梅崎 司
画像:イエローカード高原 直泰(36分)
警告・退場 (85分)柏木 陽介画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
31,921人 雨/無風 21.2℃ 79% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
岡村新太郎 西村 雄一 岡野 尚士 二俣 敏明 抱山 公彦 大塚 重徳

GAME FLASH

試合前

アウェイチームサポート席はオレンジ色に染まっています。リーグ戦では思うように勝てていない浦和は試合前から地なりのような応援で選手たちを鼓舞しています。本日も熱いご声援をよろしくお願いします。勝点3をとって、ホーム3連戦を迎えましょう。

試合前

エスパルスは現在3勝4分3敗勝点13でリーグ戦では4戦負けなしの10位。一方浦和は1勝5分4敗の16位5試合連続引き分けという苦しい展開。共にU-22日本代表で村松大輔と原口元気をかいている状況です。

前半

レッズ、右CK。ショートコーナーからペナルティエリア手前柏木陽介を経由し左に展開。高原直泰が右サイド後方まで戻って守備。田中達也へのファウルをとられイエローカード。キッカーはマルシオ リシャルデス。ペナルティエリア左外手前ゴールまで25メートル。 壁は2枚。碓井健平がゴール前に上がったボールをキャッチ。

前半 1分

エスパルスボールでキックオフしました。中2日ですが、前節とスタメン&ポジションは同じ。

前半 1分

エスパルス、キックオフから左に展開したボールはクリアされ左スローイン。太田宏介からペナルティエリア左で高原直泰がボールを受けてポゼッション。DFにクリアされて左CK付近でスローイン。これも高原直泰が受けたが2人に囲まれてボールキープできない。だがすぐに奪い返してペナルティエリア左外で高木俊幸がポゼッション。中央の平岡康裕が受けて右に展開。小野伸二がスペースに出たボールを追うがこれはタッチラインを割る。だが意図は通じていた。小野伸二は左手を軽くあげて平岡康裕に合図。

前半 2分

レッズ、GKからのリスタート。ロングボールは岩下敬輔がクリアもセカンドを拾おうとしたところでファウルがあり相手のFK。だがリスタートも寄せが速いのはエスパルスの方。相手にボールを回させない。右サイド後方に追い込んでスローイン。リスタートも球際に厳しくいったが、辻尾真二がファウルをとられてセンターライン近くでFK。速いリスタートでボールを前に送ったがこれは収まらない。

前半 4分

エスパルス、最終ラインでのポゼッションから岩下敬輔が左サイドに展開。太田宏介が受けていったんボスナーに戻すと岩下敬輔まで下げて今度は右サイド。短いパスでつないで岩下敬輔からのロングフィードは押し返されるがなおもエスパルスボール。だがここは相手も球際に厳しくなかなかボールをつなげない。

前半 5分

エスパルス、辻尾真二が痛んでいたためすぐにボールがタッチに出される。かなり痛そうだったがすぐに立ち上がる。ボールはレッズの選手が碓井健平に戻してリスタート。今度は左のボスナーから高木俊幸がくさびを受けて太田宏介が小野伸二にくさびをあてて前を向くがこれはカットされてしまう。

前半 7分

レッズ、左サイドから縦パスが出てペナルティエリア内でエジミウソンがシュートも威力なく碓井健平が危なげなくキャッチ。

前半 8分

エスパルス、中盤中央右寄りでFK。岩下敬輔が左に展開もマルシオ リシャルデスがクリアし左スローイン。太田宏介が高木俊幸に預けて左サイド前方でもらい返して突破を図るがスリッピーなピッチに足をとられてしまう。

前半 9分

レッズ、右CK。キッカーは柏木陽介。ペナルティエリア内ニアで高木俊幸がカット。

前半 10分

レッズ、右サイドからのクロスはゴール前を通過。左でポゼッションしクロスを上げるがこれはエジミウソンに合わない。

前半 10分

エスパルス、アレックスがポゼッションし中央小野伸二にパス。フリーだったがスリッピーなピッチに足をとられてしまい、ボールは相手が拾う。

前半 11分

エスパルス、右サイドから辻尾真二が高原直泰にクロスもそのままサイドネット外。

前半 12分

エスパルス、右サイド辻尾真二がドリブルで相手DFを引き連れながらペナルティエリア右外まで運んで右CKを取る。キッカーはアレックス。ボスナーをターゲットにしたが、落としきれず。

前半 14分

エスパルス、岩下敬輔から前線にロングボールが入るがGK加藤順大がキャッチ。

前半 14分

エスパルス、碓井健平からのリスタート。高原直泰が競って前方に送ったボールに高木俊幸が走ったがGKがキャッチ。その後カウンターをしかけたが碓井健平があぶなげなくキャッチ。

前半 16分

エスパルス、ボスナーからパスを受けた岩下敬輔が縦パス。スペースに出たボールをアレックスがそのままペナルティエリア内に走ってシュート。ワンタッチあり右CKへ。アレックスは思わずニコリ。ニアに出したボールはクリアされたが、大前元紀がペナルティエリア手前で拾ってシュート。こぼれを左で高原直泰と小野伸二と太田宏介がつなぐがDFにカットされてしまう。だがすぐに奪い返してエスパルスがカウンター。アレックスからの折り返しを高木俊幸がシュートもDFに当たり右CK。キッカーはアレックス。これはペナルティエリア内からはじき出される。

前半 19分

エスパルス、ボスナーから碓井健平がパスを受けてロングボール。高原直泰が受けて競ったがDFにブロックされてミートできない。

前半 20分

レッズ、スペースを見つけてのポゼッションだが前をなかなか向けない。最終ラインでのポゼッションから左に出したボールを縦に展開するが岩下敬輔がクリア。左スローインへ。リスタートは縦への突破から左CKを得る。キッカーはマルシオ リシャルデス。田中達也を使ったショートコーナーでクロス。坪井慶介がヘッドで合わせたが碓井健平が危なげなくキャッチ。

前半 22分

エスパルス、やはり中2日で疲れが見える。早いうちに1点をとって消耗戦は避けたいところ。

前半 23分

レッズ、ペナルティエリア左外から短いパスをつないでペナルティエリア内で田中達也がシュートも碓井健平がキャッチ。やや寄せが甘くなってきている。

前半 24分

エスパルス、中盤右寄りでFK。ゴールまで35メートル。キッカーはボスナー弾丸シュートが決まり、ベンチ前へいちもくさん。どうだと言わんばかりに胸を張ったボスナーをチームメイトが抱きしめる。1-0。エスパルス先取点。

前半 25分

エスパルス、スローインから高原直泰が落として中央に展開。だがそのあとですぐにボールを奪われてしまう。首を横に振る高原直泰。好機は逃したくない。

前半 27分

レッズ、DFのポゼッションからくさびを入れるがなかなか前への突破口が開けない。中央をマルシオ リシャルデスから田中達也を使ってペナルティエリア内のエジミウソンへパスが出たが碓井健平が好反応。

前半 28分

レッズ、左サイド後方でFK。ポゼッションから右サイドでパスを受けてバックパス。縦パスを田中達也が受けて右サイドに展開。マルシオ リシャルデスが駆け引きして右CKとなる。キッカーは柏木陽介。ペナルティエリア内のボールは碓井健平がパンチング。

前半 31分

エスパルス、右スローイン。右サイドでパスをつないで、辻尾真二の右クロス。ゴール前でワンバウンドしたがGK加藤順大がキャッチ。

前半 32分

エスパルス、碓井健平からのリスタート。高原直泰が競ったが平川忠亮と激しく接触。すぐに立ち上がった高原直泰だが、平川忠亮はかなり痛そうにしている。

前半 33分

レッズにメンバー交代。坪井慶介に代え原一樹。

前半 34分

エスパルス、中盤左よりでFK。ゴールまで40メートル以上。キッカーは小野伸二。高木俊幸がくさびを受けて小野伸二がリターンから太田宏介に展開。中に絞って高木俊幸、大前元紀とつないで右サイド。高原直泰のクロスに大前元紀がヘッドで合わせたがわずかにゴール右。

前半 38分

エスパルス、碓井健平からのリスタート。縦パスを拾って小野伸二から右サイド。辻尾真二が高速ドリブルで突っ込んでペナルティエリア内で ゴール前に折り返したが中の選手とわずかに合わず。

前半 39分

エスパルス、平岡康裕から縦パスが出てペナルティエリア内DF裏に高原直泰が飛び込む。倒れてしまうがノーホイッスル。だがタイミングは合っていた。前半のうちにもう1点欲しいところ。

前半 41分

エスパルス、左サイドでFK。キッカーは太田宏介。高原直泰が競った背後で大前元紀がこぼれを拾っていったんバックパス。だがそこでうばわれてしまう。

前半 42分

レッズ、カウンターからペナルティエリアにエジミウソンが左から飛び込み岩下敬輔がカバー。ペナルティエリア外に追い込みボールをかきだす。

前半 42分

レッズ、ペトロヴィッチ監督はかなりイライラしている様子。

前半 43分

エスパルス、ゴトビ監督は腕を組んでテクニカルエリアを戦況に合わせて左右に移動。時折大きな声で選手に指示を送っている。

前半 44分

レッズ、右スローイン。マルシオ リシャルデスが受けたがここでもワンタッチを誘って右CKへ。キッカーは柏木陽介。原一樹、永田充とゴール前で競ったが碓井健平がキャッチ。

前半 45分

エスパルス、原一樹と碓井健平がにらみ合い。原一樹は審判にとがめられ、碓井健平は岩下敬輔にプレーへ戻るよう促される。

前半 46分

エスパルス、レッズの反スローでエスパルスボールへ。このリスタートでホイッスル。

前半 46分

ご覧のように前半を終了し1-0でエスパルスがリードしております。後半さらなるリードを目指し闘います。熱いご声援をよろしくお願いします。

後半 1分

エスパルスにメンバー交代。小野伸二に代え枝村匠馬。

後半 1分

レッズボールでキックオフしました。

後半 2分

レッズ、中盤左よりでFK。早いリスタートで最終ラインに戻してつなぐ。縦に展開もクリアし右スローイン。ペナルティエリア内で右クロスを上げられるが碓井健平がキャッチ。

後半 2分

エスパルス 右スローイン。辻尾真二からのリスタートも相手に奪われてしまい、シュートまで持ち込まれるが碓井健平がキャッチ。

後半 6分

エスパルス、左でのポゼッションから中央に展開。くさびを大前元紀に入れて平岡康裕がリターンを縦パス。アレックスが走ったがクリアされ左スローイン。太田宏介からのリスタート。ボスナーが折り返して中央でルーズになったボールは相手が奪うも縦に展開しようとしたところで大前元紀が体でブロック。相手のスローインリスタートを奪って左に展開。丁寧にパスをつないで左の太田宏介を走らせようとしたがタイミングが合わずタッチラインを割る。

後半 9分

レッズ、左に出たボールを中に展開。バックパスから中盤を縦にパスもこれは通らない。

後半 10分

レッズ、左平川忠亮から中央にパスが出て左からクロス。これはワンタッチあり右CKへ。キッカーは柏木陽介。ニアでボスナーがクリア。押し戻されたボールもボスナーがヘッドでクリア。なおもレッズボールマルシオ リシャルデスが中盤ではじかれたボールをシュートも碓井健平は落ち着いてキャッチ。

後半 11分

エスパルス、ペナルティエリア手前から枝村匠馬がシュートも右ポスト下を直撃。惜しい。

後半 13分

エスパルスにメンバー交代。高木俊幸に代え小林大悟。

後半 13分

エスパルス、碓井健平からのリスタート。高原直泰がロングボールを受けたがファウルを取られる。

後半 14分

レッズ、右サイド後方でFK。速いリスタートで右サイドに展開。高橋峻希が強引な突破を狙うが2人で止める。

後半 15分

レッズにメンバー交代。鈴木啓太に代えマゾ―ラ。

後半 16分

エスパルス、カウンターからパスをつないで枝村匠馬がシュートもワンタッチあり左CK。キッカーは大前元紀。これはクリアされ右CKへ。キッカーはアレックス。これは大きくクリアされる。

後半 17分

エスパルス、碓井健平からのボールを高原直泰が受けようとしたがルーズボールは相手がクリア。

後半 18分

エスパルス、中盤から右サイド大前元紀がクロス。ゴール左ポストへ入った高原直泰がヘッドで押し込みGOALGOAL!!!!!2-0エスパルスリード!!!ひとしきり喜んだあと、大前元紀は高原直泰を待ち構え抱き上げる。

後半 20分

エスパルス、雨足が強くなってきた。まるでスローモーションのようにたくさんの雨粒が落ちてくる。もやがかかった埼玉スタジアム。ずぶぬれになりながらもエスパルスサポーターは応援を止めることはない。

後半 22分

エスパルス、中央平岡康裕から太田宏介、アレックス、太田宏介とつないでボスナーから大きく前へ。だがこれはクリアされる。

後半 23分

レッズにメンバー交代。田中達也に代え梅崎司。

後半 24分

レッズ、中央から左に展開しクロスもここはセーフティクリア。左スローインとなる。リスタートはペナルティエリア左外でエジミウソンが受けてマゾ―ラがドリブルをはかるがファウルとなりペナルティエリア左外でFKへ。壁は2枚。キッカーはマルシオ リシャルデス。ゴール前へのボールは碓井健平がはじき、柏木陽介がこぼれをシュート。ワンタッチあり左CKも、碓井健平と山田暢久が接触。

後半 26分

レッズ、左スローインから永田充が受けてマルシオ リシャルデスにパス、そして平川忠亮からサイドチェンジ。右サイドでつないで高橋峻希がクロスもクリア。

後半 28分

エスパルス、左サイド中盤でFK。キッカーはボスナー。さすがに直接狙う距離ではない。ペナルティエリア手前のアレックスに出したがクリアされる。

後半 29分

エスパルス、高原直泰へのファウルがありFK。早いリスタートでセンターサークル内から岩下敬輔がGKのポジションを見てシュートを放ってみるがGKがキャッチ。

後半 30分

エスパルス、碓井健平からのリスタート。高原直泰が落下ポイントに入るが山田暢久と接触。

後半 31分

レッズ、FK。バックラインでつないで左に展開。平川忠亮から縦パスをクロスもクリアし左スローイン。このリスタートも意思が合わずタッチラインを割りエスパルスボールに。

後半 32分

エスパルスにメンバー交代高原直泰に代え永井雄一郎。レッズサポーターは大ブーイングで迎える。

後半 33分

エスパルス、中央大前元紀がくさびを受けて平岡康裕、小林大悟とつないで左サイド永井雄一郎がクロス。GKがパンチングでのがれて右CKへ。キッカーはアレックス。これはそのままGKがキャッチ。

後半 35分

レッズ、カウンターで左からペナルティエリア内梅崎司がシュート。はじいたボールを押し戻され梅崎司が再び押し込みゴール2-1。1点を返される。5試合連続ドローのレッズ。粘ってくるに違いない。

後半 36分

レッズ、右CK。キッカーは柏木陽介。ゴール前ニアに出たボールはクリアもなおもレッズボール。右クロスが入るがこれは碓井健平ががっちりキャッチ。

後半 37分

レッズ、右サイドでのポゼッションから強引なクロス。エジミウソンがくさびになり戻されたボールをペナルティエリア左内へ。マゾ―ラが倒れたがこれはノーホイッスル。

後半 38分

エスパルス、ゴトビ監督に大前元紀が呼ばれて指示を受けている。

後半 39分

レッズ、カウンターから左CK。キッカーはマルシオ リシャルデス。クリアしたボールをマルシオ リシャルデスが拾って永田充とワンツーをしかけたが滑る。

後半 40分

エスパルス、カウンターに出たアレックスがたおされペナルティエリア手前ど真ん中でFK。ゴールまで25メートル弱。ポイントにはボスナーと大前元紀とアレックス。全員が自陣に入るレッズ。ボスナーがまたしても弾丸シュート。アレックスが飛びかかり、ボスナーは寝転んでポーズ3-1。エスパルスリードを広げる。

後半 42分

エスパルス、中央ボスナーが碓井健平にバックパス。ロングボールを永井雄一郎が落としてアレックスが走るがこれは通らない。なおもボールを奪い返して大前元紀から永井雄一郎。だがこれも2人がかりでカットされる。

後半 43分

エスパルス、中盤右寄りでFK。センターラインの手前。岩下敬輔からのボールを左でアレックスが受けて太田宏介、永井雄一郎とつないだが、守備にも枚数をかける相手を崩しきれない。

後半 45分

エスパルス、右サイド辻尾真二がたおされFK。ロスタイムは5分の表示。キッカーは岩下敬輔。縦パスをペナルティエリア右でアレックスが受けたがこれは手前でカットされてしまう。

後半 47分

エスパルス、右サイドで岩下敬輔がファウルを受けてFK。キッカーは岩下敬輔。ペナルティエリア右外でDFが触り右CKへ。キッカーはアレックス。大前元紀がすぐそばで受けてキープ。だが大前元紀のファウルをとられてしまう。

後半 49分

レッズ、中央でFK。短いパスをつないで右からクロスも辻尾真二がクリア。なおもレッズボール。今度も右サイドを突破しようとするが、今度は太田宏介にファウル。エスパルスボールへ。

後半 50分

エスパルス、左サイド後方でFK。キッカーは碓井健平。縦パスはそのままタッチラインを割る。

後半 51分

ご覧のように3-1でエスパルスが勝利。ボスナーの2発と高原直泰の連続ゴールで勝利をもぎ取りました。ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
アフシン ゴトビ監督

●このスタジアムで自信を持って落ち着いて出来ている。それは難しいこと。

●我々のゲームだ!だが前半のことは忘れて、後半はいい入り方をすること。

●絶対に下がるな!全員でプレッシャーをかけて、2点目を取りに行け!!

浦和レッズ
ペトロヴィッチ監督

●もっともっとアグレッシブにプレーしないといけない。

●前線はもっと運動量を増やして、持ってから考えていては遅い。

COACH COMMENT

アフシン ゴトビ監督

Jリーグのすべてのチームにとって、浦和レッズと対戦するということは特別なことだ。世界中のサッカーファンに浦和レッズの名は知られているだろう。
エスパルスとしてこの地で、自分たちのサッカーができ、我々のやりたいサッカーで勝てたことをとても誇りに思う。

今日は我々の素晴らしい”オーガナイズ“のもとプレーができており、最初から最後までゲームをマネージメントできていた。
3得点ともスペシャルなゴールであり、それらをエスパルスのサポーターに見てもらうことができ非常に嬉しく思う。そして、失点した後も我々の特性をしっかりと出すことができ、3点目を決め、勝利に繋げることができた。


>>>以下、質疑応答
Q.今日の結果で選手たちはスタイルに自信を持ったと思う。後半、小野から枝村に交代した後も、立て続けにいい形でチャンスを作っていた。監督から見ても手応えがあるのではないか?
A.選手たちのパフォーマンスに満足しているし、バランスが取れていると思う。私のチャレンジの1つとして、高い位置からディフェンスをすることと、ハイスピードでプレーすることを求めている。それが少しずつ理解されていると思う。
高原は浦和で非常にタフな時間を過ごしたと思う。彼にとって特別な試合だったと思うが、素晴らしいゴールを決めてくれて私も嬉しい。

Q.埼玉スタジアムで浦和の大サポーターの前で試合をした感想は?
A.Jリーグのすべての試合が、このような素晴らしい環境で行なわれるようになれば良いと思うし、このような素晴らしい雰囲気の中でプレーできることは幸せだと思う。浦和、そして我々エスパルスのサポーターによって良い雰囲気が作られていた。

Q.ゴトビ監督とペドロビッチ監督は共にオランダ系の同じようなサッカーをすると言われており、それについてどう思うか?もし彼との違いがあるとすればどんなところか?
A.私は常に謙虚に学ぼうとしており、他の人との比較はしたくない。ペトロビッチ監督はファンタスティックな選手だったし、どこに行っても素晴らしいプレーをしていた。彼のやりたいサッカーをやるにはまだ時間が短いと思うし、そんなに簡単ではないと思う。

PLAYERS' COMMENTS

高原 直泰

(ゴールについて)今日の試合は自分が点を取らないといけないし、なおかつここで勝利しないといけないという気持ちはあった。
(大前選手からのクロスは)ここに出してくれと要求したし、その通りボールが来てくれた。ああいうところをしっかり決めていければいいと思うし、常に決められるようこういうプレーを続けていきたい。
(大前・高木選手など若手とのコンビネーションは)センタリングからシュートまでを練習でも繰り返している。練習のための練習ではなく、試合で結果を出すための練習を続けて、次の試合でも勝てるようにしたい。
チームとしても少しずつやるべきことを理解してきたし、悪いなりに結果を出していけばチームは強くなると思う。局面局面でいいチャンスを作れるようになってきたし、徐々にそういう場面が毎試合出るようになってきた。若いチームだし、去年からだいぶ選手も入れ替わった中で勝つことは大変だけど、チームとしてレベルアップできるよう続けていきたい。
(古巣・浦和との対戦について)今日は自分としてもやってやらないといけないという意地があった。(ゴールが決まった瞬間は)嬉しかった。今日のゲームに限っては、埼スタで自分がゴールして、勝たなきゃいけない、そうしないと前に進めないという思いがあった。チームとしてよく戦ったと思うし、結果を出せてよかった。
次もホームでできるので、応援してくれるファンのためにもしっかり戦って、勝ち点3を取れるように練習していきたい。

大前 元紀

最初から厳しい試合になることはわかっていたけど、ボスナーとたかさん(高原直泰)が決めてくれて、いい形で勝ててよかった。
(高原選手へのアシストの場面は)右でボールを持ったところでフリーだったので、たかさんがスペースに要求していて、DFとGKの間に完璧に上げられたと思う。練習でもセンタリングシュートは結構やっているので、それが生きていると思う。勝つことがチームのプラスになるし、練習もこうして結果につながっている。
(高原選手とのコンビネーションについて)たかさんの近くでプレーすることを心がけているし、たかさんにも自分の近くでやりやすいようにプレーしろと言われている。僕のボールにもいい形で反応して決めてくれているし、いい感じでできていると思う。
味方の選手がボールを持ったときは、ワイドに開いてセンタリングを上げること、中と外の切り替えを心がけてプレーしている。自分自身はアシストも得点もできているけど、流れの中での得点が取れていないので、流れの中で取りたい。
(敵地・浦和の雰囲気について)浦和はそういうチームでサポーターもすごいけど、エスパルスのサポーターもいっぱい来てくれていたので、そういう人のためにも勝ててよかった。ここ(埼玉スタジアム)では去年もナビスコで勝ってるし、悪い印象はなかった。
次からホームゲームが続くので、3連勝できるように準備したいし、流れの中で得点を決めたいと思う。

辻尾 真二

今日はエディー(ボスナー)の2発が大きかった。守備に関してもやられる感じはなくなってきた。個人的には(自分のサイドに)ドリブラーが次々と入ってきたので大変だった。特に早い時間で原(一樹)さんが入ってきて、絶対に負けたくないと思った。
チームに勢いも出てきたし、このまま続ければ上にいける。疲れはあるが、みんな条件は一緒だから頑張るしかない。

碓井 健平

実際に浦和のホームで試合をして雰囲気があると感じた。(試合に勝つことはできたが)個人的には良くなかった。味方に助けてもらいしのぐことができた。
特にクロスの対応がよくなかった。もっとキャッチできればプレーの幅も広がるし、試合も落ち着いて進めることができると思う。

アレックス

今日は守備がしっかりと組織化されていたので、どこでボールを奪うかがはっきりとしていた。練習でもしっかりと組織で守ることをやってきたので、今日は実現することができた。(シーズンの)最初は本当に新しいチームで、少しずつみんなを知っていくことで良くなってきた。特に最近の5試合では少しずつ良くなってきたので、3試合続くホームで勝利しどんどん上に上がっていきたい。