清水エスパルスロゴ

試合情報

パルちゃんでんき

ナビスコカップ 第2節  2013.03.23 Sat 13:00 ヤマハスタジアム(磐田)

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • 石毛 秀樹(86分)

試合終了

  • 0前半2
  • 1後半3

5

  • 金園 英学(6分)
  • 松浦 拓弥(21分)
  • 山崎 亮平(69分)
  • 山崎 亮平(75分)
  • 山崎 亮平(90分)
ロゴ:ジュビロ磐田

ジュビロ磐田

HOME

清水エスパルス

Line-ups

31 GK 高原 寿康
10 DF 河井 陽介
3 DF 平岡 康裕
25 DF 犬飼 智也
28 DF 吉田 豊
5 MF 村松 大輔
18 MF イ ミンス
7 MF 八反田 康平
22 MF 内田 健太
9 FW バレー
8 FW 石毛 秀樹

Substitutes

1 GK 林 彰洋
4 DF カルフィン ヨン ア ピン
30 DF 岡根 直哉
17 MF 藤田 息吹
11 FW 瀬沼 優司
13 FW 高木 俊幸
14 FW 伊藤 翔

ジュビロ磐田

Line-ups

1 GK 川口 能活
25 DF 櫻内 渚
2 DF 菅沼 駿哉
33 DF 藤田 義明
22 MF チョン ウヨン
20 MF 山本 脩斗
7 MF 小林 裕紀
10 MF 山田 大記
23 MF 山本 康裕
11 MF 松浦 拓弥
17 FW 金園 英学

Substitutes

21 GK 八田 直樹
16 DF 金沢 浄
6 MF 田中 裕人
15 MF 菅沼 実
26 MF 松岡 亮輔
9 FW 山崎 亮平
30 FW 阿部 吉朗

STATS

    45 90   90 45    
    1 6 7 シュート 11 6 5    
    3 3 6 GK 7 3 4    
    6 4 10 CK 2 2 0    
    9 6 15 直接FK 12 7 5    
    1 3 4 間接FK 0 0 0    
    1 2 3 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
瀬沼 優司 ← 河井 陽介(58分)
高木 俊幸 ← 内田 健太(66分)
カルフィン ヨン ア ピン ← 八反田 康平(80分)
交代 (58分)金園 英学 → 山崎 亮平
(72分)山本 康裕 → 金沢 浄
(78分)山田 大記 → 田中 裕人
画像:イエローカードイ ミンス(5分)
警告・退場 (18分)チョン ウヨン画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
10,690人 晴れ/弱風 20.4℃ 27% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
桂木 聖彦 東城 穣 西尾 英朗 間島 宗一 竹田 明弘 花澤 秀登

GAME FLASH

試合前

本日はナビスコカップ第2戦、静岡ダービーです。熱いお声援をよろしくお願いします。すでにアウェイスタンドは満席になっております。

試合前

前節とメンバーが変更になりましたので、試合開始後にフォーメーションをご案内します。

前半

イ ミンス選手ですが、漢字名での選手登録となっておりますが、WEB上では表記できない文字を含むため、速報はカタカナ名での表記とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

前半

ジュビロ、ペナルティエリア内左山本康裕からのクロスが通り、金園英学がペナルティエリア内ファーで受けてシュート。これがきまって0-1。

前半 1分

ジュビロボールでキックオフしました。

前半 1分

本日のメンバーはGK高原寿康(移籍後初出場)、DFが右から河井陽介、平岡康裕、犬飼智也、吉田豊、ボランチが村松大輔とイ ミンス、トップ下に八反田康平。前は右から石毛秀樹、バレー、内田健太です。

前半 1分

エスパルス、吉田豊から犬飼智也が受けて平岡康裕へつなぎ、右の河井陽介へ。もう一度戻して犬飼智也から吉田豊、イ ミンス、犬飼智也とつなぐがプレスがかかり高原寿康へ戻す。前に蹴り込んだがこれはカットされてしまう。

前半 2分

ジュビロ、ボールを奪ってからカウンターで右サイド前へ展開。山本脩斗が右クロスもペナルティエリア内でセーフティクリア。

前半 2分

ジュビロ、右から縦パスが出てディフェンス裏へ松浦拓弥が飛び出そうとする。しかしそこは平岡康裕が落ち着いてカバーに入りボールをクリア。

前半 3分

エスパルス、左前方でバレーがキープ。菅沼駿哉がバレーについて左コーナー付近でもみ合う。しかしタイトマークに思わずバレーがファウル。相手ボールへ。

前半 4分

エスパルス、内田健太へのファウルがあり左サイドでFK。左ももをおさえていたが、すぐに立ち上がる。キッカーは石毛秀樹。村松大輔がペナルティエリア内中央に入っていたが、手前でカットされてしまう。

前半 5分

エスパルス、センターサークル内でイ ミンスがファウルしイエローカード。

前半 5分

ジュビロ、左サイド中盤からバイタルへ山本康裕が持ち込みシュートも高原寿康がキャッチ。

前半 6分

左藤田義明からの縦パスを山田大記がドリブルから金園英学へパス。これを左足で押し込み0-1。

前半 7分

エスパルス、左イ ミンスから八反田康平が中央で受けて犬飼智也に戻してサイドチェンジ。河井陽介あから縦パスが出て石毛秀樹が受けて河井陽介へ戻してもう一度石毛秀樹、そこから短く村松大輔、河井陽介、八反田康平、村松大輔とつないでクロスもファーに抜けてしまう。

前半 8分

エスパルス、バレーへのロングボールが入り、右にドリブルでスライドして河井陽介、村松大輔とつないでもう一度河井陽介からのパスがペナルティエリア内イ ミンスに入る。ワンタッチを誘って右CKへ。キッカーは内田健太。ファーで相手DFがヘッドでクリアし今度は左CK。ゴールコールが響くなか、石毛秀樹が蹴ったボールはニアでクリアされるがイ ミンスが拾って吉田豊から縦パス。これもクリアされるが、吉田豊が相手のカウンターはしっかり抑える。

前半 11分

ジュビロ、しかし、ボールをつないで左クロス。ペナルティエリア内で金園英学がシュートもゴール右に大きくそれる。

前半 11分

エスパルス、吉田豊から中央八反田康平が受けて左にパスもクリアされてスローイン。八反田康平が受けてドリブルもこれもクリアされる。再び左スローイン。今度はバレーがヘッドでつないで石毛秀樹が受けようとしたがクリアされてしまう。徹底的にセーフティクリアしてくる。一方のエスパルスは前線からのプレスでうまくボールが回らない。

前半 13分

ジュビロ、右スローインから金園英学が受けて落とし松浦拓弥にパスもオフサイド。

前半 15分

エスパルス、犬飼智也からのリスタート。八反田康平が顔を出し吉田豊、イ ミンス、平岡康裕とつないで河井陽介。しかし縦パスはタッチラインを割る。

前半 16分

エスパルス、河井陽介は前試合で右眉上に裂傷を負い、傷をテープで覆っている。

前半 17分

ジュビロ、左スローインから左サイド突破。いったん下げてからの左クロスにペナルティエリア内シュートが飛び込んでくる。徹底的に犬飼智也のところを狙ってくる。

前半 17分

エスパルス、吉田豊が相手ボールをインターセプトもバックチャージでチョン ウヨンにイエローカード。中央でFK。ゴールまで25メートル。キッカーは石毛秀樹。ゴール右ポスト前でワンバウンド。GK川口能活は獲り損ねるがポストにはじかれGK川口能活が再びキャッチ。

前半 19分

ジュビロ、GK川口能活からのリスタート。ロングボールア中央に入るがそのままエスパルスが高原寿康に戻す。

前半 20分

ジュビロ、カウンターから松浦拓弥が金園英学とのワンツーからペナルティエリア内左でシュート。0-2。ジュビロのリードが広がる。

前半 21分

エスパルス、左吉田豊からバイタルで石毛秀樹がパスを受けるがここでファウル。ペナルティエリア手前左よりでFK。ゴールまで20メートル弱。キッカーは石毛秀樹。壁は2枚。ファーに上げたがクリアされてしまう。

前半 25分

エスパルス、左内田健太から吉田豊が受けてイ ミンスに戻してもう一度中央で吉田豊。そこからイ ミンス、八反田康平と左に展開も、タッチラインを割る。

前半 25分

エスパルス、明らかにイ ミンスが戸惑っている。ゴトビ監督が声をかけて指示を出す。

前半 26分

エスパルス、ディフェンスとボランチの間が空き過ぎてしまい、そこを使われている。イ ミンスはラインをあげるようジェスチャーしているが、前に金園英学が残っているため、ラインを上げきれない。

前半 27分

エスパルス、サポーターの必死の声援が響く。2点リードのジュビロサポーターは静まり返っている。

前半 27分

エスパルス、吉田豊が内田健太に声をかけて、動きを確認している。一度下がって顔を出してから前へ。そんなジェスチャー。高い位置をとってもディフェンスにひっかかってしまう。

前半 29分

エスパルス、イ ミンスから内田健太が中盤で受けて左の吉田豊へつなぎ、ペナルティエリア左に出たイ ミンスがワンタッチを誘って左CKへ。キッカーは石毛秀樹。ニアでバレーが受けてファーに抜けたが拾ってつなぎ河井陽介がシュート。これがポストに嫌われてしまう。その後右CKへ。キッカー内田健太。GK川口能活がパンチング。

前半 30分

ジュビロ、最終ラインから前線へ出たボールをペナルティエリアギリギリ外で高原寿康がヘッドでクリア。なおもジュビロはボールを下げてつなぎ、再びロングボール。左へいったん出してもう一度最終ラインへ。左サイド前方へのロングボールからペナルティエリア内へ入ってきたがペナルティエリア内松浦拓弥へのパスは平岡康裕がカット。

前半 33分

ジュビロ、ロングボールを前線に放り込むが前の選手は反応できていない。

前半 33分

エスパルス、内田健太がファウルを受けてFK。左足首を相当痛がっている。自力で立ってそのままプレー続行。キッカーは石毛秀樹。中盤中央やや左。ゴールまで25メートル。石毛秀樹はペナルティエリア手前の八反田康平に出してワンタッチで内田健太へ出したがつながらない。

前半 35分

エスパルス、吉田豊からスローインをバレー受けて突破をはかるがペナルティエリア手前左ななめ外でファウルを受けてFK。ななめ46度。キッカーは石毛秀樹。ゴールまで15メートル。ファーに犬飼智也が飛び込んだがGK川口能活がキャッチ。

前半 37分

エスパルス、中盤右でFK。キッカーは内田健太。蹴りだしたボールはクリアされたが左CK。キッカーは石毛秀樹。ニアでクリアされ左スローイン。吉田豊からバレーが受けて落としペナルティエリア内左石毛秀樹がシュートもGK川口能活がキャッチ。

前半 39分

エスパルス、村松大輔のインターセプトからのドリブルをブロックされて、村松大輔は倒れるがノーホイッスル。

前半 42分

エスパルス、犬飼智也から縦パスが出て吉田豊が身体を張ってつなぎイ ミンスに落とすと左クロス。石毛秀樹が飛び込んだがクリアされ右CK。キッカーは内田健太。ニアで石毛秀樹がさわろうとしたところをクリアされたように見えたがGKボール。GK川口能活がリスタートを急がなかったため審判に注意される。

前半 44分

ジュビロ、左クロスをペナルティエリア内でシュートされたが、高原寿康が好セーブ。

前半 44分

エスパルス、ペナルティエリア左バレーがキープし八反田康平とワンツーもタッチラインを割る。

前半 46分

エスパルス、吉田豊から内田健太が受けて吉田豊に戻して中央八反田康平から右の河井陽介が受けてドリブル。もう一度八反田康平が受けて河井陽介へ。しかしここでホイッスル。

前半 47分

ご覧のように0-2で前半を終了しました。試合中声援を送っていたサポーターからも流石にブーイングが上がっています。後半も応援よろしくお願いします。

後半 1分

エスパルスボールでキックオフしました。

後半 1分

エスパルス、右サイドで石毛秀樹がファウルを受けてFK。早いリスタートでサイドチェンジし縦に展開。八反田康平がボールを追ったがタッチラインを割る。

後半 1分

エスパルス、村松大輔から河井陽介が受けて石毛秀樹にパスもこれがカットされてしまう。すぐにカバーしてボールを奪い返して犬飼智也から左の吉田豊が受けて八反田康平へパス。相手がクリアし左スローイン。しかしリスタートはタッチラインを割り相手ボールに。

後半 2分

ジュビロ、右サイドでFK。キッカーはチョン ウヨン。ゴールまで25メートル。ペナルティエリア内での小競り合いで審判が注意を与える。平岡康裕がヘッドでクリアも左スローイン。バックパスし藤田義明からもう一度左サイド。これもクリアしスローイン。今度は大きくクリアしたが左でつながれ山本康裕突破を石毛秀樹がクリア。左CKへ。いったん中に入れて左に出したボールをクロスもセーフティクリア。

後半 7分

ジュビロ、左クロスが山本康裕からあがるがファーに抜けてエスパルスのスローイン。

後半 8分

エスパルス、右スローイン。八反田康平が受けたがクリアされて右スローイン。バレーが受けてサイドチェンジ。かなり無理なパスが出たが吉田豊が意地で追いつきドリブルから左CK。男気スイッチが入る。キッカーは石毛秀樹。犬飼智也をターゲットにしたがGK川口能活がクリア。サポーターも吉田コール。

後半 12分

エスパルスベンチが動く。瀬沼優司が呼ばれている。ゴトビ監督の指示を受け、センターラインへ。

後半 12分

エスパルス、クロスから石毛秀樹がシュート。GK川口能活のまたを抜けたがDFにクリアされてしまう。

後半 12分

ここで両チームに選手交代。エスパルスは河井陽介に代え瀬沼優司。ジュビロは金園英学に代え山崎亮平。

後半 13分

エスパルス、右スローインはペナルティエリア内へのボールをクリアされてしまう。

後半 13分

エスパルス、最終ラインから右の石毛秀樹が受けて平岡康裕へ戻して犬飼智也から左へ。しかしカットされてしまう。

後半 14分

エスパルス、河井陽介が抜けたことで、石毛秀樹が右サイドバックにさがり、瀬沼優司がバレーの左、右のワイドには八反田康平。2トップ。

後半 15分

エスパルス、瀬沼優司のインターセプトからバレーがシュートもDFにブロックされてしまう。右サイドで石毛秀樹が倒されたがノーホイッスル。右スローイン。リスタートで石毛秀樹が珍しいトラップミスで右タッチラインを割る。連戦で疲れか?

後半 17分

エスパルス、八反田康平から右サイドへバレーが流れてボールを受ける。ワンタッチを誘って右スローイン。内田健太からニアでクリアされたがイ ミンスから八反田康平、内田健太とつないで右クロスは相手がクリアし右CKへ。キッカーは内田健太。ファーに出たボールは相手がクリア。セットプレーでほとんどボールを奪えない。

後半 19分

ジュビロ、カウンターから山田大記が高原寿康と1対1。吉田豊がこれに猛ダッシュでカバーへ。身体を張って止める。

後半 20分

エスパルスにメンバー交代内田健太に代え高木俊幸。そのまま抜けた左に入る。

後半 22分

エスパルス、左スローイン。相手にボールが渡ってしまうが、瀬沼優司がインターセプト。高木俊幸が落としたボールを受けて左へ。イ ミンスがクロスもこれはブロックされて最終ラインへこぼれたボールをつなぐ。サイドチェンジしたものの、ここでボールを奪われてしまう。

後半 24分

ジュビロ、右クロスにニアで山崎亮平が押し込み3失点目。

後半 25分

エスパルス、右石毛秀樹からのパスに八反田康平が強引にクロス。右CKを得る。バレーと菅沼実が小競り合い。GK川口能活が止めに入る。キッカーは石毛秀樹。クリアボールが石毛秀樹の元に来たがカットされてしまう。

後半 26分

ジュビロ、左サイドからのクロスにペナルティエリア内山崎亮平がファーに飛び込む。タイミングがわずかにずれていたがマークはつききれていない。

後半 27分

ジュビロにメンバー交代山本康裕に代え金沢浄。

後半 28分

エスパルス、さすがに静まり返るエスパルスサポーター。

後半 28分

ジュビロ、カウンターから平岡康裕が振り切られ、松浦拓弥が高原寿康のポジションを見ながらシュート。ミスしてくれ助かった。

後半 30分

ジュビロ、ペナルティエリア左外から山崎亮平が切り返してシュート。ディフェンス2人、GKがいたがこれが決まってしまう。4失点目。

後半 31分

エスパルス、高木俊幸、バレーとつないだペナルティエリア内でのボールだったがファーで相手に奪われてしまう。攻守両面でチグハグさが目立つ。

後半 32分

ジュビロにメンバー交代。山田大記に代え田中裕人。

後半 33分

エスパルス、八反田康平からペナルティエリア内バレーにパスが出てゴールを背に受けたが体勢を立持てずボールを失う。

後半 33分

エスパルスにメンバー交代。八反田康平に代えカルフィン ヨン ア ピン。イ ミンスが1枚前に移動し、カルフィン ヨン ア ピンはボランチに入る。

後半 35分

エスパルス、カルフィン ヨン ア ピンのロングスロー。ニアに出たボールは相手がクリア。

後半 36分

ジュビロ、中央から右に展開し、右で山本康裕が吉田豊との1対1をしかけたが吉田豊が落ち着いてボールを奪う返す。

後半 38分

ジュビロ、中央から左の金沢浄が受けて左で短いパスをつないで中央から右へ。いったんGKまで戻して中央へ。しかしイ ミンスがボールを奪う。

後半 40分

エスパルス、バレーが倒されFK。ペナルティエリア手前左側、キッカーは石毛秀樹 。これが決まって1点を返す。1-4。

後半 42分

エスパルス、右石毛秀樹が受けてドリブル突破からイ ミンスにパス。ペナルティエリア右外でキープもタッチラインを割る。

後半 44分

ジュビロ、右からのサイドチェンジを金沢浄が受けてチョン ウヨンがバックパスを受けて小林裕紀へつなぎチョン ウヨンとキープして左の金沢浄から動き直した小林裕紀へパスもこれは通らない。

後半 45分

ジュビロ、なんでもないボールを奪われたシーン。山崎亮平がバイタルから持ち込みあっさりシュート。1-5。

後半 46分

アディショナルタイムは4分です。

後半 46分

ジュビロ、山崎亮平ががプレー続行不可能でピッチ外へ。しかし交代枠は使い終わっており、ピッチは1人少なくなった。

後半 47分

エスパルス、平岡康裕から縦パスが出て瀬沼優司が受けようとしたがファウル。FKとなる。キッカーは高木俊幸。GK川口能活がはじきその後DFにクリアされ左CKとなる。キッカーは石毛秀樹。カルフィンに落としてもらってクロス。ファーで犬飼智也が折り返して瀬沼優司が胸でシュートもクロスバーの上。

後半 49分

エスパルス、最後までサポーターが応援を続けています。

後半 50分

終了のホイッスルが鳴る。1-5の完敗。石毛秀樹の1点だけが救いとなりました。熱いご声援をありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
アフシン ゴトビ監督

●もっとコンパクト、もっとハイプレッシャー。そしてサイドチェンジ。

●まず始めの15分で1点返すぞ!

●男のプライド、エスパルスのプライドを賭けて闘え!

ジュビロ磐田
森下 仁志監督

●次の1点を取ろう。

●セカンドボールを拾うためのポジショニングをしっかりとること。

●勝ちにいこう!

COACH COMMENT

アフシン ゴトビ監督

●ナビスコカップで若い選手たちを育てていくという方針の犠牲になってしまった。彼らが学ぶためには、難しい状況に入って行く必要がある。まだ何人かは準備ができていないということが今日で分かった。特に、ミスをしたあとのリカバー。戦術的というより心理的なところが大きいと思う。

●我々は強いクラブだ。多くのサポーターも付いてくれている。ここからしっかりと回復していきたい。

●私の人生、私の1分1秒をクラブに捧げている。ファン・サポーターを失望させてしまったことを謝りたいと思う。若い選手たちを使うと決めた私に責任があり、私が責められるべきである。

●将来、この若い選手たちが育っていき、戦っていくと信じている。ナビスコカップの精神というものは若い選手たちのことだと思う。


※以下、質疑応答
-0-4の状況からヨンアピン選手を入れた意図は?
中盤でセカンドボールの競り合いに負けており、また中盤がガラ空きになっていたので引き締めたいと思った。犬飼はミスをしてしまったが、彼を途中交代させずに90分間使おうと考えた。彼を責めることはできない。起用した私が責められるべきである。ただそれは、我々のやろうとしている戦略の一部であり、クラブとしての戦略である。彼はユース出身選手であり、彼をしっかり育てていきたい。数回のミスを除いて、素晴らしいアクション、良い動きもあった。

-ゴールキーパーに高原を先発起用した意図は?
我々には3人の良いキーパーがいる。ナビスコカップでは2番手、3番手のキーパーを使おうと考えていた。そうすることによって、3人のキーパーがシャープでいることができる。失点に関しては高原を責めることはできない。彼の前で多くのミスがあり、そのすべてのミスを突かれてしまった。

-なかなか勝てなくて選手たちが自信を失っていると思うが、勝つための起爆剤やプランは?
今日の試合では今季初先発のゴールキーパーを起用した。平岡と犬飼も公式戦でコンビを組んだことがない。一緒に戦ったことがある選手、経験のある選手を入れることによって、もっと安定すると思う。そして、自信を失ってしまった若い選手たちに自信を取り戻させたいと思う。ストライカーの選手にまだゴールがないので、決められるようにしなくてはならない。今日は前半、クロスバーに2回当たってしまった。0-3になってしまってからは非常に心理的に厳しい戦いとなってしまった。その前に1点入っていれば状況は変わっていたと思う。

-スリーバックの相手に対するやり難さは?
相手がスリーバックということは、中盤の選手の左右にスペースが空く。サイドチェンジした時に、2対1の状況を作ることができていたと思う。そこから良いラストパスを送れる質や能力がなければいけない。そして、ボックスの中の選手も、クロスやパスに対して有効なポジションを取らなければいけない。今日の試合は、チャンスの数の差ではなく、カギとなるところでミスをしてしまったかどうかだと思う。

-ここまで、戦術的よりも心理的なところが大きいということだが、若い選手たちに心理的な面を成長させるためにどうするのか?
成長していくためには良い時も悪い時もあるだろう。我々は悪い時からのスタートとなった。ここから、我々の特性、信念、周りへの信頼を見せなくてはならない。チームとして自信を失ったわけではなく、何人かの選手が自信を失っているだけだ。ただ、彼らの将来のためには、悪い状況でも戦わさせなければならない。暗闇の中でも光を見出す、忍耐強さ、賢明さを持って欲しい。成功のあとの反応も、失敗のあとの反応も同じくらい重要である。大きく深呼吸をして、毎日毎日を見つめていきたい。

=========================
※アフシン ゴトビ監督公式サイト「afshin gotbi.com」では、ゴトビ監督自身による手記 『アフシン ゴトビ戦いの記憶』が試合翌々日ごろ更新されます。

PLAYERS' COMMENTS

平岡 康裕

ダービーでこういう試合をしてはいけない。もっと意地を見せなければいけない。ピッチに入れば年齢は関係ない。球際、セカンドボール全てで負けていた。試合を通して、やろうとしていたことはできなかった。チームがバラバラにならないよう、まとまらないといけない。(結果は)申し訳ないし悔しい。もうこんな試合をしてはいけない。

村松 大輔

守るスペースが大きくなってしまいきつかった。いくつかチャンスはあったが、ジュビロにボールを持たれてしまった。公式戦の大事な試合では一つのミスでこういった結果になる。危機感を持ってやらなければいけない。

内田 健太

失点してからバタバタしてしまった。そんなに慌てる必要はなかったし、個人としては落ち着かせるようにしたかった。もっとボールを引き出す動きを考えてプレーすれば良かった。みんなでやることをはっきりさせてなければいけない。

石毛 秀樹

こういった結果になっても仕方のないサッカーをしてしまっている。ボールを持っても味方との距離間が悪く簡単にボールを奪われる。ジュビロは全てでうわまっていた。思い描いているサッカーからは、ほど遠いサッカーをしてしまっている。頭をすっきりさせてから臨まなければいけない。