清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

Jリーグ ディビジョン1 第16節  2013.07.13 Sat 18:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

3

  • 平岡 康裕(67分)
  • 平岡 康裕(76分)
  • 石毛 秀樹(86分)

試合終了

  • 0前半0
  • 3後半1
DAZN

1

  • 木島 悠(90分)
ロゴ:大分トリニータ

大分トリニータ

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 林 彰洋
28 DF 吉田 豊
3 DF 平岡 康裕
6 DF 杉山 浩太
4 DF カルフィン ヨン ア ピン
20 MF 竹内 涼
2 MF イ キジェ
5 MF 村松 大輔
10 MF 河井 陽介
14 FW 伊藤 翔
9 FW バレー

Substitutes

21 GK 櫛引 政敏
29 DF 三浦 弦太
8 MF 石毛 秀樹
16 MF 六平 光成
22 MF 内田 健太
13 FW 高木 俊幸
35 FW 村田 和哉

大分トリニータ

Line-ups

21 GK 丹野 研太
18 DF 高木 和道
3 DF 阪田 章裕
23 DF 安川 有
28 MF 為田 大貴
30 MF ロドリゴ マンシャ
32 MF 宮沢 正史
10 MF チェ ジョンハン
33 MF 丸谷 拓也
20 FW 森島 康仁
38 FW 松田 力

Substitutes

1 GK 清水 圭介
22 DF キム ジョンヒョン
15 MF 永芳 卓磨
19 MF 辻尾 真二
8 FW 西 弘則
13 FW 高松 大樹
24 FW 木島 悠

STATS

    45 90   90 45    
    7 8 15 シュート 6 2 4    
    4 4 8 GK 9 3 6    
    1 5 6 CK 1 1 0    
    12 5 17 直接FK 13 4 9    
    0 0 0 間接FK 3 2 1    
    0 0 0 オフサイド 3 2 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
六平 光成 ← 伊藤 翔(71分)
石毛 秀樹 ← 河井 陽介(84分)
村田 和哉 ← 竹内 涼(87分)
交代 (71分)森島 康仁 → 西 弘則
(76分)丸谷 拓也 → 木島 悠
(82分)チェ ジョンハン → 辻尾 真二
画像:イエローカード平岡 康裕(58分)
警告・退場 (32分)チェ ジョンハン画像:イエローカード
(54分)宮沢 正史画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
15,191人 雨/無風 27.4℃ 89% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
玉井 朗 木村 博之 山口 博司 武田 光晴 田尻 智計 鶴見 智美

GAME FLASH

試合前

本日もご声援よろしくお願いします。

試合前

スタメンが変更となっておりますので、フォーメーションは試合開始後にご案内します。

試合前

エスパルスは5勝3分7敗勝点18の11位です。大分は1勝5分9敗勝点8の18位です。

試合前

富士山世界遺産を記念し、フジッピーがキックインを行いました。

前半 1分

トリニータボールでキックオフしました。

前半 1分

本日のフォーメーションはGK林彰洋。右から吉田豊、平岡康裕、カルフィン ヨン ア ピン、李記帝。1列前が右から竹内涼、杉山浩太、村松大輔、河井陽介。トップ下が伊藤翔、1トップにバレーです。

前半 3分

トリニータ、ロングボールをペナルティエリア内に放り込んできて、松田力が反応もおさまらない。

前半 3分

トリニータ、なおもポゼッション。右クロスはクリアし右スローイン。相手ボールでタッチラインを割る。

前半 4分

エスパルス、左スローインからサイドチェンジ。カルフィン ヨン ア ピンから縦パスが入り、左李記帝からのクロスにゴール前バレーが反応も触り切れない。ビッグチャンスに思わず頭を抱える李記帝。だが完ぺきなチャンスメイクだった。

前半 5分

エスパルス、最終ラインから吉田豊が受けたが前を向けずに林彰洋に戻して今度は左。カルフィン ヨン ア ピンからの縦パスを河井陽介がワンタッチではたいたが、これが相手にひっかかってしまう。

前半 6分

トリニータ、カウンターから一気に前線。松田力と森島康仁が縦に走ったが、タイミングが合わず林彰洋ボール。

前半 7分

エスパルス、平岡康裕から右の吉田豊が受けて竹内涼へパスもこれがカットされてしまう。

前半 8分

エスパルス、右の吉田豊から平岡康裕が受けて村松大輔からもう一度平岡康裕が受け直して一気に前線。吉田豊がトップスピードで長い距離を走り続けてきたが、ペナルティエリア内に入ったボールは相手DFに奪われてしまう。

前半 10分

エスパルス、林彰洋からカルフィン ヨン ア ピンが受けて平岡康裕へパス。もう一度カルフィン ヨン ア ピンが受けて杉山浩太、吉田豊、平岡康裕、杉山浩太と短くつないで左前方。河井陽介を狙ったが相手DFがブロックしてくる。それでも河井陽介がハードに奪い返しにいき、相手がクリアしスローインとなる。リスタートはペナルティエリア左でバレーがファウルを受けてFKへ。キッカーは河井陽介。壁は2枚。GKがはじいたボールをもう一度押し戻してペナルティエリア内もDFにクリアされてしまう。

前半 12分

トリニータ、左サイドから大きくサイドチェンジ。しかしタッチラインを割る。

前半 17分

エスパルス、カルフィン ヨン ア ピンから左で李記帝が受けて縦パス。伊藤翔が落として河井陽介からいったん村松大輔が受けて平岡康裕から右の吉田豊。竹内涼、吉田豊とつないで右クロスもファーに抜けてしまう。

前半 19分

エスパルス、中盤中央にしぼってきていた河井陽介が吉田豊からのパスを受けてミドルシュートもわずかにゴール右外。だがフリーでいいポジショニングだった。

前半 20分

トリニータ、右サイドでFK。キッカーは宮沢正史。ゴールまで30メートル。林彰洋が飛び出してパンチング。

前半 21分

エスパルス、右スローイン。竹内涼からバレーへボールが出たがクリアされ伊藤翔が拾って右サイドをドリブル。だがここでもブロックされてしまう。

前半 22分

エスパルス、最終ラインでのボール回しから吉田豊が粘って竹内涼へパス。右サイドからのドリブル突破からの折り返しに河井陽介がシュート。だがこれもわずかに枠外。スタンドからは大きな歓声が上がる。今日は河井陽介がバイタルで相手にとって危険な存在になっている。

前半 24分

エスパルス、ペナルティエリア手前右よりでFK。キッカーは李記帝。ゴールまで15メートル。直接狙って右サイド下いっぱいだったがGKがはじき、右CKへ。キッカーは河井陽介。ニアでバレーが落として吉田豊がこぼれをシュート。これもこぼれたが、バレーが押し込んでゴールマウスに叩き込んだがオフサイドの判定。スタンドがざわざわしている。

前半 26分

エスパルス、中央から右サイド吉田豊が縦パス。伊藤翔が走っていたが手前でカットされてしまう。

前半 27分

エスパルス、中央杉山浩太から前線へのフィードは相手にクリアされてしまう。

前半 28分

トリニータ、右サイドでのワンツーからのサイド突破はクリアし右スローイン。しかしリスタートはカルフィン ヨン ア ピンがヘッドでクリアし再びスローイン。いったんは奪ったがすぐに奪い返され左にサイドチェンジ。アーリークロスが入り、森島康仁が飛び出していたが、カルフィン ヨン ア ピンが競りかち、ボールはGKへ。

前半 30分

エスパルス、左からの縦パスにバレーが振り向きざまのシュートもやや力んでしまいふかしてしまう。

前半 32分

トリニータ、左サイド突破でチェ ジョンハンがしかけたが、吉田豊をふっとばし、ファウル。

前半 33分

エスパルス、右サイド自陣内深くでFK。キッカーは林彰洋。ロングボールを蹴りだし、伊藤翔が受けにいったが、クリアされ右スローイン。リスタートはバレーが右サイドで粘るも相手にクリアされてしまう。スローンは今度もバレーが受けて竹内涼、杉山浩太と右でつないでクロスもDFにクリアされてしまう。

前半 34分

エスパルス、中央村松大輔から右の吉田豊が受けて杉山浩太から平岡康裕、カルフィン ヨン ア ピンとつないでもう一度平岡康裕に戻して右の吉田豊へ。ドリブルをしかけたが相手に足を出されてクリアされる。右スローインから最終ラインに戻してサイドチェンジ。李記帝、カルフィン ヨン ア ピン、平岡康裕とつないでカルフィン ヨン ア ピンがもらいなおして縦パス。李記帝が走っていたが、間に合わずゴールラインを割る。その間しっかりと左サイドをカバーするのは河井陽介。

前半 36分

エスパルス、中央から右サイドの吉田豊が受けてドリブル。しかし手前でひっかかってしまう。

前半 38分

エスパルス、林彰洋からのリスタート。ロングボールはバレーが競ったが流れたボールは相手がクリア。すぐに奪い返して吉田豊、カルフィン ヨン ア ピンとつないで吉田豊からクロス。ペナルティエリア手前でバレーが競って流れたボールは河井陽介がいったん下げる。

前半 40分

エスパルス、右スローインから吉田豊が杉山浩太からのパスを受けてドリブルからクロス。バレーが競ったがディフェンスに引っ張られてミートできない。

前半 44分

エスパルス、吉田豊からの縦パスを伊藤翔が受けたが相手に激しくチェックされる。ボールはエスパルスの右スローイン。だがリスタートはオフサイドをとられてしまう。

前半 45分

エスパルス、中央杉山浩太から縦パスを伊藤翔がうけるようにみせかけバレーにスルー。バレーは受けてシュートも寄せていたディフェンスに当たってしまう。

前半 46分

アディショナルタイムは1分です。

前半 46分

トリニータ、右サイド突破からのマイナスのクロスに松田力がフリーでシュートも力んでしまいゴール上へそれる。

前半 46分

エスパルス、林彰洋からのリスタート。ワンバウンドしたボールを伊藤翔が粘って繋ごうとしたが相手に渡ってしまう。ここでホイッスル。

前半 46分

ご覧のように0-0のまま前半を終えました。後半もご声援よろしくお願いします。

後半 1分

エスパルスボールでキックオフ。

後半 1分

エスパルス、左スローインからバックパスを受けてカルフィン ヨン ア ピンからGKへ戻すと平岡康裕から右の吉田豊へ。縦パスを竹内涼が受けたが吉田豊が受け直して杉山浩太からロングフィード。李記帝が走っていたが手前でカットされてしまう。

後半 2分

エスパルス、平岡康裕から右の吉田豊が受けてドリブルからのクロスはGKがキャッチ。

後半 3分

エスパルス、左李記帝からのクロスはファーに抜けてしまい、伊藤翔が走ったがタッチラインを割る。

後半 3分

エスパルス、石毛秀樹がバレーからのボールを受けてドリブル。ワンタッチをさそって左CKへ。キッカーは石毛秀樹。クリアされたボールを拾ってエスパルスが再び前線へ出すが、これは相手がボールポゼッション。

後半 4分

エスパルス、バックパスから杉山浩太が吉田豊を走らせ、ペナルティエリア右外からマイナスのパスをバレーへ出したがシュートは打てない。

後半 4分

エスパルス、右六平光成からのクロスはクリアされて右スローイン。リスタートは相手にクリアされてしまう。

後半 5分

エスパルス、右スローイン。伊藤翔からバックパスを受けた杉山浩太が縦パス。ペナルティエリア内で吉田豊が受けようとしたがさわりきれない。しかしクリアボールをミドルレンジから村松大輔が切り裂くようなシュート。クロスバーのわずか上へそれてしまう。スタンドは大盛り上がり。

後半 7分

エスパルス、中央竹内涼がドリブルでバイタルまで持ち上がってシュート。これもわずかに枠の右外…。

後半 9分

エスパルス、中央からカルフィン ヨン ア ピンが縦パス。ペナルティエリア内で平岡康裕が競ったがクリアされ右CKへ。キッカーは河井陽介。ゴールコールがはげしく響く。ペナルティエリア内混戦で2度3度と選手たちがボールに詰める。最後は杉山浩太がシュートもゴール左外。

後半 11分

エスパルス、中央杉山浩太から右サイドの竹内涼が受けて伊藤翔へ。クリアされて右スローイン。バレーが落として竹内涼がキープ。激しいチェックにあうがホイッスルが鳴らずペナルティエリア内へのボールは相手GKへ。

後半 13分

トリニータ、中盤左でFK。キッカーは宮沢正史。林彰洋がはじいて右スローイン。リスタートはクリアし再びスローイン。今度は相手のワンタッチを誘ってエスパルスのスローインへ。

後半 15分

エスパルス、左からのアーリークロスがペナルティエリア内に入るが、反応しきれない。

後半 16分

エスパルス、左河井陽介からのパスを李記帝が受けてドリブルも囲まれボールを失う。

後半 18分

エスパルス、右サイド吉田豊へパスが出たが、相手が激しいチェックにいき、ボールはクリアされタッチラインを割る。ペナルティエリア右外で右スローイン。丁寧につないで右サイドからの縦パスに最後は河井陽介。だがこれも入らず思わず仰向けに倒れ込む。

後半 20分

エスパルス、左CKからゴールファーで競ったがGKにパンチングされる。右CK。キッカーは河井陽介。ニアで平岡康裕がドンピシャヘッド。サポーターやサブ野選手たちと大喜び。あの鋭さにはGKが反応しきれない。

後半 24分

エスパルス、左クロスはファーに抜けたが伊藤翔が意地でおいつき折り返す。しかしこれはDFがクリア。

後半 25分

両チームにメンバー交代。伊藤翔に代え六平光成。トリニータにもメンバー交代。森島康仁に代え西弘則。

後半 27分

エスパルス、バレーが中盤からドリブルで左斜めに移動。ペナルティエリア内に入ったがディフェンスにブロックされてしまう。

後半 28分

エスパルス、左サイドでFK。キッカーは河井陽介。壁は2枚。ゴールまで25メートル。ゴールコールが響く中、河井陽介のボールは再びファーの平岡康裕へ。こちらもも鮮やかなヘッド。アシストした河井陽介にはカルフィン ヨン ア ピンらから手荒い祝福。2-0。平岡康裕2点目!!!!

後半 32分

トリニータにメンバー交代。丸谷拓也に代え木島悠。

後半 32分

エスパルス、中央左でFK。村松大輔からカルフィン ヨン ア ピンが受けてカルフィン ヨン ア ピンから林彰洋、村松大輔、カルフィン ヨン ア ピンから前線へ走り込んだ六平光成へ。その走りにどよめきが起きるが、オフサイドの判定。

後半 36分

エスパルス、吉田豊から中盤で竹内涼が受けてワンタッチで縦パス。村松大輔が走り込んでいたがGKボール。

後半 36分

トリニータにメンバー交代。チェ ジョンハンに代え辻尾真二。

後半 37分

エスパルス、左バレーのドリブルからのシュートはDFに当たって左CK。キッカーは河井陽介。ニアでクリアされたが李記帝が競ってカウンターを防ぐ。

後半 39分

エスパルスにメンバー交代。河井陽介に代え石毛秀樹。

後半 41分

エスパルス、林彰洋からのリスタート。ペナルティエリア内バレーがドリブルで右に移動。ファーに詰めていたのは石毛秀樹。無人のゴールに体ごと飛び込んだ。ゴールを決めてエンブレムにキスし、サポーターの元へ。3-0。

後半 43分

エスパルにメンバー交代。竹内涼に代え村田和哉。

後半 43分

トリニータ、左CKとなるがペナルティエリア内でセーフティクリア。もう一度押し戻されたがここも危なげなくエスパルスがクリア。

後半 45分

トリニータ、カウンターから木島悠がシュート。これが決まって3-1。

後半 46分

アディショナルタイムは4分です。

後半 46分

エスパルス、カウンターから村田和哉がドリブル。杉山浩太に戻して吉田豊、平岡康裕、吉田豊とつないで縦パス。村田和哉から今度は中央へ。だがこれはファウルをとられてしまう。

後半 48分

エスパルス、カウンタからバレーが村田とのワンツーから村田和哉へラストパスもファーに抜けてしまう。

後半 49分

エスパルス、左サイドでのポゼッションから徐々にゴールから遠ざかる。林彰洋まで戻して縦パス。村田和哉が受けたがダイレクトプレーをカットされてしまいボールを失ってしまう。

後半 50分

エスパルス、右サイド自陣内からのリスタート。六平光成が右にスライドしながらシュートもゴール右外。しかしここでホイッスル。

後半 51分

ご覧のように3-1でエスパルスの勝利となりました。ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
アフシン ゴトビ監督

●受け身になるな、恐れるな。姿勢を変えろ!

●ボールを持ったら、後ろや横じゃない。前へ、前へ!

●後半立ち上がり集中して入れ!そして、早めに1点取れ!

大分トリニータ
田坂 和昭監督

●守備は相手が背後を狙っているので注意すること。

●攻撃は相手の背後を狙おう。

COACH COMMENT

アフシン ゴトビ監督

●前半の45分はチャンスも作れており、そこそこオーガナイズもできていたが、姿勢が良くなかった。前にボールを出すこともあまりできていなかったし、高めからプレッシャーに行くこともできていなかた。

●後半は違ったメンタリティーで臨み、非常に良い形で戦うことができた。戦術的にもメンタル的にも非常に良いものが出せており、特別なゴールが生まれた。選手たちが2-0、3-0で満足することなく、次の点を狙いに行ってくれてとても満足している。ただ、終盤に一瞬だけ集中力を欠き失点をしてしまった。

●ファン・サポーターにとっても、選手たちにとっても大きな勝利であり、嬉しく思う。この先も成長を続けていきたい。

※以下、質疑応答

-前半、試合を支配しながら、なかなか縦パスが入らずイライラされたと思うが、後半に入り改善されたのは、監督がハーフタイムにかなり厳しく言ったからか?
そうだと思う。ハーフタイムにしっかり話をした。試合に臨むにあたり、選手たちは自分たちでプレッシャーをかけてしまっていた。前半の45分は、負けないように、ミスをしないようにとプレーしてしまっていた。しかし、後半は自分たちで主導権を握り、勇敢に、勝つために、闘ってくれた。良い形でボールを回すことができ、スペースを作ることができていた。セットプレーに関してはワールドクラスのゴールだったと思う。

-前節と違いバレー選手が周りと噛み合っていたと思うが?
後半はボールが良く周り、スペースが生まれ、そこをバレーや他の選手がうまく使えていた。吉田とキジェがワイドにポジションを取ったことにより相手の守備を拡げさせ、ラインの間を通すことができていたと思う。翔や竹内や河井がバレーの近くでプレーしたことで、良いコンビネーションプレーを出せていたと思う。

-右サイドで竹内選手と吉田選手が良いコンビネーションを見せていた中、後半、竹内選手を中に入れ、六平選手をサイドに持ってきた理由は?
コンビネーションができる選手をもう一人ピッチの上に置きたかった。河井、竹内、六平が同時にピッチにいることにより中盤でもっとフットボールができると思った。竹内はトップ下に入ってから、バレーに良いボールを供給していた。

-これまでは5バック気味に守られると、なかなか攻撃の手立てがなかったと思うが、今日のように良い攻撃ができたということは、チームが成長しているということか?
確実に成長していると思う。この3試合、成長している兆候が出せている。名古屋戦は89分、鹿島戦では80分にゴールを決められ敗れてしまったが、敗戦という結果によってポジティブな点を忘れられがちになる。この3試合ともコンビネーションフットボールができる自信や、我々のやりたいサッカーの兆候が出ている。それが13節までは一定して出せていなかった。

PLAYERS' COMMENTS

平岡 康裕

(試合の)最初の入り方が悪かった。前半は辛抱しながら、後半セットプレーで点を取っていい流れに変わった。プロになって(1試合)2ゴールはなかった。2本とも当てるだけだったので、河井に感謝したい。セットプレーで点が取れるとチームとして楽になる。
最後、無失点で終われれば良かったが、集中力が切れてしまってもったいなかった。
リーグ再開後、連敗してしまって、ホームで連敗を止めたかったし、ここから連勝していくチャンスだった。ここから波に乗りたい。

石毛 秀樹

リーグ戦ではホーム初ゴール。出た試合では常に点を狙っていた。今日は交代したばかりでフレッシュだったし、バレーさんから中にボールが来ると信じて走った。小さい頃から身近にあった富士山が世界遺産に登録されたことは嬉しいし、富士山世界遺産登録記念マッチで点が取れて良かった。ただ、今日は平さん(平岡)の日。今日の勝利はチームに勢いがつく。次戦までは短いが、しっかり準備をして勝利したい。

河井 陽介

ホームなので積極的に行こうと思っていた。前半からシュートまでは行けたが入らなかった。0-0で嫌な雰囲気の中、1点取って変わった。(1点目は)ニアにめがけて蹴ればチャンスになると思っていた。どこに蹴れば誰がいるかわかってきた。ただ、得点は平岡君がボールに合わせてくれたと思う。
あまり、開かなくなってきてボールを受けられるようになってきたし、バレーさんの動きを見ながらゴール前に入っていけるようになってきた。

竹内 涼

(吉田)豊君とのコンビネーションはうまくやれている。お互いの特長を理解しながらやれているし、自分自身のポジショニングもわかってきた。
ただ、パスを通せばチャンスになるところがあったので精度を上げていきたい。流れの中から点は欲しいが我慢しながらやっていきたい。中断明けからコンビネーションから突破していく場面も増えてきているので、続けていきたい。

吉田 豊

アシストでも得点でも結果を出したかった。(突破して)しっかり中を見てパスを出したが、なかなか難しい。今日は竹内がうまく中に入ってトライアングルを作ってくれたし、攻撃ができておもしろかった。まだ、先が長いので満足することなく続けられるよう頑張りたい。最後の失点はいらなかった。90分間通して、DFは守りきりたい。

林 彰洋

勝ったことが一番大きい。後半崩れることが多かったので、疲労は溜まってきても集中力を切らさずにボールを回せたことは良かった。夏場でもあるし、繋げるところは繋ぐことを意識していた。ボランチの二人が相手のボランチに対して厳しく行ってくれたことが大きかった。そこでボールを奪うこともでき、相手を捕まえることもできていた。
ただ、最後の失点はいらなかった。ああいった失点があっては強いチームに勝つことはできない。