清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

Jリーグ ディビジョン1 第25節  2013.09.14 Sat 15:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

2

  • ラドンチッチ(59分)
  • 大前 元紀(90+3分)

試合終了

  • 0前半0
  • 2後半1
DAZN

1

  • 増川 隆洋(52分)
ロゴ:名古屋グランパス

名古屋グランパス

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 櫛引 政敏
3 DF 平岡 康裕
4 DF カルフィン ヨン ア ピン
6 DF 杉山 浩太
5 DF 村松 大輔
8 MF 石毛 秀樹
10 MF 河井 陽介
38 MF 本田 拓也
13 MF 高木 俊幸
39 FW ラドンチッチ
50 FW 大前 元紀

Substitutes

31 GK 高原 寿康
2 DF イ キジェ
28 DF 吉田 豊
16 MF 六平 光成
20 MF 竹内 涼
14 FW 伊藤 翔
35 FW 村田 和哉

名古屋グランパス

Line-ups

1 GK 楢崎 正剛
32 DF 田中 隼磨
3 DF 牟田 雄祐
5 DF 増川 隆洋
6 DF 阿部 翔平
8 MF 藤本 淳吾
7 MF 中村 直志
20 MF ダニルソン
10 MF 小川 佳純
11 FW 玉田 圭司
16 FW ケネディ

Substitutes

50 GK 高木 義成
24 DF ハーフナー ニッキ
9 MF ヤキモフスキー
13 MF 磯村 亮太
28 MF 田口 泰士
18 FW 永井 謙佑
19 FW 矢野 貴章

STATS

    45 90   90 45    
    3 9 12 シュート 6 3 3    
    4 2 6 GK 10 7 3    
    1 3 4 CK 3 2 1    
    11 9 20 直接FK 13 7 6    
    2 0 2 間接FK 2 1 1    
    2 0 2 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
村田 和哉 ← 高木 俊幸(68分)
イ キジェ ← 本田 拓也(74分)
竹内 涼 ← 平岡 康裕(79分)
交代 (67分)中村 直志 → 永井 謙佑
(82分)牟田 雄祐 → ハーフナー ニッキ
(90+1分)小川 佳純 → 矢野 貴章
画像:イエローカードラドンチッチ(23分)
画像:イエローカード高木 俊幸(24分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
13,189人 曇り/弱風 29.2℃ 68% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
十河 正博 家本 政明 大塚 晴弘 田中 利幸 野田 祐樹 奥 岳史

GAME FLASH

試合前

本日はメルセデスベンツマッチデーです。スタジアムの中も外もベンツを多数展示中です。

試合前

本日は風が心地いいものの、気温湿度ともに高くなっております。ご来場の皆さまは熱中症の危険を避けるため、水分と塩分の補給をこまめにお願いします。ご気分がすぐれない方は早めにお近くのスタッフまでお知らせください。

試合前

名古屋グランパスの現在の成績は10勝6分8敗勝点36の8位。エスパルスは9勝5分10敗の勝点32で13位となっております。

試合前

村松大輔選手が鹿島戦にてJリーグ通算試合出場100試合を達成しました。試合に先立ち花束贈呈が行われました。引き続き村松大輔選手への熱いご声援をお願いします。

前半 1分

グランパスボールでキックオフしました。

前半 1分

本日のメンバーはGK櫛引政敏、DF右から石毛秀樹、平岡康裕、カルフィン ヨン ア ピン、河井陽介。ボランチに本田拓也、村松大輔、杉山浩太。前3枚が右から大前元紀、ラドンチッチ、高木俊幸です。

前半 1分

エスパルス、左サイドを持ちあがり、ラドンチッチが突破をはかったが、ファウルをとられてしまう。

前半 1分

グランパス、右スローインから左にサイドチェンジ。阿部翔平からのクロスにゴール前へ小川佳純が入りヘッドで合わせるも大きくクロスバーの上。

前半 3分

エスパルス、右サイド本田拓也からパスを受けた大前元紀が中央でつないで左を走る河井陽介へ。ドリブルで持ち上がりペナルティエリア左外からクロスもクリアされる。右スローイン。石毛秀樹からのボールはラドンチッチが受けたが、足を出されてボールを失う。石毛秀樹がひろいに行ったが、ボールはゴールラインを割る。

前半 5分

エスパルス、バイタルで大前元紀が右クロス。高木俊幸を狙ったがファーに抜けてしまう。

前半 5分

グランパス、中央左でファウルがありFK。短いパスでつないで中央でケネディが落として中央ダニルソンがポゼッション。左阿部翔平からのクロスが入るがクリアされてしまう。

前半 6分

グランパス、中央から左で阿部翔平が受けてダニルソンから右サイドにロングボール田中隼磨が飛びだしたが間に合わずGK櫛引政敏ボールへ。

前半 7分

エスパルス、中央でファウルがありFK。キッカーはカルフィン ヨン ア ピン。ラドンチッチがくさびを受けて高木俊幸へ落とし、ちょんと出してもらってペナルティエリア内にラドンチッチ。だがこれはDFが足を出しタイミングが合わない。

前半 8分

エスパルス、中央でFK。キッカーは大前元紀。ゴールまで25メートル。壁は1枚。右で高木俊幸が受けてクロス。平岡康裕がニア。ファーには村松大輔とラドンチッチがいたが、ゴールキーパー前をスルーしてファーに抜けゴールラインを割る。

前半 9分

グランパス、中央右よりでFK。小川佳純から増川隆洋が受けて左に展開。阿部翔平がゴール前に折り返したが中と合わない。

前半 10分

エスパルス、左高木俊幸のカウンターからのクロスは大前元紀が受けてバックパス。村松大輔が上がってきて受けて縦パスもこれはカットされてしまう。相手陣内で奪い返して右の本田拓也からのアーリークロス。ラドンチッチが反応もわずかに合わない。しかしラドンチッチが反応して狙いは伝わっていたことで、本田拓也はサムアップ。

前半 11分

グランパス、中央から右に展開し、ダニルソンが受けて持ちあがりミドルシュートも枠外。

前半 12分

エスパルス、GK櫛引政敏からのリスタート。ここで大前元紀の応援歌。ラドンチッチが受けようとしたがファウルがあり中盤左でFK。キッカーは大前元紀。立ち上がりが大事だとマッチデープログラムのインタビューでも語っていた。ゴール前へ伸びたボールはGKボール。

前半 13分

エスパルス、右スローインから最終ラインでつないで左の河井陽介、杉山浩太とつないでもう一度バックラインへ。右へチェンジし本田拓也、石毛秀樹、大前元紀とつないで再びバックパス。左の河井陽介が受けてカルフィン ヨン ア ピンに戻すと平岡康裕が本田拓也へ。ここで相手が我慢できずにファウル。FKを得る。キッカーは本田拓也。早いリスタートでバックラインへ戻してカルフィン ヨン ア ピンからクロス。増川隆洋がクリアも本田拓也がカット。こぼれ球は相手が拾ったが、プレスをかける。

前半 15分

グランパス、ダニルソンからのボールを左で阿部翔平が受けたが競った石毛秀樹が顔を覆って倒れ込む。プレーが止まらないなか石毛秀樹は顔を手で覆ったまま動けない。自力で立ち上がり、いったんピッチサイドへ。謝りにいかない阿部翔平にスタンドから大ブーイング。促されて謝罪。石毛秀樹はピッチを出ず水を顔にかけてプレー続行。

前半 17分

エスパルス、スローインをめぐって相手が審判ともめごと。ヒートアップするグランパススタンド。エスパルスのスローインになるが、杉山浩太からのボールをラドンチッチが蹴ってボールを出し、相手のスローインにし、相手スタンドも沈静化。

前半 19分

グランパス、左からのアーリークロスに藤本淳吾が飛び込んできたが、GK櫛引政敏がキャッチ。

前半 21分

エスパルス、右の大前元紀からラドンチッチが中で受けて落とし中央へ絞ってきた石毛秀樹から右の大前元紀へ。もう一度石毛秀樹がバイタルで受けて縦パス。相手がクリアしたボールを大前元紀がトラップしペナルティエリア手前中央からシュートもGK正面。

前半 21分

エスパルス、村松大輔、高木俊幸とつないで杉山浩太がロングシュートもDFに当たり左スローイン。ラドンチッチが受けて杉山浩太から左の高木俊幸、杉山浩太とつないで左クロスもDFがクリアし左スローイン。河井陽介から杉山浩太が受けて河井陽介へ戻すとペナルティエリア左で河井陽介がドリブルからクロス。DFに当たってCK付近でスローイン。ラドンチッチが受けてターンしたがDFにひっかかってしまう。すぐに奪い返しに行ったが、牟田雄祐へのファウルをとられラドンチッチにはイエローカード。

前半 23分

エスパルス、中央から大前元紀が受けて本田拓也に預けて右サイド。ペナルティエリア右外からクロスをあげたがクリアされて右CKへ。攻め続けて20分が経過。そろそろゴールが欲しい。大前元紀が蹴ったボールを本田拓也が受けようとしたがファウルをとられてイエローカード。一瞬何が起こったのかわからずぽかんとするスタンド。

前半 26分

グランパス、最終ラインでのボール回し。右サイドからの縦パスはクリア。セカンドを拾いに行ったラドンチッチがファウルを受けて中央左でFKへ。

前半 27分

エスパルス、センターサークルの左でFK。本田拓也が受けて右の石毛秀樹へ。ドリブルでつっかけて右のスペースへボールを出したが、相手がクリア。

前半 28分

グランパス、左サイドからのカウンター。中央で小川佳純がファウルをしたように見えたが相手へのファウルとみなされアドバンテージをとられプレー続行。 ペナルティエリア内へ玉田圭司が飛びこみ倒れるがここはノーホイッスル。

前半 30分

グランパス、バックパスからGKがロングボール。しかし前線は石毛秀樹がボールをカット。

前半 31分

グランパス、本田拓也のファウルをとられてFK。キッカーはケネディ。前を向けずにバックパス。つないで右サイド前方へ田中隼磨を走らせクロスをあげたが、ゴールラインを割る。これがCKのジャッジ。右CKは藤本淳吾。ペナルティエリア内でファウルがあったとのことで、GKボールへ。

前半 34分

エスパルス、ケネディからカルフィン ヨン ア ピンがボールを奪って杉山浩太から右の石毛秀樹、大前元紀とつないで大前元紀が中央へドリブル。バックラインを経由し左サイドを河井陽介が突破。高木俊幸に預けて左クロスもペナルティエリア内でクリアされてしまう。

前半 35分

エスパルス、右スローイン。石毛秀樹から高木俊幸が受けたがタッチラインを割る。

前半 36分

グランパス、中央中村直志からケネディがくさびを受けて自らターンしシュート。クロスバーをたたいてはじかれる。助かった。

前半 38分

エスパルス、大前元紀のシュートはDFにはじかれ、こぼれを杉山浩太がシュートもこれもDFに当たってしまう。

前半 39分

エスパルス、本田拓也へケネディがファウル。痛んでいたが、自力で立ち上がる。

前半 40分

エスパルス、左カルフィン ヨン ア ピンがドリブルで長い距離を持ち上がり左スローインを得る。本田拓也が受けて浮き玉を前へ走るラドンチッチへ。しかしこれはGKボール。

前半 41分

グランパス、右クロスにケネディ、藤本淳吾とつないで後ろからダニルソン。これは石毛秀樹が身体を張ってシュートブロック。

前半 42分

グランパス、真綿で首を絞めるようにじんわりじんわりと攻めて来る。左スローイン。小川佳純が受けて落としたボールを上がっていた増川隆洋がシュート。これはゴール枠外に大きくそれる。

前半 43分

グランパス、左ダニルソン、藤本淳吾、阿部翔平とつないだボールを玉田圭司に出したが2人がかりでブロック。ボールはGK櫛引政敏へ。

前半 44分

エスパルス、杉山浩太がドリブルで運んで左の高木俊幸へ。ペナルティエリア左からペナルティエリア手前中央左へマイナスにドリブルからのシュートもGKがキャッチ。

前半 45分

エスパルス、左河井陽介から高木俊幸、カルフィン ヨン ア ピンとつないで中央大前元紀が受けたが左のカルフィン ヨン ア ピンへ。河井陽介、杉山浩太とつないでカルフィン ヨン ア ピンから中央本田拓也へ。ここでケネディがファウル。中央でFKへ。速いリスタートで石毛秀樹が受けて中央本田拓也、平岡康裕とつないで左の川井がクロスもGK正面。

前半 46分

アディショナルタイムは2分です。

前半 47分

ご覧のようにスコアレスのまま前半を終了しました。後半もご声援よろしくお願いします。

後半 1分

エスパルスボールでキックオフしました。

後半 1分

グランパス、右藤本淳吾からのクロスにケネディがゴールファーでヘッド。わずかにクロスバーの上に外れるも、つかみきれておらず、ヒヤリとした立ち上がり。

後半 3分

グランパス、左サイドでFK。キッカーは小川佳純。ファーに抜ける。

後半 4分

グランパス、左スローインからダニルソンが中央へパスも杉山浩太がカット。

後半 4分

エスパルス、カウンターからラドンチッチが左CKを得る。キッカーは大前元紀。GKがパンチングし右スローインへ。石毛秀樹がボールを入れる。大前元紀が平岡康裕に声をかけてゴール前へ。ペナルティエリア右外でラドンチッチが受けて石毛秀樹が受けたがディフェンスに囲まれる。

後半 6分

グランパス、左サイドを縦に展開。石毛秀樹がカバーに入ったが左CK。キッカーは小川佳純。中央でクリアしたものの、押し戻され最後はゴール前に残っていた増川隆洋が押し込みグランパスが先取点。0-1。

後半 8分

エスパルス、カルフィン ヨン ア ピンが左を攻撃参加。ペナルティエリア左外からクロスを入れるがクリアされてしまう。

後半 9分

エスパルス、杉山浩太の粘りから大前元紀を経由しペナルティエリア右外でラドンチッチがファウルを受ける。FKのキッカーは大前元紀。ニアで平岡康裕がヘッド。しかしわずかに枠外。仰向けになって悔しそうに両拳をピッチにたたきつける。

後半 10分

グランパス、左スローインからバックパスで最終ラインへ。中央をへパスを出すも前を向かずバックパス。GKから藤本淳吾への縦パスは村松大輔がクリアし右スローイン。リスタートはダニルソンが受けて左サイドへチェンジ。玉田圭司へパスが出たが、大前元紀がファウルをとられFKへ。納得がいかない大前元紀。左サイド中よりでFK。ゴールまで20メートル強。小川佳純から玉田圭司が受けてグラウンダーのボールをペナルティエリア内に送ろうとしたが、これは読んでおりクリア。

後半 13分

エスパルス、河井陽介がファウルを受けてFK。短いパスでつないでカルフィン ヨン ア ピンへ戻すと本田拓也が顔を出し右サイドでパスでつなぐ。もう一度カルフィン ヨン ア ピンに戻して高木俊幸とのワンツーから河井陽介。ペナルティエリア左から絶妙なグラウンダーのクロスをゴール前に詰めていたラドンチッチが上手くゴールに流し込んだ。GOALGOALGOAL!!!!1-1。試合は振り出しに。

後半 15分

グランパス、GK櫛引政敏が痛んでいるのにゲームが止まらない。相手の波状攻撃に無理やり立ってプレー続行。DFも協力してなんとかクリアしたが、その瞬間にGK櫛引政敏が倒れ込む。

後半 17分

エスパルス、相手がボールをゴールラインを割るよう蹴ってゲームリスタート。GK櫛引政敏ボールへ。右サイドでファウルがありFK。キッカーは大前元紀。ゴールまで30メートル。ペナルティエリア内でラドンチッチ競ったが枠外。大前元紀が平岡康裕に声をかける。

後半 19分

グランパス、左CK。キッカーは小川佳純。ファーに抜けたボールはエスパルスのスローインへ。

後半 20分

グランパス、左サイドからのクロスにファーでケネディがフリー。しかし合わせきれず。

後半 22分

エスパルス、高木俊幸がペナルティエリア手前でファウルを受けてFK。ここでグランパスにメンバー交代。中村直志に代え永井謙佑。ゴールコールが響く中、キッカーはラドンチッチ。しかしこれはふかしてしまう。

後半 23分

エスパルスにメンバー交代。高木俊幸に代え村田和哉。点を獲りに行けのメッセージつき交代。攻撃スイッチが入った。

後半 24分

グランパス、左サイドでFK。キッカーは小川佳純。ゴールまで20メートル。壁は2枚。ニアに出たボールはクリア。なおもグランパスボール。ペナルティエリア左からダニルソンが蹴ったボールをケネディが合わすもクロスバーのわずかに上。

後半 25分

グランパス、左サイド突破はカルフィン ヨン ア ピンがクリア。なおもグランパスボール。ケネディが突っ込んできたがここも全員で集中しておさえる。

後半 26分

グランパス、GK櫛引政敏の蹴ったボールを追って石毛秀樹と競り合い。しかし体勢を保てず倒れ込む。鳴らないホイッスルにイライラしてきた。

後半 28分

エスパルスにメンバー交代。本田拓也に代えイ キジェ。李記帝が左サイドバック。河井陽介がボランチに。

後半 30分

エスパルス、杉山浩太がペナルティエリア内右からのクロスを大前元紀に入れたが、大前元紀はシュートだと思い詰め切れずゴールラインを割る。

後半 30分

グランパス、イ キジェのミスからペナルティエリア内へ持ち込む。ペナルティエリア内で必死にクリア。平岡康裕が右肩を負傷した模様。担架が呼ばれる。

後半 32分

エスパルス、平岡康裕は足をバタバタしている。杉山浩太のジェスチャーから推察すると脱臼か?

後半 32分

エスパルス、ゴトビ監督がラドンチッチに両手を広げて声をかける。この間に竹内涼が呼ばれた。平岡康裕はそのまま担架で退場。

後半 33分

エスパルスにメンバー交代。平岡康裕に代え竹内涼。

後半 34分

エスパルス、中央竹内涼から右に展開。村田和哉が折り返したがブロックされてしまう。右CKへ。相手チームの選手の足がつっておりゲーム中断。担架が中に入るがなかなか運び出されない。騒然とするエスパルススタンド。キッカーは大前元紀。負傷の牟田雄祐に代えハーフナー ニッキ。CKはラドンチッチが合わせたがゴール左外。

後半 38分

グランパス、右サイドでイ キジェが突っ込んだがかわされ右からクロス。ファーで小川佳純がシュートも杉山浩太が素晴らしいカバー。

後半 40分

エスパルス、右村田和哉がペナルティエリア内右ドリブルからCKを得る。キッカーは大前元紀。クリアボールを拾いにいったところでファウルがありFK。中盤ペナルティエリア手前右より。ゴールまで20メートル以内。ラドンチッチとイ キジェと大前元紀が相談中。キッカーはラドンチッチ。キックミスでゴールラインを割る。

後半 42分

グランパス、右サイドでFK。キッカーは藤本淳吾。壁は河井陽介1人。ゴールまで30メートル。ファーでGK櫛引政敏がジャンプしてキャッチも着地で相手と接触。痛んでいる。すぐに立ち上がったが腰が痛い模様。

後半 45分

グランパス、右サイドから中央ダニルソンが受けてキープし藤本淳吾から再びダニルソン。村松大輔がここを狙ってカット。

後半 45分

エスパルス、カウンターから村田和哉が自ら持ち込みシュートもGKがキャッチ。

後半 46分

グランパスにメンバー交代。小川佳純に代え矢野貴章。

後半 48分

エスパルス、GK櫛引政敏からのボールを受けたラドンチッチが「落として大前元紀から村田和哉。折り返したボールをゴール前に詰めた大前元紀がヘッドで押し込みGOALGOALGOAL!!!!!!2-1エスパルス試合終了間際に決勝弾!!!

後半 49分

エスパルス、右サイドでFK。GK櫛引政敏からのボールはクリアされたがラドンチッチがヘッドで折り返す。大前元紀が受けて村田和哉へ。大前元紀へ戻したが縦パスはゴールラインを割る。

後半 51分

エスパルス、大前元紀から村松大輔が受けて左の河井陽介、イ キジェ、カルフィン ヨン ア ピンと戻してGK櫛引政敏から縦パス。これは相手がカット。

後半 51分

長いアディショナルタイムを経てようやくホイッスル。抱き合いねぎらうオレンジ戦士。村田和哉はガッツポーズ。

後半 52分

ご覧のように2-1でエスパルスが劇的勝利をあげました。ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
アフシン ゴトビ監督

●前半のエネルギー、献身さは素晴らしかった。

●攻撃の時、もっと落ち着いて、特にアタッキングサードでは集中力高く!

●ハイテンポでボールを回して行こう!

名古屋グランパス
ストイコビッチ監督

●ボールをしっかりコントロールしてトラップ、パスの質を上げていこう。

●サイドチェンジを効果的に使うようにしよう。

●強い精神力で勝ち切ろう。

COACH COMMENT

アフシン ゴトビ監督

○選手たちのことを本当に誇りに思う。彼らがまた同点に追い付き、この大事な一戦に勝利できたことは非常に大きい。リーグ戦3連勝ということだけでなく、名古屋という良いチームに逆転勝ちできたことはファン・サポーターにとっても、クラブにとっても大きい。

○前半、オーガナイズができており、我々はゲームをコントロールしていた。ただ、アタッキングサードでのキレが足りなかった。後半はオープンな展開となり、ゴール前での攻防が増えたが、我々は2得点し勝利することができた。戦術的には完璧なゲームじゃないかも知れないが、完璧な結果だと思う。


※以下、質疑応答

-決勝ゴールを決めた大前について
彼は常にエネルギーをもたらしてくれる。ハードワークできる。相手にとって常に危険な存在となることができる。彼はいつもチャンスを作り、得点するという感覚を我々に与えてくれる。そして今日、ラストギリギリのところで素晴らしいゴールを決めてくれた。これで公式戦3試合連続ゴールとなったが、試合毎に自信を深めていき、これからもっともっと良くなって欲しい。

-高さのある名古屋に対し、敢えて清水のサイド攻撃で挑み、最後は背の小さな大前がゴールを決めた。エスパルスの戦い方に手応えを感じたと思うが。
前半も良い形で良いポジションまで行けていたが、最後のアクション、ラストパスのところが少し欠けていた。選手たちがこの試合の重要性を感じ、少し固くなっていたからかも知れない。後半に入り、特に同点ゴールの場面、河井が左から非常に良いボールを入れてくれた。2点目は村田の突破から生まれた。彼は今、スーパーサブとなってくれている。素晴らしいクロスが入り、元紀も素晴らしいタイミングで入り、素晴らしいゴールに繋がったと思う。

PLAYERS' COMMENTS

大前 元紀

先制されたが、落ち着いて同点にでき結果的に勝利することができたことに満足している。このスタジアムで早く点が取りたかった。(村田)和哉君がいい仕掛けをしてパスをくれ逆転できて良かった。今日の勝利はチームとしても価値があるし、僕個人としても価値がある。試合に勝ち、ゴールもできている。残り全試合全部勝つつもりでやる。いい雰囲気の中でやれる喜びを噛みしめてやっていきたい。

村田 和哉

もっともっとスピードを見せて、スタジアムの雰囲気を盛り上げたい。今日は楽しんでもらえたと思うし、点が入り勝つサッカーであれば、お客さんも(スタジアムに)来てくれるし喜んでくれると思う。みんなが自分の色を出して、融合していけばもっと点が取れる。
(決勝点のシーンは)一本目のチャンスで自分でシュートを打ったことが良かった。ゴールのシーンではドリブルで仕掛けたが、パスをすることは決めていたし、最初から(大前)元紀に出そうと思っていた。

ラドンチッチ

(最後CBになったが?)オールラウンダーになろうと挑戦している(笑)。(得点シーンは)ボールがバウンドすることはわかっていたので、当てることだけに集中した。もっと上を目指したい。チームはいい雰囲気でやっているし、いいメンタリティでやれている。負けている時の反応も良い。0-1であってもしっかりと誇りを持ってプレーできている。

櫛引 政敏

(先制されたが)全体で守備の意識を強く持ち、諦めずに点を取りにいった。(失点は)CKがニアで触れると思ったが、2ndボールがこぼれ決められてしまった。ただ、全体を通してうまく守れたし、ファーサイドの遠めのボールも何本かキャッチすることができた。
残り9試合と少ないが、全て勝つつもりでやりたい。そして上位に食い込んでいきたい。

石毛 秀樹

今日は相手が思ったよりも上がってきたので、簡単にクロスを上げさせないように気を付けた。自分の前にスペースがあって、自分の間合いに入った時は仕掛けられる。相手の重心をずらすことを意識している。縦に行けばクロスを上げられるが、中に入っていくと距離もあるので、シュートとパスが難しい。斜めの位置でサポートに入ってもらいワンツーで崩すなど、練習でやっていけばもっと良くなると思う。