清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

Jリーグ ディビジョン1 第10節  2014.04.29 Tue 15:03 県立カシマサッカースタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • ノヴァコヴィッチ(57分)

試合終了

  • 0前半1
  • 1後半1
DAZN

2

  • オウンゴール(5分)
  • ルイス アルベルト(79分)
ロゴ:鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ

HOME

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 櫛引 政敏
28 DF 吉田 豊
19 DF ヤコヴィッチ
3 DF 平岡 康裕
4 DF カルフィン ヨン ア ピン
5 MF 村松 大輔
20 MF 竹内 涼
16 MF 六平 光成
17 FW 河井 陽介
10 FW 大前 元紀
18 FW ノヴァコヴィッチ

Substitutes

21 GK 相澤 貴志
27 DF 廣井 友信
6 MF 杉山 浩太
7 MF 本田 拓也
11 FW 高木 俊幸
22 FW 村田 和哉
32 FW 鍋田 亜人夢

鹿島アントラーズ

Line-ups

21 GK 曽ヶ端 準
22 DF 西 大伍
23 DF 植田 直通
15 DF 昌子 源
16 DF 山本 脩斗
20 MF 柴崎 岳
40 MF 小笠原 満男
25 MF 遠藤 康
33 MF カイオ
28 MF 土居 聖真
11 FW ダヴィ

Substitutes

29 GK 川俣 慎一郎
5 DF 青木 剛
8 MF ルイス アルベルト
27 MF 梅鉢 貴秀
35 MF 野沢 拓也
18 FW 赤崎 秀平
19 FW 豊川 雄太

STATS

    45 90   90 45    
    5 7 12 シュート 19 16 3    
    6 7 13 GK 11 5 6    
    0 2 2 CK 7 4 3    
    11 2 13 直接FK 13 6 7    
    2 2 4 間接FK 8 4 4    
    2 1 3 オフサイド 8 4 4    
    0 0 0 PK 0 0 0    
高木 俊幸 ← 村松 大輔(51分)
村田 和哉 ← 河井 陽介(77分)
本田 拓也 ← 竹内 涼(85分)
交代 (68分)カイオ → 野沢 拓也
(78分)遠藤 康 → ルイス アルベルト
(85分)ダヴィ → 青木 剛
画像:イエローカードヤコヴィッチ(7分)
警告・退場 (23分)山本 脩斗画像:イエローカード
(69分)植田 直通画像:イエローカード
(90+1分)小笠原 満男画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
15,077人 曇/弱風 16.5℃ 81% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
星野 務 家本 政明 相樂 亨 三原 純 関谷 宣貴 齋藤 和代

GAME FLASH

試合前

鹿島サッカースタジアムは厚い雲に覆われ、肌寒くなっています。観戦されるみなさん、風邪などひかないよう温かくしてご観戦ください。

試合前

現在エスパルスは9試合を消化し、5勝1分3敗勝点16の6位。対する鹿島は6勝0分3敗勝ち点18の首位。勝点差2のため、勝てば順位が入れ替わります。

試合前

本日のスターティングメンバーはGK櫛引政敏、DFが右からヤコヴィッチ、平岡康裕、カルフィン ヨン アピン、吉田豊。ボランチが竹内涼と六平光成。1列前が大前元紀、村松大輔、河井陽介。1トップがノヴァコヴィッチです。

試合前

アントラーズの赤崎秀平選手の「崎」は「立つざき」ですが、フィーチャーフォンでは表示することができません。そのため「崎」で表記します。あらかじめご了承ください。

前半 1分

アントラーズボールでキックオフしました。

前半 1分

アントラーズ、右スローインから中盤右の小笠原満男へパスが出たがカルフィン ヨン アピンがファウルをとられFK。ゴールまで35メートル。キッカーは小笠原満男。壁は1枚。ダヴィへ出したが、ノヴァコヴィッチが密着マーク。ダヴィのファウルとなりエスパルスボールへ。

前半 3分

アントラーズ、左サイド突破からのクロスはクリアし左CKとなる。キッカーは小笠原満男。ゴール前にハイボールを蹴り込んだがGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 3分

アントラーズ、中央ダヴィからカイオが左で受けて大きくサイドチェンジ。ペナルティエリア右外へパスが出たがファーの柴崎岳には渡らない。

前半 3分

アントラーズ、左サイド突破からのクロスはクリアし左CKとなる。キッカーは小笠原満男。ゴール前にハイボールを蹴り込んだがGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 4分

エスパルス、六平光成がくさびになり平岡康裕に落とすと一気に前線。ノヴァコヴィッチが動き出していたが、相手DFにカットされてしまう。

前半 5分

アントラーズ、カイオが中盤ペナルティエリア手前からミドルシュート。ワンタッチあり右CK。植田直通がニアでヘッド。これが平岡康裕に当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴール。アントラーズが先制。0-1。

前半 6分

アントラーズ、左ダヴィを必死にブロックしようとするヤコヴィッチだが振り切られる。ゴールラインを割り、GK櫛引政敏ボールになったが、ここを止めないと危険すぎる。

前半 7分

アントラーズ、左サイドで山本脩斗のドリブル突破。ヤコヴィッチがひっかけてしまい、ファウルをとられイエローカード。

前半 8分

エスパルス、右スローインからノヴァコヴィッチが右サイドで受けて中央六平光成へパス。左の吉田豊へとつなぎ、中央へスルーパスもカットされてしまう。

前半 9分

アントラーズ、西大伍の右サイド突破からのクロスにペナルティエリア内ファーのカイオがヘディングシュート。わずかにクロスバーの上。ペナルティエリア内でカイオがフリーになっている。

前半 10分

エスパルス、中盤左よりでFK。ゴールまで33メートル。キッカーは大前元紀。ゴール右ポストサイドのノヴァコヴィッチをターゲットにしたがオフサイドの判定。

前半 11分

アントラーズ、右サイドから中央へつないで右サイド前方。ワイドな展開でゆさぶり左で土居聖真とカイオがボールキープ。いったん最終ラインまで下げてもう一度右の西大伍を走らせるがこのパスは通らない。

前半 12分

エスパルス、カウンターから一気に前線。ノヴァコヴィッチと大前元紀が飛び込んでいたが、チェックが厳しく体勢を保てず、シュートを打たせてもらえない。

前半 13分

エスパルス、右サイド河井陽介がドリブルで切れ込みDFを引き寄せてから上がってきた村松大輔へパス。しかしペナルティエリア内は固くシュートで追われず。

前半 15分

アントラーズ、左CK。キッカーは小笠原満男。ペナルティエリア内はヤコヴィッチがクリア。もう一度押し戻してきたがそのボールはオフサイド。

前半 15分

エスパルス、GK櫛引政敏からのリスタート。ロングボールを受けようとした大前元紀に西大伍がファウル。FK。キッカーは大前元紀。ゴールまで35メートル。ゴール前ファーでワンバウンドしたボールはそのままゴールラインを割る。

前半 16分

エスパルス、左吉田豊からカルフィン ヨン アピンが受けて平岡康裕からヤコヴィッチ、いったん中央に降って村松大輔から右の河井陽介へ。しかしこのパスはカットされ右スローイン。リスタートは大きくサイドチェンジしたが読まれておりカットされる。

前半 17分

エスパルス、カウンターから河井陽介。ドリブルで持ち運びファーへ走るノヴァコヴィッチへクロスをあげようとしたがふかしてしまいゴールラインを割る。思わずペナルティエリア内に倒れ込む河井陽介。

前半 18分

エスパルス、ノヴァコヴィッチがゴールを背にしてボールを受けて村松大輔、六平光成とつないで右の河井陽介へ。だがこのパスはカットされてしまう。すぐに奪い返して右サイドで六平光成が倒されるが河井陽介がボールを持っていたためアドバンテージをとる。ドリブルで持ち上がってペナルティエリア内大前元紀にパスも相手DFがカット。

前半 21分

アントラーズ、縦への突破から右クロス。ゴール前へダヴィが飛び込んできたがわずかに合わない。

前半 22分

エスパルス、右サイド河井陽介からペナルティエリア手前の大前元紀へショートパスが通るも、相手DFがすかさず寄せてくる。ルーズボールになったボールは相手DFがクリア。

前半 23分

エスパルス、右サイドで河井陽介が倒されFK。キッカーは大前元紀。壁は2枚。斜め45度。二アの平岡康裕をターゲットにしたが手前でクリアされる。ファーへ抜けてタッチラインを割ったボールはエスパルスのスローイン。カルフィン ヨン アピンがロングスロー。二アでノヴァコヴィッチが競ったが背後に落ち。すかさず反応したが蹴ったボールはDFに当たってしまう。

前半 25分

エスパルス、六平光成から右の河井陽介が受けようとしたが山本脩斗にファウルを受ける。続けてのファウルだったため、選手もスタッフも乱れての乱闘寸前。河井陽介は自力で立ち上がる。右サイド先ほどと同じ位置でFK。斜め45度。ゴールまで30メートル弱。壁は2枚。キッカーは大前元紀。カルフィン ヨン アピンがファーで競ったがボールはゴール左外。

前半 28分

アントラーズ、中央柴崎岳がペナルティエリア右へ土居聖真を走らせるパス。だがボールが速すぎてゴールラインを割る。

前半 30分

エスパルス、左カルフィン ヨン アピンからの縦パスに吉田豊がペナルティエリア内左まで走って受けようとしたがオフサイド。

前半 31分

エスパルス、中央ノヴァコヴィッチから右のヤコヴィッチがパスを受けようとしたが、ノヴァコヴィッチが徹底マークにあっており、体勢を保てずパスは相手DFがカット。

前半 32分

アントラーズ、中央から右サイドに展開。西大伍が受けていったん最終ラインへ戻す。サイドチェンジし左サイド。カイオへ縦パスが出たがヤコヴィッチがカット。

前半 32分

アントラーズ、カウンターからDF裏を狙いダヴィが飛び出すが、カルフィン ヨン アピンがカバーに入りスライディングでクリア。

前半 33分

エスパルス、右スローイン。カルフィン ヨン アピンがロングスローも相手DFがクリア。

前半 34分

エスパルス、中央でFK。キッカーは平岡康裕。カルフィン ヨン アピンへ出して吉田豊へ縦パス。左クロスは二アでクリアされる。

前半 35分

エスパルス、左六平光成から大前元紀が受けて中央竹内涼からヤコヴィッチ、そして河井陽介へ。ペナルティエリア右外でカイオが河井陽介へファウル。FKへ。キッカーは大前元紀。ゴールまで25メートル。壁は2枚。平岡康裕が二アでヘディングしてファーへ流したが、ノヴァコヴィッチやカルフィン ヨン アピンは触りきれない。

前半 37分

エスパルス、中央大前元紀から右の河井陽介が受けて右クロス。吉田豊が詰めたが触れず、ファーに抜けてタッチラインを割る。

前半 39分

エスパルス、左吉田豊からのロングボールをノヴァコヴィッチが受けようと競ったがDF2人がついており、思うように落とせない。

前半 41分

エスパルス、右サイド竹内涼から河井陽介へのパスはクリアされたが右スローイン。カルフィン ヨン アピンがスローイン。竹内涼に預けて落としてもらったボールを左足でクロス。ファーサイドには村松大輔と大前元紀がいたがオフサイドの判定。

前半 42分

エスパルス、中央で大前元紀へのファウルがありFK。キッカーは大前元紀。ゴールまで30メートル弱。壁は2枚。平岡康裕がゴール前ファーへ飛び込んだがオフサイド。

前半 44分

エスパルス、中央ノヴァコヴィッチが受けて左サイドへドリブル。ディフェンスを引きつけて中央村松大輔から右サイドへ。河井陽介が受けて上がってきた竹内涼にバックパス。右クロスが入るがペナルティエリア内の選手と合わない。

前半 46分

アディショナルタイムタイムは3分

前半 46分

エスパルス、平岡康裕から縦パスが出るが、ノヴァコヴィッチへ渡らない。胸に欲しいとノヴァコヴィッチがジェスチャー。平岡康裕も右手を挙げて応える。

前半 47分

アントラーズ、右クロスにペナルティエリア内カイオ。GK櫛引政敏、平岡康裕、ヤコヴィッチが囲み、平岡康裕が奪ってクリア。

前半 47分

アントラーズ、縦パスからダヴィがペナルティエリア内右でボールを持つがオフサイド。

前半 48分

エスパルス、左サイド自陣内でFK。キッカーはカルフィン ヨン アピン ペナルティエリア内へパスが出るも、クリアされる。

前半 49分

エスパルス、河井陽介のドリブル突破からペナルティエリア右外でスローインとなったがここでタイムアップ。

前半 50分

前半を終え0-1でアントラーズがリード。

後半 1分

エスパルスボールでキックオフしました。

後半 1分

エスパルス、中盤右よりからFK。ゴールまで35メートル。ペナルティエリア内左でカルフィン ヨン アピンがヘディングシュートを打つもクロスバーの上。

後半 2分

エスパルス、左ノヴァコヴィッチから中央竹内涼が受けてペナルティエリア内河井陽介へ。足下で受けたがオフサイド。

後半 3分

アントラーズ、山本脩斗の左サイドからのクロスはカルフィン ヨン アピンがクリアし左スローイン。リスタートは右CKとなる。キッカーは小笠原満男。昌子源とダヴィが接触。痛んでいたが自力で立ち上がる。ボールはエスパルスのワンタッチでゴールラインを割ったとのことで右CKだったが、線審のジャッジでGKボールへ。

後半 4分

エスパルス、中盤左よりでFK。ゴールまで35メートル。キッカーは大前元紀。小笠原満男がクリア。

後半 7分

エスパルスにメンバー交代。村松大輔に代え高木俊幸。竹内涼が1列下がりボランチへ。

後半 7分

エスパルス、左吉田豊がドリブルで持ち上がりサイドチェンジ。河井陽介が受けてドリブルをしかけたが相手DFにひっかかってしまいボールを失う。

後半 8分

エスパルス、竹内涼から右でヤコヴィッチが受けてもう一度竹内涼に戻して、平岡康裕からカルフィン ヨン アピンへと左へスライド。しかし受け渡しがうまくいかずタッチラインを割る。

後半 9分

エスパルス、カルフィン ヨン アピンから左の吉田豊が受けて中央ノヴァコヴィッチへ。ゴールを背に受けペナルティエリア内左の高木俊幸へパス。高木俊幸はターンしすかさずシュートもオフサイド。

後半 11分

エスパルス、左サイドで高木俊幸が受けて大前元紀に預けて前へ。高木俊幸が受け直して切り替えしからペナルティエリア内へクロス。ペナルティエリア内ファーでノヴァコヴィッチが狙い澄ましたボレーシュート。これが決まって1-1。試合は振り出しに。

後半 13分

アントラーズ、中盤右サイドでFK。キッカーは小笠原満男。中央へ展開し、縦パスが出たがGK櫛引政敏がスライディングでクリア。

後半 15分

エスパルス、粘ってパスをつなぎ右のヤコヴィッチが河井陽介とのワンツーから右クロスもペナルティエリア内でクリアされてしまう。

後半 17分

アントラーズ、左CK。キッカーは小笠原満男。ファーで折り返したボールはGK櫛引政敏ががっちりキャッチ。

後半 18分

エスパルス、左吉田豊がノヴァコヴィッチとのワンツーからペナルティエリア内ゴール左でシュート。相手にブロックされ左CKとなる。キッカーは大前元紀。二アで平岡康裕が競ったがボールはゴールラインを割る。ワンタッチあったとのジャッジで再びCK。今度は二アでワンバウンドしたボールをGKがキャッチ

後半 22分

アントラーズにメンバー交代。カイオに代え野沢拓也。

後半 23分

エスパルス、中央大前元紀から左高木俊幸が受けてドリブルからクロス。ノヴァコヴィッチがファーで触ったが折り返したボールはGKボール。

後半 24分

エスパルス、左吉田豊がドリブルで運んで中央大前元紀に預けてさらにペナルティエリア内へ。しかしディフェンスにチェックされ体勢を保てずリターンは受けきれない。

後半 25分

アントラーズ、右サイドからのクロスに山本脩斗がファーで反応するも平岡康裕がブロック。

後半 27分

エスパルス、平岡康裕から右のヤコヴィッチが受けて縦パス。大前元紀へ出したがDFにクリアされる。

後半 29分

アントラーズ、右サイドから中央につないで小笠原満男からの縦パスをペナルティエリア内右のカイオがシュート。しかしパスが出たタイミングでオフサイドフラッグがあがっていた。

後半 30分

エスパルス、村田和哉がベンチに呼ばれている。

後半 30分

アントラーズ、中央左から左サイドへつないでマイナスのクロス。ペナルティエリア内左の土居聖真からダヴィが受けたがゴール直前、打ち切れず平岡康裕がクリア。

後半 31分

エスパルスにメンバー交代。河井陽介に代え村田和哉。

後半 32分

アントラーズ、右サイドでFK。ペナルティエリア内で竹内涼がクリアし左CK。ここでメンバー交代。遠藤康に代えルイス アルベルト。キッカーは野沢拓也。二アで大前元紀がクリアし再び左CK。植田直通のシュートをはじき、ダヴィのシュートもポストが跳ね返し、再三のピンチをしのいだが最後の最後でルイス アルベルトが押し込み1-2。アントラーズが再びリード。

後半 35分

アントラーズ、カウンターでダヴィが突破をはかるもカルフィン ヨン アピンとGK櫛引政敏でブロック。

後半 36分

アントラーズ、スペースを見つけてパスを出し、無理なくボール回し。

後半 37分

エスパルス、高木俊幸、竹内涼、大前元紀と中央でつないで左の吉田豊が受けてクロス。ノヴァコヴィッチがペナルティエリア内ファーでヘッドで落として大前元紀が詰めたがDFにカットされてしまう。

後半 39分

アントラーズにメンバー交代。ダヴィに代え青木剛。ディフェンス1人を追加し、守り切る作戦。

後半 40分

エスパルスにメンバー交代。竹内涼に代え本田拓也。

後半 40分

エスパルス、右スローイン。カルフィン ヨン アピンからのロングスロー。二アのノヴァコヴィッチまで届いたがその前にGKがキャッチ。

後半 41分

エスパルス、ノヴァコヴィッチがリスタートを遅らせようとする相手に怒ってボールを奪い一触即発。審判が仲裁に入る。

後半 43分

アントラーズ、自陣深い位置でFK。キッカーはGK曽ヶ端隼。右でルイス アルベルトが受けて中央小笠原満男へ。大前元紀がこれをカット。

後半 44分

エスパルス、右サイド村田和哉の高速ドリブルからのクロスに大前元紀。だがわずかにゴール右外。

後半 44分

エスパルス、六平光成からの左クロスはクリアされ左スローイン。高木俊幸が受けてキープするがパスはカットされる。

後半 46分

アディショナルタイムは4分。

後半 46分

アントラーズ、小笠原満男にイエローカード。

後半 47分

アントラーズ、右サイド柴崎岳からのクロスはクリアし左スローイン。リスタートもクリアし再びスローイン。コーナー付近でキープするもファウルがありエスパルスボールへ。

後半 48分

エスパルス、高木俊幸のペナルティエリア手前左でのシュートはDFに当たってはじかれる。

後半 49分

ここで終了のホイッスル。1-2で敗戦。

後半 50分

本日も熱いご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
アフシン ゴドビ監督

●最初の10分以外は我々のサッカーが出来ている。エネルギー、エモーション、魂が出せている。

●集中しラストパスの精度を上げよう!

●追いかける展開だが、オーガナイズは崩さないように。

鹿島アントラーズ
トニーニョ セレーゾ監督

●個ではなく、チームとしてゴールを奪いに行こう。得点までのイメージを共有すること。

●慌てずに、もっとシンプルに戦うことを心掛けよう。

●ロングボールにはしっかり対応して跳ね返そう。セーフティーファースト。

COACH COMMENT

アフシン ゴトビ監督

○選手たちの努力を本当に誇りに思う。素晴らしいスピリットを見せてくれた。試合の多くをコントロールし、突破することや多くのチャンスを作ることができていた。結果はもちろん残念だが、ポジティブな点は多かったと思う。

○立ち上がりの5~10分は改善しなければならない。少し雑なところがあった。同点に追いつくまでエネルギーをよく使えていたが、その後は少し落ちてしまった。

○不運なことに2失点ともセットプレーからボールがこぼれ、我々がクリアしきれず相手に決められてしまった。

○このまま続けて行き、土曜日のホーム鳥栖戦でしっかりと勝利を掴み取りたい。


※以下、質疑応答

-村松選手をトップ下で起用し小笠原選手のマークに付けたと思うが、評価は
非常にいい仕事をしてくれた。前半の小笠原は何も役割を果たせなかったと思う。もちろん、あのような早い時間帯での失点はしないよう願っていたが、本当に村松はよくやってくれたと思う。前半も後半も序盤の5~10分以外は試合を多くコントロールできていた。

PLAYERS' COMMENTS

ノヴァコヴィッチ

トシの完璧なクロスから相手の前に入って決めることができたが、試合に負けてしまった。残念ではあったが闘うことはできていたと思う。我々のやりたいプレーが多くの場面でできていたし、みんなが100%の力を出して闘えたことは誇りに思う。我々は若い選手が多くいるチーム。これからもっと練習をして良くなっていけばいい。

高木 俊幸

残念というだけ。ここまで順位を上げて首位のチームに勝ちきれないということは力不足として受け止めるしかない。久々の左サイドのポジションはボールを持って前を向けるのでやりやすかった。(監督から)「ゴール前に行って点を取ってこい」と言われたが点は取れなかった。アシストだけでは足りない。

河井 陽介

最低でも勝点1は欲しい試合だった。相手もあったが、こちらもチャンスがあった。前半は(右サイドから)行けていたが、後半は相手も修正し二人で来るようになったので、なかなか行けなかった。あれだけ攻撃して得点につなげられなかったので、クロスやラストパスの精度を上げなければいけない。ただ、下を向くような試合ではないので、次の試合に向けて立て直したい。

村松 大輔

鹿島は小笠原選手を経由してくるので、そこを抑えようと思っていた。ただ、思ったよりも前に出てこなかったので、付いていけばスペースが空いてしまい難しかった。警戒していたセットプレーからやられてしまった。前半は最低でも0-0で終わらせたかったので、自分の中のプランは崩れてしまった。チームとしても後半相手が落ちてくると予想していたので0点で抑えるプランだった。

大前 元紀

結果が全てだし、セットプレーから2点取られたので改善しなければいけないところは見えた。まだ(勝点が)離れているわけではないので上に行くチャンスはある。負けるときもあるし今の順位の時に負けて気付かされるのはよかった。結果が全てなので、しっかりと受け止めたい。