清水エスパルスロゴ

試合情報

パルちゃんでんき

ナビスコカップ 第4節  2014.05.21 Wed 19:00 味の素スタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

3

  • 高木 俊幸(8分)
  • 大前 元紀(21分)
  • ノヴァコヴィッチ(57分)

試合終了

  • 2前半1
  • 1後半1

2

  • エドゥー(18分)
  • エドゥー(87分)
ロゴ:FC東京

FC東京

HOME

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 櫛引 政敏
19 DF ヤコヴィッチ
3 DF 平岡 康裕
4 DF カルフィン ヨン ア ピン
28 DF 吉田 豊
20 MF 竹内 涼
17 MF 河井 陽介
16 MF 六平 光成
10 FW 大前 元紀
11 FW 高木 俊幸
18 FW ノヴァコヴィッチ

Substitutes

21 GK 相澤 貴志
27 DF 廣井 友信
6 MF 杉山 浩太
8 MF 石毛 秀樹
23 MF 高木 善朗
22 FW 村田 和哉
32 FW 鍋田 亜人夢

FC東京

Line-ups

1 GK 塩田 仁史
2 DF 徳永 悠平
5 DF 加賀 健一
29 DF 吉本 一謙
6 DF 太田 宏介
4 MF 高橋 秀人
7 MF 米本 拓司
38 MF 東 慶悟
17 FW 河野 広貴
11 FW エドゥー
14 FW 武藤 嘉紀

Substitutes

31 GK 圍 謙太朗
24 DF カク ヒジュ
50 DF 松田 陸
8 MF 三田 啓貴
22 MF 羽生 直剛
9 FW 渡邉 千真
13 FW 平山 相太

STATS

    45 90   90 45    
    4 4 8 シュート 8 5 3    
    3 6 9 GK 3 2 1    
    2 1 3 CK 6 2 4    
    5 7 12 直接FK 8 3 5    
    1 3 4 間接FK 3 2 1    
    1 2 3 オフサイド 3 2 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
杉山 浩太 ← ノヴァコヴィッチ(78分)
高木 善朗 ← 高木 俊幸(86分)
廣井 友信 ← 竹内 涼(90分)
交代 (54分)河野 広貴 → 平山 相太
(64分)加賀 健一 → カク ヒジュ
(71分)徳永 悠平 → 松田 陸
画像:イエローカードノヴァコヴィッチ(10分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
8,749人 曇/弱風 18.7℃ 64% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
大澤 隆 榎本 一慶 聳城 巧 中野 卓 小屋 幸栄 須藤 義徳

GAME FLASH

試合前

本日はナビスコカップ第4節。エスパルスにとっては2戦連勝で迎える3戦目。決勝T進出を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。

試合前

スターティングメンバーが変更になりましたので、試合後にフォーメーションをご案内します。

前半 1分

エスパルスボールでキックオフ。

前半 1分

エスパルス、右スローインからヤコヴィッチがサイド突破をはかったがタッチラインを割る。

前半 1分

FC東京、自陣深い位置からスローイン。縦への突破をはかるもヤコヴィッチがクリア。高い位置でスローインとなるが、リスタートのボールはゴールラインを割る。

前半 1分

エスパルのフォーメーションはGK櫛引政敏、DFが右からヤコヴィッチ、平岡康裕、カルフィン ヨン アピン、吉田豊。ボランチに竹内涼と六平光成。その前が右から大前元紀、トップ下に河井陽介、左に高木俊幸。1トップにノヴァコヴィッチ。

前半 2分

エスパルス、右サイドでファウルがありFK。速いリスタートで最終ラインへつないでサイドチェンジ。そこからいったん中央へ展開し竹内涼から右の大前元紀が右サイドで受けるとアーリークロス。しかしペナルティエリア内でクリアされる。

前半 3分

FC東京、中盤中央から徳永悠平がふわりとしたボールをペナルティエリア内へ蹴ってきたが、誰も走り出しておらずワンバウンドしたボールはGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 5分

FC東京、右スローイン。中央でエドゥーが受けたがバックパス。もう一度エドゥーが最終ラインからのパスを右に開いて受けたが吉田豊がブロック。

前半 6分

FC東京、最終ラインから左サイド前線太田宏介を走らせるが、ボールが早くタッチラインを割る。

前半 6分

FC東京、中央からペナルティエリア内。東慶悟が2列目から飛び出してGK櫛引政敏と1対1となるが、GK櫛引政敏が先にキャッチ。

前半 7分

FC東京、中盤からの縦パスに対しペナルティエリア内へ3人が飛び込んで来る。今度は東慶悟がペナルティエリア右内で受けてグラウンダーのシュート。だがこれもGK櫛引政敏が危なげなくキャッチ。

前半 8分

エスパルス、相手の攻撃が続いた中で、大前元紀からの縦パスを高木俊幸がペナルティエリア内へ右にスライドしながらシュート。GOALGOALGOAL!!!!1-0エスパルスがあっさり先制。

前半 9分

FC東京、縦パスで武藤嘉紀をDF裏へ走らせたが、エスパルスがラインをあげておりオフサイド。

前半 9分

FC東京、右サイド後方から加賀健一がロングフィードに中央武藤嘉紀が走るがパスは通らず。ノヴァコヴィッチが加賀健一へ詰めており、ファウルをとられ相手のFKへ。キッカーはGK塩田仁史。中央へ出たボールは竹内涼がカット。

前半 11分

エスパルス、中央カルフィン ヨン アピンから吉田豊が受けて中にしぼっていた高木俊幸からペナルティエリア内DF裏へ走る河井陽介へ。絶妙のパスだったが、GK塩田仁史も反応していてタッチの差でキャッチされる。

前半 12分

FC東京、右CK。キッカーは太田宏介。二アに出たボールはノヴァコヴィッチがクリア。右スローイン。徳永悠平からペナルティエリア内へパスが出るが、カルフィン ヨン アピンがクリア。もう一度押し戻されたがこれもカルフィン ヨン アピンがクリア。

前半 13分

エスパルス、カルフィン ヨン アピンから左の高木俊幸が受けて六平光成がワンタッチで左へ出したが相手と接触しておりパスがずれてしまう。

前半 14分

エスパルス、右サイド大前元紀から竹内涼が受けて平岡康裕から右のヤコヴィッチ、大前元紀、竹内涼とつないで平岡康裕へ戻すとそこからワイドな展開で吉田豊。だが前を向けずにバックパス。今度は右サイドへ展開し中央へ戻したが大前元紀へのファウルがありセンターサークルの右でFK。キッカーは竹内涼。短く平岡康裕、六平光成とつないで右のヤコヴィッチから縦へ展開しようとしたがこれは相手にカットされる。

前半 16分

FC東京、武藤嘉紀からのクロスにペナルティエリア内エドゥーが切り返して右足シュート。強烈だったが枠外。

前半 17分

エスパルス、中央高木俊幸からバックパスを受けた大前元紀が左へ展開。吉田豊のクロスにペナルティエリア内ファーへ飛び込んだのは大前元紀とノヴァコヴィッチ。だが背後へ流れてしまう。

前半 18分

FC東京、カウンターから一気にペナルティエリア内。エドゥーが戻りきれないエスパルスを尻目にGK櫛引政敏と1対1を浮き球のシュートでゴール。1-1試合は振り出しに。

前半 19分

エスパルス、中央で河井陽介がミドルシュートもGKがキャッチ。

前半 20分

エスパルス、縦パスをノヴァコヴィッチが落として高木俊幸が左クロス。相手のワンタッチから左CKへ。キッカーは高木俊幸。河井陽介が落としたボールを高木俊幸がクロス。これをゴール中央で大前元紀が押し込みGOALGOALGOAL!!!2-1エスパルス再びリード。

前半 22分

エスパルス、右サイド河井陽介から中央大前元紀が受けて六平光成へ。しかしボールへの寄せが厳しくボールをキープできない。すぐに守備へ切り返る六平光成だったがファウルをとられる。

前半 24分

エスパルス、左サイドから中央を経由し右サイドへ。右ヤコヴィッチからのクロスにペナルティエリア内高木俊幸がファーへ走り込んだがわずかにGKが先。

前半 25分

FC東京、徳永悠平からのクロスをエドゥーが受けたがトラップが大きくクリア。右スローインからエドゥーがバックヘッドでペナルティエリア内中央へ送ったがこれは平岡康裕がクリア。

前半 26分

FC東京、右徳永悠平から中央へ展開し、吉本一謙からペナルティエリア内へ縦パスが入るがGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 28分

FC東京、左サイドからの縦パスに東慶悟が飛び出しシュートもGK櫛引政敏がセーブ。こぼれたボールはカルフィン ヨン アピンがクリア。

前半 29分

FC東京、右徳永悠平のサイドチェンジを武藤嘉紀が受けて中央米本拓司から左太田宏介がクロス。ワンタッチあり右CK。グラウンダーで徳永悠平へ戻すとそこからクロス。ハイボールはGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 30分

エスパルス、我慢の時間が続いている。なかなかボールを奪えない。

前半 31分

FC東京、中央武藤嘉紀がドリブルで運ぼうとしたがカルフィン ヨン アピンがブロック。体勢を保てずボールを失う。

前半 32分

エスパルス、武藤嘉紀がこぼしたボールをカウンター。右サイドノヴァコヴィッチからのクロスは相手がクリアし右CK。キッカーは高木俊幸。ペナルティエリア内からクリアされたが高木俊幸がもう一度クロス。だがこれもクリアされて右スローイン。リスタートはノヴァコヴィッチが受けて右でヤコヴィッチと竹内涼がつないでいたがプレスをかけられタッチラインを割る。

前半 34分

エスパルス、中央ノヴァコヴィッチから右の竹内涼に出てペナルティエリア手前へ走り直したノヴァコヴィッチへリターンがきたが受けきれない。もう一度奪い返してノヴァコヴィッチも故意ではないハンドとなってしまい相手のFKへ。

前半 36分

エスパルス、ロングボールを下がって受けようとしたノヴァコヴィッチへファウルがありFK。中央大前元紀から六平光成、吉田豊、カルフィン ヨン アピンとつないでサイドチェンジ。河井陽介がヘッドで右サイドへ送ると高木俊幸が上がってきた竹内涼へパス。クロスを入れたがクリアされ左スローイン。

前半 37分

エスパルス、左スローイン。カルフィン ヨン アピンがロングスロー。ヤコヴィッチがペナルティエリア内二アで受けようとしたがクリアされ再びロングスロー。今度は二アでヤコヴィッチが落としたところにノヴァコヴィッチ。だがわずかに弾道が低すぎてミートできない。

前半 38分

エスパルス、中央カルフィン ヨン アピンからペナルティエリア内へロングボールが入りペナルティエリア内左へ高木俊幸が走り込んだが間に合わない。

前半 38分

FC東京、右CK。キッカーは太田宏介。武藤嘉紀がファーでヘディングで競り勝ったがボールは上へ高くあがるのみ。エスパルスボールへ。

前半 40分

エスパルス、GKからのリスタート。一気に前線へ出したがノヴァコヴィッチがDF裏へ走るもGKがキャッチ。

前半 40分

FC東京、右徳永悠平が右サイド突破をはかるが吉田豊が身体を張って止める。

前半 41分

エスパルス、左スローイン。吉田豊からノヴァコヴィッチが受けてヘッドで高木俊幸へ落とそうとしたが手前でカットされる。

前半 43分

FC東京、センターライン手前左でFK。右へ短いパスで繋ぎペナルティエリア内右のエドゥーへパスが出る。河野広貴がエドゥーからのパスを落としてエドゥーがクロス。これはクリアし左CK。キッカーは太田宏介。ヤコヴィッチと武藤嘉紀が競ったが武藤嘉紀が触ったボールは大きくクロスバーの上へ抜ける。

前半 46分

アディショナルタイムは2分

前半 46分

エスパルス、中央六平光成から左の吉田豊が受けてカルフィン ヨン アピンから縦パス。しかしクリアされる。中央で大前元紀が奪って右サイド河井陽介からのクロスに大前元紀が動き直しておりゴール前で競ったがわずかに高すぎた。

前半 47分

ご覧のように2-1で前半を終了しました。後半もご声援をよろしくお願いします。

後半 1分

FC東京ボールでキックオフ。

後半 1分

FC東京、武藤嘉紀の左サイド突破からの折り返しに河野広貴が飛び込んでシュートもゴール左外。

後半 2分

FC東京、中央から左で太田宏介が受けて落としたボールを武藤嘉紀、東慶悟とつないで米本拓司からバックパス。左サイド突破から左CK。キッカーは太田宏介。吉田豊のクリアを米本拓司がひろって左太田宏介。中央へ戻すとミドルレンジから東慶悟がシュート。浮かさず抑え気味に放ったがゴール右外。

後半 3分

FC東京、右スローイン。エドゥーが受けて落として河野広貴がパスを出そうとしたがファウル。FK。左に展開し短いパスでつないで太田宏介からペナルティエリア左外でパスを受けた武藤嘉紀が深くえぐってクロスもゴールラインを割る。

後半 5分

エスパルス、中盤右寄りで大前元紀がサイドチェンジ。吉田豊、高木俊幸とつないでサイドチェンジ。今度は中央で竹内涼が受けてもう一度左サイド突破から相手のワンタッチを誘って左スローイン。カルフィン ヨン アピンからペナルティエリア内ノヴァコヴィッチへ出したがこぼれクリアされる。

後半 7分

エスパルス、右サイドでカウンターを防ぎにいった吉田豊へのファウルがありFK。平岡康裕からのロングボールは押し戻されたが中盤でプレスをかける。縦パスを奪って六平光成から大前元紀へくさびが入るがわずかにずれてしまう。六平光成が動き続けておりインターセプトして縦へ展開する。しかしノヴァコヴィッチらは動きだし切れず相手ボールへ。

後半 9分

FC東京にメンバー交代。河野広貴に代え平山相太。

後半 10分

エスパルス、中央高木俊幸からノヴァコヴィッチをDF裏へ走らせるボールが出るがオフサイド。右サイドで河井陽介がフリーだった。

後半 11分

エスパルス、中央六平光成から左の高木俊幸が受けて大前元紀から六平光成、大前元紀とつないで右のヤコヴィッチが受けて河井陽介、大前元紀、河井陽介と右サイドを持ち上がって大前元紀がバックパスを受けて中央竹内涼へ。ワンタッチでペナルティエリア内へパスを出したが相手に渡ってしまう。

後半 12分

エスパルス、ペナルティエリア右外高木俊幸からのクロスをファーへ詰めたノヴァコヴィッチが流し込みGOALGOALGOAL!!!3-1エスパルス相手を引き離す。

後半 12分

FC東京、左太田宏介の突破はヤコヴィッチがクリアしスローイン。河井陽介と竹内涼も下がって守備。スローインからのリスタートは縦へ抜けようとしたがゴールラインを割る。

後半 14分

エスパルス、中央大前元紀がドリブルから左の吉田豊へ。縦パスを高木俊幸に出すと吉田豊はペナルティエリア手前へ絞り、高木俊幸からマイナスのパスをもらってシュートもDFに当たってしまう。

後半 15分

FC東京、加賀健一がノヴァコヴィッチとの接触で左肩を負傷した模様。自力で立ったもののそのままピッチアウト。

後半 18分

FC東京にメンバー交代。加賀健一に代えカクヒジュ。

後半 18分

エスパルス、ペナルティエリア手前の竹内涼と河井陽介がパスでキープ。河井陽介からペナルティエリア内たへ動き直した竹内涼へパスが出ると竹内涼は縦へ突破し折り返す。ファーで大前元紀が渾身のシュートもGKにはじかれる。左スローイン。クリアされ左CKへ。キッカーは高木俊幸。東慶悟がクリア。

後半 21分

エスパルス、大前元紀が倒れておりゲーム中断もすぐに立ち上がる。

後半 21分

エスパルス、ヤコヴィッチから左に展開し吉田豊からのパスを高木俊幸がペナルティエリア内左でシュートも右ポスト直撃。

後半 23分

エスパルス、中央大前元紀のパスカットから縦パスに吉田豊が反応もDFにひっかかってしまう。しかし相手DFはバックパス。迷わずチェイスする吉田豊だったがGKがキャッチ。

後半 24分

エスパルス、中央大前元紀から竹内涼がバックパスを受けて大前元紀へ戻す。ヤコヴィッチが右で受けて、河井陽介、竹内涼とつないでバックラインへいったん戻す。

後半 25分

FC東京にメンバー交代。徳永悠平に代え松田陸。

後半 26分

エスパルス、中央大前元紀から左に大きく展開。だが高木俊幸は追い切れずタッチラインを割る。

後半 27分

FC東京、カウンターから左クロスにエドゥーがスライディングで突っ込むがGKがキャッチ。

後半 27分

FC東京、太田宏介の左クロスを松田陸が折り返したがゴール前へは詰め切れずGK櫛引政敏がキャッチ。

後半 30分

エスパルス、右ヤコヴィッチから河井陽介、六平光成、河井陽介とつないでノヴァコヴィッチへのくさびが入るがオフサイドの判定。

後半 30分

FC東京、右CK。キッカーは太田宏介。二アへ出したボールを太田宏介が受け直してクロスもGK櫛引政敏がパンチング。

後半 32分

エスパルスにメンバー交代。ノヴァコヴィッチに代え杉山浩太。

後半 33分

エスパルス、ボランチに杉山浩太。竹内涼を一枚前、ノヴァコヴィッチのポジションには大前元紀。

後半 33分

エスパルス、右大前元紀からの縦パスに杉山浩太がペナルティエリア内右へ走り込んだがボールがやや速すぎゴールラインを割る

後半 34分

エスパルス、中央竹内涼がボールを持ったがファウルで倒されFK。センターサークル付近中央。キッカーは杉山浩太。左のカルフィン ヨン アピンが受けて吉田豊が高木俊幸とのワンツーで中へ。上がってきた杉山浩太が受けると30メートルシュートもGKがキャッチ。

後半 35分

FC東京、太田宏介からのクロスを平山相太がペナルティエリア内で落としたがトラップが長くボールを失う。

後半 37分

エスパルス、右サイドでFK。ヤコヴィッチから中央竹内涼が受けて右の河井陽介へ。しかしタッチラインを割る。

後半 38分

FC東京、カウンターから武藤嘉紀がゴール前へ折り返したがファーへ抜ける。

後半 38分

エスパルス、中央杉山浩太から右の竹内涼が受けてヤコヴィッチが縦パスも相手DFに拾われる。

後半 38分

エスパルス、高木善朗が呼ばれた。

後半 39分

エスパルス、GK櫛引政敏からのリスタート。DFがクリアしたボールを平岡康裕がヘッドで前へ。大前元紀、河井陽介とつないで河井陽介は六平光成へ戻すと左へサイドチェンジ。しかし河井陽介はもう一度右でもらいたかった。

後半 40分

エスパルス、高木俊幸に代え高木善朗。

後半 41分

エスパルス、高木善朗はそのまま兄のポジションへ。

後半 42分

FC東京、中央エドゥーがペナルティエリア手前から左足シュート。GK櫛引政敏が反応も触りきれず。これが決まって3-2。

後半 43分

FC東京、右スローインから右クロスも平岡康裕がクリア。もう一度右サイドから米本拓司がロングシュートもクロスバーの上。

後半 44分

エスパルスにメンバー交代。竹内涼に代え廣井友信。さすがに守備要員。平岡康裕とカルフィン ヨン アピンの間に入り、5バックへ。

後半 45分

FC東京、中央左でFK。キッカーは太田宏介。高木善朗がペナルティエリア手前でクリア。

後半 46分

アディショナルタイムは4分

後半 46分

エスパルス、GK櫛引政敏とカルフィン ヨン アピンが平山相太へのボールを競って激しく接触。GK櫛引政敏はすぐに立ち上がるがカルフィン ヨン アピンはダメージがある模様。立ち上がるまでに時間がかかった。

後半 47分

エスパルス、右サイド河井陽介のサイド突破。DF2人をひきつれてワンタッチを狙ったが、ジャッジはGKボール。そのジャッジに驚く河井陽介。

後半 48分

FC東京、右スローインからロングフィードもカルフィン ヨン アピンがクリア。左スローインとなる。太田宏介が左クロス。平山相太の折り返しにゴール前エドゥーが詰めて足をあげる。廣井友信がこのプレーで痛んでいたが自力で立ち上がる。

後半 49分

エスパルス、河井陽介への高橋秀人のファウルがあり右サイドでFK。河井陽介は吹き飛ばされる。痛んでいる河井陽介。時間はかかったが自力で立ち上がる。FKのキッカーは杉山浩太。大前元紀へ出したがカットされる。

後半 51分

ご覧のように3-2でエスパルスが勝利。ご声援ありがとうございました。次節は中断前最後のホームゲームとなります。みなさまアイスタ日本平へぜひお越しください。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
アフシン ゴトビ監督

〇両ウイングはサイド深くえぐって行け!

〇守備では少し遅れていたり離れている。もっと強く行け!

〇オーガナイズ、シンプルなパス回し、そしてハードワーク!

FC東京
マッシモ・フィッカデンティ監督

〇中盤で不用意なパスはしない。

〇バランスをしっかり保って守ろう。

〇勇気を持って試合に入ろう。

COACH COMMENT

アフシン ゴトビ監督

○非常にエンターテイメント性の高いゲームだったと思う。それぞれ質の異なる5つのゴールが入り、サッカーファンにとっても観ていて面白い試合だっただろう。

○試合の結果にも満足している。後半の15分間、本当に素晴らしいサッカーができており、ゴールも決まり、ポストに当たった惜しいものもあり、多くのチャンスを作れていた。その15分間のサッカーをもっと長い時間帯にできるようにしていきたい。

○エドゥー選手のようなゴールを決められる選手はなかなかいない。あの2点目は本当に素晴らしかった。試合の終盤は非常に興味深いものだった。

○非常に東京のファンの情熱を感じた。それで清水のファンも燃えたと思う。非常に良い戦いだった。



※以下、質疑応答

- そのエドゥー選手の2点目ですが、誰も寄せに行っておらず、普通の監督だったら選手のミスだと言うと思いますが、先ほどの発言はジョークですか?
もちろん、あの時間帯、集中力を欠いてミスが起こったと思う。反対側でうちが攻撃に出て竹内が1対1になりそうな状況があった。他の選手たちは数秒前にしっかりと良いポジションを取り、あのようなカウンター、あのような失点をしないようにしなければいけない。アジアのサッカーが発展していくためには、ボールが今どこにあるかではなく、ボールがどこに行くかを読めるようにしなくてはいけない。そうすれば止められたと思う。そうは言ったが、本当に驚異的なシュートだったと思う。その前のゴールはオフサイドのように見えたが…(笑)

-清水の監督に就任して以来、ずっとタイトルを獲りたいとおっしゃっており、もちろん、すべてのタイトルを狙っているとは思うが、今季はナビスコカップが一番チャンスだと思っていますか?
私は野心家なのですべてのタイトルを勝ち獲りたいと思っている。我々はとても良いチームになってきている。不運なことにストライカーの長沢 駿を欠いてしまい、チームとしてどこからゴールを決めるかということを見つけていかなければならないところだった。今日は高木俊幸や大前元紀がゴールを決めて試合に勝てた。彼らに対してノヴァコヴィッチも絡んできている。
もちろん、どのレースにも着いて行きたいと思っている。2012年はナビスコカップの決勝まで行き、その時リーグ戦は4位の位置にいた。しかし、1週間ですべてを失ってしまった。
今季も同じような位置に付けていきたい。このチームにはその質があり、何かを勝ち獲れると思っている。

-今日は本当に良いサッカーで、リーグ戦の成績が信じられないです。質問はまったく違うのですが、2列目の選手をはじめ、背の小さい選手が多いのですが、それは監督の好みですか?
皆さんもご存じのとおり、日本の監督は選手獲得についてあまり口を出せるわけではない。
サイズが重要なのではなく、そのサイズで、持っているその能力で何ができるかが重要だ。世界には175cm以下でも良い選手はいる。
ただ、チーム内の身長バランスは重要だと思う。セットプレーの対応や、ボールがボックスの中に入ったときの対応は大切だ。

PLAYERS' COMMENTS

高木 俊幸

(1得点2アシストという)結果は素直に嬉しいが、あと1、2点決めるチャンスがあった。(得点シーンは)いい守備から、いい速攻で(大前)元紀君がいいボールをくれたので決めるだけだった。前半1点取ってからフリーランで走りこみながら、いいイメージでプレーできていたと思う。

大前 元紀

(ゴールシーンは)ショートコーナーからトシが良いボールを上げてくれたので、うまくボールに当てられたと思う。1点目のアシストは相手が裏を見れてないと思っていたし、そこにトシが良い動きで入ってきてくれた。難しいパスだったと思うが、トシがよく決めてくれた。先制点を取れたことがチームにとって非常にプラスになったし、追いつかれても前半のうちに勝ち越せたことが大きかったと思う。攻撃の部分はまだまだ波があるので、そういった波をなくしていかないといけない。今日の良かった時間帯をもっと90分のなかで長くしていかないと。そうすればもっと点が取れるし、見ていて楽しいサッカーができると思う。次の試合は中断前のホーム最終戦なので、多くのサポーターの皆さんが来てくれると思う。最近ホームで勝ててないので、サポーターのために勝点3をプレゼントしたい。

河井 陽介

今日の試合を勝てば予選突破に向けてかなり有利になるし勝ててよかった。二列目の選手は誰がどのポジションで出ても大丈夫なほど、かなりコミュニケーションも取れているし、良い形で攻撃できたと思う。トップ下ではノヴァを孤立させないように、できるだけ近くでプレーしようと心掛けた。できた部分もあるが、まだまだこれから関係も良くなる。今日のプレーを次の試合に生かしていきたいと思う。

平岡 康裕

後半の入りは少し悪かったし、自分とキャラ(ヨンアピン)のギャップを突かれた場面も何度かあった。そういうところの修正はしていかないといけない。後半は平山選手が入って基点が2つになったことで難しい場面もあったが、セカンドボールへの集中力を切らさないことでしのげたと思う。リーグの最後の2試合を勝ちきれなかったことは課題だが、良いサッカーができていたし、それが今日の勝ちにもつながったと思う。次の試合も予選突破に向けて重要な一戦となる。ホームではあと1試合しかないので、勝利して勝点を積み重ねたい。

ノヴァコヴィッチ

前線の選手がポジションを変えながら、良いサッカーができていた。我々のほうが良いサッカーができていたと思う。これは練習の賜物だと思うし、1試合ごとに良くなっている。(自身のゴールシーンは)一度中央に入ったあとに後ろへ下がり、トシ(高木俊)と目が合って、良いボールを上げてくれたのでゴールは簡単だった。(誕生日を迎えたあとの初ゴールだったが)特別な感情はない(笑)。今後もベストを尽くして勝利に貢献し、チームを助けていきたい。ファンにとっても美しいサッカーができると思うし、リーグでも順位を上げていきたい。

竹内 涼

ここ最近リーグ戦で勝てていなくて、先制点が取れない試合が続いていた。ミーティングでもそういった話をしていたし、先制点が取れたことが試合の流れのなかで大きかった。同点に追いつかれても焦らず、自分たちのサッカーを続けていった結果、勝ち越すことができたので、次につながる勝利だったと思う。勝てない時期が続いたが、もう一度みんなで立て直そうと練習からやってきた結果、アウェイでの難しい試合を勝ちにつなげられたと思う。次はこの前やったばかりの神戸が相手なので、前回勝てなかった分もホームでしっかり勝ちたい。

杉山 浩太

途中出場してから1失点してしまったが、今日はとにかく勝利という結果が出て良かった。みんないいプレーをしているし、スタメンを取るために頑張らないといけない。ここのところ良いサッカーはできているし、ある程度形はできている。今日はやっと3点入ったので、それが良かったと思う。