清水エスパルスロゴ

試合情報

パルちゃんでんき

Jリーグ ディビジョン1 第18節  2014.08.02 Sat 18:34 味の素スタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半3
  • 0後半1
DAZN

4

  • エドゥー(15分)
  • 武藤 嘉紀(43分)
  • 太田 宏介(45+3分)
  • 武藤 嘉紀(58分)
ロゴ:FC東京

FC東京

HOME

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 相澤 貴志
19 DF ヤコヴィッチ
3 DF 平岡 康裕
28 DF 吉田 豊
6 MF 杉山 浩太
7 MF 本田 拓也
17 MF 河井 陽介
16 MF 六平 光成
11 MF 高木 俊幸
10 FW 大前 元紀
18 FW ノヴァコヴィッチ

Substitutes

1 GK 櫛引 政敏
27 DF 廣井 友信
34 DF 水谷 拓磨
8 MF 石毛 秀樹
23 MF 高木 善朗
24 MF 高木 純平
22 FW 村田 和哉

FC東京

Line-ups

20 GK 権田 修一
2 DF 徳永 悠平
3 DF 森重 真人
29 DF 吉本 一謙
6 DF 太田 宏介
4 MF 高橋 秀人
7 MF 米本 拓司
22 MF 羽生 直剛
17 FW 河野 広貴
11 FW エドゥー
14 FW 武藤 嘉紀

Substitutes

1 GK 塩田 仁史
30 DF カニーニ
50 DF 松田 陸
8 MF 三田 啓貴
38 MF 東 慶悟
9 FW 渡邉 千真
13 FW 平山 相太

STATS

    45 90   90 45    
    4 10 14 シュート 11 4 7    
    5 7 12 GK 12 7 5    
    4 3 7 CK 3 1 2    
    7 5 12 直接FK 8 4 4    
    2 1 3 間接FK 0 0 0    
    2 1 3 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
村田 和哉 ← 大前 元紀(55分)
石毛 秀樹 ← 河井 陽介(59分)
高木 善朗 ← 高木 俊幸(77分)
交代 (51分)羽生 直剛 → 東 慶悟
(61分)河野 広貴 → 三田 啓貴
(77分)エドゥー → 平山 相太
画像:イエローカード河井 陽介(45分)
警告・退場 (22分)吉本 一謙画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
24,119人 晴/無風 31.3℃ 58% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
高橋 正紀 木村 博之 岡野 宇広 村井 良輔 山口 博司 遠藤 郁夫

GAME FLASH

試合前

J1リーグ第18節。リーグ戦折り返し地点。大榎新監督の初陣。アウェイスタンドはオレンジ一色。試合前からの大歓声が新生エスパルスを後押ししています。

試合前

これまでの成績は6勝3分8敗勝点21の12位。対するFC東京は7勝4分6敗勝点25の7位。

試合前

エスパルスユース所属(2種登録)の水谷拓磨が初ベンチ入り。

試合前

就任直後から守備面での修正確認に時間を割いてきた。「話は聞く。楽しくサッカーをしよう」と就任時、選手たちに言葉をかけた大榎監督。「もう一度愛されるエスパルスに」とエスパルスの歴史においてプロ契約第一号選手でもある監督は熱い想いを込めて戦いへ。

前半 1分

エスパルスボールでキックオフ。

前半 1分

スターティングメンバーはGK相澤貴志、DFは右からヤコヴィッチ、平岡康裕、杉山浩太、吉田豊、ボランチが本田拓也と六平光成、前は右から大前元紀、河井陽介、高木俊幸、1トップにノヴァコヴィッチ。前節勝利と就任して日が浅いため、試合前から大榎監督は前節と同じメンバーで戦うことを宣言。

前半 1分

エスパルス、左高木俊幸が徳永悠平からファウルを受けてFK。ゴール前30メートル。高木俊幸は自力で立ち上がる。キッカーは大前元紀。壁は1枚。中央で吉田豊が受けて右に展開。河井陽介がヘッドで落としたボールをヤコヴィッチがペナルティエリア内右でシュートもGKボール。

前半 2分

FC東京、右徳永悠平からバックパスを受けた高木俊幸がアーリークロス。エドゥーがペナルティエリア内左で受けようとしたがクリア。

前半 3分

エスパルス、大榎監督早速テクニカルエリアいっぱいまで出てきて選手に声をかける。

前半 4分

エスパルス、自陣内右でスローイン。ノヴァコヴィッチが受けて中央六平光成が受けてキープしノヴァコヴィッチから上がってきた吉田豊、高木俊幸と左でつないでペナルティエリア内へ動き直したノヴァコヴィッチへクロスが入るがクリアされる。

前半 4分

エスパルス、左サイドでファウルがありFK。キッカーは吉田豊。杉山浩太へ戻して本田拓也から右サイドへ大きく展開もカットされる。本田拓也がカバーに入りすぐにマイボールへ。

前半 5分

エスパルス、中央右で大前元紀が倒されFK。速いリスタートで左へ展開したが、審判がホイッスル。ボールが動いていたということで蹴り直しを指示。中盤右でFK。自陣内へ戻してキープし左の吉田豊へ。中央で高木俊幸と六平光成の間に出たボールはカットされる。

前半 6分

FC東京、武藤嘉紀が左サイド突破もタッチラインを割る。

前半 8分

FC東京、中央高橋秀人のロングシュートはGK相澤貴志のワンタッチがあり右CKへ。キッカーは河野広貴。中央で平岡康裕がクリア。

前半 9分

エスパルス、左スローイン。吉田豊からノヴァコヴィッチが受けて河井陽介、ノヴァコヴィッチ、吉田豊とつないで六平光成が中央で受けて平岡康裕へ預けると一気に縦パス。大前元紀が受けてドリブルをしかけたがブロックされタッチラインを割る。

前半 11分

エスパルス、中央六平光成のボールカットから高木俊幸が受けて中央大前元紀へドリブルキープから河井陽介がくさびになり大前元紀が受け直してシュートも相手のワンタッチで左CKとなる。キッカーは高木俊幸。ファーへ抜けてゴールラインを割る。

前半 15分

FC東京、中央でFK。高橋秀人から左に展開。米本拓司から太田宏介へとつなごうとしたがヤコヴィッチがクリアし左スローイン。左でキープしペナルティエリア内へ出したボールは羽生直剛が受けてマイナスのパス。ペナルティエリア手前左から河野広貴がシュート。これははじいたがクリアボールをエドゥーがダイレクトシュート。0-1。FC東京が先制。

前半 17分

エスパルス、左CK。キッカーは高木俊幸。ゴールコールが響く中ファーで平岡康裕がヘディングシュートも押し込みきれず。

前半 18分

エスパルス、ボランチでのキープから左吉田豊がペナルティエリア左内のスペースへスルーパス。ノヴァコヴィッチが反応し左へ流れて受けようとしたが収まらない。

前半 19分

エスパルス、中央六平光成から吉田豊が受けてキープも激しいチェックにあいタッチラインを割る。

前半 20分

エスパルス、中央でファウルがありFK。ゴールまで25メートル。キッカーは高木俊幸。大前元紀がボールをまたいで高木俊幸が直接シュートもGKがはじいて左CKへ。

前半 22分

エスパルス、CKキッカーは高木俊幸。ペナルティエリア内で主審と相手選手が議論しなかなか再開しない。吉本一謙にイエローカード。高木俊幸が蹴り込んだボールはペナルティエリア内でクリアされる。

前半 25分

エスパルス、中央右でノヴァコヴィッチが倒されFK。ゴールまで40メートル以上。キッカーは大前元紀。左への展開から吉田豊がクロス。前線へ残っていた平岡康裕がヘッドでペナルティエリア内へ落とそうとしたがクリアされる。

前半 27分

FC東京、GKからのリスタート。右サイドでエドゥーが受けようとしたところでファウルとなりFK。ゴールまで40メートル以上。キッカーは徳永悠平。武藤嘉紀が右サイドで受けてバックパス。縦パスを入れてきたが縦へ走った羽生直剛とはタイミングが合わない。

前半 28分

FC東京、右スローイン徳永悠平が直接ペナルティエリア内へ放り込んだが走り出していた武藤嘉紀はオフサイドを警戒し飛び込めず、GK相澤貴志ボール。

前半 30分

エスパルス、中央大前元紀から六平光成が横でパスを受けて河井陽介へつなぎ、高木俊幸が右クロスもGKボール。

前半 31分

FC東京、縦パスにペナルティエリア内へ羽生直剛が走り込んでいたがオフサイド。

前半 32分

エスパルス、六平光成からの縦パスにペナルティエリア左へ走った高木俊幸がクロスもクリアされ左スローイン。吉田豊からのボールをノヴァコヴィッチが受けたが羽生直剛がクリア。

前半 33分

エスパルス、大前元紀が六平光成をつかって中央突破もシュートは打ちきれず。

前半 34分

エスパルス、大榎監督が本田拓也へポジションをもう少し前にするよう指示。左手を挙げて本田拓也も了解の合図。

前半 35分

エスパルス、平岡康裕から本田拓也、大前元紀と繋いだが、ファウルがあり大前元紀は痛そう。左足首を気にしている。しゃがみ込んだが靴紐を結び直して立ち上がる。キッカーは高木俊幸。ゴールまで40メートル。ペナルティエリア内へのボールはGKがキャッチ。

前半 36分

FC東京、武藤嘉紀がロングボールにDF裏へ抜け出しGK相澤貴志と1対1。ゴール左外から右隅を狙ったが右外。

前半 37分

エスパルス、大前元紀の右クロスに河井陽介がペナルティエリア内へ走り込んだが相手のチェックにあい体勢を保てずパスが出た時には倒れてしまう。

前半 39分

エスパルス、サイドチェンジから高木俊幸が左クロス。相手へのワンタッチを狙って左CKを得る。キッカーは高木俊幸。ファーへ蹴り込んだがゴールラインを割る。

前半 41分

FC東京、右スローイン。右でパスをつないで河野広貴がペナルティエリア手前右から高橋秀人をペナルティエリア内へ走らせるパスを出したがオフサイド。

前半 42分

エスパルス、ベンチ横でサブメンバーがアップ中。GK櫛引政敏が一番身体を動かしている。

前半 43分

FC東京、右CK。キッカーは太田宏介。ペナルティエリア内二アで森重真人が競ったがクリア。なおもFC東京ボール。太田宏介の右クロスをゴール左ポストサイドで武藤嘉紀がヘディングシュート。これが決まって0-2。

前半 44分

エスパルス、左本田拓也からノヴァコヴィッチへスルーパスもわずかに意思が合わない。その場で2人は互いに欲しかった場所と出したかった場所を指さし確認。

前半 48分

FC東京、右サイドから中央へのパスを奪われ相手がカウンター。ファウル覚悟で河井陽介がカバーに入り止める。河井陽介にイエローカード。中央左よりでFK。ペナルティエリア内でエキサイト。主審が止めに入る。キッカーは太田宏介。直接狙ったボールはゴール右いっぱいに吸い込まれ0-3。

前半 49分

エスパルスボールでリスタートも直後に前半終了のホイッスル。

前半 49分

前半を終え0-3。

後半 1分

FC東京ボールでキックオフ。

後半 1分

エスパルス、吉田豊から高木俊幸が受けてキープし中央へ運んで本田拓也から右のヤコヴィッチ、そして大前元紀へ。ファウルがありFK。バックラインでキープし右のヤコヴィッチが受けようとしたがクリアされスローイン。今度は左へ展開。中央から右の大前元紀へワイドな展開もゴールラインを割る。

後半 2分

FC東京、右サイド突破から河野広貴が強引なシュートもゴールラインを割る。

後半 3分

エスパルス、いつ呼ばれてもいいようにベンチ横で村田和哉が身体を動かし続けている。

後半 3分

エスパルス、吉田豊のアーリークロスにノヴァコヴィッチが走っていたが手前でカットされる。1工夫が足りず単調な攻めになっている。

後半 4分

エスパルス、ヤコヴィッチが大前元紀とのワンツーからするするペナルティエリア右までキープし直接シュートもGK権田修一がキャッチ。

後半 5分

FC東京にメンバー交代羽生直剛に代え東慶悟。

後半 6分

エスパルス、自陣内でFK。速いリスタートを狙うが主審に蹴り直しを指示される。右でヤコヴィッチが受けてドリブルをしかけようとしたが武藤嘉紀にコースをけされタッチラインを割る。

後半 7分

FC東京、徳永悠平の右サイド突破からのクロスに武藤嘉紀がペナルティエリア内へ飛び込んでいたがゴール左外。

後半 8分

エスパルス、「苦しいけれどピッチで戦うことが仕事だ」と大榎監督のハーフタイムコメント。ディフェンスラインの確認とサイドと中央との攻撃バランスへの指示が出た模様。

後半 10分

エスパルスにメンバー交代。大前元紀に代え村田和哉。前節熱中症で試合後病院に搬送されており、握手で監督に迎えられるが悔しそう。

後半 11分

エスパルス、中央右の村田和哉が縦への突破からの折り返し。ノヴァコヴィッチのシュートははじかれたが高木俊幸がこぼれを押し込む。しかしこれも左ポスト。

後半 12分

FC東京、中央で高橋秀人が運んで体勢を崩して倒れたがボールはそのまま武藤嘉紀が引き継ぎペナルティエリア内右からシュート。これが決まって0-4。

後半 14分

エスパルス、河井陽介に代え石毛秀樹。

後半 14分

FC東京にメンバー交代。河野広貴に代え三田啓貴。

後半 16分

エスパルス、サイド攻撃に偏った前半、後半は中央突破が増えたが村田和哉がワイドなポジションでパスを待っている。

後半 17分

エスパルス、中央本田拓也から左の高木俊幸がパスを受けドリブル中央まで運んで右足シュート。こぼれを村田和哉がシュートもワンタッチあり右CKへ。キッカーは高木俊幸。この間に大榎監督は六平光成に声をかける。ファーへ抜けたボールがノヴァコヴィッチの目の前でワンバウンドもファーへ抜ける。

後半 19分

FC東京、中央高橋秀人からの縦パスはGK相澤貴志がキャッチ。

後半 19分

FC東京、高橋秀人がヤコヴィッチにファウル、逃げたが主審が呼び戻し注意もカードは出ず。

後半 20分

エスパルス、中央右からの縦パスにペナルティエリア内右で石毛秀樹が落ち込んだがスライでイングでカットされ左CKへ。ゴールコールもクリアされる。石毛秀樹がチェックにいき相手カウンターを阻止。

後半 22分

FC東京、左東慶悟から一気に右サイドエドゥーから三田啓貴が受けて右クロスもペナルティエリア内はセーフティクリア。

後半 23分

FC東京、左サイドでのキープから中央左を東慶悟がドリブルからペナルティエリア手前でシュート。クロスバーの上へそれる。

後半 24分

エスパルス、左高木俊幸がドリブルキープから村田和哉へ預けてペナルティエリア右外へ。パスで繋ぐが石毛秀樹がバックパス。仕切り直して中央本田拓也から左の吉田豊へ。クロスはペナルティエリア右外へ流れ高木俊幸がオーバーヘッドでなんとか折り返したがクリアされる。

後半 26分

エスパルス、ヤコヴィッチから本田拓也が受けて杉山浩太から左の吉田豊。中央で石毛秀樹が顔を出し左へ展開もタッチラインを割る。

後半 28分

エスパルス、石毛秀樹が運んでペナルティエリア手前からルックアップしロングシュートも枠外。悔しそうに天を仰ぐ。

後半 29分

エスパルス、右ノヴァコヴィッチから中央高木俊幸が受けてペナルティエリア手前からシュートもクロスバーの上。ピッチを拳で叩く。

後半 31分

エスパルス、中央ノヴァコヴィッチから縦パスを受けた高木俊幸が村田和哉へパス。折り返したボールはクリアされる。

後半 32分

両チームにメンバー交代。エスパルスは高木俊幸に代え高木善朗。FC東京はエドゥーに代え平山相太。

後半 33分

FC東京、入って早々平山相太がペナルティエリア手前左からシュートも大きくゴール右外。

後半 35分

エスパルス、最終ラインでのキープからヤコヴィッチが右でパスを受けて平岡康裕から縦パスで高木善朗へ。右の村田和哉が縦への突破から折り返すもGKボール。

後半 36分

FC東京、左太田宏介がドリブルで持ち運んでクロスも平岡康裕がクリア左スローインへ。東慶悟から平山相太が受けたが本田拓也があっさりカット。

後半 37分

エスパルス、中央高木善朗からノヴァコヴィッチがペナルティエリア手前で受けてDFが寄せていたが強引にシュート。DFに当たる。

後半 38分

FC東京、左太田宏介からグラインダーのボールを武藤嘉紀が受けて太田宏介へ戻すともう一度ペナルティエリア内の武藤嘉紀へ当てて落としてもらったボールをペナルティエリア内でシュート。ワンタッチあり右CKへ。キッカーは太田宏介。ファーへ抜けたボールを折り返されたがGK相澤貴志がキャッチ。

後半 40分

FC東京、GKからのリスタート。縦パスに平山相太が反応も杉山浩太が寄せてボールを受けさせない。

後半 42分

エスパルス、ひだり石毛秀樹が中央へ運んで本田拓也、高木善朗とつないだがカットされる。すぐに奪いかえして中央本田拓也からヤコヴィッチ、村田和哉と右に展開。だがペナルティエリア右外で太田宏介にボールを奪われる。

後半 43分

エスパルス、高木善朗のカウンターから右CK。キッカーは高木善朗。二アでクリアされたが右スローイン。ゴールコールが響いている。ヤコヴィッチから村田和哉、高木善朗とつないでヤコヴィッチを縦へ走らせるもコーナー付近で太田宏介ともみ合いになりヤコヴィッチのファウルとなる。

後半 45分

エスパルス、中央高木善朗から左のノヴァコヴィッチが受けてペナルティエリア内へシュートははじかれたが石毛秀樹がこぼれを拾ってキープ。吉田豊がカバーにあがり、ペナルティエリア内へ。高木善朗が吉田豊をおとりにペナルティエリア手前からシュートもクロスバーの上。

後半 46分

FC東京、森重真人が痛んでいてゲーム中断。主審に速く出るよう促される。

後半 46分

アディショナルタイムは4分

後半 47分

FC東京、森重真人がピッチへ戻る。

後半 47分

エスパルス、中央本田拓也から右のヤコヴィッチが受けて縦パス。村田和哉からヤコヴィッチが戻して中央六平光成から左へ展開。吉田豊が受けて石毛秀樹を走らせるがパスが通らない。

後半 48分

エスパルス、右ヤコヴィッチと太田宏介が接触。ヤコヴィッチのファウルに東慶悟が猛抗議。

後半 50分

エスパルス、右スローイン。高木善朗が受けて村田和哉へ繋ごうとしたがここでホイッスル。

後半 51分

4-0で敗戦。ご声援ありがとうございました。

後半 51分

敗戦もサポーターからはエスパルスコールと大声援。苦しいリスタートとなりましたが、引き続きご声援をよろしくお願いします。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
大榎 克己監督

・苦しいけどピッチで戦うことが仕事だ。

・ディフェンスラインの確認をしっかり。

・サイドと中央からの攻撃をバランス良く。

FC東京
マッシモ フィッカデンティ監督

・後半も、この調子を持続させよう。

・相手のセットプレー時のポジショニングを確認すること。

・FWもしっかり戻って守備をしよう。

COACH COMMENT

大榎克己監督

今日の試合の入り方としては守備のところを意識していたが、前半3失点してしまった。不運な部分はあるが、ラインのコントロール、人への寄せの甘さはあった。
3日間の練習で守備の形やラインのそろえ方の最低限の約束事を作ってきた。それが整っているときは良かったが、相手の攻撃がカウンターぎみの時に課題が出てしまった。
自分がもっとこうしたいということを選手に言い過ぎると、彼らを混乱させることとなり、得策ではないと思ったので、基本的には今までと同じの流れで、同じメンバーで試合に入った。しかし、失点が多かったのは非常に残念だった。
一方、攻撃の練習は時間がなくてほとんどできず、選手たちに任せていところはある。低いところでボールを捕ると、なかなかボールが前に進まずに後ろでボールをまわしているだけだったり、サイドに振ってもスピードアップしていけなかった。
サイドから何回か突破するチャンスがあり、そこで点を取りたかった。

その中で、一番嬉しかったのは、点差が開いても選手たちが最後まで戦ってくれたこと。自分も選手をやっていたのでわかるが、前半で0-3となると気持ちが切れてしまう部分、ゲームを捨ててしまう部分がある。何かをやらなければならないと選手が感じながらプレーしてくれたと思うので、今後に向けて明るい光は見えたと感じた。

私個人としては、試合前の準備に追われて、それ以外を考えている余裕がなく、緊張する暇はなかったように思う。自分の理想としては、観ているファンが楽しいと思ったり、またスタジアムに来たいと思うようなサッカーである。もちろん、その中で結果が出せないと机上の空論で終わってしまい、ファンの皆さんが満足することはない。そこを擦り合わせながらも自分たちが満足できるプレーができれば、ファンにも満足してもらえると思うので、それを目指しながら、さらに愛されるチームを作っていきたい。

PLAYERS' COMMENTS

杉山 浩太

大榎監督と会場へ駆けつけていただいたファン・サポーターの皆さんの為にも勝利したかったが残念な結果になってしまった。就任して3日間のトレーニングだったが、その中でも細かい修正や決まりごとがはっきりしていて正しい道へ進んでいると実感している。役割も少しずつ明確になっているし選手たちも3日間だけですが手応えを感じてきているので、限られて時間の中でしっかり修正し大榎監督を信じて戦っていきたい。

平岡 康裕

大榎監督のために何としてでも勝利したかった。簡単にボールを失うことが多かったが、失った瞬間に素早く切替ることを意識することができた。失点に関しては、自分たちのミスから簡単にやられてしまっていたのでミスを減らすこととDFラインのギャップが開いているので適度な距離感を保てるようにしっかり修正していきたい。

六平 光成

もったいない失点だった。特に柏戦から大きくやることは変わってないが、選手たちでしっかりパスをつないでいこうと話していた。崩されている感じは無かったので、これから少しずつ前進して進化していけるように日々トレーニングしていきたい。

高木 俊幸

環境が変化してもプレーするのは選手たち自身なので、この結果に責任を重く受け止めている。ただ本当に監督のために勝ちたかった。攻撃は簡単に改善することはできないと思うし、これから細かい部分を修正しながら連携を深めていきたい。あとは個人的には、しっかりシュート精度を高めていきたいし、自分の得意な姿勢でシュートが打てるようにドリブル突破を意識していきたい。

石毛 秀樹

負けている状況だったので前でプレーすることだけを意識していた。トレーニングの中で、ポジショニングの細かい動き方や修正があり、今日の試合では細かなパス交換ができたと思う。個人的にも、相手の嫌がる狭いスペースでボールを受けたり仕掛ける回数が増えたので、もっともっとシュート精度を上げて相手の脅威になる選手になっていきたい。大榎監督になって3日間しかなかったが、焦らず今日より明日、今週より来週と日々成長していく姿を見せていきたい。あとは早く大榎監督へ初勝利をプレゼントしたい。