清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

Jリーグ ディビジョン1 第21節  2014.08.23 Sat 18:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 大前 元紀(31分)

試合終了

  • 1前半0
  • 0後半3
DAZN

3

  • 小笠原 満男(61分)
  • 小笠原 満男(68分)
  • ダヴィ(72分)
ロゴ:鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 櫛引 政敏
28 DF 吉田 豊
3 DF 平岡 康裕
19 DF ヤコヴィッチ
2 DF イ キジェ
7 MF 本田 拓也
16 MF 六平 光成
10 MF 大前 元紀
17 MF 河井 陽介
8 FW 石毛 秀樹
18 FW ノヴァコヴィッチ

Substitutes

21 GK 相澤 貴志
25 DF 三浦 弦太
6 MF 杉山 浩太
15 MF 藤田 息吹
22 MF 村田 和哉
11 FW 高木 俊幸
13 FW 瀬沼 優司

鹿島アントラーズ

Line-ups

21 GK 曽ヶ端 準
22 DF 西 大伍
23 DF 植田 直通
15 DF 昌子 源
16 DF 山本 脩斗
20 MF 柴崎 岳
40 MF 小笠原 満男
33 MF カイオ
13 MF 中村 充孝
28 MF 土居 聖真
11 FW ダヴィ

Substitutes

1 GK 佐藤 昭大
4 DF 山村 和也
8 MF ルイス アルベルト
10 MF 本山 雅志
25 MF 遠藤 康
27 MF 梅鉢 貴秀
18 FW 赤崎 秀平

STATS

    45 90   90 45    
    4 6 10 シュート 10 6 4    
    6 4 10 GK 9 6 3    
    0 2 2 CK 1 1 0    
    15 4 19 直接FK 12 6 6    
    1 2 3 間接FK 5 2 3    
    0 2 2 オフサイド 4 1 3    
    0 0 0 PK 1 1 0    
村田 和哉 ← 本田 拓也(73分)
高木 俊幸 ← 石毛 秀樹(78分)
瀬沼 優司 ← 大前 元紀(87分)
交代 (55分)中村 充孝 → 遠藤 康
(65分)カイオ → 山村 和也
(86分)小笠原 満男 → ルイス アルベルト
画像:イエローカードイ キジェ(46分)
画像:イエローカード吉田 豊(59分)
画像:イエローカードノヴァコヴィッチ(90+5分)
画像:レッドカードイ キジェ(66分)
警告・退場 (21分)小笠原 満男画像:イエローカード
(34分)土居 聖真画像:イエローカード
(44分)昌子 源画像:イエローカード
(45+2分)植田 直通画像:イエローカード
(63分)植田 直通画像:イエローカード
(90+3分)遠藤 康画像:イエローカード
(63分)植田 直通画像:レッドカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
13,447人 曇/弱風 22.6℃ 92% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
高橋 信光 井上 知大 大塚 晴弘 竹田 和雄 野田 祐樹 鶴見 智美

GAME FLASH

試合前

本日はお天気が不安定になっています。雷が発生した場合は、場内アナウンスと係員の従いすみやかに避難してください。

試合前

この試合はマックスバリュ東海&日清食品サンクスマッチです。

試合前

スタジアム来場者先着15,000名様に日清食品提供『チキンラーメン』をプレゼント。

試合前

アントラーズの赤崎秀平選手の「崎」は本来「大」が「立」の「たつざき」ですが、フィーチャーフォンでは表記できないため、「崎」で表記します。あらかじめご了承ください。

前半 1分

エスパルスボールでキックオフ。

前半 1分

スタメンはGK櫛引政敏、DFが右から吉田豊、ヤコヴィッチ、平岡康裕イ キジェ、ボランチが本田拓也と六平光成、両サイドに大前元紀、石毛秀樹、2トップにノヴァコヴィッチと河井陽介。

前半 1分

アントラーズのボール回しから左サイドで中村充孝がボールを持ったがヤコヴィッチがブロック。

前半 3分

アントラーズ、左サイド突破でダヴィへのファウルをとられFK。キッカーは小笠原満男、ゴールまで30メートル。壁は河井陽介1人。GK櫛引政敏がキャッチもペナルティエリア内での小競り合いでノヴァコヴィッチとダヴィがエキサイト。ペナルティエリア内が騒然となり審判が仲裁に。

前半 5分

エスパルス、GK櫛引政敏からのリスタート。ロングボールをノヴァコヴィッチへ出したがクリアされる。セカンドボールを拾いにいった本田拓也へファウルがあり、中盤右でFK。ゴールまで30メートル。壁は2枚。大前元紀がまたいだボールをイ キジェが左足でペナルティエリア内へ蹴り込んだがゴールラインを割りGKボールへ。

前半 6分

アントラーズ、ペナルティエリア左外で土居聖真がポゼッションし山本脩斗へスイッチ。強引に縦へ突破をはかるが吉田豊がカバーに入り相手ボールのままゴールラインを割る。

前半 7分

アントラーズ、左サイドダヴィへ出したボールは背後へ流れ、中村充孝が拾ったが吉田豊がカバー。ここでもゴールラインを割らせる。サポーターからは吉田コール。

前半 8分

アントラーズ、右サイドからのDF裏へのロングボール。ダヴィが走ったがクリアし右スローイン。右クロスは平岡康裕がクリアし再び右スローイン。ダヴィが落としたボールをカイオが受けて繋ごうとしたが足下につかない。右スローインとなるが、パスミスからエスパルスボールへ。

前半 10分

エスパルス、左サイドからサイドチェンジを受けた大前元紀がドリブルをしかけようとしたが中盤で倒されFK。本田拓也から平岡康裕、六平光成、平岡康裕とつないで左石毛秀樹からいったん最終ラインへ戻すと平岡康裕が大前元紀を縦へ走らせるロングボール。だがこれはDFにカットされる。

前半 11分

アントラーズ、カウンターから西大伍が右サイド突破をクロスで折り返し、はじいたボールを小笠原満男がシュートもGK櫛引政敏がセーブ。

前半 12分

エスパルス、中盤左でFK。ゴールまで30メートル。キッカーは大前元紀。ゴール前に走り込んだ平岡康裕へパスが出たがGKがキャッチ。

前半 13分

アントラーズ、ペナルティエリア右からのクロスをファーで折り返して最後は中村充孝がシュートもペナルティエリア内は集中にしてブロック。

前半 15分

ここまではアントラーズが手数をかけずサイドを使って攻撃をしかけているが、エスパルスがペナルティエリア内で集中して守っている。

前半 15分

エスパルス、中央でFK。ゴールまで20メートル。キッカーはノヴァコヴィッチ。直接狙うがゴール右上へそれる。

前半 16分

エスパルス、左石毛秀樹と河井陽介でパスで崩してペナルティエリア内へ突破をはかるがクリアされる。

前半 18分

エスパルス、ノヴァコヴィッチへのファウルがあり、自陣内でFK。GK櫛引政敏からヤコヴィッチ、吉田豊と右につないで中盤スペースへスルーパスも大前元紀と本田拓也の間に出てしまいボールを失う。

前半 20分

エスパルス、中央から右の吉田豊が受けて縦パス、ペナルティエリア右外で大前元紀が受けるもクロスはクリアされる。なおもエスパルスボール。パスをつないで石毛秀樹から中央スペースの本田拓也を経由し右の吉田豊へ。ドリブルで絞って石毛秀樹とスイッチ。本田拓也、吉田豊とつないでいるところで吉田豊が倒される。

前半 21分

アントラーズ、小笠原満男にイエローカード。

前半 21分

エスパルス、中盤右よりでFK。キッカーはイ キジェ。ゴールまで20メートル。壁は1枚。ペナルティエリア内へのボールはクリアされる。

前半 23分

アントラーズ、カウンターからサイドチェンジ。ダヴィがペナルティエリア内へ出したボールはペナルティエリア内ゴール前でワンバウンドもクリア。

前半 24分

エスパルス、中央大前元紀から右の吉田豊へパスが出たがスライディングされボールをキープできず。

前半 25分

アントラーズ、中央でFK。キッカーは小笠原満男。ペナルティエリア内右に出したが平岡康裕がヘッドでクリアし右スローイン。ダヴィが受けて右サイドでポゼッション。バックラインでつないで左サイドを縦に展開。山本脩斗が走ったがタッチラインを割る。

前半 26分

エスパルス、中盤中央右よりでFK。大榎監督が吉田豊を呼び指示をしている。吉田豊は六平光成に声をかけ、大前元紀にも声をかける。キッカーはイ キジェ。ゴール前でワンバウンドするボールはGKキャッチ。

前半 27分

アントラーズ、最終ラインから右に展開。西大伍がヒールでつなごうとしたがタッチラインを割る。

前半 29分

エスパルス、右スローイン。最終ラインへ戻して平岡康裕がドリブルで持ち上がって左の石毛秀樹へ。しかし手前でカットされる。

前半 30分

エスパルス、自陣中盤やや右で吉田豊が倒されFK。左イ キジェからのクロスをノヴァコヴィッチが逆サイドの石毛秀樹へパス。折り返したボールをペナルティエリア内中央大前元紀が押し込みGOALGOALGOAL!!!エスパルス先制。

前半 32分

アントラーズ、左小笠原満男からのクロスに複数選手がゴール前へ飛び込むがルーズボールはGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 33分

エスパルス、左六平光成からペナルティエリア内へ飛び込んだ河井陽介へパスが出たがクリアされる。

前半 34分

エスパルス、中盤左で石毛秀樹が倒されFK。土居聖真にイエローカード。キッカーは大前元紀。ゴールまで30メートル。ペナルティエリア内ノヴァコヴィッチへ出したがDFと当たって体勢を保てない。

前半 38分

エスパルス、自陣左サイドでFK。キッカーは平岡康裕。縦パスをノヴァコヴィッチが受けようとしたがファウルをとられる。

前半 39分

エスパルス、ヤコヴィッチのスライディングから六平光成、大前元紀とつないで中盤左のノヴァコヴィッチへパスもわずかにずれて通らない。

前半 40分

アントラーズ、右サイドでFK。キッカーは小笠原満男。ゴールまで30メートル。ペナルティエリア内へのボールはGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 42分

エスパルス、ペナルティエリア手前でノヴァコヴィッチが受けてペナルティエリア手前へパス。河井陽介が受けて中央石毛秀樹、六平光成とつないで大前元紀へくさびを入れたがカットされる。

前半 43分

アントラーズ、右スローイン。中央でパスをつないで右に展開。ペナルティエリア手前で土居聖真がこぼれをシュートもGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 44分

エスパルス、ノヴァコヴィッチが縦パスを受けようとしたがファウルで止められる。昌子源にイエローカード。FK。キッカーはイ キジェ。ゴールまで30メートル。壁は2枚。石毛秀樹がゴール左に飛び込んだがシュートはゴール左外。

前半 46分

アディショナルタイムは2分。

前半 47分

エスパルス、GK櫛引政敏からのリスタート。ノヴァコヴィッチへの縦パスはここでもファウル。植田直道へイエローカード。アントラーズベンチは全員出てきて抗議。左サイドでFK。キッカーは大前元紀。壁は2枚。ペナルティエリア内へのボールはクリアされここでタイムアップ。

後半 1分

アントラーズボールでキックオフしました。

後半 1分

アントラーズ、ペナルティエリア右外でFK。ほとんど角度がないところでイ キジェにイエロー。キッカーは小笠原満男。壁は1枚。ファーへ抜けたボールをダヴィが折り返しカイオがシュートもポスト直撃。

後半 3分

エスパルス、ノヴァコヴィッチ、河井陽介、石毛秀樹とペナルティエリア手前で3人が至近距離でパスを回して河井陽介がペナルティエリア内へパスもGKボール。

後半 4分

エスパルス、左サイド石毛秀樹から河井陽介を走る縦パスが出る。ペナルティエリア内左からクロスもクリアされる。

後半 5分

アントラーズ、右サイドでFK。キッカーはイ キジェ。ゴールまで35メートル。こぼしたところに石毛秀樹が頭で飛び込んだがシュートはDFに当たってしまう。

後半 6分

アントラーズ、右CK。キッカーは小笠原満男。昌子源が飛び込んだがゴール左外。

後半 7分

エスパルス、左サイドでFK。キッカーはイ キジェ。ゴールまで35メートル。ゴール前でワンバウンドするライナー性のボールはGK曽ヶ端隼がキャッチ。リスタートもすぐにエスパルスボール。石毛秀樹が右サイド突破からクロスも中と合わず。

後半 9分

エスパルス、中央六平光成から左イ キジェがクロス。ゴール前には大前元紀が入ったが、GK曽ヶ端隼がキャッチ。

後半 10分

アントラーズにメンバー交代。中村充孝に代え遠藤康。

後半 11分

エスパルス、大前元紀がペナルティエリア内で受けたボールをマイナスのドリブルからターンしてシュートもゴール左外。

後半 12分

エスパルス、右吉田豊からノバが受けて中央石毛秀樹がペナルティエリア内河井陽介へ縦パス。しかしわずかにGKが先にキャッチ。おもわず悔しすぎてジャンプする石毛秀樹。

後半 13分

エスパルス、カウンターからペナルティエリア内へノヴァコヴィッチが持ち込むが2人がかりで止めにきてボールをキープしきれない。

後半 14分

アントラーズ、カイオがペナルティエリア内への突破をはかったところでファウル。PKへ。吉田豊へイエロー。キッカーは小笠原満男。右すみいっぱいに決まって試合は振り出しに。

後半 16分

エスパルス、イ キジェからノヴァコヴィッチへパスが出たがクリアされ六平光成から石毛秀樹へ。パスは相手がカットし左スローイン。ノヴァコヴィッチが受けてペナルティエリア手前本田拓也から河井陽介へパス。これはカットされたがこぼれを本田拓也がシュート。クロスバーの上へそれたが気持ちは伝わってきた。

後半 17分

アントラーズ、中央ノヴァコヴィッチへのファウルがあり植田直道がイエローカード。2枚目のため退場処分。

後半 18分

エスパルス、FK。左へ展開し、石毛秀樹が切り返してペナルティエリア内へボールを送ったがDFにあたり小笠原満男がキャッチ。

後半 19分

アントラーズにメンバー交代。カイオに代え山村和也。退場で1人足りなくなったDFを入れ、攻撃選手を1人減らす。

後半 20分

アントラーズ、左サイドからの縦パス。遠藤康へのパスへカバーに入ったイ キジェがファウルをとられる。得点機会阻止とみなされ、一発レッド。サポーターは拍手でイ キジェを迎える。

後半 21分

アントラーズ、ペナルティエリア手前でFK。キッカーは小笠原満男。直接決め1-2。

後半 24分

エスパルス、長いパスでのキープから六平光成が大前元紀からのパスをつないで河井陽介から本田拓也が受けてシュート。DFのこぼれを六平光成もシュートしたがGKがキャッチ。

後半 26分

アントラーズ、ペナルティエリア手前左からの遠藤康のクロスをダヴィが押し込み1-3。

後半 27分

エスパルスにメンバー交代。本田拓也に代え村田和哉。

後半 28分

エスパルス、石毛秀樹がサイドバックに下がる。ボランチは六平光成と河井陽介 左に大前元紀、右に村田和哉。

後半 29分

アントラーズ、GK曽ヶ端隼から右の西大伍へパスが出たが石毛秀樹がクリア。右スローインからサイドチェンジし土居聖真が縦へドリブルでキープ。左クロスはヤコヴィッチが胸で落として吉田豊がクリア。

後半 31分

エスパルス、平岡康裕から左石毛秀樹が受けてドリブルも縦へぬけようとしたところでゴールラインを割る。

後半 32分

エスパルス、中央六平光成からの縦パスはGK曽ヶ端隼がキャッチ。

後半 33分

エスパルスにメンバー交代。石毛秀樹に代え高木俊幸。河井陽介が左サイドバックへ移動。高木俊幸は左サイドへ。大前元紀はトップ下に。六平光成をアンカーへ。

後半 34分

エスパルス、中央ヤコヴィッチから縦パスを受けたノヴァコヴィッチが右の六平光成へパス。下がって大前元紀が受けて河井陽介、高木俊幸、河井陽介とつないで左の大前元紀へ出すとクロス。ノヴァコヴィッチと村田和哉がペナルティエリア内へ入っていたが、GK曽ヶ端隼がキャッチ。ノヴァコヴィッチが激しいチェックにあいイライラしている。

後半 37分

アントラーズ、GK曽ヶ端隼からペナルティエリア右でダヴィが持ち込もうとするも平岡康裕がブロック。ゴールラインを割る。

後半 38分

エスパルス、右CK。キッカーは大前元紀。二アで平岡康裕が触ったがこぼれはクリアされる。

後半 39分

アントラーズ、リードしているためスペースでパスをつないで攻めてこない。

後半 40分

アントラーズにメンバー交代。小笠原満男に代えルイス アルベルト。

後半 41分

エスパルス、左河井陽介からクロスが入り、高木俊幸と大前元紀が飛び込んだがGK曽ヶ端隼がキャッチ。

後半 42分

エスパルス、右村田和哉から吉田豊が受けてクロス。クリアボールを大前元紀がシュートもゴール左外。

後半 43分

エスパルスにメンバー交代。大前元紀に代え瀬沼優司。

後半 43分

アントラーズ、遠藤康がペナルティエリア手前左からシュートもGK櫛引政敏が危なげなくキャッチ。

後半 43分

エスパルス、インターセプトから瀬沼優司、ノヴァコヴィッチとつないで高木俊幸へパスも繋がらない。右吉田豊から右の高木俊幸が受けたがここもチェックが厳しくポゼッションできない。

後半 45分

エスパルス、右CK。キッカーは高木俊幸。ゴールコールのなか、平岡康裕が二アで競ったがボールはクリアされ右スローイン。河井陽介が右アーリークロスもペナルティエリア内でクリアされる。

後半 46分

アディショナルタイムは5分です。

後半 47分

アントラーズ、右の西大伍が競ったボールを遠藤康がペナルティエリア右外へ走るがオフサイドとわかっていてゴールライン方向のボールを蹴ったためイエローカード。

後半 48分

エスパルス、六平光成から河井陽介が受けて縦パス。ノヴァコヴィッチがゴールを背に受けペナルティエリア手前でターンしシュートもクロスバーの上。

後半 50分

エスパルス、ヤコヴィッチからの縦パスをノヴァコヴィッチが受けようとしたが厳しいチェックでつなげない。なおもエスパルスボール。ペナルティエリア左でつないで右からのクロスにペナルティエリア内ノヴァコヴィッチが倒れたがノヴァコヴィッチへイエローカード。

後半 51分

タイムアップ。1-3でアントラーズが勝利。ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
大榎 克己監督

・前半はプラン通り。良くやった。

・切り替えのところをしっかり集中すること。

・ディフェンスラインを下げないで、相手をペナ内に入れないように。

鹿島アントラーズ
トニーニョ セレーゾ監督

・自分たちが前掛かりになる時こそ、守備の意識を高く持つこと。

・焦らず、気持ちとボールを落ち着けて、自分たちのサッカーを表現し続けよう。

・後半はギアを上げて、ポジティブなプレーを心掛けてほしい。

COACH COMMENT

大榎 克己監督

前半はゲームプラン通りに形を作ることができ、特に守備については良くできていたと思う。
立ちあがり、相手が前に人数やパワーをかけてくることが多かったが、よく体を張って頑張ってくれた。

後半になると、こちらもチャンスを作るなか、向こうの縦に早く、ドリブルが得意な選手を使ってのカウンターへの対応というところで、ファールでないと止められない状況があった。それほど無理をしなくてもいい場面もあったが、結局それによってPKやフリーキックから2失点されたことは非常に残念だった。
後半、相手が1人退場となり数的有利で、いけるかなと思った矢先にこちらも退場者を出してしまった。その後、逆転され、最後には3点目を決められて攻め手がない状況にしてしまった。
後半は全体的にボールの失い方が悪かった。一番良いのはネットを揺らすことだが、攻撃をやりきって自分たちが整える時間を作ることが、なかなかできなかった。
サッカーはミスのスポーツであり、ミスすることはしょうがない。しかし、その後の切り替えが大事。少し疲れもあったかもしれないが、そのあたりがルーズになってしまった。


<キッズドリームプラン 参加小学生からの質問>
Q:
これから順位を上げるためのポイントはどういうところだと思うか?
A:
今日は3点とられたということは4点取らないと勝てない。順位を上げるためには勝たなければならない。そのためには点を取られないこと、そして点を取ること。もう一回、まずは守備のところで簡単に奪われない、そして点を取るにはどうすればいいのかをチームとして取り組んでいきたい。

PLAYERS' COMMENTS

大前 元紀

前半は、流れの中でしっかりと得点することができ、自分たちのサッカーができていたと思う。後半も前半と同じやり方で入ったが、相手の退場で数的優位になり、点を取らなければという気持ちで焦っていたかもしれない。冷静に“一人多い”ことを認識して、余裕を持ってボールポゼッションすることも考えなければいけなかった。次のアウェイでは、チーム一丸となって、しっかり勝ち点3を取れるように準備したい。

村田 和哉

自分が出場した時には、ちょうど3失点目直後で相手も余裕を持っている状態だった。なかなかボールに触れることができず、自分らしいプレーも表現できず守備に時間を費やされてしまった。本当であれば、途中交代の選手が流れを変えなければいけないが、今日は監督のプランに応えられず情けなかった。ただ、前に進むしかないので日々のトレーニングから切磋琢磨していきたい。

河井 陽介

前半はある程度、自分たちのペースで進めることができた。しかし、後半は立ち上がりから素早いプレッシャーに圧倒され、リズムを掴むことが難しかった。自分が決めるべきところで決めていれば勝てた試合だったかもしれない。本当にチームやファン・サポーターのみなさんに申し訳ない。

平岡 康裕

前半は鹿島を相手に、プラン通りの対応ができていた。後半に入ってからは、少しずつパスをまわすテンポが遅くなり、リズムも崩れてしまった。自分たちの細かいミスも重なり、セットプレーから連続で失点してしまい、相手に献上するような形になった。単純なミスを減らし、1対1の守備対応や組織として狙いを持ってボールを奪えるように連動した動きができるようにしていきたい。