清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

Jリーグ ディビジョン1 第23節  2014.09.13 Sat 15:06 エコパスタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 平岡 康裕(76分)

試合終了

  • 0前半2
  • 1後半2
DAZN

4

  • 森脇 良太(22分)
  • 李 忠成(28分)
  • 槙野 智章(72分)
  • オウンゴール(90+1分)
ロゴ:浦和レッズ

浦和レッズ

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 櫛引 政敏
28 DF 吉田 豊
37 DF ブエノ
3 DF 平岡 康裕
34 DF 水谷 拓磨
16 MF 六平 光成
7 MF 本田 拓也
11 MF 高木 俊幸
8 MF 石毛 秀樹
10 FW 大前 元紀
18 FW ノヴァコヴィッチ

Substitutes

21 GK 相澤 貴志
27 DF 廣井 友信
15 MF 藤田 息吹
23 MF 高木 善朗
24 MF 高木 純平
13 FW 瀬沼 優司
22 FW 村田 和哉

浦和レッズ

Line-ups

21 GK 西川 周作
46 DF 森脇 良太
4 DF 那須 大亮
5 DF 槙野 智章
14 MF 平川 忠亮
22 MF 阿部 勇樹
13 MF 鈴木 啓太
3 MF 宇賀神 友弥
8 MF 柏木 陽介
20 MF 李 忠成
30 FW 興梠 慎三

Substitutes

18 GK 加藤 順大
17 DF 永田 充
6 MF 山田 直輝
7 MF 梅崎 司
11 MF 関口 訓充
16 MF 青木 拓矢
26 MF 関根 貴大

STATS

    45 90   90 45    
    2 6 8 シュート 5 3 2    
    4 3 7 GK 7 6 1    
    0 3 3 CK 6 4 2    
    9 7 16 直接FK 9 4 5    
    1 1 2 間接FK 1 1 0    
    1 1 2 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
高木 善朗 ← 水谷 拓磨(69分)
村田 和哉 ← 本田 拓也(80分)
交代 (78分)宇賀神 友弥 → 梅崎 司
(82分)李 忠成 → 青木 拓矢
(87分)平川 忠亮 → 永田 充
画像:イエローカードノヴァコヴィッチ(29分)
警告・退場 (32分)柏木 陽介画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
19,059人 晴/無風 24.9℃ 51% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
榎原 徹夫 木村 博之 金井 清一 平間 亮 聳城 巧 鶴見 智美

GAME FLASH

試合前

エコパスタジアムにご来場のみなさま。本日は気温が高くなっています。各自水分&ミネラルを補給し、熱中症対策をお願いします。気分がすぐれない方は最寄りスタッフへお知らせください。

試合前

前節までの成績は7勝4分11敗勝点25の12位。対する浦和は13勝5分4敗勝44点の首位。

試合前

今日はサークルKサンクスデーです。

前半 1分

エスパルスボールでキックオフしました。

前半 1分

スターティングメンバーはGK櫛引政敏、DFが3枚で右からブエノ、六平光成、平岡康裕。ほぼ5バック気味に両ウイングバックに吉田豊と石毛秀樹。ボランチに水谷拓磨と本田拓也、前3枚が大前元紀、ノヴァコヴィッチ、高木俊幸。

前半 2分

レッズ、最終ラインでキープし縦パス。興梠慎三が受けたがオフサイド。

前半 3分

エスパルス、FK。GK櫛引政敏からのリスタート。縦パスをノヴァコヴィッチが競ってこぼれを水谷拓磨から吉田豊、大前元紀とつないでノヴァコヴィッチが受けてもう一度右の吉田豊へ。クロスがあがったがペナルティエリア内でクリアされ右スローイン。

前半 4分

エスパルス、スローインから右でパスをつないだがクリアされもう一度リスタートは左へ展開。石毛秀樹のアーリークロスがペナルティエリア内でクリアされる。

前半 5分

エスパルス、ノヴァコヴィッチへの縦パスは中盤でルーズになったが水谷拓磨が拾って左の高木俊幸へ。ドリブルでペナルティエリア手前まで持ち込んだが球離れがワンテンポ遅くDFにクリアされる。

前半 7分

レッズ、左サイド突破から左CKへ。キッカーは柏木陽介。ファーで森脇良太が競ったが、クリアし再び左CK。キッカーは柏木陽介。宇賀神友弥に預けてもらいかえしていったん最終ラインへ。右サイドにチェンジしアーリークロス。ペナルティエリア内左で残っていた槙野智章がシュートもミートしきれず危なげなくクリア。

前半 9分

エスパルス、平岡康裕からの縦パスに高木俊幸が反応もクリアされる。こぼれを拾って再び高木俊幸。ドリブルで運び切り返してペナルティエリア手前左よりシュートもGKボール。

前半 10分

レッズ、左槙野智章から那須大亮が受けて阿部勇樹へ戻し、もう一度那須大亮から中央鈴木啓太をつかいながら最終ラインでキープ。鈴木啓太から左サイド前方の宇賀神友弥んへ一気に大胆な展開。吉田豊がケアし左スローイン。宇賀神友弥からペナルティエリア内へボールが入るがクリア。中盤で短いパスを繋いでキープし右サイドへ平川忠亮を走らせたが石毛秀樹がクリア。

前半 12分

エスパルス、左高木俊幸のクロスにノヴァコヴィッチがファーでシュートもポストにはじかれる。なおもエスパルスボール。高木俊幸の左クロスはファーへ抜けGKがキャッチ。大チャンスに浦和スタンドから悲鳴があがる。

前半 16分

エスパルス、GK櫛引政敏からのリスタート。クリアこぼれを本田拓也が奪いに行ったが、ファウルをとられる。

前半 17分

エスパルス、互いに中盤での攻防がはげしくうまくボールをつなげられない。

前半 18分

レッズ、柏木陽介がペナルティエリア左外からクロスもファーへ抜ける。

前半 19分

レッズ、縦パスに平川忠亮が反応。受けてペナルティエリア手前の興梠慎三へ戻したがタイミングが合わずエスパルスボール。

前半 20分

エスパルス、GK櫛引政敏からのリスタート。ノヴァコヴィッチがバイタルエリアで倒されペナルティエリア手前でFK。キッカーは大前元紀。ゴールまで20メートル強。ペナルティエリア内へのボールはクリアされたがなおもエスパルスボール。最後はペナルティエリア手前右よりから高木俊幸がシュートもGKボール。

前半 22分

レッズ、右平川忠亮からの折り返しを最後は森脇良太がグラウンダーのシュート。これが決まりレッズが先制0-1。

前半 24分

レッズ、左スローイン。最終ラインへ戻してキープ。本田拓也やノヴァコヴィッチがプレスに行くとGKへ戻す。

前半 26分

レッズ、縦パスに興梠慎三がペナルティエリア右外へ走ったが、六平光成がカバーに入りクリア。

前半 26分

レッズ、中央でファウルがありFKへ。キッカーは阿部勇樹。左の槙野智章が受けようしたが大前元紀がファウルをとられFK。ゴールまで35メートル。キッカは槙野智章。ペナルティエリア内へ出したが吉田豊と六平光成ではさんでクリア。

前半 28分

レッズ、カウンターから縦パス。ペナルティエリア内DF裏へ抜けた李忠成がシュート。0-2。

前半 29分

レッズ、最終ラインでのキープ。エスパルス選手がいないところを狙ってパス。中央左の阿部勇樹から一気に右サイド前方。クリアし右スローイン。平川忠亮から再びバックラインへ戻してGKからのリスタート。

前半 32分

エスパルス、中央で本田拓也が痛んでいるためゲーム中断も自力ですぐに立ち上がる。

前半 32分

レッズ、柏木陽介にイエローカード。

前半 33分

エスパルス、左石毛秀樹が長い距離をドリブルでつないでノヴァコヴィッチへパス。くさびになり落として受けた水谷拓磨がシュートもDFにはじかれる。なおもエスパルスボール。高木俊幸がペナルティエリア左外からクロス。大前元紀がペナルティエリア内ファーで受けて折り返しノヴァコヴィッチが合わせようとしたがDFと接触。打ち切れない。

前半 35分

レッズ、中央から縦パス。李忠成が反応したが、ペナルティエリア内でワンバウンドしたボールはGK櫛引政敏がキャッチ。

前半 37分

エスパルス、中盤やや右よりでFK。キッカーは大前元紀。ゴールまで25メートル。ゴール前左のノヴァコヴィッチへパスを出したがDFともつれミートできない。相手GKボールへ。

前半 38分

エスパルス、相手のパスミスから右スローイン。ノヴァコヴィッチが受けてターンも槙野智章がクリア。

前半 39分

レッズ、自陣内左でスローイン。中盤で水谷拓磨がファウルをもらいエスパルスボールへ。

前半 41分

エスパルス、右スローイン。リスタートでファウルがありFK。ブエノがペナルティエリア内へ蹴り込んだがクリアされる。

前半 42分

レッズ、カウンターから柏木陽介がドリブル突破しゴールラインギリギリで折り返すもファーへ抜ける。

前半 44分

レッズ、中央から右の平川忠亮が受け、中央へ戻して鈴木啓太がパスでつなぎ、左へ展開。短いパスでつないで無理せずGKへ戻す。

前半 46分

アディショナルタイムは1分

前半 46分

前半を終え、0-2でレッズがリード。

前半 47分

後半もご声援よろしくお願いします。

後半 1分

レッズボールでキックオフしました。

後半 1分

レッズ、左スローインから興梠慎三が受けてバックパス。中央で鈴木啓太が受けて再び縦パス。李忠成が反応したがわずかにコースがずれエスパルスボールへ。

後半 2分

エスパルス、バイタルエリア手前で高木俊幸が受けてペナルティエリア左の石毛秀樹へ。クロスはファーへ抜けたがなおもエスパルスボール。吉田豊が水谷拓磨とのワンツーからペナルティエリア内へ飛び込んだが受けきれず相手GKボールへ。

後半 4分

レッズ、左クロスをペナルティエリア内興梠慎三が受けて鈴木啓太がシュートもクロスバーをはじく。

後半 5分

エスパルス、GK櫛引政敏からのボールを高木俊幸、石毛秀樹、ノヴァコヴィッチと左でつないで中央へ展開もカットされる。

後半 6分

レッズ、中央鈴木啓太からペナルティエリア右外の森脇良太が受けて平川忠亮へ落とすもここでファウルをとられる。ペナルティエリア右外でFK。キッカーは柏木陽介。壁は2枚。ペナルティエリア内で吉田豊がクリア。

後半 8分

エスパルス、石毛秀樹へのファウルがあり、自陣内でFK。中央を経由し右へ展開。縦パスで中央本田拓也が受けたがスライディングを受けボールを失う。

後半 9分

レッズ、李忠成からパスを受けた柏木陽介がペナルティエリア内ファーの興梠慎三へパスも意思が合わない。

後半 11分

レッズ、中央でファウルがあり、自陣内でFK。左へ展開しバックパスでいったんGKまで戻してからサイドチェンジ。縦パスを李忠成が受けようとしたが平岡康裕と石毛秀樹で挟んでボールを奪う。

後半 12分

エスパルス、右平川忠亮からのクロスはペナルティエリア内に誰も走り込めずGK櫛引政敏がキャッチ。

後半 13分

エスパルス、カウンターをしかけようとした平岡康裕からの縦パスはタッチラインを割る。

後半 14分

レッズ、バイタルエリアで吉田豊が接触により転倒。ボールはそのまま相手ボールでペナルティエリア内まで運ばれる。興梠慎三がDF裏へ飛び出したが、その前にファウル判定。エスパルスのFKへ。

後半 15分

レッズ、縦パスに李忠成が反応。このカウンターはブロックしたがクリアを前線へつめてきた宇賀神友弥がシュート。ゴール右にそれるがフリーにしてしまっている。

後半 17分

レッズ、自陣左でFK。右に展開しタッチラインを割ったが、石毛秀樹のワンタッチをとられ右スローイン。リスタートは李忠成のクロスから右CKとなる。キッカーは柏木陽介。ファーへ出たボールは李忠成が競ったがブエノへのファウルとなりエスパルスボール。

後半 21分

レッズ、ペナルティエリア内左李忠成のクロスはブエノに当たりはじく。

後半 24分

レッズ、ロングフィードから平川忠亮がゴールラインギリギリまで走って折り返す。平岡康裕がカバーに入り胸でクリア。右CKへ。キッカーは柏木陽介。ゴール中央でGK櫛引政敏がパンチング。左スローインへ。

後半 24分

エスパルスにメンバー交代。水谷拓磨に代え高木善朗。

後半 25分

エスパルス、高木善朗は水谷拓磨がいたポジションにそのまま入る。DFへラインを上げるよう仕切りにジェスチャーで伝えている。

後半 26分

レッズ、平川忠亮のクロスは本田拓也が最終ラインまで落ちてカバー。なおもレッズボール。中央鈴木啓太からの縦パスはワンタッチありゴールライン外へ。右CK。キッカーは柏木陽介。槙野智章が二アで高い打点の完璧なヘディングシュート。これが決まって0-3。

後半 28分

エスパルス、高木俊幸がペナルティエリア内へ持ち込みシュートもGKがキャッチ。悔しそうにもう一度右足を振り抜く。

後半 29分

エスパルス、高木善朗が左から中央へドリブルで運んで平岡康裕から縦パス。くさびを大前元紀が受けて左の石毛秀樹へ。中央本田拓也あ、高木善朗、大前元紀とつないで中央からロングシュート。ワンタッチあり左CKへ。キッカーは大前元紀。二アで平岡康裕がヘッドで合せてGOALGOALGOAL!!!1-3。

後半 30分

レッズ、左宇賀神友弥の突破からブエノのワンタッチを誘って左CKへ。キッカーは柏木陽介。平岡康裕がヘッドでクリアしたが、その前にゴールラインを割ったとのジャッジ。GK櫛引政敏ボール。

後半 33分

レッズにメンバー交代。宇賀神友弥に代え梅崎司。

後半 33分

エスパルス、村田和哉が交代準備中。

後半 35分

エスパルスにメンバー交代。本田拓也に代え村田和哉。

後半 36分

エスパルス、村田和哉が右、4バックに変更して六平光成を1列前へ。

後半 36分

エスパルス、村田和哉が早速右サイド突破をはかったがゴールラインを割る。

後半 37分

レッズ、李忠成が石毛秀樹との接触で痛んでゲーム中断も自力で立ち上がる。

後半 37分

レッズにメンバー交代。李忠成に代え青木拓矢。

後半 38分

エスパルス、ペナルティエリア右外ノヴァコヴィッチの突破から右CKへ。キッカーは大前元紀。ペナルティエリア内では誰も触らずクリア。もう一度つなぎなおして村田和哉の右サイド突破からのクロスにノヴァコヴィッチがペナルティエリア内で競ったが打ちきれない。なおもエスパルスボール。

後半 39分

エスパルス、右スローイン。右サイドでつないで中央六平光成がペナルティエリア手前村田和哉へくさび。こぼれを拾いにいった吉田豊へファウル。ペナルティエリア手前右サイドでFK。キッカーはノヴァコヴィッチ。ゴールまで20メートル。直接狙ったボールはワンタッチあってサイドネット。右CKへ。キッカーは大前元紀。ボールはGK西川周作がキャッチ。

後半 41分

レッズにメンバー交代。平川忠亮に代え永田充。

後半 42分

エスパルス、右クロスに大前元紀がファーでヘディングシュートもゴール左外。

後半 44分

レッズ、クリアボールを奪われ、ペナルティエリア内へ。平岡康裕と高木善朗とブエノがカバーに入り、スライディングもそのボールをクリアしたボールがゴールへ。1-4。

後半 47分

アディショナルタイム4分。

後半 48分

エスパルス、左高木俊幸がドリブルから左クロスもクリアされる。石毛秀樹が拾って高木俊幸へ。ペナルティエリア内右ゴール前のノヴァコヴィッチと村田和哉へパスもゴールラインを割る。

後半 50分

エスパルス、中央六平光成、高木善朗とつないで高木俊幸がクロスもペナルティエリア内でクリアされる。

後半 50分

タイムアップ。1-4で敗戦。ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
大榎 克己監督


・ラインコントロールしながら、積極的にボールを奪いに行こう。

・落ち着いてビルドアップすること。

・チャンスは充分作れる。
あと45分でひっくり返そう。

浦和レッズ
ペトロヴィッチ監督


・下がらずにボールにプレッシャーにいくこと。

・特に立ち上がり15分、集中すること。

COACH COMMENT

大榎 克己監督

まず始めに、このエコパに19,000人のサポーターが詰めかけてくれたが、その中で結果が残せなかったことを大変申し訳なく思っている。

前半、失点するまでは、ある程度自分たちのプラン通りの戦いができていたと思う。しかし、相手に先制された後、前と後ろの選手のバランスを崩してしまった。前の選手はボールを取りにいこうとしたが、後ろの選手はそれについていけなかった。それによりギャップが生まれたり、ラインがバラバラになってしまったりした。

そして、我々としては2失点目が大きく、非常に痛かった。後半、0-2から何とかして点を取りにいかないとならない中で、スタートはそのまま入ったものの途中から2トップにした。ノヴァコヴィッチをひとつ下げて、前線に大前と高木俊を置き、ボールを積極的に追い込めるような状況を作れるようにシステムを変更した。その後、後ろを4枚にして六平を上げて、村田を投入し、4-4-2という形にした。0-3から1点返して、もう1点取ることができれば、最後に追いつけるかというところまでいったと思うが、ミスから失点して1-4という結果になってしまった。ミスはあったにしろ1試合の中で4失点してしまうと、ゲームで勝つことは難しい。

敗因としては、浦和がピッチを広く使う分、ボールを奪った時にお互いの距離が遠くて、前になかなか運べなかった。浦和にパスコースを切られて、ボールを後ろに下げてGKから蹴るという状況が続いた。浦和の試合運びの上手さや守備の距離感の良さにより、自分たちの距離感を作ることができなかったと思う。

私が就任したとき、F東京に0-4で負けたが、その際に、4点取られても選手は最後まで戦う気持ちは見せてくれたと話をしたが、今日はそういう気持ちだけでなく、身体も90分間最後まで戦えたことが、敢えて言えばプラス材料だと思う。今後戦っていく上で、失点を減らしていくということが重要であるため、次の試合に向けてしっかり修正していきたい。

PLAYERS' COMMENTS

平岡 康裕

前半の早い段階で失点してしまい、完全にリズムを崩してしまった。2失点目に関しては、自分の裏のスペースを一発でやられてしまったので本当に申し訳ない。またチームとしても、ボールへの寄せ・ラインの上げ下げ・カバーの対応など、前回できていた部分が発揮できていなかった。今日の試合をしっかり反省して、次の試合では同じことを繰り返さないよう映像等で分析して修正していきたい。

六平 光成

2試合連続で、監督からセンターバックを任せてもらったが、4失点してしまい申し訳なく思っている。失点に関しては、ライン調整が上手くできていなかったところを相手に突かれてしまった。ライン調整はもちろんだが、周りの選手との距離感やチャレンジした選手のカバーリングもしっかり修正して、次の試合へ気持ちを切り替えていきたい。

石毛 秀樹

相手は、中央から崩してくるイメージがあったので、中をやられないように意識してポジショニングしていた。そういう意味では、ある程度対応できていたと思うが、相手の切り替えが早く数的優位を上手く作られてしまった。ただ個人的には、攻撃時にスピードに乗ったドリブルやコース取りがイメージ通りいく場面が何回かあったので、悪いことばかりではなく手応えも感じている。前を向いて進むしかないので、自分にできるパフォーマンスを最大限発揮し勝利を目指していきたい。

水谷 拓磨

悔しい気持ちでいっぱいです。
チャンスを決められず、自分たちの悪い部分が出てしまったと思う。自分の特徴である、攻守の切り替えを意識してチームに貢献したいと思っていたが、ミスが多く逆に迷惑をかけてしまった。コンディションは良いので、もっともっと練習して上手くなってチームを助けられるような選手になっていきたい。

高木 善朗

監督からは、中盤でバランスを取りながらチャンスだと思えば、積極的に攻撃参加するように言われていた。ただ、なかなかボールに触れることができず、チャンスメイクすることができなかった。相手は、代表選手や経験豊富な選手が多いので、自信や余裕を感じた。そういった目には見えない精神的な部分を成長させていかなければいけないと痛感した。