清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第2節  2015.03.14 Sat 13:02 デンカビッグスワンスタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半0
  • 0後半0
DAZN

0

ロゴ:アルビレックス新潟

アルビレックス新潟

HOME

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 櫛引 政敏
2 DF 三浦 弦太
5 DF ヤコヴィッチ
3 DF 平岡 康裕
13 DF 犬飼 智也
7 MF 本田 拓也
28 MF 八反田 康平
20 MF 竹内 涼
11 MF 村田 和哉
10 FW 大前 元紀
9 FW 長沢 駿

Substitutes

21 GK 杉山 力裕
6 DF 杉山 浩太
16 MF 六平 光成
17 MF 河井 陽介
22 MF 枝村 匠馬
18 FW ピーター ウタカ
19 FW ミッチェル デューク

アルビレックス新潟

Line-ups

21 GK 守田 達弥
25 DF 小泉 慶
3 DF 大井 健太郎
2 DF 大野 和成
7 DF コルテース
8 MF レオ シルバ
6 MF 小林 裕紀
34 MF 平松 宗
23 MF 山本 康裕
14 FW 田中 達也
10 FW ラファエル シルバ

Substitutes

1 GK 黒河 貴矢
5 DF 前野 貴徳
27 DF 松原 健
18 MF 成岡 翔
9 FW 山崎 亮平
11 FW 指宿 洋史
19 FW 鈴木 武蔵

STATS

    45 90   90 45    
    1 7 8 シュート 9 5 4    
    2 7 9 GK 11 5 6    
    0 1 1 CK 12 7 5    
    8 6 14 直接FK 13 7 6    
    0 1 1 間接FK 1 0 1    
    0 1 1 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
ピーター ウタカ ← 大前 元紀(46分)
ミッチェル デューク ← 長沢 駿(72分)
六平 光成 ← 竹内 涼(88分)
交代 (69分)田中 達也 → 山崎 亮平
(86分)ラファエル シルバ → 指宿 洋史
(90+2分)山本 康裕 → 鈴木 武蔵
画像:イエローカード大前 元紀(29分)
画像:イエローカード本田 拓也(45分)
警告・退場 (14分)平松 宗画像:イエローカード
(27分)ラファエル シルバ画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
19,537人 曇/弱風 5.9℃ 61% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
松永 正利 扇谷 健司 手塚 洋 聳城 巧 山際 将史 奥山 志穂

GAME FLASH

試合前

本日はデンカビッグスワンで行われる明治安田J1リーグ第2節アルビレックス新潟戦です。天候は曇り。エスパルスは開幕2連勝に向けて戦います!

試合前

エスパルス、先発メンバーはGK櫛引政敏、DF三浦弦太、ヤコヴィッチ、平岡康裕、犬飼智也、MF本田拓也、八反田康平、竹内涼、村田和哉、FW大前元紀、長沢駿。開幕戦と同じスタメンになります。

試合前

新潟、先発メンバーはGK守田達弥、DF小泉慶、大井健太郎、大野和成、コルテース、MFレオ シルバ、小林裕紀、平松宗、山本康裕、FW田中達也、ラファエル シルバです。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

新潟ボールで前半キックオフ。

前半 2分

エスパルス、右サイドで本田拓也がカット、村田和哉にゴロで縦パスを送りクロス。中央長沢駿の頭に合わず。ゴール中央に戻ったレオ シルバがクリア。

前半 3分

新潟、エリア内右でボールを受けた小泉慶が低いシュート。逆サイドに外れる。

前半 7分

エスパルス、犬飼智也の右サイドのスローインから長沢駿の足元へ。エリア内に侵入もボールが流れゴールキックに。

前半 9分

エスパルス、右サイドでボールを受けた長沢駿がコントロールして村田和哉にボールを落としたが、相手にあたりスローイン。三浦弦太のロングスローは新潟DFにクリアされる。

前半 11分

エスパルス、センターサークル付近から大前元紀、村田和哉、そして八反田康平とパスを回す。しかし、パスが乱れて新潟ボールへ。

前半 13分

新潟、左サイドでボールを持ち、最後は小林裕紀がグラウンダーのミドルシュート。GK櫛引政敏がキャッチ。

前半 14分

新潟、大前元紀を倒した平松宗にイエローカード。

前半 15分

エスパルス、右サイド30m付近からFK。本田拓也、竹内涼がフェイクし、大前元紀がキック。ボールはゴール前に飛ぶも、新潟守備陣にクリアされる。

前半 17分

新潟、スルーパスを受けたラファエル シルバが右エリア内に侵入。速いクロスは山本康裕に合わず。ゴール前の平岡康裕がクリア。

前半 22分

エスパルス、櫛引政敏のロングキック。こぼれ球を本田拓也が中央で頭で競り、ファウルをもらう。

前半 23分

エスパルス、中央からFK。大前元紀のキックは、新潟DFに頭でクリアされる。

前半 24分

新潟、左サイド深くに侵入したコルテースが低いクロス。ラファエルが合わせたがシュートは枠の外。エスパルスにとってはヒヤリとする場面。

前半 27分

新潟、ラファエル シルバが本田拓也を後ろから倒してイエロ―カード。

前半 29分

エスパルス、大前元紀が小泉慶を後ろから倒しイエローカード。

前半 31分

エスパルス、長沢駿、竹内涼と頭でつなぎ、大前元紀が村田和哉へスルーパス。右サイドの村田和哉のグラウンダ―のクロスは合わず。GK守田達弥がキャッチ。

前半 32分

新潟、ゴール40m付近からレオ シルバが直接FK。速い弾道で飛んだが、GK櫛引政敏がセーブしてCKに逃れる。

前半 33分

エスパルス、本田拓也のカットから長沢駿、竹内涼と中央で細かいパスをつなぎ、竹内涼がスルーパス。右サイドを村田和哉がドリブルで駆け上がりクロス。逆サイドに大前元紀がダイビングヘッドもゴール左へ。

前半 36分

エスパルス、自陣右から本田拓也がクイックリスタートも村田和哉に合わず。

前半 41分

エスパルス、右サイド三浦弦太の縦パスに村田和哉が受ける。ドリブルで抜け出すもDFに追いつかれる。

前半 44分

エスパルス、センターサークル左から平岡康裕がFK。高いボールが右サイドの三浦弦太の頭に向かって飛ぶが、三浦弦太の折り返しは直接ゴールラインを割る。

前半 45分

エスパルス、本田拓也が後ろから足をかけイエローカード。

前半 46分

前半アディショナルタイムは1分。

前半 47分

ここで前半終了。両チーム無得点で後半へ。

後半 1分

エスパルス、大前元紀に代わりピーター ウタカが入る。

後半 1分

エスパルスボールで後半開始。

後半 2分

エスパルス、犬飼智也のロングスローから長沢駿の足元へ。竹内涼がボールを受けるも新潟DFに当たってクリアされる。

後半 4分

エスパルス、左サイドでボールを受けた竹内涼が中央までドリブル。ピーター ウタカへのパスはコントロールできず。

後半 6分

新潟、後方でパス回し。大井健太郎のロングボールが左サイドにいた田中達也まで通る。抜け出した田中達也は一人かわしてクロスも、村田和哉が足にあてコースを変えてピンチを防ぐ。

後半 8分

新潟、中央を田中達也がドリブルからスルーパス。ラファエル シルバは一度はコントロールを失ったが、強引にシュート。GK櫛引政敏が左に飛びセーブ。

後半 12分

エスパルス、エリア内でピーター ウタカがボールをカットして中央へ。エリア外から八反田康平が右足で強烈シュートも左へ外れる。

後半 16分

エスパルス、自陣右サイドから縦へロングパス。村田和哉が駆け上がり、一度はボールを失ったが、クリアボールを八反田康平が拾う。八反田康平から長沢駿へつなぎ、反転して強烈なシュートもGK正面でパンチング。

後半 18分

新潟、小林裕紀の右からのCKはGK櫛引政敏がキャッチ。倒されてファウルをもらう。

後半 19分

エスパルス、右エリア外が村田和哉がボールを受けて中央にドリブル。エリア内のピーター ウタカへパスが通り、シュートを放つもDFにブロックされる。

後半 22分

エスパルス、センターサークル付近で長沢駿が倒されてFK獲得。本田拓也のキックは、エリア内左から走りこんだ犬飼智也へ。中央にヘディングで落としたが、平岡康裕の足まではわずかに届かず。

後半 24分

新潟が1人目の選手交代。田中達也に代えて山崎亮平が入る。

後半 27分

エスパルス、長沢駿に代わりミッチェル デュークが入る。

後半 29分

新潟、エリア内でボールを受けた山崎亮平がエスパルス守備陣を脅かす。左サイドからドリブルで切れ込んで最後は左足でシュートもクロスバーの上へ外れる。

後半 33分

エスパルス、カウンターから竹内涼が左サイドのスペースへボールを出す。ピーター ウタカが追いつきドリブルも新潟守備陣に当たってCKへ。

後半 34分

エスパルス、八反田康平の左CKからピーター ウタカがヘディングも惜しくもポスト!先制ゴールとはならず!

後半 36分

新潟、平松宗が右からクロス。これをラファエル シルバがダイビングヘッドもGK櫛引政敏が正面で止める。

後半 41分

新潟、ラファエル シルバから指宿洋史に交代。

後半 42分

新潟、山崎亮平からの左からクロスは、エスパルス守備陣が跳ね返すも小林裕紀の強烈ボレー。櫛引政敏が左に飛んで弾く。

後半 43分

エスパルスが最後の選手交代。竹内涼に代えて六平光成が入る。

後半 46分

後半アディショナルタイムは3分。

後半 47分

エスパルス、村田和哉が中盤でボールを拾い右サイドのピーター ウタカへ。再び村田和哉に預けてゴール正面からシュート!グラウンダーでゴール右隅に飛ぶもGK守田達弥に防がれる。

後半 47分

新潟、山本康裕から鈴木武蔵へ交代。

後半 49分

長い笛が鳴って試合終了。エスパルスはピーター ウタカ、ミッチェル デュークを投入しましたが、均衡を破れず0‐0のドロー。しかし、鬼門のアウェイ新潟で勝点1を獲得しました。

後半 49分

皆様ご声援ありがとうございました。次戦は山形で行われるJリーグ・ヤマザキナビスコカップの開幕戦になります。引き続き熱いご声援をよろしくお願い致します。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
大榎 克己監督

・セカンドボールをしっかり拾うこと

・相手の背後をどんどん狙っていこう

・厳しい戦いだが、あと45分、自分たちのサッカーを続けていこう

アルビレックス新潟
柳下 正明監督

・注意するのはカウンター。攻撃している時のポジションに気を付けて、セカンドボールを拾おう

・攻撃は続けて相手の背後を狙っていこう

・大事なのはゴールすることだ。あと45分、集中してプレーしよう

COACH COMMENT

大榎 克己監督

私はこのスタジアムに初めて来た。ここ5年間6試合勝ちが無いという状況の中で勝点1を取れたことは良かったかなというのが率直なところ。
アルビレックスはハードワークをしてくるチームで、ボールに対しても、人に対してもプレッシャーをかけてくるが、そこのところをどういう風に外せるかがポイントだった。サイドで何回か起点は作れたが、もう少し自分たちがボールを落ち着かせる時間があっても良かった。そういう時間ができると、もう少し楽に運べる良い試合ができたかなと感じている。
ただ昨シーズンは非常に失点が多かった中、失点を減らすということが今年の1番の目標であって、そこを苦しみながらも最後のところで身体を張ったり、相手に自由にさせなかったりして、結果的に失点ゼロで終わったことは評価できると思う。
勝ちたいゲームでもあったが、アウェイで勝点1を取れたことを前向きに受け止めて、次のホームで勝点3が取れるゲームをしたい。

<Q.後半から大前選手に代えてウタカ選手を入れた狙いは?>
相手が前がかりになった時に背後に飛び出す選手が欲しいと思い、ウタカは裏を狙う意識が非常に高いのでそういう部分に期待して投入した。
ウタカはボールが足元で落ち着くし、自分で行くところと周りを使うところが非常に良かった。ただ、もっと果敢に仕掛ける場面も欲しかったし、守備の面ではもっとハードワークして欲しいと思う。

<Q.2試合で勝点4を取ったという滑り出しの2試合についての評価は?>
初戦のアントラーズ戦に勝ったことは非常に大きかったと思うし、そういう中で2戦目、アウェイの難しい地で勝点1を取れて、この2試合負けなかったということは大きいと思う。

PLAYERS' COMMENTS

本田 拓也

全員が守備の意識を持って頑張っていたが、少ないチャンスを決めきれれば、もっと成長できると思う。勝てるチャンスは作れていたので満足はしていないが、なかなか勝てていない新潟のアウェイで苦しみながらも勝点1をとれたことは最低限の仕事ができたと思う。一人ひとりが切り替えだったり、走るということは意識してできているので、これを続けていけば、さらに良いチームになっていくと思う。球際も行けている。試合に出ている11人だけでなく、全員で戦っているという感じがあるので、これを続けていきたい。

ピーター ウタカ

難しい試合だったが、ハードワークできていた。チーム全体で無失点に抑えられたことも良かったと思う。監督からは前線に入ってカウンターを狙うということと、チームとして守備をしようと指示があった。あとは、「裏に抜けてくれ」と言われた。(ポストに当たったのは)あれが中に入っていれば良かったが…。不運だった。その前に色々な動きもあったので、入れば良かったと思う。途中から入るのは難しいことだと思うが、もっと走らなければいけないと思って試合に入った。そしてチームを助けられるようにと考えていた。

八反田 康平

相手のホーム開幕戦ということで、勢いを持ってくると想定していた。あとは、ここ何年かこのスタジアムで勝てていないというのはデータとしてあった。試合では相手の勢いをしっかり跳ね返そうと意識しながらやった。個人的にはセカンドボールのところには走れたとは思う。特に前半はテンポが速く、走り合いのような固い試合になるだろうと思っており、そこで負けないように意識していた。0‐0で終われたことはアウェイなので悪くはない。でも、勝ちにいっていたので、自分にもチャンスがあり、決めきれなかったのは残念。0‐0で終われて良かったけど、勝てなかった悔しさもある。

櫛引 政敏

守備陣としては失点ゼロで抑えたことは良かった。勝ち点1をゲットしたので、それをしっかり今後につなげていきたいし、無失点を続けていければと思う。前半から(エスパルスは)運動量多くやれていた。去年よりチーム全体が戦えるチームになっている。良い連動もあった。(新潟は)サイドから狙っていたと思うが、チーム全体でスライドしながら最後の最後で体を張ってシュートブロックもできていた。それでも、中盤で寄せきれないところもあったので、ディフェンスラインを押し上げて中盤をコンパクトにして、中盤の選手がシュートブロックに行きやすい状況を作ってあげられたらもっと良かったと思う。

犬飼 智也

アウェイで難しい試合だったが、ゼロ終われたので、勝ち点1はポジティブに捉えたい。耐える時間が長かったので後ろの選手は「耐えよう、耐えよう」と、チームとして良い声が出ていた。(左サイドは)狙われてはいたけど、自分は相手の左サイドハーフを狙って、裏のスペースを走ってきた田中達也選手は平さん(平岡)が見るという連携ができていた。攻撃では決めるチャンスもあった。そこが課題。もう少しチームとしてボールを落ち着いて持てればと思うが、積極的にはできたと思う。相手も背後を狙ってくるチームで、相手のディフェンスラインも高かったので自然と裏を狙う回数が多かった。走り合いになっていたが、自分たちも割り切ってそれをやろうと思っていた。苦しい時間が続いたので、勝ち点1を持って帰ることをプラスに思いたいし、難しい試合でもゼロに終えるのは大事だと思う。勝ち点1を積み上げられるチームが上に行けるのだと思う。