清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第9節  2015.05.02 Sat 16:04 日立柏サッカー場

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半0
  • 0後半0

0

ロゴ:柏レイソル

柏レイソル

HOME

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 杉山 力裕
22 DF 枝村 匠馬
5 DF ヤコヴィッチ
6 DF 杉山 浩太
3 DF 平岡 康裕
28 MF 八反田 康平
15 MF 村松 大輔
16 MF 六平 光成
19 MF ミッチェル デューク
18 FW ピーター ウタカ
10 FW 大前 元紀

Substitutes

1 GK 櫛引 政敏
32 DF 松原 后
38 DF 福村 貴幸
8 MF 石毛 秀樹
39 MF 白崎 凌兵
9 FW 長沢 駿
36 FW 北川 航也

柏レイソル

Line-ups

21 GK 菅野 孝憲
27 DF キム チャンス
4 DF 鈴木 大輔
13 DF エドゥアルド
22 DF 輪湖 直樹
30 MF クリスティアーノ
8 MF 茨田 陽生
7 MF 大谷 秀和
15 MF 武富 孝介
9 FW 工藤 壮人
11 FW レアンドロ

Substitutes

16 GK 稲田 康志
2 DF 藤田 優人
20 DF 中谷 進之介
17 MF 秋野 央樹
25 MF 小林 祐介
26 MF 太田 徹郎
28 MF 栗澤 僚一

STATS

    45 90   90 45    
    2 3 5 シュート 9 6 3    
    6 11 17 GK 5 1 4    
    2 0 2 CK 5 2 3    
    8 2 10 直接FK 9 7 2    
    0 0 0 間接FK 6 4 2    
    0 0 0 オフサイド 5 4 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
福村 貴幸 ← ミッチェル デューク(74分)
長沢 駿 ← 大前 元紀(81分)
石毛 秀樹 ← 八反田 康平(82分)
交代 (90分)大谷 秀和 → 栗澤 僚一
画像:イエローカード平岡 康裕(29分)
警告・退場 (67分)茨田 陽生画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
13,960人 晴/弱風 24.8℃ 52% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
新藤 一晴 山本 雄大 宮島 一代 山口 博司 藤沢 達也 高野 恵

GAME FLASH

試合前

本日は日立柏サッカー場で、リーグ第9節柏戦です。前節で連敗は止まりましたが、今日は勝ちに行く試合を目指します。

試合前

エスパルス、先発メンバーはGK杉山力裕、DF枝村匠馬、DFヤコヴィッチ、DF杉山浩太、DF平岡康裕、MF八反田康平、MF村松大輔、MF六平光成、MFミッチェル デューク、FWピーター ウタカ、FM大前元紀の11人。平岡康裕が2試合ぶりに先発復帰です。

試合前

柏、先発メンバーはGK菅野孝憲、DFキム チャンス、DF鈴木大輔、DFエドゥアルド、DF輪湖直樹、MFクリスティアーノ、MF茨田陽生、MF大谷秀和、MF武富孝介、MF武富孝介、FW工藤壮人、FWレアンドロの11人。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなくキックオフです!

前半 1分

柏ボールで前半キックオフ!

前半 3分

エスパルスは3バック。右からヤコヴィッチ、杉山浩太、平岡康裕の順で並んでいる。

前半 4分

柏、左サイド大谷秀和から中央のレアンドロ。スルーパスを工藤壮人に通されたが、杉山力裕が飛び出してセーブ。

前半 6分

エスパルス、ハーフライン付近で、平岡康裕が素早いリスタート。エリア左に走り込んだミッチェル デュークの頭に合わせたがボールは流れた。

前半 9分

エスパルス、柏のボール回しに陣形を崩さず。

前半 11分

柏、レアンドロがクリスティアーノの連携で左エリア深くまで侵入。杉山浩太がしっかりとブロック。

前半 11分

エスパルス、相手陣内右サイドから八反田康平が、大前元紀に横パス。大前元紀のシュート性のグラウンダーのボールは、ピーター ウタカに届かずラインを割る。

前半 15分

エスパルス、村松大輔が自陣中央でボールをカット。そのボールが最前線で張っていたピーター ウタカの足元に転がる。ウタカは前を向いてドリブルから右サイドの大前元紀にスルーパス。大前元紀は抜け出しクロスを上げるも、エドゥアルドにクリアされる。

前半 17分

柏、右CK獲得。輪湖直樹の高いボールに、エドゥアルドがヘッドも枠を外れる。

前半 19分

柏、エリア内右の武富孝介から中央レアンドロへ。レアンドロが抜け出しシュートも杉山力裕の正面。

前半 21分

柏、エドゥアルドが左から斜めのパスで右サイドを工藤壮人を走らせるが、タッチを割る。

前半 23分

エスパルス、右サイドでヤコヴィッチがボールをカット。そばの八反田康平にボールを預けると、八反田康平はドリブルからスルーパス。そのままタッチを割る。

前半 28分

柏、クリスティアーノがエリア内でフリーになったが、枝村匠馬がカバーに入る。

前半 29分

エスパルス、平岡康裕が工藤壮人を倒し、イエローカード。

前半 31分

柏、エリア手前、中央やや右でFK。クリスティアーノが狙ったが、エスパルスの壁がブロック。

前半 35分

柏、後方でボールを回す時間が続く。

前半 36分

エスパルス、左サイドのミッチェル デュークがボールをカットし、大前元紀とパスをつなぐ。ミッチェル デュークがヒールで左サイドを走っていた大前元紀へ。大前元紀のクロスは柏ディフェンスにコースを変えられる。

前半 41分

エスパルス、左CK。八反田康平のボールはゴール前にこぼれ、そのボール杉山浩太がシュート。ゴール右へ外れる。

前半 46分

前半アディショナルタイムは1分。

前半 47分

ここで前半終了。0-0で後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ!

後半 3分

柏、右サイドを抜け出したキム チャンスがクロスを上げる。杉山力裕ががっりちキャッチ。

後半 5分

柏、左サイド輪湖直樹がクロス。クリスティアーノのボレーシュートは枠の外

後半 7分

柏、右サイドの工藤壮人が抜け出しクロス。杉山浩太がダイビングヘッドで大きくクリア。

後半 8分

エスパルス、スルーパスに飛び出した杉山力裕と大谷秀和が激突。プレーは止まっている。

後半 9分

エスパルス、杉山力裕は無事の様子。起き上がり、FKを蹴る。

後半 10分

柏、左サイドをレアンドロが持ちあがり、クリスティアーノへ。クリスティアーノの強烈なシュートは杉山力裕の正面。

後半 13分

エスパルス、ピーター ウタカが相手陣内中央で粘ってドリブル。ラストパスを受けた大前元紀はシュートもGK菅野孝憲に防がれる。

後半 15分

柏、左サイドを破り、輪湖直樹がクロスもボールはそのまま流れる。

後半 16分

エスパルス、ハーフライン付近左サイドでミッチェル デュークがドリブル。2人かわし、中央にアーリークロスを送ったが合わず。

後半 19分

柏、武富孝介が左サイドからシュート性のクロス。そのままタッチラインへ。

後半 22分

柏、エスパルス陣内中央でFK獲得。クリスティアーノが低く速いシュート。杉山力裕が右に飛んでセーブ。続くシュートもセーブした。

後半 22分

エスパルス、ペナルティエリア手前、ピーター ウタカが茨田陽生に倒されFK獲得。茨田陽生にはイエローカード。

後半 23分

エスパルス、エリア手前やや左でFK。大前元紀のキックは壁に防がれるが、こぼれ球を大前元紀が軽く浮かしてゴール前に。柏ディフェンスがはじき返したボールをピーター ウタカのシュート。枠外。

後半 26分

柏、エスパルスディフェンスの裏をついてボールを出す。クリスティアーノと杉山力裕の競争。杉山力裕がエリア外でスライディング。ボールはクリスティアーノの足に当たってゴールキックへ。

後半 28分

エスパルス、ミッチェル デュークがピッチに座り込む。立ち上がったが足を引きずってピッチの外に。

後半 29分

エスパルスに選手交代。ミッチェル デュークに代わって福村貴幸。

後半 33分

柏、大谷秀和が杉山力裕を超えるふわりとしたボールを上げるが、平岡康裕が後ろ向きにクリア。

後半 36分

エスパルス選手交代。大前元紀に代わって長沢駿。

後半 37分

柏、左CKのこぼれからクリスティアーノが強烈なシュート。枠外。

後半 37分

エスパルス選手交代。八反田康平に代わって石毛秀樹。

後半 38分

エスパルス、押し込まれている時間が続いており、流れを変えたいところ。

後半 41分

エスパルス、ピーター ウタカが下がってボールをカットも、すぐにボールを奪われ前線につながれる。工藤壮人の右サイドからのクロスはそのままタッチラインを割る。

後半 43分

エスパルス、左サイドで平岡康裕と福村貴幸がワンツー。平岡康裕が深くまでドリブル。しかし、クロスはGK菅野孝憲正面。

後半 45分

柏選手交代。大谷秀和から栗澤僚一へ。

後半 46分

後半アディショナルタイムは4分。

後半 50分

ここで試合終了。試合は0-0のドロー。

後半 50分

試合は終盤柏の猛攻しのぎ、何とか無失点に抑えました。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
大榎 克己監督

・DFは頑張ってラインの高さとコンパクトさをキープしよう。

・相手サイドでボールを持ったとき、もっと思い切って攻めよう!

柏レイソル
吉田 達磨監督

・この試合は我慢比べ。焦れないこと。

・セカンドボールを拾って、リズムを作ろう。

・守備になったら早くオーガナイズする。

COACH COMMENT

大榎 克己監督

柏は4-1-4-1のシステムからポゼッションを中心とするサッカーで、相手に(ボールを)回される時間は多くなるだろうということは予想していた。その中でどのように自分たちが追い込んで奪っていくかということ、ラインをなるべく下げずに高い位置の状況をなるべく作りたいと考えながら戦った。

前半はある程度、(相手の)サイドバックのところにもデュークと枝村が行けるような状況(が作れていた)。相手の左サイドが多かったと思うが、3バックのヤコヴィッチがサイドまで引っ張り出される場面もあったが、中の3枚がスライドして逆サイドのデュークがサイドバック(の位置に下がり)、そこで4枚になるようなフォーメーションを作った。
前から行くという部分では前半の途中まではある程度できたかなと思う。その後、前がなかなか行けなくなって中盤にスペースができてくると押し込まれる場面もあったが、前半はまあまあとかという出来だった。

後半になると、DFの背後のスペースへ縦にボールを入れられ、そこに起点を作られて(DFラインを)下げられるという感じになってしまった。DFラインを上げたいけどできない、奪う位置が低いのでそこから前にボールが入らないという苦しい状況もあり、得点チャンスは作れなかったと思う。
ただ、このところ2点、3点という失点が多い中で、(今日は)ゼロで終われたことは評価でき、アウェイで勝点1取れたことは次に繋がるかなと感じている。
選手はボールに寄せるとか体を張るとかそういうところは非常によく頑張ってくれた。まだまだ甘く課題もあるが、ひとつずつ解消されていると思う。

前節、3-0から3-3というゲームをしてしまい、当然私もそうだが選手たちもやらなければいけないと奮起してくれたと思う。(サポーターが)アウェイにもたくさん来てくれた中で勝点1しか取れなかったが、ぜひ次のホームでしっかり勝点3を取れるゲームをしたい。

PLAYERS' COMMENTS

村松 大輔

難しい試合だった。レアンドロが下がった時はマークの受け渡しに気をつけ、必ず誰か一人がチャレンジして起点を作らせないように意識していた。相手のFWが落ちた時は、後ろ(の選手)が声をかけてくれていたので、そこは捕まえられていたと思う。また、(相手)選手が後ろに入った時は、自分も声をかけて(連携して)いた。自分の役割はできたのかなと思う。
この前は情けない試合をしてしまったので、(今日は)失点だけはしないようにしたかった。戦い方としては良くはないかもしれないが、アウェイで勝点1を取れたことは、一定の評価をしても良いと思う。ただ、もちろん満足はしていない。

杉山 力裕

前半の最初からピンチもあったが、集中できていたし、みんなが体を張れていたと思う。大輔(村松大輔)もアンカーの位置で、レアンドロが落ちてきたところを捕まえて、しっかりと潰せていた。大きな仕事はさせていなかったと思う。ゼロで終えたという面では収穫があった。ただ、もちろん勝点3を取りたかったという気持ちもあるし、もう少し自分たちがボールを持つ時間帯を増やしていかないと。毎試合こういう試合だと厳しいものがある。今日出た課題はビデオを見返して修正していきたい。

杉山 浩太

相手が3トップなので、こっちの3バックが横に引っ張られることがあった。そこで、間に抜けてきた選手を大輔(村松大輔)を使って前に行かせて、自分が最後に行くということを気にしていた。3バックに自信を掴んできているところなので、今日は良かったと思う。(山形戦と比べて)相手のやり方も違うので、対応は少し変わったが、個の部分でしっかり守れていたと思う。この前は自分たちでも納得がいかない不甲斐ない試合だったが、今日は点を取られなかった。このような試合を勝点3にすることが、これからの自分たちの仕事だと思う。

平岡 康裕

今日は3バックだったが、(両ワイドが下がって)5バックというイメージではやってなかったし、自分としてはデュークを前に行かしながら自分が工藤を見るということをやっていた。押し込まれる時間は長かったが、ここ最近失点が多かったので、試合を通してゼロで終われたのは良かったと思う。1試合外から試合を見て、(今日とは)戦術は違ったが、自分に足りないものを感じたし、試合に出る責任感というものを感じた。自分の中ではゼロに抑えられたのは本当に良かったと思う。

八反田 康平

ボールをある程度持たれるのは仕方ないと思っていたので、自分たちが我慢しながらやるということは最初から考えていた。その中で、ボールを引っかけられたらと思っていた。自分たちがボールを持って崩すという形はあまり作れなかったが、(何度かは)ボールを奪ってから速く攻めてチャンスは作れたかなと思う。そこは続けていきたい。とにかくゼロで抑えられたことはポジティブに捉えてやりたいと思う。