清水エスパルスロゴ

試合情報

パルちゃんでんき

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第15節  2015.06.07 Sun 16:04 埼玉スタジアム2002

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半0
  • 0後半1
DAZN

1

  • 興梠 慎三(52分)
ロゴ:浦和レッズ

浦和レッズ

HOME

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 櫛引 政敏
22 DF 枝村 匠馬
13 DF 犬飼 智也
38 DF 福村 貴幸
32 DF 松原 后
20 MF 竹内 涼
8 MF 石毛 秀樹
34 MF 水谷 拓磨
19 MF ミッチェル デューク
10 FW 大前 元紀
18 FW ピーター ウタカ

Substitutes

21 GK 杉山 力裕
35 DF 宮本 航汰
16 MF 六平 光成
17 MF 河井 陽介
23 MF 高木 善朗
30 FW 金子 翔太
36 FW 北川 航也

浦和レッズ

Line-ups

1 GK 西川 周作
36 DF 岡本 拓也
4 DF 那須 大亮
5 DF 槙野 智章
24 MF 関根 貴大
8 MF 柏木 陽介
22 MF 阿部 勇樹
3 MF 宇賀神 友弥
20 MF 李 忠成
19 MF 武藤 雄樹
30 FW 興梠 慎三

Substitutes

15 GK 大谷 幸輝
17 DF 永田 充
7 MF 梅崎 司
13 MF 鈴木 啓太
16 MF 青木 拓矢
33 MF 橋本 和
31 FW 高木 俊幸

STATS

    45 90   90 45    
    3 5 8 シュート 8 6 2    
    4 8 12 GK 10 4 6    
    2 4 6 CK 2 0 2    
    3 8 11 直接FK 16 9 7    
    2 0 2 間接FK 4 1 3    
    2 0 2 オフサイド 3 0 3    
    0 0 0 PK 0 0 0    
金子 翔太 ← 水谷 拓磨(55分)
高木 善朗 ← 大前 元紀(85分)
北川 航也 ← 枝村 匠馬(87分)
交代 (58分)柏木 陽介 → 青木 拓矢
(66分)李 忠成 → 梅崎 司
(76分)岡本 拓也 → 鈴木 啓太
画像:イエローカード松原 后(31分)
画像:イエローカード枝村 匠馬(45分)
画像:イエローカードミッチェル デューク(90+1分)
警告・退場 (71分)青木 拓矢画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
44,424人 晴/弱風 24.1℃ 46% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
境田 雅章 吉田 寿光 田中 利幸 平間 亮 河合 英治 大塚 重徳

GAME FLASH

試合前

本日は埼玉スタジアムで、1位浦和レッズとの一戦です。エスパルスはレッズの優勝を阻止し、今季初のリーグ連勝を狙います。

試合前

エスパルス、先発メンバーはGK櫛引政敏、DF枝村匠馬、DF犬飼智也、DF福村貴幸、DF松原后、MF竹内涼、MF石毛秀樹、MF水谷拓磨、MFミッチェル デューク、FW大前元紀、FWピーター ウタカの11人。ヤコヴィッチは怪我で欠場です。

試合前

浦和、先発メンバーは、GK西川周作、DF岡本拓也、DF那須大亮、DF槙野智章、MF関根貴大、MF柏木陽介、MF阿部勇樹、MF宇賀神友弥、MF李忠成、MF武藤雄樹、FW興梠慎三の11人。高木俊幸はベンチスタートです。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなくキックオフです。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ!

前半 1分

エスパルス、自陣でFK獲得。櫛引政敏に戻して、櫛引政敏は大きく前線へ。

前半 2分

浦和、右サイドの武藤雄樹がゴール前にクロス。これはエスパルスディフェンスがクリア。

前半 5分

エスパルス、ラインを上げ、浦和攻撃陣をオフサイドにかける。

前半 6分

エスパルス、右サイドの犬飼智也の縦パス。ピーター ウタカがトラップで2人かわし。右サイドタッチライン際を走っていた枝村匠馬へ。枝村匠馬のマイナスのボールは、岡本拓也がクリア。

前半 7分

エスパルス、中盤で竹内涼から左サイドのミッチェル デュークへ。ミッチェル デュークのスルーパスにピーター ウタカが走り込んだがオフサイドの判定。

前半 10分

浦和、阿部勇樹の中央の李忠成にスルーパス。福村貴幸が体を張って止める。

前半 11分

エスパルス、竹内涼が相手陣内中央で水谷拓磨へパス。水谷拓磨は思い切りよくミドルシュート。ディフェンスに当たり、惜しくもゴール左へ。

前半 12分

浦和、左サイドの武藤雄樹から低いクロスに、中央の李忠成がシュートも枠の上。

前半 15分

エスパルス、福村貴幸の出足の良いカットからミッチェル デュークが鋭いシュート。GK西川周作が弾きCKへ。

前半 16分

エスパルス、石毛秀樹の右CKは浦和ディフェンスにクリアされる。

前半 17分

浦和、GK西川周作の一本のパスで最前線の李忠成を走らせたが合わず。

前半 18分

浦和、右サイドの岡本拓也の裏を狙った縦パスは、櫛引政敏が飛び出し落ち着いてゴールキックに。

前半 19分

エスパルス、左サイドの石毛秀樹がゴール前に低いクロス。大前元紀が滑り込んだが槙野智章がクリア。

前半 21分

エスパルス、福村貴幸がドリブルで持ち運ぶ。浦和ディフェンス2人に囲まれたがファールをもらう。

前半 22分

エスパルス、ゴール前で興梠慎三が倒れており、ピーター ウタカがボールを外に出す。

前半 23分

エスパルス、GK西川周作のボールを前線のピーター ウタカがカット。しかし、浦和ディフェンスをかわしきれず。

前半 26分

エスパルス、ハーフライン付近で大前元紀のヒールパスに竹内涼がボールを左に展開。ミッチェル デュークが持ち込み、やや強引なシュート。枠の右へ。

前半 28分

エスパルス、ミッチェル デュークが自陣から前線にロングパス。オフサイドギリギリに抜け出したピーター ウタカが左サイドにボールを運び、逆サイドの大前元紀にクロスも合わず。

前半 29分

エスパルス、右サイドを槙野智章にドリブルで破られるも、福村貴幸が読み切り、ガッチリと止める。

前半 31分

エスパルス、後ろからチャージをした松原后にイエローカード。

前半 32分

浦和、柏木陽介のFKは犬飼智也がヘディングでクリア。

前半 34分

浦和、ゴール前で李忠成が抜け出しシュート。櫛引政敏がキャッチ。

前半 35分

浦和、柏木陽介から左サイドの興梠慎三へのパスはオフサイド。

前半 36分

浦和、右サイドの那須大亮の、逆サイドへのパスはそのままタッチラインへ。

前半 39分

エスパルス、櫛引政敏のゴールキックはピーター ウタカが大前元紀に落とす。大前元紀は右サイドの枝村匠馬に。枝村匠馬のクロスは浦和ディフェンスにクリアされる。

前半 41分

浦和、右CK獲得。柏木陽介のボールは櫛引政敏がパンチングも、こぼれ球を繋がれ、最後は李忠成のシュート。ゴールを外れる。

前半 43分

エスパルス、浦和ゴール前に押し込む。石毛秀樹のシュートは当たり損ね、浦和ディフェンスにクリアされる。

前半 45分

エスパルス、枝村匠馬にイエローカード。

前半 46分

前半アディショナルタイムは1分。

前半 47分

ここで前半終了。0-0で後半を迎えます。

後半 1分

浦和ボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、枝村匠馬の縦パスに石毛秀樹がゴール前に飛び込むも、浦和ディフェンスに体を入れられる。

後半 2分

エスパルス、右サイドからのクロス。中央でピーター ウタカが落とし大前元紀がボレーシュート。枠の上に外れる。

後半 3分

エスパルス、ミッチェル デュークのシュートはGK西川周作がキャッチ。

後半 5分

浦和、槙野智章がゴール前に飛び込みシュートも、松原后がスライディングでコースに入っていた。枠を外れゴールキックで再開。

後半 6分

浦和、サークル内でフリーになった柏木陽介が右サイドにスルーパスを出したが合わず。

後半 7分

エスパルス失点。浦和、興梠慎三がシュートフェイントで一人かわし、左足のシュートはゴール右隅へ。0-1

後半 9分

浦和、右サイド関根貴大のクロスに李忠成がシュートも大きく枠を外れる。

後半 10分

エスパルス選手交代。水谷拓磨に代わり金子翔太。

後半 12分

エスパルス、ミッチェル デュークが中央までドリブルで運び、左サイドに流れたピーター ウタカへ。ピーター ウタカはタッチライン際まで粘りクロス。浦和ディフェンスに阻まれる。

後半 13分

浦和選手交代。柏木陽介から青木拓矢へ。

後半 15分

エスパルス、石毛秀樹が左サイドで粘りコーナーキックを獲得。石毛秀樹のキックはGK西川周作にキャッチされる。

後半 16分

浦和、左サイドの武藤雄樹が低いクロス。これにダイビングヘッドで李忠成が合わせるが、櫛引政敏が左に飛びキャッチ。

後半 17分

浦和、右サイドの宇賀神友弥のクロスに、櫛引政敏が飛び出してパンチング。

後半 18分

エスパルス、竹内涼が前線へロングパス。ピーター ウタカが落としたがファウルの判定。浦和ボールのFK。

後半 20分

浦和、エスパルス陣内中央右からFK獲得。宇賀神友弥のキックは櫛引政敏がパンチ。こぼれ球を拾われ、槙野智章がゴール前で合わせるも櫛引政敏がキャッチ。

後半 21分

浦和選手交代。李忠成から梅崎司へ。

後半 22分

エスパルス、ゴール前に飛び出した大前元紀だったが、シュートがディフェンスに跳ね返りタッチラインを割る。

後半 25分

エスパルス、石毛秀樹のクロスに浦和ディフェンスがクリアミス。金子翔太のシュートはブロックされる。

後半 26分

浦和、青木拓矢にイエローカード。

後半 27分

浦和、梅崎司が右サイドからクロスも櫛引政敏キャッチ。低くて速いボールを前線に送るも、合わず。

後半 31分

浦和選手交代。岡本拓也から鈴木啓太へ。

後半 32分

エスパルス、松原后の縦パスをカットされ、一気に縦パスを送られるも櫛引政敏が飛び出してクリア。

後半 34分

エスパルス、後方でボールを繋ぎ、攻撃の機会をうかがう。

後半 36分

エスパルス、左サイドタッチラインぎりぎりでボールを受けた石毛秀樹がクロス。大前元紀が左足ボレーもGK西川周作がフィアンセ―ブ。

後半 37分

エスパルス、左サイドから右サイドに展開。枝村匠馬のクロスに金子翔太がシュートも青木拓矢がブロック。

後半 39分

エスパルス、ピーター ウタカのスルーパスに左サイドの石毛秀樹が飛び出しクロス。浦和ディフェンスにクリアされる。

後半 40分

エスパルス選手交代。大前元紀に代わり高木善朗。

後半 42分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり北川航也。

後半 43分

浦和、左サイド宇賀神友弥の低いクロスは福村貴幸がクリア。

後半 44分

浦和、左サイドの梅崎司の突破を許す。福村貴幸が最後まで付き、クロスは松原后がクリア。

後半 46分

後半アディショナルタイムは4分。

後半 46分

浦和、自陣からのFK。槙野智章が前線に出したが、興梠慎三に合わずゴールラインを割る。

後半 48分

エスパルス、左サイドに張っていた石毛秀樹から松原后に。松原后のクロスは浦和ディフェンスに跳ね返される。

後半 49分

エスパルス、右CK獲得。石毛秀樹のボールは浦和ディフェンスにクリアされる。

試合後

ここで試合終了。エスパルスは球際で強さを見せてくれましたが、1点が遠く敗れてしまいました。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
大榎 克己監督

・マイボールのとき、イージーなミスは無くすこと。

・相手のクサビのパスに対して、しっかり対応すること。

・思い切ってボールにどんどん絡んでいこう!

浦和レッズ
ミハイロ ペトロヴィッチ監督

・相手に走り負けないこと。

・相手の一瞬のスキを見逃さないように。

COACH COMMENT

大榎 克己監督

浦和の優勝が懸かったゲーム、そして14戦負けなしという中で自分たちは、そこにどうにか土をつけたいという思いで戦った。
前節、川崎戦からヤコヴィッチがケガで犬飼が入った以外は同じメンバーで戦った。前半はカウンターで危ない場面もあったが。向こうの良さも消しながら狙い通りの戦いができたと思う。ただ前節に比べるとイージーなミス、ボールロストが前半は多かった。
後半に入って立ち上がり、相手に押し込まれて失点してしまった。それから何回かチャンスを作ったが決め切れなかった。そこに勝負強さとか経験の差が出てしまったかなと思う。しかし下を向く内容ではなかったと思う。特にウチの選手はこういうアウェイで、5万人近いお客さんの中で試合をするという経験はあまりなかったと思う。そういう中で緊張感のあるゲームができたことは非常に良い経験ができたと思うし、順位的には非常に厳しいがしっかり前を向いて次に向けて戦っていきたい。


<Q.先週の試合に続いて、今日の内容的にはかなり手ごたえはあったと思うが、これから先に向けてはどうか?
15節終わってこの順位なので非常に厳しいことは判っているが、サッカーの方向性はだいぶ見えてきたと思うし、一人ひとりが同じ方向を向いて戦えるようになっていると思う。細かい修正をしながら、良い選手がピッチに立ちという競争原理を働かせていきたい。

<Q.前半、相手の良さを消したとのことだが、どの辺りが一番消せたと思うか?>
ボールの出どころにプレッシャーをかけよう、そういう状況をなるべく多く作ろうとした。ボールに行けている時は、ラインも高めにコントロールすることができていた。ただ奪われ方が悪くてカウンター気味に(攻撃)されることはあったが、(それ以外の)向こうがボールを持った時に、それほどズルズル自陣まで下がるというケースは少なかったと思う。
しかし、後半の立ち上がりは相手に押し込まれて、自陣まで持ち込まれる時間ができてしまい、そこで失点してしまった。

PLAYERS' COMMENTS

石毛 秀樹

もっと自分たちがボールを持つ時間を増やさなければいけなかったと思う。(前節とは)基本的にやることは変わらずいこうということだったが、浦和は個人の能力も高いしチームとしての完成度が高かった。普段より守備の時間が長くなってしまったが、もう少し上手くやりたかった。その中でも何本かインターセプトもできたし、連動しながら行くところもあったと思う。ただ、結果がこうなってしまったのは悔しい。点を決められるチャンスもあったので、その決定力という部分も上げていかなければいけないし、決定機をもっと増やさなければいけない。自分は中盤なので、存在感を出していきたいなというのもある。個人的には、今日も良い形を作ることができていたので、その精度を高めていきたい。

犬飼 智也

悔しいが、最後まで全員が戦った。また次に向かって切り替えていくだけ。守備のところでは失点をゼロに抑えたかったが、結果的に1失点してしまった。攻撃と守備の部分で自分がもう少し落ち着いてやれたら、もっと良くなったのかなと思う。ミスもあったし、一つ一つのプレーに焦りがあった。(DFラインは)守備に関しては悪くはなかったと思うが、攻撃のところで後ろの3枚がもう少し前にボールを配給できれば良かったかなと思う。浦和はカウンターが強力だったので、カウンターになる一つ目で潰せていれば、もっと自分たちも戦えたと思う。そこは課題だが、最少失点だったし、そこまでやられたシーンもなかった。次の試合まで少し間が空くので、突き詰めてやっていきたい。

櫛引 政敏

(失点シーンは)ゴール前で混戦になった時に、簡単にクリアできれば防げたこと。ただ、1点は取られたが、個人的には怖さは感じなかったし、やられたとも思っていない。守備陣が積極的にラインを上げて、自分は背後をカバーするということができていた。攻撃でも、福村選手のところで一枚剥がして、前にドリブルで持ち運ぶこともできていたと思う。中盤から前に当てるボールにミスが多かったと思うので、そこでミスがなければもっと良い攻撃もできたと思うし、もっと良い守備もできていたと思う。だが、良い時間帯もあったし、内容的には悲観する内容ではないと思う。
攻撃ではチーム全体で奪ったあとに、ボールを保持しながら良い形を作ること。守備では勝負どころで体を張るとか、相手にやらせないようにすること。それさえ意識してやれば、すごく良いチームになると思う。

福村 貴幸

自分たちがボールを持ちたいというところでミスが多かった。相手が厳しくプレッシャーをかけてきていたということもあるが、中盤の選手が良いタイミングでボールを受けに来ることができなかったと思う。こういう相手でも自分たちが主導権を握らないと点は取れないのかなと思う。(DFラインとしては)3トップのところにはしっかりと行くということと、相手のワイドに裏を取られた時のクロスの対応は、しっかりと声を掛け合ってやろうということは試合前から言っていた。それはできていたと思う。(失点シーンは)人数もいたし、やられる場面ではなかった。体を寄せるとか、ゴール前で体を張るということが大事だなと感じた。
やれるところもあったが、(相手にも)やられている。もっと自分たちがやらなければいけない。この順位なので、次の試合は勝ち点3を取りたい。DFラインでは無失点で抑えようとやってきていたが、それが達成できていない。まずはDFラインが無失点に抑えることを意識してやっていきたい。

竹内 涼

前半は良い形でできていたところもあったが、先制点を許してそこから自分たちの流れに持って行くことができなかった。そこは悔しい。みんなで良い距離感を保ちながらここ2試合くらいはできていと思うが、今日もそれができる時間帯もあった。だが、相手に自由にやられてしまう時間もたくさんあった。(今日のプランとしては)相手はコンビネーションや中央から崩してくる攻撃は分かっていることなので、そのパスコースを潰すことは考えていた。できていたところもあったし、できなかったところもあった。チャンスもあったし、自分たちが決めるころを決めて、もっと面白い試合にしたかったという気持ちは強い。残り2試合は勝つことが一番だと思うが、まずは次の試合に良い準備をして、この順位から抜け出したい。