清水エスパルスロゴ

試合情報

パルちゃんでんき

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第17節  2015.06.27 Sat 19:04 味の素スタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

2

  • 大前 元紀(51分)
  • 石毛 秀樹(83分)

試合終了

  • 0前半1
  • 2後半2
DAZN

3

  • 東 慶悟(38分)
  • 前田 遼一(60分)
  • 前田 遼一(66分)
ロゴ:FC東京

FC東京

HOME

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 櫛引 政敏
22 DF 枝村 匠馬
5 DF ヤコヴィッチ
38 DF 福村 貴幸
13 DF 犬飼 智也
20 MF 竹内 涼
34 MF 水谷 拓磨
30 MF 金子 翔太
17 MF 河井 陽介
10 FW 大前 元紀
18 FW ピーター ウタカ

Substitutes

21 GK 杉山 力裕
32 DF 松原 后
7 MF 本田 拓也
8 MF 石毛 秀樹
23 MF 高木 善朗
9 FW 長沢 駿
14 FW 澤田 崇

FC東京

Line-ups

1 GK 権田 修一
2 DF 徳永 悠平
3 DF 森重 真人
29 DF 吉本 一謙
6 DF 太田 宏介
4 MF 高橋 秀人
8 MF 三田 啓貴
10 MF 梶山 陽平
14 FW 武藤 嘉紀
20 FW 前田 遼一
38 FW 東 慶悟

Substitutes

13 GK 榎本 達也
5 DF 丸山 祐市
50 DF 松田 陸
22 MF 羽生 直剛
37 MF 橋本 拳人
18 FW 石川 直宏
39 FW 中島 翔哉

STATS

    45 90   90 45    
    5 4 9 シュート 12 7 5    
    2 2 4 GK 7 3 4    
    3 4 7 CK 4 4 0    
    8 2 10 直接FK 16 9 7    
    2 2 4 間接FK 3 2 1    
    2 1 3 オフサイド 3 2 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
石毛 秀樹 ← 水谷 拓磨(57分)
澤田 崇 ← 枝村 匠馬(77分)
高木 善朗 ← 河井 陽介(86分)
交代 (53分)三田 啓貴 → 羽生 直剛
(77分)前田 遼一 → 石川 直宏
(81分)東 慶悟 → 橋本 拳人
画像:イエローカード金子 翔太(54分)
画像:イエローカード石毛 秀樹(84分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
41,363人 曇/無風 24℃ 83% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
玉井 朗 山本 雄大 山口 博司 金井 清一 野田 祐樹 相原 一志

GAME FLASH

試合前

本日は味の素スタジアムでリーグ第17節FC東京戦です。1stステージ最終節となりますが、エスパルスの勝利で飾りましょう。

試合前

エスパルス、先発メンバーはGK櫛引政敏、DF枝村匠馬、DFヤコヴィッチ、DF福村貴幸、DF犬飼智也、MF竹内涼、MF水谷拓磨、MF金子翔太、MF河井陽介、FW大前元紀、FWピーター ウタカの11人。金子翔太はリーグ初先発となります。

試合前

FC東京、先発メンバーはGK権田修一、DF徳永悠平、DF森重真人、DF吉本一謙、DF太田宏介、MF高橋秀人、MF三田啓貴、MF梶山陽平、FW武藤嘉紀、FW前田遼一、FW東慶悟の11人。武藤嘉紀がFC東京のラストマッチとなります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなくキックオフです!

前半 1分

FC東京ボールで前半キックオフ!

前半 2分

FC東京、武藤嘉紀が左サイドでボールを受けたが、オフサイドの判定。

前半 3分

エスパルス、サークル付近から福村貴幸のFK。右サイドの枝村匠馬に渡る。枝村匠馬は水谷拓磨とのワンツーからシュートも、ゴール右に外れる。

前半 4分

エスパルス、ハーフライン付近から竹内涼が、右サイドのスペースに。枝村匠馬が走り込み、クロスもCKへ。

前半 5分

エスパルス、右CKのキッカーは大前元紀。大前元紀の低いボールをニアで竹内涼が合わせるもゴールの上。

前半 7分

FC東京、武藤嘉紀が左サイドからクロス。これは犬飼智也が触り、こぼれ球を櫛引政敏がキャッチ。

前半 9分

エスパルス、エリア手前中央でボールを受けた水谷拓磨が右に展開。枝村匠馬の速いクロスに大前元紀が飛び込んだが触れず、GK権田修一がキャッチ。

前半 11分

FC東京、三田啓貴が前線にロングボール。櫛引政敏がエリア外に飛び出してクリア。

前半 15分

エスパルス、右サイドから左サイドへ小刻みなパスで展開。ボールを持つ時間が増える。

前半 16分

エスパルス、エリア手前から金子翔太がドリブルで勝負を仕掛ける。吉本一謙の足にかかりFK獲得。

前半 17分

エスパルス、エリア手前、やや左から大前元紀のFK。ゆっくりと時間をかけたが、FC東京の壁に当たり、セカンドボールもFC東京にクリアされる。

前半 19分

FC東京、エスパルス陣内中央左でFK獲得。太田宏介はキック直前に軸足が滑ってキックミス。エスパルスディフェンスがクリア。

前半 21分

エスパルス、中盤でボールを持った武藤嘉紀に仕事をさせない。犬飼智也がクリア。

前半 22分

FC東京、左サイド太田宏介がドリブルで枝村匠馬と競争。太田宏介が抜き去り、深いところからマイナスのクロスを上げる。東慶悟のヘディングは枠を外れる。

前半 26分

エスパルス、大前元紀が頭ですらしたボールに、ピーター ウタカが森重真人に体をぶつけ抜け出す。しかし、シュートは当たり損ね、GK権田修一が右に飛びキャッチ。

前半 30分

エスパルス、福村貴幸がラインを上げてコンパクトさを保っている。

前半 31分

FC東京、右サイドに流れてきた東慶悟が45度の位置からクロス。犬飼智也がクリア。

前半 33分

エスパルス、金子翔太が抜け出しエリア内に侵入も、FC東京ディフェンスが体を張る。

前半 34分

エスパルス、大前元紀の左CKも、ゴール前でエスパルスのファウルがあったもよう。

前半 35分

エスパルス、中盤で水谷拓磨がボールを受け、大前元紀とワンツーで抜け出す。しかし、シュートは枠の上。

前半 36分

エスパルス、金子翔太が中盤できれいなターンで前を向き、左サイドの河井陽介へ。河井陽介のスルーパスにピーター ウタカが右サイドに流れてボールを受ける。しかし、クロスはFC東京ディフェンスにクリアされる。

前半 38分

エスパルス失点。FC東京、エリア手前で梶山陽平がボールをカットしスルーパス。東慶悟が抜け出し、櫛引政敏を左にかわしてシュート。0-1

前半 41分

エスパルス、中盤左サイドのスペースで大前元紀がボールを受け、前を向いてサイドチェンジ。しかし、枝村匠馬には合わず。

前半 44分

エスパルス、竹内涼が中央の大前元紀に鋭い縦パス。大前元紀が落としたが、味方は誰もおらず。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 46分

エスパルス、前田遼一のシュートをブロックした河井陽介がピッチ上に倒れている。

前半 47分

ここで前半終了の笛。エスパルスは1点ビハインドで後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、中盤で水谷拓磨がカット。竹内涼がピーター ウタカに縦パスを当てる。そのボールを受けた金子翔太がスルーパスもオフサイドの判定。

後半 3分

エスパルス、左サイドを上がってきた犬飼智也のクロスはFC東京ディフェンスにクリアされCKへ。

後半 4分

エスパルス、河井陽介がドリブルでエリア侵入も、FC東京ディフェンス2人がかりで抑えられる。

後半 5分

エスパルス同点ゴール!エスパルス、大前元紀の縦パスにピーター ウタカが抜け出す。切り替えして右足でクロスを上げ、水谷拓磨が合わせた。ボールは右ポストを叩くが、ボールを拾った枝村匠馬が中央に折り返し、大前元紀が押し込む。1-1

後半 8分

FC東京選手交代。三田啓貴から羽生直剛。

後半 10分

FC東京、太田宏介の左CKは、ファーに流れる。羽生直剛の折り返しも、櫛引政敏がパンチング。

後半 12分

エスパルス選手交代。水谷拓磨に代わり石毛秀樹。

後半 12分

エスパルス、ヤコヴィッチのバックパスが短かったが、櫛引政敏は大きくクリア。

後半 15分

エスパルス失点。FC東京、ゴール前に抜け出した武藤嘉紀がキックフェイント。エスパルスディフェンスが降られ、武藤嘉紀は右を走ってきた前田遼一に合わせる。前田遼一はワントップからシュート。1-2

後半 18分

FC東京、前田遼一のスルーパスに武藤嘉紀が抜け出す。しかし、ヤコヴィッチがスライディングでクリア。

後半 20分

エスパルス。枝村匠馬の縦パスに大前元紀が右サイドに流れる。しかし、大前元紀のクロスは合わせられず。

後半 21分

エスパルス追加点を許す。FC東京、エスパルス陣内中央左でFK獲得。太田宏介のボールを、ゴール前に走り込んだ前田遼一がドンピシャのヘッド。1-3

後半 25分

エスパルス、竹内涼から大前元紀へと縦パスがつながるが、大前元紀のスルーパスはFC東京ディフェンスにカットされる。

後半 29分

FC東京、右CK。太田宏介のボールは櫛引政敏がパンチングでクリア。こぼれ球を河井陽介がタッチに逃げる。

後半 32分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり澤田崇。

後半 32分

FC東京選手交代。前田遼一から石川直宏。

後半 33分

エスパルス、澤田崇の縦パスにピーター ウタカが落とし、大前元紀が右サイドに振る。河井陽介のクロスは上がらず。

後半 35分

エスパルス、左サイドで澤田崇が持ち上がり、石毛秀樹、河井陽介とつなげる。河井陽介の折り返しを石毛秀樹が受け、ゴール前に送るもピーター ウタカには合わず。

後半 36分

FC東京選手交代。東慶悟から橋本拳人。

後半 38分

エスパルス1点返す。エスパルス、エリア手前正面でボールを受けた石毛秀樹が右足で巻いたシュートでネットを揺らす。2-3

後半 39分

エスパルス、ピーター ウタカのクロスに石毛秀樹が飛び込びこみ相手と激突。石毛秀樹にイエローカード。

後半 41分

エスパルス選手交代。河井陽介に代わって高木善朗。

後半 42分

エスパルス、相手陣内右サイドから高木善朗のスローイン。ゴール前で反転しながら受けた石毛秀樹だったが、ファウルを取られる。

後半 44分

エスパルス、自陣深くでボールを受けた澤田崇がドリブルで一人かわし、ハーフラインまで。ピーター ウタカにボールを預ける。

後半 45分

エスパルス、左サイドで澤田崇がドリブル。エリアに侵入を試みるも、FC東京ディフェンス2人に倒される。しかし、ノーファウル。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 47分

エスパルス、右CK獲得。石毛秀樹のボールはクリアされたが、こぼれ球を拾った金子翔太が大前元紀に横パス。しかし、うまく合わず。

試合後

ここで試合終了。エスパルスは2点リードされてからも、石毛秀樹のゴールで反撃を試みましたが追いつくことができず敗戦となりました。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
大榎 克己監督

・相手のクロスに対して、中の対応をしっかり。

・ボールを動かしながらスペースを狙っていこう。

・後半必ずチャンスは出来る。粘り強く攻めていこう。

FC東京
マッシモ フィッカデンティ監督

・まず相手の攻撃を遅らせ、自分たちのリズムにしよう。

・攻撃は左右に揺さぶりをかけ、間をついていこう。

COACH COMMENT

大榎 克己監督

1stステージのラストゲームで、自分たちが今置かれている順位を考えると、どうしても勝ち点が欲しいゲームだった。戦い方は今までと同じように戦ったつもり。前線からある程度プレッシャーをかけてボールを奪いに行き、ボールを奪ったらしっかり動かしながら背後を突いていく。前半の途中まではチャンスも何度か作れて、そこで決めていれば試合の流れも少し変わったかなと思う。
1点目の失点がミスから奪われて、勿体無い形だった。ただ前半を見るとそれほど悪い戦いではなかったと思う。
後半の立ち上がりにまず同点に追いついたこと。両ワイドが高い位置をとりながら、大前が落ちてきたりと、良い形で押し込めたと思う。
2点目の失点もカウンター気味で、これは十分注意していたところだったが、個人のスピードなので最後(のところで)対応が遅れたかなと思う。
あとセットプレーで3点目を取られてしまったこと。1点は返したが、後半にはボールを動かしながらチャンスを作るということは、なかなか出来なかった。
1stステージを最下位で終わってしまったことは、全て私の責任だと思っている。この反省をしっかり活かして2ndステージ必ずまき返したいと思っている。


<Q.2ndステージまき返すためには守備の強化なのか、攻撃の強化なのか?>
攻撃している時が長くなれば守備の時間が短くなるので、より攻撃している時間を長くすること。逆に攻撃している時にしっかり準備をしていないと良い守備が出来ないということ。それは裏表である。ただ失点数が32で1試合2点近く取られているので、そこを減らしていかないと勝ち点は取れないということだと思う。

<Q.1stステージを終えて、手応えを感じるシーンが多々あった中で、前向きに選手たちは戦っていたと思うが、その割には結果が伴っていなかった。それを結果に変えていくために必要なことは?>
今までやってきたサッカーをより正確に、力強くやっていくしかない。戦い方を(対戦)チームによっては変える可能性はあるが、引いて守るとかは今のところ考えていない。継続して前線からプレッシャーに行くことをチームとして、より高めていきたいと思っている。

PLAYERS' COMMENTS

大前 元紀

結果は2-3で負けてしまったので、とても悔しい。勝てるゲームだったと思うし、言い出したらキリがないが、チャンスはウチの方が多かったと思う。失点シーンもミスからのショートカウンターで点を取られてしまった。一人ひとりの意識の高さがあれば、もっと得点を決めていたと思うし、これだけ失点もしていなかったと思う。チームとして上手くいっていなかったのかなと思う。
(個人的には)試合を通して自分のところで起点も作れていたし、間でボールを受けてチャンスも作れていた。得点シーンも、(ピーター)ウタカが上ってきて、きれいなゴールではなかったが、しっかり決められたのは良かったと思う。ただ、そのすぐあとに、自分と金子(翔太)の連係ミスで失点しているので、もっとコミュニケーションを取れていればと思う。
(シーズンを振り返って)最後の方は自分たちでボールを繋ぐサッカーが出来ていたと思う。今日も引かれたところでも、ミドルシュートからゴールを決めたり、相手を押し込んで点を取れた。繋ぐサッカーをもっと自信を持ってやっていけば勝てるようになると思う。どんな相手でも自分たちのサッカーはブレてはいけない。自分たちのサッカーが出来ていれば、たとえ負けたとしても収穫はある。それが次の勝ちにつながると思う。

竹内 涼

今日の試合は、先に点を取れなかったのが一番の敗因だと思う。前半はチャンスも作れていたので、チームとして決め切りたかった。個の部分や落ち着きの部分で足りなかったと思う。(同点に追いついたが)後半はカウンターから失点してしまった。チームとして気を付けていたところではあるが、守れなかったというのが悔しい。
(2ndステージまで)時間がないと言えば時間はないが、自分たちがやるべきサッカーを貫かなければいけない。もちろん勝つことが全てだが、そこに至るまでをしっかりしていないと次につながらない。エスパルスは昨季残留して、「今季はどうなんだ」と見られていると思う。戦うところだったり、体を張ったり、走るところのベースはレベルアップしなければいけないが、やるサッカーは変えずに貫いていきたい。そして、いつか「自分たちのサッカーが正解だ」と言われる結果を出したい。

福村 貴幸

現実をしっかりと受けとめるしかない。ただ、1st、2ndと区切られているので、時間はないが修正して2ndステージにつなげていかなければいけない。
自分がセンターバックに入ることになって、話すことが一番大事だと思っているが、(今日の試合でも)もっともっとDFラインで話をしていかなければいけないと思う。2失点目の場面も声を出していれば防げた失点だと思う。話をすること、飛び込まないこと、慌てないことを徹底していれば対応は出来ると思う。それを試合でやらなければいけない。一日一日の積み重ねが試合に出ると思うので、練習でどれだけハードに声を出してやっていけるかが大事だと思う。

石毛 秀樹

今日は先発で出られなかったのは悔しかったが、途中からでも「チャンスは来る」と信じていた。(交代の時は)監督から「守備のところで(水谷)拓磨が頑張っていたから、自分にもしっかり行くように」と言われていた。あとは「シュートを打てるシーンがあれば打って良い」と言われた。自分でもこれ以上失点してはいけないと思っていたし、得点に絡もうという気持ちで試合に入った。(シュートシーンは)フリーになっているのも分かっていたし、ブロックに来る選手も見えていた。ブロックに来た選手を外から巻いて落とせば入るかなと思っていたので、狙い通りのボールを蹴ることが出来た。
今日は2点取ったが3点取られてしまった。どうしようもない失点ではなかったので、そこはしっかりと抑えなければいけない。攻撃でも組み立てるところは大事だと思うが、最後の崩しのところを修正していかなければいけない。
不甲斐ないハーフシーズンになってしまったが、個人としては最初試合に出られないというところから始まって、徐々に試合に使ってもらえて、点を取ることが出来てきている。後半戦は良いパフォーマンスを毎試合出せるようにしたいし、チームを勝たせることが出来る選手になりたい。

金子 翔太

試合前のミーティングで先発だと知った。多少の緊張はあったが、チームが厳しい状況の中で監督に使ってもらえたのは嬉しかった。何か結果を出して監督やチームのために貢献したいという気持ちは強かったが、結果を出せなくて残念に思う。前半は自分の長所であるドリブルや、前を向いてゴール前に顔を出すプレーは出来ていたが、あと一歩のところが足りなかった。1失点目は自分の責任だし、一つのミスが得点につながるということは反省しなければいけない。ただ、90分間出場して、足もつっていたが、1点取ってやろうという気持ちも強かったし、最後まであきらめずに走り切ることが出来た。それでも、あと一歩のところはプロの厳しい壁なのかなと思った。ただ、まだ半分残っているし、(ここまで)自分もチームに貢献出来ていないので、頑張っていきたい。(2ndステージは)90分間チームのために走ることと、得点に絡むようなプレーをしていきたい。