清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第9節  2015.08.29 Sat 18:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 鄭 大世(50分)

試合終了

  • 0前半0
  • 1後半1
DAZN

1

  • 太田 宏介(70分)
ロゴ:FC東京

FC東京

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 杉山 力裕
16 DF 六平 光成
45 DF 角田 誠
3 DF 平岡 康裕
4 DF カルフィン ヨン ア ピン
7 MF 本田 拓也
22 MF 枝村 匠馬
39 MF 白崎 凌兵
19 MF ミッチェル デューク
9 FW 鄭 大世
18 FW ピーター ウタカ

Substitutes

1 GK 櫛引 政敏
26 DF 鎌田 翔雅
6 MF 杉山 浩太
20 MF 竹内 涼
10 FW 大前 元紀
11 FW 村田 和哉
14 FW 澤田 崇

FC東京

Line-ups

13 GK 榎本 達也
2 DF 徳永 悠平
3 DF 森重 真人
5 DF 丸山 祐市
6 DF 太田 宏介
4 MF 高橋 秀人
7 MF 米本 拓司
22 MF 羽生 直剛
16 FW ネイサン バーンズ
17 FW 河野 広貴
20 FW 前田 遼一

Substitutes

41 GK 波多野 豪
29 DF 吉本 一謙
50 DF 松田 陸
8 MF 三田 啓貴
37 MF 橋本 拳人
9 FW 平山 相太
39 FW 中島 翔哉

STATS

    45 90   90 45    
    3 8 11 シュート 7 4 3    
    4 1 5 GK 8 4 4    
    4 4 8 CK 6 3 3    
    6 6 12 直接FK 15 9 6    
    1 2 3 間接FK 4 1 3    
    1 2 3 オフサイド 4 1 3    
    0 0 0 PK 0 0 0    
大前 元紀 ← 白崎 凌兵(75分)
竹内 涼 ← 枝村 匠馬(84分)
鎌田 翔雅 ← カルフィン ヨン ア ピン(89分)
交代 (57分)河野 広貴 → 中島 翔哉
(60分)羽生 直剛 → 橋本 拳人
(67分)ネイサン バーンズ → 平山 相太
警告・退場 (62分)前田 遼一画像:イエローカード
(67分)高橋 秀人画像:イエローカード
(75分)中島 翔哉画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
14,954人 曇/弱風 25.3℃ 75% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
松浦 敏夫 吉田 寿光 前之園 晴廣 武部 陽介 間島 宗一 鶴見 智美

GAME FLASH

試合前

本日はアイスタで2ndステージ第9節FC東京戦です。この試合を含めホームゲームは残り5試合となります。1試合1試合を大事にしていきましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK杉山力裕、DF六平光成、DF角田誠、DF平岡康裕、DFカルフィン ヨンアピン、MF本田拓也、MF枝村匠馬、MF白崎凌兵、MFミッチェル デューク、FW鄭大世、FWピーター ウタカの11人。大前元紀はベンチスタートです。

試合前

FC東京先発メンバーは、GK榎本達也、DF徳永悠平、DF森重真人、DF丸山祐市、DF太田宏介、MF高橋秀人、MF米本拓司、MF羽生直剛、FWネイサン バーンズ、FW河野広貴、FW前田遼一の11人。太田宏介は先発出場となります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ!

前半 1分

エスパルス、左サイドに入ったカルフィン ヨンアピンがドリブルで運ぶ。

前半 2分

エスパルス、左CK。一度やり直しのあった後、キッカー枝村匠馬のボールをカルフィン ヨンアピンがヘッド。枠の上に。

前半 4分

エスパルス、六平光成のクサビのパスは合わず、そのままGK榎本達也へ。

前半 4分

FC東京、左サイドの太田宏介のアーリー気味のクロスは、杉山力裕が飛び出してキャッチ。

前半 5分

エスパルス、左サイドで粘ったデュークのクロスに鄭大世がダイビングヘッド!しかし惜しくもバーの上。

前半 9分

FC東京、エリア内左でネイサン バーンズのクロスは平岡康裕がブロック。

前半 12分

エスパルス、白崎凌兵のスルーパスにピーター ウタカが抜け出したがオフサイドの判定。

前半 14分

FC東京、米本拓司から右サイドの前田遼一に渡り、ドリブルで仕掛けたがカルフィン ヨンアピンが体で防ぐ。

前半 15分

FC東京、ネイサン バーンズが中央からドリブルで抜け出すが、杉山力裕がタイミングよく飛び出してセーブ。

前半 18分

FC東京、太田宏介の縦パスにネイサン バーンズが左サイドに流れてマイナスの低いクロス。中央で米本拓司が落として、高橋秀人のシュート。エスパルスディフェンスがブロック。

前半 19分

エスパルス、左サイドから枝村匠馬のクロスを、右のミッチェル デュークがボレー気味に折り返すと、本田拓也のオーバーヘッド。しかし、FC東京ディフェンスに防がれる。

前半 22分

FC東京、前田遼一からネイサン バーンズへの縦パスは角田誠ががっちりと抑え、ファウルを獲得。起点を作らせなかった。

前半 23分

エスパルス、左サイドのカルフィン ヨンアピンが右足でスルーパス。枝村匠馬が走りこむも、わずかに合わず。

前半 25分

エスパルス、右CK獲得。枝村匠馬のボールは中央の平岡康裕には合わなかったが、ファーでボールを受けた白崎凌兵がシュート。しかしGK榎本達也の正面に終わる。

前半 27分

FC東京、左サイドのネイサン バーンズがドリブルでエリア侵入しようと試みるも白崎凌兵が体を入れて止める。

前半 29分

FC東京、左サイドの太田宏介がGKとDFの間にクロスを送る。これは杉山力裕がパンチングで大きくクリア。

前半 30分

エスパルス、左サイドのカルフィン ヨンアピンのボールをゴール中央で鄭大世がヘッド。しかし、これはゴール右に外れる。

前半 32分

FC東京、右CK。太田宏介のボールは鄭大世がヘッドでクリア。そのボールを拾った太田宏介が再びゴール前にクロスを上げると、ネイサン バーンズがヘディングシュート。しかし、これは枠の上。

前半 35分

FC東京、エスパルス陣内中央で米本拓司がパスカット。左サイドのネイサン バーンズに出したが、これは合わずそのままボールは流れる。

前半 38分

エスパルス、角田誠のロングフィードに、左サイドでピーター ウタカが抜け出す。GK榎本達也が飛び出していたが、ピーター ウタカはこれをかわしてシュート。しかし、FC東京ディフェンスにクリアされる。

前半 40分

エスパルス、相手クリアを拾った鄭大世が右サイド深いところからクロス。ミッチェル デュークが走りこんでいたが、徳永悠平がヘディングでクリア。

前半 42分

FC東京、左サイドのネイサン バーンズが自陣でボールを奪いカウンターを仕掛ける。しかし、下がってきた枝村匠馬が足を出して止める。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。0-0で折り返しますが、後半の展開に期待!

後半 1分

FC東京ボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、鄭大世のくさびのボールを受けたピーター ウタカがエリア手前で相手に倒されたように見えたが、ノーファウルの判定。

後半 2分

エスパルス、右サイドに開いたピーター ウタカのクロスはゴール中央の森重真人にクリアされる。

後半 5分

エスパルス先制!森重真人のエリア内のクリアをピーター ウタカが拾って、シュート。GK榎本達也がはじいたが、ファーに詰めていた鄭大世が押し込んだ。1-0

後半 8分

FC東京、左サイドの羽生直剛のクロスは、平岡康裕がゴールラインに逃げる。

後半 9分

FC東京、左CK獲得。太田宏介のボールは森重真人がヘッド。右のポストに当たりゴールならず。カルフィン ヨンアピンがクリア。

後半 12分

FC東京選手交代。河野広貴から中島翔哉へ。

後半 13分

エスパルス、相手陣内中央でボールを受けた鄭大世が思い切りよくシュート。低くて速い弾道のシュートが飛ぶが、GK榎本達也の正面。一度こぼしたがすぐに拾ってボールを収める。

後半 15分

FC東京選手交代。羽生直剛から橋本拳人。

後半 16分

エスパルス、六平光成が前線中央のピーター ウタカへロングパス。ピーター ウタカの落としに反応したのはミッチェル デューク。ど真ん中から勢いよく飛び出し、右に一度持ち替えてシュート。しかし、GK榎本達也に防がれる。

後半 17分

FC東京、前田遼一にイエロー。平岡康裕との接触で。

後半 19分

エスパルス、エリア右からピーター ウタカのシュートはわずかにゴールを外れたが、ゴール裏のサポーターを盛り上げる。

後半 22分

FC東京、高橋秀人にイエローカード。

後半 22分

FC東京選手交代。ネイサン バーンズから平山相太。

後半 25分

エスパルス同点に追いつかれる。FC東京、エリア手前やや右でFK獲得。太田宏介が蹴ったボールはゴール右に吸い込まれる。1-1

後半 30分

エスパルス選手交代。白崎凌兵に代わり大前元紀。

後半 30分

エスパルス、エリア右角からFK。代わったばかりの大前元紀のボールはFC東京ディフェンスにクリアされてCKへ。

後半 30分

FC東京、中島翔哉にイエローカード。

後半 31分

エスパルス、大前元紀の右CKはニアの平岡康裕に合わずクリアされる。

後半 32分

エスパルス、エリア手前左からFK獲得。大前元紀はファーの平岡康裕を狙う。平岡康裕が頭で中に折り返し、角田誠がヘディングでさらにゴール前に送ったがFC東京ディフェンスにクリアされる。

後半 36分

エスパルス、エリア手前左でボールを受けたカルフィン ヨンアピンがキックフェイントからエリア内に進入。そしてクロス。しかし、このボールはクリアされる。

後半 39分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり竹内涼。

後半 42分

FC東京、左サイドで崩し、中島翔哉がクロスを上げるも、エスパルスディフェンスがクリア。

後半 43分

FC東京、右CK。太田宏介のボールは杉山力裕ががっちりキャッチ。

後半 44分

エスパルス選手交代。カルフィン ヨンアピンに代わり鎌田翔雅。カルフィン ヨンアピンは少し前のプレーで右足を痛めていたもよう。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

エスパルス、サークル内で素早くリスタートをした本田拓也が一気に前線に。鄭大世が走りこんでシュートもFC東京ディフェンスにブロックされる。

後半 48分

FC東京、左サイドの中島翔哉が中に落ち込み、高橋秀人へ。高橋秀人のシュートはエスパルス守備陣が体を張って防ぐ。

後半 49分

エスパルス、ピーター ウタカのスルーパスに右サイドからミッチェル デュークが走りこむ。深い切り返しから左足シュートはサイドネット。

試合後

ここで試合終了。エスパルスは先制しましたが、同点に追いつかれて1-1の引き分け。それでも貴重な勝ち点1を手にしました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
田坂 和昭監督

・守備は全体的にコンパクトに出来ている。後半も続けること。

・攻撃はトップにボールが入ったとき、サポートを早く。

・立ち上がり、もう1回集中して入っていこう!

FC東京
マッシモ・フィッカデンティ監督

・相手のプレッシャーが厳しいので、ボールを受けたらシンプルにはたいていこう。

・マークをはがして、裏を狙ったり工夫すること。

・相手のカウンターに注意。しっかりケアすること。

COACH COMMENT

田坂 和昭監督

まず最初にサポーターとスポンサーの方々には感謝したい。我々がこうやって戦えるのも、その方々のお陰であり、その分、結果が出なかったのが非常に残念だった。選手にも言ったが、次の試合にしっかり前を向いて行きたいと思う。
試合が終わった後に色々なことが出てくるが、我々がやらないといけないことは前を向いて勝っていくことしかない。今日、内容が良かったと言っても勝てなければ何もなく、良かった部分とまだまだやらなくてはいけない部分というのはあるので、しっかりと勝点3が取れるようにまた来週から準備したいと思う。


<Q.白崎選手を先発させて大前選手を先発から外したが、どのような意図があったのか?>
対F東京というところを踏まえると中盤がミスマッチになる。そこで中盤の4枚がコレクティブに戦わなければ相手にミスマッチを突かれてしまう。白崎の方がここ数試合出たときに守備のところで良い働きをしていた。大前は途中から出た方が今回の試合はアクセントになるのではないかというところと、ずっと連戦してきたので少し疲労もあった。もちろんゲームプランを考えての選択だった。

<Q.今後もっとやっていかなければいけないところは何があるのか?>
はっきり言えば仕留めるところ。今日もフリーキック以外はほぼやられているシーンは無いし、守備もしっかり連動していた。攻撃も今まで以上に決定機を作っているので、最後のところをどうやって仕留めるのかということはやっていかなければいけない。前回よりも決定的な場面は増えたが仕留めていないということは、その回数をもっと増やしていかなければいけないし、もっと人数をかけなければいけない、もっとトレーニングしなければいけない。細かいところは対戦相手によって色々突くポイントは変わっていくが、どうやってゴールを仕留めるのか、あとはどうやって逃げ切るのかというところも考えていかなければいけないと思っている。

<Q.鄭大世選手が移籍後、待望の初ゴールを決めたが、監督やチームにとっての影響は?>
もちろん大世が取ってくれたことは、大世にとっても良いことだと思うし、チームにとっても良いことだと思う。しかし誰が取ったからといって特別扱いすることはなく、大世が取れなかったときは、他の部分で非常にチームに貢献してくれていたということは彼にも話をしてきた。(点を)取ってくれたことによって彼自身が波に乗ればチームのプラスになるだろうが、チームのために戦ってくれているということは変わらない。

<Q.ここまでの試合では隙を突かれることが多かったが、今日の試合は監督から見て隙はあったか?>
ほぼ無かった。でもこれがサッカーだなと。全員が隙を突かれないようにカバーしていた。
後半1回だけ危ないなと思ったシーンはあったが、角田がクリアした。カウンターでもピンチを招きそうだったが他の人がカバーしたりと以前の試合よりは大きな隙というか水漏れということは無かった。しかし、このように飛び道具一発で決まってしまうというのがサッカーであって、それをこちら側が勝つ方向に持って来られれば、今後良いことだと思う。そういうところでは全体的に狙い通りのサッカーが出来た。勝点1しか取れなかったことが次の課題で、次は勝点3を取れるようにしたい。

PLAYERS' COMMENTS

鄭 大世

ゴールを決めたことは正直ホッとしている。移籍後の初ゴールは常に難しいもの。今回は落ち着いていたと思う。ゴールを決めたのはこの後の自信につながると思うが、今までとやるべきことは変えず、これまでのように献身的なプレーを続けて、その中でゴールを決めればベストだと思う。
今日は、前半のうちに決めていたらもっと楽になっていたと思う。守備が頑張ってくれていたので、後半開始前にみんなに「自分が決める」と宣言していた。それでゴールを決められたので、結果的には良かった。だが、勝てなかったのは残念。勝ち点2を失った試合になってしまった。
ただ、(カルフィン)ヨンアピンが左サイドに入って、平岡(康裕)が中央に入ることで守備の安定感が格段に増した。勝ち点を落としたが、今までの試合とは手ごたえは違う。自信になった試合だったと思う。

本田 拓也

1つのファウルから失点してしまったが、その場面は人数もいたのでもう少し慎重にやっても良かったと思う。だが、FKが入っていなかったら、問題のない場面だったかもしれない。それだけに、もったいないと思う。
内容は良くなってきているが、勝ち点3だけをどうやって取るか、もう少し考えなければいけない。これだけ良いサッカーをやって勝てないのは、今の順位で見えないプレッシャーがあるのかもしれない。でも、前を向いてやっていくしかない。前を向くことが出来る内容なので、あとは結果だけ。1つ勝てば変わる。選手は誰一人下を向いていないので、もっと良くなるように頑張っていきたいと思う。

平岡 康裕

今日は角田さんと初めての連携になったが、2人で話し合いながらやっていた。角田さんがチャレンジしたら自分がカバーに入るというチャレンジ・アンド・カバーが2人で上手く出来ていたと思う。あとは、自分が積極的にやることと、角田さんに任せるところをはっきりとしたらもっと良くなる。実践は久しぶりだったが、試合勘は鈍っていなかった。周りとの連携も上手くいっていたので、自分の中では手ごたえを感じている。
ただ、結果が全てだと思っているので、その結果が出なくて悔しい。失点をしたフリーキック1本だけが悔やまれる。

杉山 力裕

今日は難しい試合だった。みんな勝ちたい気持ちを前面に出してはいるが、結果がついてこない。気持ちだけでは勝てないし、技術的に足りない面もまだ多い。上位のチームだったら1点を取って、落ち着いてゲームを進めていたのかもしれないが、チームが勝っていないだけに、点を取った後にファウルから決められてしまったことはもったいない。チーム全体として先制してからのゲームの進め方を考えなければいけないと思う。

ミッチェル デューク

みんな良いプレーが出来ていたし、試合の主導権も握れていたと思う。フリーキックで決められてしまって、勝ち点3を失ってしまったことは不運だった。
今日はウタカが良いパスを供給してくれて、チャンスを作れていたと思う。個人的には試合の終盤のチャンスで枠に決められなかったのが反省点。自分のキックミスで、勝てる試合を落としてしまった。そこで(大前)元紀に出していても良かったかなと思う。
今日のような試合では序盤で先制点を挙げなければいけない。前半にチャンスも多かったし、そこで決まっていれば、畳みかけられたと思う。だが、今日のような試合を続けていけば勝てるようになると思う。