清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第12節  2015.09.26 Sat 15:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 鄭 大世(64分)

試合終了

  • 0前半2
  • 1後半3
DAZN

5

  • ドウグラス(19分)
  • 水本 裕貴(24分)
  • 浅野 拓磨(75分)
  • 浅野 拓磨(80分)
  • 柏 好文(90+4分)
ロゴ:サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 杉山 力裕
26 DF 鎌田 翔雅
45 DF 角田 誠
3 DF 平岡 康裕
16 DF 六平 光成
7 MF 本田 拓也
22 MF 枝村 匠馬
10 MF 大前 元紀
19 MF ミッチェル デューク
18 FW ピーター ウタカ
9 FW 鄭 大世

Substitutes

31 GK 碓井 健平
13 DF 犬飼 智也
6 MF 杉山 浩太
17 MF 河井 陽介
20 MF 竹内 涼
11 FW 村田 和哉
14 FW 澤田 崇

サンフレッチェ広島

Line-ups

1 GK 林 卓人
33 DF 塩谷 司
5 DF 千葉 和彦
4 DF 水本 裕貴
14 MF ミキッチ
8 MF 森崎 和幸
6 MF 青山 敏弘
18 MF 柏 好文
9 MF ドウグラス
30 MF 柴崎 晃誠
11 FW 佐藤 寿人

Substitutes

13 GK 増田 卓也
19 DF 佐々木 翔
7 MF 森崎 浩司
24 MF 野津田 岳人
27 MF 清水 航平
28 MF 丸谷 拓也
29 FW 浅野 拓磨

STATS

    45 90   90 45    
    3 7 10 シュート 11 8 3    
    3 7 10 GK 17 10 7    
    3 5 8 CK 3 1 2    
    5 7 12 直接FK 13 8 5    
    2 4 6 間接FK 3 2 1    
    2 4 6 オフサイド 2 2 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
河井 陽介 ← ミッチェル デューク(32分)
村田 和哉 ← 枝村 匠馬(62分)
犬飼 智也 ← 平岡 康裕(83分)
交代 (59分)佐藤 寿人 → 浅野 拓磨
(73分)ミキッチ → 清水 航平
(86分)柴崎 晃誠 → 野津田 岳人
画像:イエローカードミッチェル デューク(22分)
画像:イエローカード角田 誠(65分)
警告・退場 (63分)ミキッチ画像:イエローカード
(90+2分)塩谷 司画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
13,053人 晴のち曇/弱風 23.2℃ 77% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
小林 進 東城 穣 村上 孝治 竹田 和雄 上田 益也 古賀 正人

GAME FLASH

試合前

本日はアイスタで2ndステージ第12節広島戦です。2ndステージ首位の広島が相手になりますが、エスパルスはここで勝って残留に望みをつなげましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK杉山力裕、DF鎌田翔雅、DF角田誠、DF平岡康裕、DF六平光成、MF本田拓也、MF枝村匠馬、MF大前元紀、MFミッチェル デューク、FWピーター ウタカ、FW鄭大世の11人。枝村匠馬が2試合ぶりの先発復帰です。

試合前

広島先発メンバーは、GK林卓人、DF塩谷司、DF千葉和彦、DF水本裕貴、MFミキッチ、MF森崎和幸、MF青山敏弘、MF柏好文、MFドウグラス、MF柴崎晃誠、FW佐藤寿人の11人。前節からメンバーの変更はありません。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

広島ボールで前半キックオフ。

前半 3分

広島、左CK。柴崎晃誠のキックは低いボール。佐藤寿人がニアですらしたが、鄭大世がクリア。

前半 4分

エスパルス、右サイド大前元紀が抜け出して、クロス、ゴール中央で鄭大世が落として、ピーター ウタカがシュートもディフェンスにブロックされる。

前半 5分

エスパルス、左CK獲得。大前元紀のボールをニアで鎌田翔雅が合わせられずクリアされる。

前半 6分

広島、カウンターから左ペナルティーエリア角から柏好文がクロス。柴崎晃誠が頭でコースを変えたが、味方に合わせられず。

前半 8分

エスパルス、ミッチェル デュークが左サイドからクロスを上げるも、これはGK林卓人がキャッチ。

前半 10分

広島、左サイドで大前元紀のボールを青山敏弘がカット。そのまま縦に送り柏好文がドリブルで中に切れ込む。マイナスのクロスを柴崎晃誠がシュートも枠の上。

前半 12分

エスパルス、左サイドでドリブルで持ち上がった六平光成。足がもつれて倒れ込む。起き上がりプレーは可能な様子。

前半 14分

エスパルス、最終ラインでゆっくりとボールを回す。平岡康裕が前線の鄭大世にロングボール。鄭大世の落としをピーター ウタカが中央の大前元紀に出すも、惜しくもつながらない。

前半 16分

エスパルス、六平光成が左サイドでドリブル。フォローに入ったミッチェル デュークにボールを預け、そのミッチェル デュークがゴール前にクロス。千葉和彦にクリアされる。

前半 19分

エスパルス先制を許す。エスパルスが相手陣内右サイド深くでFK獲得。これをドウグラスがクリアで広島のカウンター開始。右サイドのミキッチがドリブルで抜け出し、中央へパス。このボールに走り込んだドウグラスがGKと一対一に。ドウグラスは杉山力裕をかわして無人のゴールに流し込む。0-1

前半 20分

エスパルス、ゴール前でピーター ウタカと鄭大世がワンツー。ピーター ウタカのシュートはGK林卓人にセーブされる。

前半 22分

エスパルス、エリア内で倒れたミッチェル デュークがシュミレーションの判定でイエローカード。

前半 24分

エスパルス2点目を許す。広島、右CK。柴崎晃誠のボールをニアで水本裕貴が頭で合わせる。杉山力裕のセーブも及ばず、ネットを揺らされる。0-2

前半 26分

広島、エスパルス陣内で塩谷司がボールをカット。左サイドに流れた佐藤寿人にボールを送る。佐藤寿人はドリブルから中に折り返す。このボールは鎌田翔雅がスライディングでクリア。

前半 28分

エスパルス、本田拓也が右サイド深くにロングボールを送る。大前元紀が追いつき、ダイレクトで高いクロス。これはGK林卓人がキャッチ。

前半 31分

エスパルス、エリア内右からピーター ウタカの強烈な左足シュートも広島ディフェンスにブロックされる。

前半 32分

エスパルス選手交代。ミッチェル デュークに代わって河井陽介。

前半 32分

エスパルス、左サイドに入った河井陽介が相手陣内深くからクロス。これはバーに当たったが、ラインを割っていたとの判定。

前半 35分

エスパルス、サークル付近で佐藤寿人に渡ったボールを、角田誠が厳しいスライディングタックル。これはファウルを取られる。

前半 37分

エスパルス、後ろでボールを動かして、広島ディフェンスに揺さぶりをかける。

前半 40分

広島、塩谷司がスピードに乗ったドリブルでエスパルス陣内に。右サイドのミキッチにパスを送り、そのミキッチはダイレクトで中央に折り返す。これは平岡康裕がクリア。

前半 41分

エスパルス、左CK獲得。大前元紀のボールをファーで角田誠が合わせ、ボールはゴール中央に向かって飛ぶ。しかし、これは広島ディフェンスにクリアされる。

前半 43分

エスパルス、右サイドでFK獲得、大前元紀のボールから平岡康裕がフリーで合わせるも、ゴール右に外れる。

前半 45分

エスパルス、後方でボールを回していた広島ディフェンスに大前元紀が襲い掛かる。塩谷司のボールを大前元紀がカットし、左サイドの河井陽介へ。河井陽介がゴール前にクロスを上げるが、これは広島ディフェンスにクリアされる。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 48分

ここで前半終了。エスパルスは2点のビハインドを追って前半を折り返します。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、河井陽介のクロスにエリア内中央の大前元紀が落として、本田拓也が滑り込んだがオフサイドの判定。

後半 3分

エスパルス、ピーター ウタカが前を向いてドリブル。左サイドに展開し、河井陽介がシュートも広島ディフェンスにブロックされる。

後半 4分

エスパルス、本田拓也が前線の鄭大世にボールを当てるがオフサイドの判定。鄭大世は頭を抱える。

後半 6分

エスパルス、左サイドの六平光成が河井陽介とワンツーで中に切り込む。しかし、このボールは広島ディフェンスにカットされる。

後半 8分

広島、エスパルス陣内でボールを持っていたドウグラスが倒される。左肩を抑えているが大丈夫な様子。

後半 10分

広島、青山敏弘のスルーパスに抜け出したドウグラスがダイレクトでシュートも、わずかにゴール左へ。危ない場面だった。

後半 11分

エスパルス、中央に切り込んだ鎌田翔雅が左足でシュートも枠を捉えられず。

後半 12分

エスパルス、左サイドで六平光成がピーター ウタカとスイッチで抜け出しシュート。ゴール右に外れる。

後半 14分

エスパルス、右CK。大前元紀のボールを鄭大世がヘッドで折り返したが、そのままゴールラインを割る。

後半 14分

広島選手交代。佐藤寿人から浅野拓磨。

後半 15分

エスパルス、相手ゴールキックを平岡康裕が大きく跳ね返し、最前線のピーター ウタカへ。ピーター ウタカが落としたボールを鄭大世がドリブルも倒される。広島陣内中央でファウル獲得。

後半 16分

エスパルス、鄭大世のFK。強烈なシュートも枠の上に外れる。

後半 17分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり村田和哉。

後半 18分

広島、六平光成を倒したミキッチにイエローカード。

後半 19分

エスパルス1点返す。エスパルス、左サイドからFK。大前元紀のボールを中央から鄭大世のヘッドが決まった。1-2

後半 20分

エスパルス、角田誠にイエローカード。

後半 21分

広島、右サイドでFK。柴崎晃誠のボールはファーの千葉和彦が中央に折り返すもエスパルスディフェンスがクリア。

後半 23分

エスパルス、右サイドで村田和哉がドリブル。相手の2人掛かりのディフェンス間を通す横パス。フリーのピーター ウタカが仕掛けてシュートもGK林卓人に止められる。

後半 24分

エスパルス、右サイドの村田和哉のクロスにピーター ウタカがヘディングシュートも枠の上。

後半 26分

広島、右サイドのミキッチが六平光成を外してクロス。これは杉山力裕がキャッチ。

後半 27分

エスパルス、左CK。大前元紀がゴール前に上げたがファウルがあったもよう。

後半 28分

広島、選手交代。ミキッチから清水航平。

後半 30分

広島3点目。広島、GK林卓人のパントキックから浅野拓磨が抜け出す。杉山力裕をかわして押し込んだ。1-3

後半 33分

広島、右サイドの清水航平が中に切り込みシュートも枠を外れる。

後半 34分

エスパルス、左サイドでボールをキープしていたピーター ウタカが倒されFK獲得。大前元紀のボールはGK林卓人がパンチングでクリア。

後半 35分

広島4点目。広島、ドウグラスがエリア手前中央でスルーパス。反応した浅野拓磨がチップキック。杉山力裕を超えてゴールに吸い込まれた。1-4

後半 36分

エスパルス、右サイド村田和哉のクロスに鄭大世が落としピーター ウタカが飛び込む。ボールはゴールライン上を転がるが、千葉和彦がクリア。

後半 37分

広島、ドウグラスが角田誠をかわして杉山力裕と一対一に。ドウグラスのシュートは左に外れる。

後半 38分

エスパルス選手交代。平岡康裕に代わり犬飼智也。

後半 41分

エスパルス、右サイド深くから村田和哉がスライディングでクロス。これを清水航平が胸でGKに落としたが六平光成が寄せる。マイボールにはならなかったが気迫を見せる。

後半 41分

広島選手交代。柴崎晃誠から野津田岳人。

後半 43分

エスパルス、広島陣内中央でFK獲得。大前元紀がゴール前に送ったが、そのままゴールラインを割る。

後半 44分

広島、左サイドでFK獲得。野津田岳人のボールを水本裕貴がヘッドもゴール左に外れる。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

広島、左CK。野津田岳人のボールを水本裕貴がヘッドですらしたが鎌田翔雅がクリア。

後半 47分

広島、塩谷司にイエローカード。エスパルス、広島陣内中央やや左でFK獲得。

後半 49分

エスパルス5点目を許す。広島、左サイドの柏好文がドリブルで村田和哉をかわし、角度のないところで杉山力裕と一対一に。柏好文のシュートは杉山力裕の股の下を通ってゴール。1-5

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは後半1点を返しましたが、逆に3点を奪われ1-5となりました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
田坂 和昭 監督

・人数をかけて攻めきること

・切り替えをもっと早く

・まず1点。45分闘おう!

サンフレッチェ広島
森保 一監督

・ねばり強く守ること

・リスクマネジメントをしっかりやること

・シンプルにボールを動かしていこう

COACH COMMENT

田坂 和昭監督

選手に今、唯一の救いはサポーターが最後まで応援してくれていることだという話をした。今日も試合に向かう前に何人かのサポーターが来て応援してくれたりとか、日本平に入る坂道のところで多くの人が励ましてくれたり、スタジアムのバスが入るところにも多くのサポーターが応援してくれている中、なかなか思うような結果が出せないというのは悔しいが諦めてはダメだと選手にも話をした。サポーターと一緒に戦うということはみんなと約束しているので、次は直接対決だが何としてでも勝たなければいけない。

どうしてもサッカーというのはプラン通りに行かないスポーツで、今日の前半も広島の上手さやスピードでかい潜られた部分はあったが、やられる雰囲気はなかった。しかし、セットプレーからのセカンドボールを拾われてカウンター1発とかコーナーキックで(点を)取られてしまうとプランが崩れてしまう。
後半、高い位置からプレッシャーをかけたら、前回の浦和戦のようにどうしても背後を取られてしまう。なかなかプラン通りに行かない悪循環になっているが、次の試合、勝つことが一番勢いづくことだと思うし、勝つことがプラン通りになることだと思うので、やるしかない。


<Q.前半、デューク選手を河井選手と代えたが、その理由は?>
ここ数試合、(デュークが)攻撃のところでブレーキというかテンポが違うところがあった。それでも今日の試合も彼に期待して試したが、最初3連続でロストしてしまった。彼の良さは機動力であったりするが、今は少しキレがない。その理由としては、去年オーストラリアからずっとやっていてシーズン(オフ)なしで50試合近く続けており、失点もしていたので、早めに見切ったほうが良いと(判断した)。河井は今調子が良かったので入れた。

<Q.守備の手直しについてはどう考えているか?>
ウチのチームが考えるのは高い位置からプレッシャーに行くと、どうしても背後を取られてしまうという現状がある。なので、私が来てやっているのは、中盤でブロックを作ってしっかりと守りながらカウンターで攻めるとか、守った中で相手のミスマッチを突いて攻めるということであり、それがウチの選手には合っていると(思っている)。
チームプランとしては少し下げてブロックを作るほうが安定した戦い方が出来るが、今日みたいに点を取られてしまうと、ブロックを高い位置に持っていかなければいけないので、あのように背後を突かれてやられてしまう。直さなければいけない細かいところはもちろんあるが、全体的にはもう一回守備ブロックの形成や修正をしなければいけない。

<Q.残り5試合選手たちにどんなプレーを期待するか?>
戦うことや勝つサッカーをしないといけないということは、私が来てからの11試合全て求めている。やろうとしている選手もいるし、まだその波に乗れていないが、徐々に来ている選手もいる。残り5試合全部勝つために選手にはトレーニングから(それを)望みたい。

PLAYERS' COMMENTS

ピーター ウタカ

前半は悪くなかった。ただ、ミスから失点をしてしまったところが問題。後半は良いスタートを切れて1点を取り、同点に追いつけそうな雰囲気は出ていた。それでも、ミスから失点につながってしまい、追いつけそうな勢いを失ってしまった。
個人的には自分のサッカーをしっかりやろうと思って試合に入った。自分の役割としては、チャンスを作ることと同時に得点も奪わなければいけない。何度かチャンスがあったが、ゴールキーパーにセーブされたり、ディフェンスにゴールライン上で止められてしまって決めきることが出来なかった。
次の試合ではチャンスでゴールを決めて、残留に向けてチームを助けていきたい。

鄭 大世

自分たちは引き分けも許されない状況で、焦る気持ちから前掛かりになってしまい、広島の得意なカウンターでやられてしまった。浦和戦でカウンターから失点してしまっているので、攻守の切り替えを意識しながら(試合に)入ってはいた。だが、潰すところは潰す、カードを覚悟してでも止めるということが必要だった。
今日はゴールを決めたのに、このような敗戦をしてしまうことは本当に悔しい。今は自分のゴールよりも勝ち点3が欲しい。
選手たちは今の置かれている状況がどれだけ厳しいのかということは分かっているし、全員戦う気持ちを持っている。でも、まだ何かが足りないのだろう。
大量失点で負けて、サポーターの皆さんも落ち込むところなのに、声を出して支えてくれているので、落ち込んでいる暇はない。残り5試合を全部勝ちたいと思う。

杉山 力裕

1点目のシーンでは、なぜファウルをしてでも止めないのかと思った。自分でも声をかけて強く行くように言っていれば良かったと反省している。攻守の切り替えで相手の方が速く、1歩も2歩も相手の方が上回っていた。自分たちは試合に勝てていないので、特にそこは気を付けなければいけなかった。
今は全員が気持ちを一つにしないといけない。一人でも水を漏らす選手がいれば、こういう結果になってしまうということは、しっかりと受け止めなければいけない。
選手の持っている能力は高いので、雑なプレーをなくして、落ちついてしっかりとビルドアップして前の選手につなげていきたいと思う。

河井 陽介

この試合は、最後の精度の問題と言えばそれに尽きるが、やはりそこが足りなかったのかなと思う。
監督からは自分のプレーをしろということを言われた。試合に入って、間でボールを受けて攻撃のつなぎ役になるのと、ゴールに絡んでいくプレーを心掛けた。2-1になってからは相手を押し込むことは出来ていたし、チャンスも何度かあった。そこで追いつくことや、逆転出来る力がまだまだ足りない。
今日は自分の体は動いていたが、もっと周りとの連携を深めていかなければ、自分にもチャンスは回ってこない。今日は1度チャンスがあったが、それを決めきらなければいけなかった。
残り5連勝するしか可能性が残らない。熱く戦うことも重要だが、最後の部分の冷静さを持たなければいけないと思う。あとは、ここでチームがバラバラになってはいけない。もう一度みんなで同じ方向を向いて、焦らずに勝ち切ることだけを考えて準備をしていきたい。

村田 和哉

今日はたくさんのサポーターがスタジアムに駆けつけてくれて、試合前から雰囲気を作ってくれた。また、テレビで見てくれている多くのサポーターもたくさんいたと思う。その皆さんには大変申し訳ない。
最近は試合に出られなくて、苦しい思いもあった。チームに貢献出来ていないということもあり、自分が出ることがあれば思い切りやってやろうという気持ちでいた。色々なイメージをしながら日々練習していたが、それが結果につながらなかったのが残念に思う。
自分が出て雰囲気は変わったと思う。ただ、雰囲気が変わっただけでは何の意味もない。この状況で勝たなければいけない。そうでなければ自分たちの未来はない。今日の敗戦は悔しく思う。だが、可能性がある限り諦めるわけにはいかないし、前を向いていくことが大事になる。
こういう状況でもサポーターの皆さんが自分たちに温かい言葉をかけてくれる。だからこそ、選手がその気持ちにどう応えていくのか。この状況を選手一人ひとりが打破出来るように、選手だけではなくエスパルスに関わる全員で乗り越えて、奇跡を起こしたいと思う。