清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第13節  2015.10.03 Sat 15:04 松本平広域公園総合球技場

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半1
  • 0後半0
DAZN

1

  • 岩上 祐三(36分)
ロゴ:松本山雅FC

松本山雅FC

HOME

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 杉山 力裕
13 DF 犬飼 智也
3 DF 平岡 康裕
45 DF 角田 誠
26 MF 鎌田 翔雅
7 MF 本田 拓也
6 MF 杉山 浩太
17 MF 河井 陽介
10 FW 大前 元紀
18 FW ピーター ウタカ
9 FW 鄭 大世

Substitutes

31 GK 碓井 健平
32 DF 松原 后
20 MF 竹内 涼
28 MF 八反田 康平
39 MF 白崎 凌兵
14 FW 澤田 崇
36 FW 北川 航也

松本山雅FC

Line-ups

1 GK 村山 智彦
3 DF 田中 隼磨
4 DF 飯田 真輝
30 DF 酒井 隆介
6 DF 岩沼 俊介
5 MF 岩間 雄大
11 MF 喜山 康平
8 MF 岩上 祐三
22 MF 前田 直輝
26 MF キム ボギョン
9 FW オビナ

Substitutes

25 GK 白井 裕人
2 DF 大久保 裕樹
17 MF 飯尾 竜太朗
20 MF 石原 崇兆
23 MF 工藤 浩平
10 FW 塩沢 勝吾
39 FW 阿部 吉朗

STATS

    45 90   90 45    
    4 3 7 シュート 9 6 3    
    3 5 8 GK 13 7 6    
    0 2 2 CK 7 7 0    
    6 7 13 直接FK 13 6 7    
    1 4 5 間接FK 0 0 0    
    1 4 5 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
竹内 涼 ← 杉山 浩太(38分)
白崎 凌兵 ← 平岡 康裕(60分)
松原 后 ← 河井 陽介(81分)
交代 (78分)前田 直輝 → 工藤 浩平
(85分)オビナ → 塩沢 勝吾
(90+2分)キム ボギョン → 大久保 裕樹
画像:イエローカード鄭 大世(45分)
警告・退場 (18分)岩間 雄大画像:イエローカード
(73分)オビナ画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
17,371人 晴/弱風 21.4℃ 52% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
星野 務 松尾 一 唐紙 学志 作本 貴典 櫻井 大輔 石黒 靖

GAME FLASH

試合前

本日は松本平広域公園陸上競技場でリーグ第13節松本戦です。残すところあと5試合となりました。最後で全力で戦い抜きましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK杉山力裕、DF犬飼智也、DF平岡康裕、DF角田誠、MF鎌田翔雅、MF本田拓也、MF杉山浩太、MF河井陽介、FW大前元紀、FWピーター ウタカ、FW鄭大世の11人。犬飼智也、杉山浩太、河井陽介はリーグでは久しぶりの先発になります。

試合前

松本先発メンバーは、GK村山智彦、DF田中隼磨、DF飯田真輝、DF酒井隆介、DF岩沼俊介、MF岩間雄大、MF喜山康平、MF岩上祐三、MF前田直輝、MFキム ボギョン、FWオビナの11人。松本は安藤淳が出場停止、オビナが出場停止明けとなります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

松本ボールで前半キックオフ!

前半 2分

エスパルス、中盤右サイドタッチライン際でボールを持っていたオビナに、本田拓也が深いタックルでボールを奪う。

前半 2分

松本、左サイドの喜山康平の縦パスでエスパルスの裏を狙うが、これは杉山力裕が飛び出してキャッチ。

前半 3分

松本、エリア手前で杉山浩太のクリアを拾った岩上祐三がミドルシュート。これは枠を外れる。

前半 4分

エスパルス、平岡康裕が自陣中央で競り合いの際に顔面を打ったよう。すぐに起き上がりプレー再開。

前半 5分

エスパルス、左サイドから鎌田翔雅のクロスは直接GK村山智彦へ。

前半 6分

松本、エスパルス陣内中央左で岩上祐三のロングスローの準備。しかし、大前元紀が投げる際に相手に寄せると、岩上祐三が縦に短いスローインに変更。

前半 8分

松本、FK獲得。岩上祐三がファーサイドにボールを上げると、飯田真輝が競り勝ちヘディング。ゴールを外れる。

前半 11分

エスパルス、右サイドで大前元紀と犬飼智也のコンビネーションを見せる。犬飼智也が切り返して左足で低いクロス。これはクリアされるも、ピーター ウタカが拾いチャンスは続く。ピーター ウタカは右サイドの大前元紀にボールを出したがゴールラインを割る。

前半 15分

エスパルス、中央から本田拓也が右サイドに展開。犬飼智也が前方にボールを送ったがチャンスにつながらず。

前半 16分

エスパルス、右サイド深いところから河井陽介のクロスはGK村山智彦がキャッチ。素早く始めるも平岡康裕が対応。杉山力裕にヘディングで返す。

前半 17分

エスパルス、大前元紀が右サイドに展開。走りこんだ河井陽介のクロスを鄭大世が合わせたが、シュートは枠の上。

前半 18分

松本、岩間雄大が大前元紀の足を踏みイエローカード。

前半 19分

エスパルス、相手陣内ハーフライン付近右からFKのチャンス。大前元紀は逆サイドの鎌田翔雅に低いボールを送ったが、鎌田翔雅のロングボールはカットされる。しかし、後ろにい角田誠が対応。

前半 21分

エスパルス、左サイドの鎌田翔雅がスルスルとドリブルで抜け出す。右足に持ち替えクロスも、目の前のディフェンスにブロックされる。

前半 24分

松本、右サイド岩上祐三のロングスローからエリア内中央が密集。大前元紀が大きく蹴りだした。

前半 28分

松本、前線のオビナにボールが入る。オビナは左サイドの岩沼俊介へパス。岩沼俊介のクロスはファーへ向かうが鎌田翔雅がヘディングでクリア。

前半 29分

松本、左サイドの喜山康平がドリブル。ここへ鄭大世が激しいチャージ。エスパルスはファウルを取られる。

前半 30分

松本、エスパルスのロングボールを右サイドの田中隼磨がカット。ドリブルで持ち込むが鎌田翔雅がファウルで止める。

前半 33分

エスパルス、前田直輝のドリブルに止めに入った杉山浩太が芝に引っかかって右足を負傷。ピッチ上に倒れている。

前半 34分

エスパルス、杉山浩太がスタッフの肩を借り、歩いて一旦ピッチの外へ。

前半 36分

エスパルス先制を許す。松本、エスパルス陣内エリア手前からFK。岩上祐三のキックがゴール左のバーに当たりながら決まった。0-1

前半 37分

エスパルス選手交代。杉山浩太に代わって竹内涼。

前半 39分

エスパルス、ピーター ウタカが前線の鄭大世に一度預け、後ろでリーターンをもらう。ピーター ウタカはゴール前に上げるも、味方には合わず。

前半 42分

エスパルス、本田拓也がエリア外から右足ミドル。グラウンダーのシュートは枠の左へ。

前半 44分

エスパルス、前線のオビナにボールが入ったが、角田誠の鋭いタックルで前を向かせない。

前半 46分

エスパルス、右サイドの犬飼智也のクロス。ゴール前の鄭大世が頭にかろうじて当てたが、ゴール左にはずれる。

前半 46分

前半アディショナルタイム4分。

前半 47分

松本、エスパルス陣内深くからスローイン。大前元紀が近くに寄せるが、岩上祐三は強引にゴール前に入れる。このボールは鄭大世がヘディングでクリア。

前半 50分

ここで前半終了。しかし、笛が鳴った瞬間に鄭大世が喜山康平へのチャージでイエローカード。エスパルス、1点ビハインドで前半を折り返します。

後半

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、鎌田翔雅が前線に出したボールに飯田真輝と鄭大世が激しくぶつかり合う。しかし、ゴールキックへ。

後半 3分

エスパルス、右CK。大前元紀のボールはクリアされるが、逆サイドの竹内涼がもう一度放り込む。これも松本ディフェンスにクリアされる。

後半 6分

松本、岩間雄大のエリア手前からの左足シュートはゴール左に外れる。

後半 8分

松本、エスパルス陣内中央やや左でFK獲得。岩上祐三の直接FKは左ポスト直撃。

後半 10分

松本、自陣でパスカットから右サイドのオビナへ。エスパルスディフェンスがボールに群がり、何とか食い止める。

後半 11分

エスパルス、鎌田翔雅が左サイドで相手ディフェンスのスライディングをかわし、サイドを駆け抜ける。しかし、クロスは跳ね返される。

後半 14分

松本、エスパルス陣内右サイドから岩上祐三のロングスロー。ゴール前のオビナに入るが、杉山力裕が飛び出して抑える。

後半 15分

エスパルス選手交代。平岡康裕に代わり白崎凌兵。

後半 16分

松本、エスパルス陣内右サイド深くからロングスロー。杉山力裕のパンチングが短く、ゴール前にボールが転がる。エスパルスディフェンスがゴールラインに逃げる。

後半 17分

松本、岩上祐三のCKをファーで岩間雄大がヘッド。枠を外れる。

後半 19分

松本、左CK。岩上祐三のボールはゴールに直接向かうが、杉山力裕がかき出す。

後半 20分

エスパルス、左CK獲得。大前元紀のボールはGK村山智彦がパンチングではじき返す。

後半 21分

松本、右サイドの田中隼磨がゴールライン際からクロス。オビナがスライディングでシュートも枠の右に外れる。

後半 24分

松本、GK村山智彦からのボールを左サイドの飯田真輝がギリギリ残してボールをつなぐ。クロスは角田誠がダイビングヘッドでゴールラインに逃げる。

後半 25分

松本、左CK。岩上祐三のボールは本田拓也が頭でクリアしたが、そのボールを喜山康平がオーバーヘッドシュート。枠から外れる。

後半 27分

エスパルス、左サイドでFK獲得。大前元紀の右足のボールは誰にも合わせられず。そのままゴールラインを割る。

後半 28分

松本、オビナにイエローカード。

後半 30分

エスパルス、竹内涼が相手の裏を一発で狙うパスも呼吸が合わなかった。

後半 32分

松本、左CK。ゴール前で前田直輝に胸でワントラップされるが、エスパルスディフェンスがクリア。

後半 33分

松本選手交代。前田直輝から工藤浩平。

後半 35分

松本、左CKが続く。その3本目は本田拓也がクリア。

後半 36分

エスパルス選手交代。河井陽介に代わり松原后。

後半 40分

松本選手交代。オビナから塩沢勝吾。

後半 43分

エスパルス、右サイドの白崎凌兵のクロスも、そのままゴールラインを割ってしまう。

後半 44分

エスパルス、鄭大世のクロスに最後はピーター ウタカがオーバーヘッドも枠とらえられず。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 47分

松本選手交代。キム ボギョンから大久保裕樹。

後半 49分

エスパルス、ピーター ウタカが前を向いてボールを持つ。白崎凌兵にスルーパスも通らず。

後半 51分

ここで無情にも試合終了の笛。エスパルスは1点が遠く、松本のFKの一発に敗れてしまいました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
田坂 和昭監督

・攻守ともセカンドボールを拾うこと

・前半よりも気持ちと足元をテンポアップしていくこと

・1点ずつ獲りにいこう!

松本山雅FC
反町 康治監督

・サイドの1対1の対応をしっかりして、カバーリングを早くすること

・2トップの動き出しを早く

・45分間フィジカル勝負

COACH COMMENT

田坂 和昭監督

まず最初に言わなければいけないのが、エスパルスのスポンサーの皆さん、多く駆けつけてくれたサポーターの皆さん、清水からも応援してくださっている皆さんに勝てなかったことは非常に申し訳ないと思う。もちろん選手は頑張ってやったが、結果を出せなかったことは、私はこの立場なので全部私の責任だと思う。なかなか思うように進めなかったというところも今後の課題だと思っている。
試合展開としては、今日はガチガチの試合になると(思っていた)。前半見て分かるように、長いボールで空中戦のせめぎ合いとか、セカンドボールの拾い合いで、どのようなところで明暗が分かれるか、勝敗が分かれるかはすごく気にはしていた。やはりリスタートのところで我々に不利な状況になってしまった。そこで守れずに1点決められてしまい、松本の得意なパターンで守られてしまった。もちろん松本を崩すためのトレーニングはしていたが、なかなかゴールに結びつけることが出来なかったというところはチームの課題である。
選手には言ったが、はっきり言ってこれが現状である。だから現状をしっかりわきまえて次の試合に向けてやっていかなくてはいけない。もちろん技術の面でも、昨年松本とは私自身2試合したが非常に成長している感じがしたし、そこで我々が差を出せるかなと思ったが、五分五分の戦いが続いてしまった。このチームのことを考えれば、もっとやらなければいけないと改めて感じたので、また明日からやっていこうと思う。


<Q.陣地を取り合うようなサッカーの試合だったが、それに付き合ってしまったという感じもするが、その差が出せなかった理由は?>
付き合ったという言い方よりは、前半、相手はプレッシャーに来るのは分かっていたし、長いボールを入れてリスタートを取るというのは分かっていた。(そこで)我々が自分たちのサッカーを貫き通すというのは、この現状では難しいと思った。前半を上手く耐え忍んで、どこかで勝負をしようというプランはあった。個人で差が出せなかった、チームで差が出せなかったというのは、選手にプレッシャーがあったかもしれない。どちらかというと表情は硬かったし、なかなか思い切ったことも出来なかった。選手の中でもテセに入れてとか、ウタカに長いボールを入れていこうと(話をしていた)。落ち着かせるためにも、後半もう一回冷静になってやろうとしたが、なかなか松本の壁を崩すことが出来なかったことは、何が原因か今は分からないが、それを検証するためにもしっかりトレーニングを積まなければいけないというのが自分の今の答えである。

<Q.河井選手から松原選手に交代した意図と狙いは?>
河井は少し疲弊していて、サイドで突破されるシーンが多かったので。2点目を取られる前に、どうしても変えなければいけないという中で(代えた)。松原の左サイドからアーリークロスを期待していたが、そういう場面はなかなか出てこなかった。その少し前には鎌田や河井がクロスを上げてという左右から良い形が出来ていたので、そういうところを松原に期待して入れた。最後は点を取らなくてはいけないので、犬飼を上げて松原はセンターバックに入れた。

<Q.非常に追い込まれた展開になったが、選手にはどのような声がけをしたのか?また監督自身はどのような思いで残り試合を戦うのか?>
全く逃げるつもりはない。選手に話をしたのは、いつも言っているが、終わったことは取り戻せない、けど未来は変えることが出来るので、しっかりと行動をしようと。やるべきことはしっかりやろうと選手に話をした。しかし、今はどうしても選手は落ち込んでいる状態なので。2週間後の試合に向けてはしっかりと準備したいと思う。
私自身はエスパルスの監督に就任したときに言った通り、全く怖いものはない。前を向いてやるしかないので、結果に対しての責任は全て私にあると思っている。けど全く逃げるつもりはなく、今いる選手と一緒に、社長含めて会社の人たちと共に、またサポーターともしっかり前を向いて戦いたいと思っている。

PLAYERS' COMMENTS

角田 誠

望んでいた結果にはならず、また難しい状況になってしまった。セットプレーは松本の特徴なので、警戒はしていた。だからこそ余計に残念に思う。ただ、まだ時間はあったので、点を取って勝つためにプレーをしていた。それでも、最終的には点が取れず、もったいない試合になってしまった。
選手は勝つためにやっていたが、今日に関しては攻撃のクオリティも良くなかったし、後ろも失点をしてしまった。全てにおいて足りなかったと思う。ただ、サポーターの皆さんは応援してくれているので、そういう人たちのために何としてもまずは勝ちたい。

鄭 大世

またセットプレーでまたやられてしまったことが残念。ただそれよりも、ゲームの中で落ち着いて決定機を作れなかったということにがっかりしている。こういう試合は1点勝負になることは分かっていた。だが、相手にスーパーゴールが決まって、あとはベタ引きで守れば良いという状況を作ってしまった。後半は、もう少し落ち着いてボールを回して、確実にチャンスを作れば良かったと思う。ただ、芝が長くてパスも上手く走らず、どうしても蹴ってしまうという展開にならざるを得なかったこともある。直接的な原因は何か分からないが、相手の策にはまってしまったと思う。
今日の負けは大きい。気持ちを切り替えるは難しいかもしれないが、それでもやることは同じ。(個人としては)フォワードなので、献身的なプレーをしながらゴールに向かう姿勢を見せなければいけない。どんな状況になっても、全力でやるだけだ。

本田 拓也

自分たちのサッカーが出来なくて、相手のサッカーに合わせてしまった。
アップをしながらボールが転がらないということを確認していた。横パスは奪われるとカウンターになるので、少し慎重になった部分はある。先制点を奪えたら展開は変わったと思うが、先に点を取られると、松本のディフェンスを崩すのは難しかった。
今日は自分たちがボールをつなげるところでも、前に蹴ってしまった。松本の選手は高さがあって、跳ね返す力が強かったし、クリアも精度が高かった。前半はチームとして上手く出来た部分もあったが、後半は点を取りにいかなければいけない状況で慌てた部分もあった。絶対に勝たなければいけない、点が欲しいとなれば、こういうサッカーになってしまう。そこは反省しなければいけない。多くのサポーターの皆さんが来てくれて、自分たちを応援してくれているのは励みになる。残り4試合、可能性のある限り、良い準備をして戦っていきたい。

大前 元紀

結果が全てなので、受け入れるしかない。相手はセットプレーとロングボールしかないのは分かっていたが、そのセットプレーで点を取られてしまった。相手のチャンスはそこだけだったが、自分たちにもチャンスは少なかった。観ている人を楽しませることが出来なかった試合だった。攻撃の部分で、もう少し工夫出来れば良かった。
今日は相手に合わせてボールを蹴ってしまうことも多かったし、つなげるところで蹴ってしまい、落ち着いてプレーすることが出来なかった。相手と同じようなサッカーをしたら相手の方が慣れている分上手いので、結果はこういうことになってしまう。
ホームの時と同じ形になってしまったのが悔しい。前の4人で崩せると思っていたし、もう少し4人が近い距離感でプレー出来ればもっと良かったと思う。
だが、まだ降格はしていない。自分たちがやることは勝つことだけ。勝たないと何も始まらないので、自分たちのチームのことだけを考えてやっていきたい。

犬飼 智也

もう後がないので、チームとして勝つことだけを考えて試合に入った。(途中から)自分が上がって前でプレーするようになったが、鄭大世選手が落としたセカンドボールをもう少し拾うことが出来れば良かったと思う。今日はセットプレーを集中してやろうということだったが、そこから直接決められてしまった。そこは課題だと思う。壁に関しても問題はなかったと思うが、ボールが良かった。そのようなボールを蹴る選手がいるので、ゴール前でのファールには気を付けなければいけなかった。
残り4試合は、全部勝たなければいけない。悔いを残さないように、最後まで戦い抜きたい。