清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第14節  2015.10.17 Sat 14:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

0

試合終了

  • 0前半1
  • 0後半0
DAZN

1

  • ハモン ロペス(4分)
ロゴ:ベガルタ仙台

ベガルタ仙台

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 杉山 力裕
26 DF 鎌田 翔雅
13 DF 犬飼 智也
45 DF 角田 誠
4 DF カルフィン ヨン ア ピン
22 MF 枝村 匠馬
7 MF 本田 拓也
39 MF 白崎 凌兵
14 MF 澤田 崇
19 MF ミッチェル デューク
10 FW 大前 元紀

Substitutes

31 GK 碓井 健平
3 DF 平岡 康裕
38 DF 福村 貴幸
17 MF 河井 陽介
28 MF 八反田 康平
18 FW ピーター ウタカ
36 FW 北川 航也

ベガルタ仙台

Line-ups

1 GK 六反 勇治
25 DF 菅井 直樹
3 DF 渡部 博文
5 DF 石川 直樹
23 DF 二見 宏志
14 MF 金久保 順
17 MF 富田 晋伍
6 MF キム ミンテ
10 MF 梁 勇基
7 FW 奥埜 博亮
20 FW ハモン ロペス

Substitutes

21 GK 関 憲太郎
4 DF 蜂須賀 孝治
29 DF 上本 大海
8 MF 野沢 拓也
26 MF 藤村 慶太
27 MF 武井 択也
28 FW 山本 大貴

STATS

    45 90   90 45    
    3 5 8 シュート 8 3 5    
    3 6 9 GK 15 7 8    
    7 3 10 CK 6 4 2    
    8 12 20 直接FK 14 7 7    
    1 0 1 間接FK 5 2 3    
    1 0 1 オフサイド 4 1 3    
    0 0 0 PK 0 0 0    
ピーター ウタカ ← ミッチェル デューク(62分)
八反田 康平 ← 枝村 匠馬(73分)
北川 航也 ← 澤田 崇(84分)
交代 (84分)ハモン ロペス → 山本 大貴
(85分)二見 宏志 → 蜂須賀 孝治
(87分)奥埜 博亮 → 武井 択也
警告・退場 (45+1分)ハモン ロペス画像:イエローカード
(61分)富田 晋伍画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
13,399人 晴/弱風 24.6℃ 56% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
廣﨑 圭 飯田 淳平 岡野 宇広 穴井 千雅 勝又 弘樹 古賀 正人

GAME FLASH

試合前

本日はアイスタで2ndステージ第14節仙台戦です。エスパルスはこの試合に勝って、残留に望みをつなげましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK杉山力裕、DF鎌田翔雅 DF犬飼智也、DF角田誠、DFカルフィン ヨンアピン、MF枝村匠馬、MF本田拓也、MF白崎凌兵、MF澤田崇、FWミッチェル デューク、FW大前元紀の11人。澤田崇はリーグ先発。カルフィン ヨンアピン、ミッチェル デュークが復帰しました。

試合前

仙台先発メンバーは、GK六反勇治、DF菅井直樹、DF渡部博文、DF石川直樹、DF二見宏志、MF金久保順、MF富田晋伍、MFキム ミンテ、MF梁勇基、FW奥埜博亮、FWハモン ロペスの11人です。鎌田 次郎が出場停止となっています。

試合前

選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

試合前

ゴール裏2階席では寄せ書きが掲げられています。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、ハーフライン付近中央から大前元紀が右のスペースに展開。鎌田翔雅がスライディングで足を伸ばすも届かず。

前半 2分

仙台、ゴール前のこぼれ球に二見宏志がシュート。しかし、枠を外れる。

前半 4分

エスパルス先制を許す。仙台、右CK。梁勇基のボールは中央ハモン ロペスがフリーでヘディング。0-1

前半 6分

エスパルス、左CK。大前元紀のファーに飛んだボールを犬飼智也がヘディング。これは上手く合わせられず、枠をとらえられない。

前半 9分

仙台、エリア内右から奥埜博亮が抜け出して、ゴールに接近。杉山力裕がニアのコースを防ぎシュートを体で止めた。

前半 10分

エスパルス、左サイドの澤田崇からミッチェル デュークへつなぎ、クロスは相手ディフェンスがコーナーに逃げる。

前半 11分

エスパルス、ショートコーナーから大前元紀がゴール前に上げるが、GK六反勇治にキャッチされる。

前半 12分

仙台、二見宏志のロングスロー。これを白崎凌兵が触ったが、ボールはゴール方向へ。わずかに外れピンチを逃れる。

前半 16分

エスパルス、左サイドのカルフィン ヨンアピンがドリブルで持ち上がるも、仙台ディフェンスに体で押さえられる。

前半 17分

仙台、エリア右角からFK。金久保順のボールは、エスパルスディフェンスがクリア。

前半 18分

エスパルス、左サイドのカルフィン ヨンアピンが前線へボールを出したが、走り込んだ大前元紀はオフサイドの判定。

前半 19分

エスパルス、本田拓也の縦パスからチャンスを作る。前線に走り出したミッチェル デュークが持ち込み、エリア内で白崎凌兵に。白崎凌兵はダイレクトで右の大前元紀へ。大前元紀のふわりとしたクロスに枝村匠馬が走り込むがわずかに合わず。

前半 22分

エスパルス、大前元紀がGKと一対一のチャンスかと思われたが、その前にファウルがあったもよう。

前半 24分

エスパルス、澤田崇が左サイドで長い距離をドリブルで持ち込み、切り返して右足シュート。わずかに右に外れる。

前半 25分

エスパルス、犬飼智也の激しいチャージからボールを奪い、本田拓也が前線にボールを出す。大前元紀が走り込んだがオフサイドの判定。

前半 26分

仙台、エスパルス陣内FKのチャンスからキム ミンテがヘッドもゴールの上。

前半 27分

エスパルス、左CK。大前元紀のボールはファーの犬飼智也へ。犬飼智也の折り返しはハモン ロペスにクリアされる。

前半 29分

仙台、エスパルス角田誠と杉山力裕の呼吸が合わず、奥埜博亮に裏を走られる。しかし、奥埜博亮のシュートは杉山力裕がセーブ。

前半 30分

仙台、右CK。梁勇基のボールは犬飼智也がクリア。

前半 32分

エスパルス、左サイドのカルフィン ヨンアピンのクロスは石川 直樹がクリアしCKへ。

前半 32分

エスパルス、CKのこぼれを左サイドから枝村匠馬がクロス。ミッチェル デュークが落とし、カルフィン ヨンアピンが倒れながら左足シュートもゴールの左に外れる。

前半 34分

エスパルス、仙台のミスからCK獲得。ショートコーナーからパスをつなぎ、枝村匠馬がゴール前に放り込み、最後はカルフィン ヨンアピンのシュート。しかし、これも枠をとらえられない。

前半 37分

エスパルス、角田誠が攻撃参加し、鎌田翔雅とコンビで抜け出そうとするも、角田誠のヒールパスに鎌田翔雅は反応できず。

前半 38分

仙台、エリア右からFK。梁勇基のボールはエスパルスディフェンスがかろうじてはじき返す。

前半 40分

エスパルス、仙台のロングボールがDFとGKの間に転がるが、角田誠がスライディングでクリア。

前半 42分

エスパルス、前にボールを運べず。後方でパス交換が続く。

前半 44分

エスパルス、左サイドの澤田崇のクロス。良いボールが飛んだが、仙台ディフェンスにクリアされる。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 46分

仙台、エスパルスボールのFKでボールから離れず、ハモン ロペスにイエローカード。

前半 47分

エスパルス、右CK獲得。大前元紀のボールを、仙台ディフェンスが弾き返し、ここで前半終了。序盤に失点を喫しましたが、後半の反撃に期待です。

後半 1分

仙台ボールで後半キックオフ。

後半 1分

仙台、右CK。梁勇基のボールは角田誠がクリア。

後半 3分

エスパルス、大前元紀のミドルシュートはゴールに向かって伸びたが、わずか右に外れる。

後半 7分

仙台、奥埜博亮に縦に走られるが、犬飼智也が対応。コーナーに逃げる。

後半 7分

エスパルス、相手CKのこぼれを枝村匠馬が一気に前線に。大前元紀が走り込むが相手ディフェンス2人に挟まれ、GK六反勇治が大きくクリア。

後半 11分

仙台、エリア外からハモン ロペスのシュートは本田拓也がスライディングでブロック。弱まったボールを杉山力裕がキャッチ。

後半 14分

エスパルス、エリアすぐ右でFK獲得。大前元紀のボールはクリアされるが、こぼれ球を澤田崇がゴール前に放り込む。しかし、合わせられずゴール横に流れる。

後半 15分

エスパルス、左サイドのタッチライン際からFK。犬飼智也、本田拓也と連続シュートもゴールマウスを捉えられず。

後半 16分

仙台、富田晋伍にイエローカード。

後半 17分

エスパルス選手交代。ミッチェル デュークに代わりピーター ウタカ。

後半 17分

エスパルス、左サイドから澤田崇のクロスに犬飼智也が飛び込んだが、上手くボールが合わずゴール右に転がる。

後半 20分

エスパルス、相手陣内中央左からFK。カルフィン ヨンアピンはすぐ横の角田誠へ。角田誠が中央からふわりと上げるが跳ね返される。

後半 22分

エスパルス、本田拓也が自陣からロングボール。左サイドのゴールライン際で受けたピーター ウタカがゴール前に切り込み、マイナスのパス。ここから澤田崇が右足シュートを放つも仙台ディフェンスにクリアされる。

後半 26分

仙台、カウンターからハモン ロペスが裏に飛び出し、ループシュートも枠を外れる。

後半 28分

仙台、右CK。梁勇基のボールにハモン ロペスが頭で合わせたが、ゴール左に外れる。

後半 28分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり八反田康平。

後半 30分

仙台、DFとGKの間に放り込んだボールにハモン ロペスが抜け出す。杉山力裕は一度はかわされたが、ポジションに戻りこぼれ球をキャッチ。

後半 31分

エスパルス、右サイドの鎌田翔雅のクロスに大前元紀が右足で合わせるも仙台ディフェンスにブロックされる。

後半 32分

エスパルス、左サイドのカルフィン ヨンアピンの低いクロスは相手ディフェンスにあたったが、GK六反勇治がキャッチ。

後半 35分

仙台、エスパルス陣内中央右サイドからFK。富田晋伍のボールに杉山力裕がパンチングで対応。

後半 39分

エスパルス選手交代。澤田崇に代わり北川航也。

後半 39分

仙台選手交代。ハモン ロペスから山本大貴。

後半 40分

仙台選手交代。二見宏志から蜂須賀孝治。

後半 42分

エスパルス、左サイドのカルフィン ヨンアピンのクロスはそのままゴールラインを割ってしまう。

後半 42分

仙台選手交代。奥埜博亮から武井択也。

後半 44分

エスパルス、ゴール前で角田誠のバックパスが中途半端になり、杉山力裕は何とかヘッドも相手にボールを奪われる。しかし、再び杉山力裕がボールを取り返した。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

エスパルス、左サイドでボールを受けたピーター ウタカが中央に入り、ゴール前に転がしたが、味方選手は反応できず。GK六反勇治がキャッチ。

後半 48分

エスパルス、左サイドからカルフィン ヨンアピンの右足クロスは、GK六反勇治がキャッチ。

後半 49分

エスパルス、左CK獲得。杉山力裕もゴール前に上がったが、上手く合わせることが出来ず。

後半 51分

ここで試合終了の笛。エスパルスは仙台のブロックを崩すことが出来ず、後半も得点が奪えず敗れてしまいました。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
田坂 和昭監督

・相手のロングボールのセカンドを拾うこと

・サイドを上手く使って、相手の背後を狙っていこう

・しっかり走って良い距離感を保つこと

ベガルタ仙台
渡辺 晋監督

・良いバランスでゲームを進められている
このまま続けていこう

・ロングボールに対するマネジメントをしっかりと

COACH COMMENT

田坂 和昭監督

まずは勝てなかったということに関して、多くのサポーターやスポンサー、各関係者の方に申し訳ないと思っている。
勝てなかった原因を言うより、何も言い訳はしない。真摯に受け止めて、我々も含めて力が無かった。もちろんサッカーなのでゴールを奪わなければいけないし、ゴールを守らなければいけないということが出来ていなかったので、勝てなかった。(しかし)まだ試合は続くのでプロとして、しっかりやらなくてはいけないと思っている。


<Q.2週間の中断期間でやってきたことと今日の試合の内容が違うように思うが?>
それは変わらないが、細かく言えば最後のところは違う。立ち上がりから、やはり少し堅さはあったし、ペースを掴み動き始めたのは25分くらいだった。その中で前半を何とか守ってカウンターで攻めるというプランは想定内だったし、カウンターからチャンスを作ろうと思っていた。
最後、ビハインドで追いかけなければいけないときに、今日に関して言えば、途中からウタカを入れて地上戦で行きたかった。しかし、選手は判断して犬飼と本田が代わって(犬飼が上がり)パワープレーっぽく行ったが、相手は待ち構えているだけであり、それではウタカの良さが活きなかったので、そこは想定外だった。だが、2週間準備した中で、出来なかったことが多かったかもしれないが、狙いとしては背後を取るとか、ダイアゴナルで狙うというところはよく選手は意識してやっていた。後半に関しても幾度かチャンスは作っていたので、自分は出来たと思っている。

<Q.まだ新潟戦の結果は分かっていないが、それによって清水の降格が決まるかもしれないが、それに対してどう思うか?>
真摯に受け止める。我々はプロである以上、次の試合に向けて準備をしなければいけない。

PLAYERS' COMMENTS

本田 拓也

先制点を取られるのが早かった。自分たちが追いつけるチャンスはあったが、その時間で追いつくことが出来なかった。
セットプレーの場面は、もう少し声をかけて、もう一度集中させれば良かったと思う。今日のゲームは裏に抜けてゴールを狙うということを準備してやってきた。(大前)元紀が裏に抜けたりしてくれていたが、出し手と受け手のタイミング合わずにオフサイドになってしまう場面もあった。相手が警戒してラインを止めていたということもあったのかもしれない。その中で2列目からの飛び出しがあれば、良かったと思う。裏に飛び出す意識が高かったので、パスの出し手としては、もう少し間に入れても良かったのかなと反省している。
この結果は、自分たちの力が無かったというだけ。ただ、こういう状況にあってもサポーターの皆さんは温かい声援を送ってくれているので、自分たちはプロとして残り3試合を全勝したい。

大前 元紀

この試合は、どういう試合で、どういう状況かというのは、選手もスタッフも、ここにいるスタジアムの全ての人が分かっていたと思う。その中で自分たちの力の無さを痛感した。
相手はブロックを作ってくるということは分かっていたが、早い時間帯にセットプレーで失点してしまい、さらに厳しくなった。攻撃陣は前線で動こうとしていたが、動きが重なってしまったところもあった。あとは、裏に抜ける意識はあったが、逆に引いて足下で受ける選手がいなかった。もっと選手同士が流動的に動けたら後ろの選手も出しやすかったと思うし、チームとして機能したのかなと思う。
ここが勝負どころだったが、その試合で負けたというのは、もちろんチームとしてダメージがある。だが、残り3試合は、応援してくれているサポーターのために戦いたい。

鎌田 翔雅

こういう結果になっても「頑張れ」と言ってくれるサポーターがたくさんいたので、そういう人たちに申し訳ない。試合が終わった瞬間は、自分自身の出来に悔しさを感じた。今日の試合は結果が全てだったので「どういうプレーをするか」というのではなくて、結果に結びつけるプレーをしなければいけなかった。それが出来なかったというのが全てだったと思う。残りの3試合は、全て勝てるようにしたい。

白崎 凌兵

相手のラインが高かったので、そこを狙おうとしたが、それだけになってしまっていた。松本戦と似たような感じだったと思う。練習ではもう少し上手く出来ていたが、違った形を出していかなければいけなかった。今日は前後半ともに入り方が悪かった。前半のセットプレーも、あれだけフリーで打たせてしまったら失点してしまう。後半の入り方も、悪い失い方をしてコーナーキックになってしまったりしていた。試合の一番大事な場面での集中力が足りなかったと思う。
まず今日の試合を自分の中で反省して、残り3試合に向けて、また練習からやり続けていきたいと思う。

犬飼 智也

試合前から全員で「こういう状況だからこそリラックスして、楽しむぐらいの気持ちでやろう」という話をしていた。その中で戦うことは全員出来ていたと思うが、こういう状況になってしまったのは、自分たちの1年を通しての結果。ただ、まだ試合は続くので、ここでチームがバラバラにならないようにしなければいけない。残りの試合は、応援してくれているたくさんのサポーターに、自分たちの姿勢や勝利という結果を見せなければいけない。