清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第15節  2015.10.24 Sat 14:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

0

試合終了

  • 0前半1
  • 0後半2
DAZN

3

  • 大津 祐樹(38分)
  • クリスティアーノ(62分)
  • 太田 徹郎(86分)
ロゴ:柏レイソル

柏レイソル

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 杉山 力裕
26 DF 鎌田 翔雅
45 DF 角田 誠
13 DF 犬飼 智也
16 DF 六平 光成
7 MF 本田 拓也
8 MF 石毛 秀樹
39 MF 白崎 凌兵
10 MF 大前 元紀
9 FW 鄭 大世
36 FW 北川 航也

Substitutes

31 GK 碓井 健平
3 DF 平岡 康裕
15 MF 村松 大輔
20 MF 竹内 涼
22 MF 枝村 匠馬
28 MF 八反田 康平
33 FW 加賀美 翔

柏レイソル

Line-ups

21 GK 菅野 孝憲
27 DF キム チャンス
4 DF 鈴木 大輔
13 DF エドゥアルド
22 DF 輪湖 直樹
30 MF クリスティアーノ
15 MF 武富 孝介
17 MF 秋野 央樹
7 MF 大谷 秀和
9 FW 工藤 壮人
10 FW 大津 祐樹

Substitutes

1 GK 桐畑 和繁
2 DF 藤田 優人
20 DF 中谷 進之介
8 MF 茨田 陽生
26 MF 太田 徹郎
28 MF 栗澤 僚一
11 FW エデルソン

STATS

    45 90   90 45    
    3 6 9 シュート 8 4 4    
    7 3 10 GK 12 5 7    
    2 5 7 CK 2 0 2    
    6 5 11 直接FK 9 3 6    
    1 3 4 間接FK 2 2 0    
    1 3 4 オフサイド 2 2 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
竹内 涼 ← 石毛 秀樹(63分)
加賀美 翔 ← 本田 拓也(68分)
枝村 匠馬 ← 大前 元紀(81分)
交代 (69分)大津 祐樹 → 栗澤 僚一
(81分)武富 孝介 → 太田 徹郎
(90分)輪湖 直樹 → 藤田 優人
画像:イエローカード石毛 秀樹(53分)
警告・退場 (16分)秋野 央樹画像:イエローカード
(42分)輪湖 直樹画像:イエローカード
(43分)大谷 秀和画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
12,238人 晴/弱風 23.8℃ 44% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
松永 正利 村上 伸次 大塚 晴弘 平間 亮 野田 祐樹 曽根 雄太

GAME FLASH

試合前

本日はアイスタで、リーグ第15節柏戦となります。ホーム最終戦となる今節は、勝って締めくくりましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK杉山力裕、DF鎌田翔雅、DF角田誠、DF犬飼智也、DF六平光成、MF本田拓也、MF石毛秀樹、MF白崎凌兵、MF大前元紀、FW鄭大世、FW北川航也の11人。石毛秀樹は2ndステージ第1節以来、北川航也は初先発となります。

試合前

柏先発メンバー、GK菅野孝憲、DFキム チャンス、DF鈴木大輔、DFエドゥアルド、DF輪湖直樹、MFクリスティアーノ、MF武富孝介、MF秋野央樹、MF大谷秀和、FW工藤壮人、FW大津祐樹の11人。ロンドンオリンピック代表の大津祐樹を使ってきました。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

柏ボールで前半キックオフ。

前半 2分

柏、エスパルス陣内中央から工藤壮人のスルーパスは杉山力裕が飛び出して反応。

前半 3分

エスパルス、エドゥアルドのロングボールに対して六平光成が体を入れてゴールキックに。

前半 5分

エスパルス、エリア外から白崎凌兵が思い切りよくミドルシュートも枠の上に外れる。

前半 6分

柏、右サイドからクリスティアーノのドリブル。鎌田翔雅がかわされるも、白崎凌兵が戻りスライディング。ゴールキックへ。

前半 8分

エスパルス。右サイドを大前元紀がドリブルで駆け上がり、縦に鄭大世を走らせるパス。鄭大世は後ろから来たボールにダイレクトにシュートを放つもGK菅野孝憲がキャッチ。

前半 10分

柏、右CK獲得。秋野央樹は手前の武富孝介へ転がす。武富孝介はシュートは杉山力裕がセーブ。

前半 13分

エスパルス、最終ラインの角田誠がトラップミス。工藤壮人にボールを奪われるも、犬飼智也がカバーに入ってピンチを防ぐ。

前半 14分

エスパルス、相手ゴール前に転がったボールに鄭大世が飛び込むも、柏ディフェンスに体を入れられてシュートに持ち込めず。

前半 16分

エスパルス、角田誠のロングボールを受けた鄭大世が倒されファウル獲得。クイックリスタートで始めたが、秋野央樹が大前元紀が蹴ったボールに足を当てイエローカードが提示される。

前半 19分

エスパルス、石毛秀樹のバックパスが短くなり、犬飼智也が慌てて対応。その際、秋野央樹とぶつかり、両者ともピッチに倒れ込む。

前半 20分

両者とも立ち上がりプレー再開。

前半 21分

柏、エドゥアルドの自陣からのロングキックに、ゴール前のクリスティアーノが落とし、工藤壮人が強烈なボレーシュート。これは、杉山力裕がキャッチ。

前半 23分

エスパルス、右サイドで北川航也のドリブル。エリア手前でディフェンスに足を出されるが、こぼれたボールを白崎凌兵がシュート。これは柏ディフェンスにブロックされる。

前半 25分

エスパルス、左サイドのスローインから大前元紀が落として、鎌田翔雅がクロスをあげるも合わせることは出来ず。

前半 28分

エスパルス、エドゥアルドのドリブルを大前元紀ががっちりと止めて、ファウルを獲得。

前半 30分

柏、エリア右サイドぎりぎりのところからクリスティアーノがシュート態勢に入ったが、本田拓也のスライディングが決まる。

前半 32分

柏、エスパルスの中盤を素早いパスで崩して、最後は左サイドのエドゥアルドがスルーパス。これは角田誠が対応。

前半 37分

エスパルス、左サイドの白崎凌兵からスルーパスに北川航也が走り出したが、ボールは流れてGK菅野孝憲がキャッチ。

前半 38分

エスパルス先制点を許す。柏、エリア内で大津祐樹が六平光成と一対一。これを大津祐樹がカットインして、ゴール正面から右足シュート。これをゴール右隅に決められた。0-1

前半 43分

柏、エスパルスのフリーキックの際にボールから離れず輪湖直樹にイエロー。さらに大谷秀和も同様にイエローカード。

前半 45分

柏、石毛秀樹と白崎凌兵のワンツーの乱れを奪い、一気に前線に。クリスティアーノのシュート性のクロスに工藤壮人が飛び込むも、そのままゴールラインを割る。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 47分

エスパルス、左CK獲得。石毛秀樹はショートコーナーで大前元紀に。再びパスを受けた石毛秀樹がクロスも、中で合わせることが出来なかった。

前半 48分

ここで前半終了。エスパルスは1点ビハインドで後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、本田拓也が右サイドに展開。六平光成がドリブルで粘りCK獲得。

後半 2分

エスパルス、大前元紀のCKは、中央で鄭大世が合わせるが勢いがなく、GK菅野孝憲にキャッチされる。

後半 3分

エスパルス、本田拓也の鋭い縦パスで、右サイドの大前元紀を走らせる。大前元紀がゴールライン際まで持ち上がりふわりとしたクロス。このボールを鄭大世が頭で合わせたが、GK菅野孝憲のファインセーブに遭う。

後半 4分

エスパルス、左CK獲得。石毛秀樹はファーに飛ぶがエドゥアルドがゴールラインに逃げる。サイドを変えて再びCK。

後半 5分

エスパルス、右CK。大前元紀のボールを鄭大世が頭で落としたが、これはGK菅野孝憲がパンチングで逃げる。再びつなぎゴール前にあげると今度は鎌田翔雅のヘディングシュート。これは相手ディフェンスにクリアされる。

後半 8分

エスパルス、右サイドで大前元紀が2人かわしてエリアに侵入。低いクロスは鄭大世の頭にわずかに合わなかった。

後半 9分

柏、カウンターから大津祐樹のスルーパス。これを絶妙なタイミングで杉山力裕が飛び出してクリア。

後半 12分

柏、武富孝介が大きく前に蹴り出し工藤壮人が裏に抜けたが、これはオフサイドの判定。

後半 13分

エスパルス、石毛秀樹がエリア内までドリブルで持ち越み、そのままシュートも枠をとらえることが出来ない。

後半 14分

柏、右サイドからクリスティアーノのシュート性のクロスだったが、ボールはそのままゴールラインを割る。

後半 17分

エスパルス2点目を許す。柏、ゴールほぼ正面でクリスティアーノがエリア外からミドルシュート。これがボールに寄せた石毛秀樹に当ってコースが変わりネットを揺らされた。0-2

後半 18分

エスパルス選手交代。石毛秀樹に代わり竹内涼。

後半 21分

エスパルス、左サイドで竹内涼と本田拓也のワンツーから竹内涼が大きく逆サイドに展開。このボールは六平光成に合ったが、トラップミスで柏ディフェンスにクリアされる。

後半 23分

エスパルス選手交代。本田拓也に代わり加賀美翔。

後半 24分

柏選手交代。大津祐樹から栗澤僚一。

後半 25分

エスパルス、鄭大世の左サイドからクロスに大前元紀が飛び込むも、トラップが乱れGK菅野孝憲の飛び出しを許す。

後半 29分

エスパルス、左CK獲得。大前元紀のボールに、犬飼智也がGK菅野孝憲の前で合わせたがゴール右に外れる。

後半 30分

エスパルス、左サイドでボールを持ち込んだ鄭大世。北川航也にスイッチして、ゴールライン際まで迫り、ふわりとしたクロス。これはGK菅野孝憲がキャッチ。

後半 32分

エスパルス、柏にボールを回される時間が続いたが、鎌田翔雅が体を入れてボールを奪いファウルを獲得。

後半 33分

エスパルス、ゴールキックが前線までこぼれ、加賀美翔が走り込むも、柏ディフェンスに体を入れられシュートを打てない。

後半 36分

柏選手交代。武富孝介から太田徹郎。

後半 36分

エスパルス選手交代。大前元紀に代わり枝村匠馬。

後半 41分

エスパルス3点目を許す。柏、太田徹郎がエスパルスディフェンス裏を抜け出し、杉山力裕の位置を確認してループシュート。0-3

後半 45分

柏選手交代。輪湖直樹から藤田優人。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 47分

エスパルス、左CK。竹内涼のボールはゴール前でファウルがあったもよう。

後半 50分

ここで試合終了の笛。エスパルスは後半の2失点で、0-3で敗れました。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
田坂 和昭監督

・帰陣をもっと早くして、相手のロングボールのセカンドを拾うこと

・サイドで起点を作ろう

・リスタートはチャンスになる
冷静に続けていこう

柏レイソル
吉田 達磨監督

・相手の前線は裏を狙っている。
しっかりとリスクマネジメントすること。

・45分だけじゃなく90分最後までやり続けろ!
もう一回気合を入れ直せ!

COACH COMMENT

田坂 和昭監督

前節に降格が決まってしまったが、プロとして3試合をしっかり戦おうと。今日のホーム最終戦に関しても、もちろん柏に勝つ準備と選手の気持ちの持ち方でどう戦うかということで(臨んだ)。今までなかなかチャンスをもらえなかった選手やトレーニングでずっと自分を向上するためにやってくれた選手、このままでは終われないという選手の気持ちを汲んでそういうメンバーで今日は戦った。その中で柏に対して、今週は色々な攻撃の形を試したが、前半はどうしても堅くなってしまって、前回のように慌てて蹴ってしまうとか、ボールを受けるのが怖がってしまったが、前半の25分過ぎあたりとか後半の途中あたりはボールを動かしながら背後を取れた。サイドを変えながらクロスから攻略するというところは何度が出せていたが、最後のゴールまでは至らなかった。次はまた2週間空いて山形、甲府と戦い方は少し代わってくると思うが、我々はプロなのでしっかりと結果を出せるメンバーで準備をしていきたいと思う。


<Q.清水らしいサッカーをするというテーマでこの試合に臨んだと思うが、具体的にどのようなサッカーで、どのくらい実現出来たのか?>
柏を崩すためにひとつはボールサイドに動かして密集しながら同サイドを崩すと。リスクはあるが逆サイドにサイドチェンジした時は、サイドバックは速く攻めるという形を狙っていた。どれだけ出来たかというと数字には出せないが、立ち上がり25分位から少し落ち着いてボールを動かせるようになった。同サイドに人数をかけて崩すということが数回しか出せなかったが、そういうところでチャンスは出来そうな感じはあった。実際、後半の立ち上がり、テセのところでゴールは奪えなかったが良い形で同サイドからとかサイドチェンジした時に速いクロスを決めるというところが(出せた)。今のエスパルスの選手を考えればそういうサッカーが妥当ではないかと(思う)。定義としてエスパルスのサッカーは何かということは、たぶんここ数年模索していることだと思う。今、自分が見る中では、もちろん速いサッカーはするが、パスを繋ぎながらブロックを崩していくということがエスパルスのサッカーではないかと(思う)。付け加えるなら攻守の切り替えを早くするとか帰陣を早くするとか、ゴール前では体を張って守るということが、これからのエスパルスのサッカーになっていくのではないかと思う。

<Q.最後のほうは柏のパス回しに対してなかなかボールを取れず、少しずつ消耗させられながら押し込まれていくような流れになったかと思うが、そのような中でどう打開しようとしたのか?>
もちろんミスマッチでアンカーがいるので相手に動かされるということは、プランの中にはあった。しかし、相手が動かしている時はサイドバックが高い位置を取ってくるので、そうなった場合は低い位置からカウンターを狙うというところも2回位出そうな感じはあった。その分サイドハーフの(大前)元紀や白崎が切り替えを早くして相手のサイドバックのスペースを突くことを、ファールで止められてしまったが狙っていた。全て前から行っても、相手の技術の高さがあるのでなかなか出来ないだろうと思い、切り替わった瞬間に前からプレッシャーに行く、ダメだったらしっかりとブロックを作ってカウンターを狙うと(指示していた)。(相手に)2点取られてしまったので、その後は前からどんどんプレッシャーをかけるとなると、あのように背後を突かれてしまうのが、今の現状だろう。

<Q.挨拶の時に厳しいブーイングが飛んだが、どう受け止めたか?>
今までそういう経験はなかったので良い経験をさせてもらった。もちろんサポーターの気持ちを考えれば、それは仕方ないと思っている。自分の中で考えていたことをもっとしゃべりたかった。ひとつは途中から入って、このエスパルスを何とか変えて残留させてあげたかったし自分もしたかったが、その結果が出なかったことは申し訳なかった。
(また)パルちゃんクラブの人たちが映像を贈ってくれた。色々な想いがあって、色々な言葉を入れてくれた映像を、今日、ミーティングの時に選手に見せた。自分はあの映像ですごくサポーターの魂を感じた。申し訳ないが、正直我々のチームは魂の火が弱いというかあまり感じられない。だからこそあの映像でサポーターやスポンサーさんとか、パルちゃんクラブでボランティアをやってくれている皆さんのためにも、魂のあるウォーミングアップから魂のあるプレーを今日はしようではないかと(話をした)。しかし、魂を込めろと言っても、人間なので良い時もあれば上手くいかない時もある。気持ちが高揚している時もあれば辛い時もあると。それは魂がある人間だからであり、物や機械でなないから。今年はシーズンを通して出来ないことが多かった。ただ、最後の責任は私が取ればよいことだが、選手にはもっと魂を持って仕事をしてもらいたいと(思う)。それは選手だけでなく会社も全て含めて。私もここの一員なので仕事をもっと魂を込めて今まで以上にやらなくてはいけないと思っている。このチームは降格するが、だからこそ魂がないと上がれないと思うし、魂がないとただやっているクラブになってしまう。パルちゃんクラブが作ってくれた映像というのは非常にありがたかったし、改めて選手に火を点けなくてはいけない、魂を込めて仕事をしなくてはいけないことを感じさせられた。
(皆さんからの)ブーイングに対しては真摯に受け止めるし、しっかり前を向いてやっていく。

PLAYERS' COMMENTS

本田 拓也

1年を通してアイスタで勝ったリーグ戦は2試合だけになってしまった。サポーターの方々もフラストレーションがたまっていると思うし、本当に申し訳ない。
チームとして力もなかったし、球際の部分でも迫力の無い試合もあった。練習でも、まだまだ甘いところもあったので、そういう面でも練習からしっかりやらなければいけない。
今日の試合は、球際の部分や戦う姿勢は出ているところもあったが、それだけでは勝てない。まだ個人の力が足りないと思う。ただ、勝っている試合では良い試合が出来ていた。そういうサッカーも出来るということは、やれば出来るということ。そういう試合をムラ無く出来ることが大事になる。
まだ2試合残っているので、そこでしっかり戦って、来年J1に戻って来られるように準備をしていきたい。

大前 元紀

最近の試合と比べて、今日の試合の入り方は良かったと思う。ただ、前半に失点してしまい、0-1で折り返さなければいけないというのはチームとして苦しくなったと思う。取り返して逆転するという力が、今のチームにはなかった。チームとしてのクオリティも相手の方が高かった。今日は3失点してしまったが、原因は一つではない。
(ブーイングは)妥当だと思うし、頑張って欲しいという気持ちがあるからこそだと思う。悔しいが、自分たちが招いた結果なので、それは真摯に受け止めなければいけない。だだ、応援してくれているサポーターがいるので、残り2試合をしっかり戦って勝利を見せるということが今自分たちに出来ること。プロとしてしっかりやっていきたい。

石毛 秀樹

降格が決まってしまって、これからどういうエスパルスになるのかということを見せる大事な試合だった。その試合で先発することになって、今後のエスパルスが歩むべき道を見せたいと思っていた。だが、今日の試合に限って言えば、中盤のところで数的優位を作られてしまい、プレッシャーがかけられないということがあった。中盤で、フリーで前を向かせてしまったり、そこから起点となるボールを出させてしまった。そこで上手くいかないのが、今年1年続いてしまったのかなと思う。
自分が小さい頃から応援していたエスパルスを取り戻すために、自分も先頭に立って変えていかなければいけない。若いとは言っていられない。強いエスパルスになるために、チームを引っ張る存在になっていきたい。

北川 航也

いつ試合に出ても良い準備をしていた。だから、緊張することもなく試合に入れたと思う。練習でやってきた通りの自分のプレーは要所、要所は出せた。でも、あと一歩のところで練習試合や紅白戦とは違った。自分の特徴である裏を取るプレーから、最後にシュートで終わるということが出来なかった。
自分たちもやろうとしていることはあったが、それが結果に結びつかなかった。サポーターの皆さんの気持ちも十分に分かるし、ブーイングをしてくれるということはありがたいことでもある。だからこそ、今のうちに何とかしなければいけないと思う。

加賀美 翔

入ったときから守備に追われる時間が長くて、前に行くチャンスがなかなか出来なかった。ただ、その中でも、ボールを受けることも出来たと思うが、もっとボールに絡むことが出来たのではないかと思う。
約3年間出られなかったアイスタで試合に出ることが出来たのは、自分が練習試合から点を取ってきた結果を見てくれたからだと思う。これからも、それは続けていかなければいけない。この一歩から、来シーズンにつながるものを見せていきたい。