清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第17節  2015.11.22 Sun 13:34 山梨中銀スタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

2

  • 白崎 凌兵(52分)
  • 北川 航也(56分)

試合終了

  • 0前半0
  • 2後半2
DAZN

2

  • 橋爪 勇樹(66分)
  • 保坂 一成(76分)
ロゴ:ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府

HOME

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 杉山 力裕
26 DF 鎌田 翔雅
13 DF 犬飼 智也
45 DF 角田 誠
38 DF 福村 貴幸
7 MF 本田 拓也
20 MF 竹内 涼
22 MF 枝村 匠馬
14 MF 澤田 崇
39 FW 白崎 凌兵
36 FW 北川 航也

Substitutes

31 GK 碓井 健平
3 DF 平岡 康裕
15 MF 村松 大輔
16 MF 六平 光成
9 FW 鄭 大世
10 FW 大前 元紀
11 FW 村田 和哉

ヴァンフォーレ甲府

Line-ups

21 GK 河田 晃兵
41 DF 土屋 征夫
3 DF 畑尾 大翔
17 DF 津田 琢磨
28 MF 橋爪 勇樹
8 MF 新井 涼平
6 MF マルキーニョス パラナ
16 MF 松橋 優
18 FW 下田 北斗
15 FW 伊東 純也
10 FW バレー

Substitutes

1 GK 荻 晃太
2 MF 福田 健介
7 MF 石原 克哉
23 MF 稲垣 祥
30 MF 保坂 一成
14 FW 堀米 勇輝
19 FW 盛田 剛平

STATS

    45 90   90 45    
    6 6 12 シュート 6 6 0    
    2 3 5 GK 13 7 6    
    3 4 7 CK 1 0 1    
    4 8 12 直接FK 17 11 6    
    1 0 1 間接FK 0 0 0    
    1 0 1 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
六平 光成 ← 福村 貴幸(70分)
鄭 大世 ← 澤田 崇(77分)
村田 和哉 ← 北川 航也(81分)
交代 (62分)マルキーニョス パラナ → 保坂 一成
(70分)津田 琢磨 → 福田 健介
(76分)バレー → 盛田 剛平
画像:イエローカード本田 拓也(74分)
画像:イエローカード鄭 大世(84分)
警告・退場 (37分)バレー画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
14,036人 曇/弱風 15.3℃ 48% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
新藤 一晴 西村 雄一 山口 博司 西尾 英朗 井上 知大 瀧本 紗希

GAME FLASH

試合前

本日は山梨中銀スタジアムで、セカンドステージ第17節・甲府戦になります。富士山ダービーに勝って、来季につなげましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK杉山力裕、DF鎌田翔雅、DF犬飼智也、DF角田誠、DF福村貴幸、MF本田拓也、MF竹内涼、MF枝村匠馬、MF澤田崇、FW白崎凌兵、FW北川航也の11人。山形戦と同じメンバーで挑みます。

試合前

甲府先発メンバーはGK河田晃兵、DF土屋征夫、DF畑尾大翔、DF津田琢磨、MF橋爪勇樹、MF新井涼平、MFマルキーニョス パラナ、MF松橋優、FW下田北斗、FW伊東純也、FWバレーの11人。阿部翔平、阿部拓馬などがベンチから外れています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

甲府ボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、自陣で左サイドの福村貴幸がボールを持つと、枝村匠馬が前線まで猛ダッシュ。しかし、これは甲府ディフェンスにクリアされる。

前半 3分

エスパルス、ハーフライン付近で北川航也の落としに、白崎凌兵が左サイドでボールを受ける。エリア内で中央に浮き球のパスを送るが、これは枝村匠馬には合わず。

前半 4分

エスパルス、エリア外から北川航也のミドルシュートは枠の上に外れる。

前半 6分

エスパルス、竹内涼のロングパスは右サイドに。一度は甲府ディフェンスにクリアされるが、北川航也が体を入れてファウル獲得。右のエリア外からFK獲得。

前半 7分

エスパルス、右サイドからFK。キッカーは福村貴幸。低いボールを送ったが、甲府ディフェンスにクリアされる。

前半 8分

エスパルス、左サイドで密集を作りパスを回す。最後は澤田崇が縦にドリブルを開始したが、ゴールラインを割ってしまう。

前半 10分

甲府、エリア外やや右からFK。橋爪勇樹のボールは北川航也がヘディングでクリア。甲府は再びゴール前に放り込み、バレーの落としが土屋征夫につながりエリア内で混戦になるが何とかしのぐ。

前半 12分

甲府、伊東純也が左サイドを駆け上がりドリブルでゴールに迫るが、エスパルスディフェンスがコーナーに逃げる。

前半 14分

エスパルス、左サイドでパスを回していたが、新井涼平にボールを奪われる。するとエスパルスは3人がかりで囲みボールを奪う。しかし、これはファウルの判定。

前半 17分

エスパルス、右CK獲得。福村貴幸の高いボールはファーへ。鎌田翔雅がヘディングで中に折り返されるも、こぼれ球を本田拓也がボレーシュート。枠の上に外れる。

前半 20分

エスパルス、右サイドと中央で鎌田翔雅と本田拓也がパス交換。北川航也がドリブルでゴール前に突っ込むが奪われ、ボールが戻ってきたところを白崎凌兵がゴール前のスペースに。しかし北川航也とはタイミングが合わず。

前半 24分

甲府、GK河田晃兵のロングキックはバレーが角田誠を片手で押さえて、余裕を持ってボールを落とした。

前半 26分

エスパルス、右CK獲得。福村貴幸のボールは、GK河田晃兵がパンチング。しかしゴール前でボールを奪い返し、本田拓也のシュート。さらに攻撃は続き、右サイドから本田拓也のクロスに犬飼智也がゴール前で合わせたが、枠をとらえられなかった。

前半 29分

甲府、下田北斗が右サイドから左足でボールを放り込むが、角田誠がダイビングヘッドでクリア。

前半 31分

エスパルス、ゴール正面の位置から白崎凌兵がトラップで一人かわし、甲府ディフェンスの間を突破。しかし、最後はボールが流れてGK河田晃兵がキャッチ。

前半 34分

甲府、最後尾の畑尾大翔が右サイドの橋爪勇樹にロングパス。橋爪勇樹がクロスを放り込むが合わせることができない。

前半 36分

エスパルス、エリア外やや右からFK獲得。福村貴幸が速いボールを狙ったが、壁に直撃。こぼれ球を角田誠がゴール前で競り勝つもGK河田晃兵がボールを押さえる。

前半 37分

甲府、バレーにイエローカード。

前半 39分

エスパルス、澤田崇が右サイドのゴールエリア付近で土屋征夫をかわし、クロスをあげる。ファーの福村貴幸が絶妙のトラップから左足の強烈なシュート。しかし、わずかにゴール右に外れる。

前半 41分

甲府、左サイド伊東純也がスピードを生かして左サイドを駆け上がる。クロスはゴールに向かって飛んだが、バーに当たって難を逃れた。

前半 43分

エスパルス、福村貴幸が左サイドからアーリークロスを入れるが、GK河田晃兵が飛び出してキャッチ。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 46分

甲府、下田北斗が縦パス。このボールにバレーが抜け出したが、杉山力裕がエリア外まで飛び出してクリア。

前半 47分

前半終了。エスパルスはボールを保持し、甲府を自由にさせませんでしたが、まだゴールが奪えていません。後半に期待しましょう。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、右サイドでFK獲得。福村貴幸の左足はニアに枝村匠馬が飛び込んだが、甲府ディフェンスにクリアされる。

後半 3分

エスパルス、ゴール前のこぼれ球を本田拓也がエリア外からミドルシュートを放つも、味方に当たってゴールキックに。

後半 5分

甲府、畑尾大翔から右サイドの橋爪勇樹へ鋭いロングパス。ゴールラインを割るかと思われたが、ギリギリ間に合いゴール前に折り返すも、杉山力裕が飛び出した。

後半 7分

エスパルス先制!右CK、竹内涼のボールを犬飼智也が右足で合わせ、ゴール前の混戦を白崎凌兵が押し込んだ。1-0

後半 11分

エスパルス追加点!白崎凌兵がエリア内でドリブル。奪われそうになるも維持でボールキープしノールックの折り返しを、北川航也右足でたたき込んだ。2-0

後半 13分

エスパルス、左サイドの白崎凌兵がサイドチェンジ。北川航也が右サイドから抜け出してシュート。これはGK河田晃兵が横っ飛びでセーブ。

後半 17分

甲府選手交代。マルキーニョス パラナから保坂一成。

後半 19分

甲府、中盤にぽっかりと空いたスペースでボールを受けた新井涼平がミドルシュート。しかし、ボールは枠の外に転がる。

後半 20分

エスパルス、枝村匠馬にイエローカード。

後半 21分

清水1点返される。甲府、伊東純也の右からのクロスをエスパルスディフェンスがクリア。しかし、そのボールを橋爪勇樹が右足で押し込んだ。2-1

後半 24分

甲府選手交代。津田琢磨から福田健介。

後半 25分

エスパルス選手交代。福村貴幸に代わり六平光成。

後半 29分

エスパルス、本田拓也のロングパスに左サイドの澤田崇が走り込み、横の白崎凌兵に。白崎凌兵は中に低いクロスを送ったが、甲府ディフェンスにクリアされる。

後半 29分

エスパルス、本田拓也にイエローカード。

後半 31分

エスパルス同点に追いつかれる。甲府、橋爪勇樹のクロスにクリアが中途半端になり、保坂一成が詰めた。2-2

後半 31分

甲府選手交代。バレーから盛田剛平。

後半 32分

エスパルス選手交代。澤田崇に代わり鄭大世。

後半 36分

エスパルス選手交代。北川航也に代わり村田和哉。

後半 39分

エスパルス、鄭大世にイエローカード。

後半 40分

甲府、ゴール正面の盛田剛平の落としに、伊東純也がミドルシュート。枠の上に外れる。

後半 42分

エスパルス、右サイドで村田和哉がドリブルを開始するも、甲府ディフェンスに3人がかりで襲いかかられる。

後半 44分

エスパルス、右サイドで村田和哉がドリブルで抜ききる。しかしクロスは甲府ディフェンスに当たり、右CKに。

後半 44分

エスパルス、右CK。竹内涼のボールはファーにな流れ、鎌田翔雅が遠目からボレーシュート。これも枠をとらえられない。

後半 46分

後半アディショナルタイム5分。

後半 48分

エスパルス、本田拓也がゴール前に速いボールを送り、これを鄭大世が体を伸ばしたが頭にはギリギリ届かず。

後半 50分

甲府、保坂一成がゴール前でトラップからシュートも杉山力裕がキャッチ。

後半 51分

ここで試合終了の笛。エスパルスは2点を先制し、勝つチャンスもありましたが、後半に2点を返され引き分けに終わりました。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
田坂 和昭監督

・相手のリスタートに注意すること

・相手の間を上手く使いながら背後を狙おう

・足を止めずに何度でも攻めよう!

ヴァンフォーレ甲府
佐久間 悟監督

・相手にボールを持たれているが、ナーバスになる必要はない

・バレー、伊東の距離感を大切にすること

・勝とう!

COACH COMMENT

田坂 和昭監督

まず最初にチームとして今年1年間応援していただいたサポーター、支援していただいた皆さんには感謝しなければいけない。私自身は7月からこのチームに入って5ヶ月間コーチ、また監督という立場で仕事をさせていただいたが、本当に皆さんに感謝したいと思っている。特に選手には本当に感謝している。選手のお陰で色々なことを学ばせていただいたし、色々なことを経験させていただいた。
今日の試合に関しては、前回の山形と今回の試合は私がやりたいというか、この選手に合うようなサッカーを(やろうとしたが)、今日の60分過ぎくらいまで、2点取るくらいまでは非常に自分自身見ていて面白かったし、選手が凄く躍動しているなと感じた。けどそれが90分続かないのがこのチームであって、人が変われば違うサッカーになってしまうというのがこのチームある。それは次に指揮を取る人が考えることではあるが、やはりこういうトライに関して真摯に選手がやってくれたこと、また良い形で点が取れたことは非常に私自身も嬉しく思う。最後の最後、チームの課題で失点が止まらないということはあるが、この2試合というのはピッチの外のベンチから見ていると楽しかったなという感じがしている。
これからチームは来年違うカテゴリーでやる。私自身もこのチームを去るが、これで人生が終わるわけではないし、またチームは存続して次のカテゴリーで戦う。私自身も強い気持ち、広い心を持って頑張っていきたいと思っている。

<Q.前半は非常に希望が持てる試合内容だったと思うが、一番良かった点は?>
甲府も前回の試合を見て我々を研究してきたので、心理戦というか焦れた方、我慢仕切れなかった方が負けるなと(思った)。前半も色々な駆け引きがあって面白かった。その中でも選手がその突破口を開いて自分たちで考えたプレーもあったし、トレーニングで話をして選手がやろうとしたこともあり、狙いとするサッカーを選手がピッチで表現してくれた。もちろん点が入らなかったり、なかなか攻めないなと思うかもしれないが、甲府に対しての駆け引きであって、あれを引くと甲府の策略にはまってしまうので、監督の立場で言うのは何だが非常に見応えがあったと思う。

<Q.2点取るまではやりたいサッカーが破綻なくやれていたと思うが、そういう収穫を踏まえて第一に選手たちに望むところは?>
もう立場が違うので細かいことは言わないが、現状を見極めなければいけない。サッカーというのは90分であり、Jリーグはリーグ戦であり、選手は3人替えられる。選手が変わったら同じようなサッカーが出来ないと言うのであれば、それはチーム力の問題にもなってくる。そういうところでは一人ひとりが現状を見つめて向上しなければいけない。私が来て7月から指導したが、その中でも昨日のトレーニングは非常に成長を感じたし、今日の試合でも成長を感じられた選手は多々いる。しかし現状を見ると勝てなかったとか守れなかったということはあるので、しっかりと真摯に受け止めなければいけない。それはサッカーだけではなく普段の生活からプロ選手としてやらなくてはいけないことをやるということを来年期待したい。

<Q.右サイドからのコーナーキックは福村選手が蹴っていたが、途中から竹内選手に変えたのも駆け引きの一環か?>
そう。あれもトレーニングしてきた。そういうところも敢えてこちらが全て決めるのではなくて、いつも来ている人は知っていると思うが、例えばリスタートゲームの中で自分たちのアイデアを出してやる。今日も前半にクイックリスタートをして審判に止められたが、そういう選手の駆け引きも以前はなかったと思う。全部決められたことをやっていた。しかし、選手の判断で色々なトリックをやったりと選手は成長したし、これは面白いなということも考えながらやれていた。それも選手がトレニーングの中から出したことだと思う。

PLAYERS' COMMENTS

本田 拓也

前半は自分たちのペースで出来ていたが、相手も中を固めてきていて、崩しきれないところもあった。その中でも2,3本はチャンスがあったので、そこで点を取れていれば変わったと思う。後半は2点をリードすることが出来たが、2点差を追いつかれてしまったというのは、まだまだ自分たちの甘いところ。今年1年間、ずっとそのような甘さがあったのかなと思う。(前節)山形戦と今日の試合は自分たちのスタイルで出来ていたが、それを90分間続けなければいけない。60分間良いサッカーをしていても、今日のように残りの時間帯で失点してしまっては意味がない。勝つためには、練習中から厳しくやっていかなければいけない。シーズンが今日で終わってしまうが、来季も山形戦や今日のようなサッカーをやれば一年でJ1に上がって来ることが出来ると思う。

角田 誠

白崎や(北川)航也という若い選手が点を取ってくれていたので、後ろの選手としては申し訳ないことをしたと思う。ただ、チームとしては2点を奪ってから、少し安心した部分があったと思う。相手が前掛かりになっていたので、逆に3点目を狙いに行くチャンスだった。相手に合わせるようなゆっくりとしたペースではなく、こういう時こそスピードを上げていかなければいけなかった。それほど怖いとは思わなかったが、攻めこまれる時間が増え、1点を奪われてさらに追加点を奪われるという結果になってしまった。
それでも、今のサッカーをしていればJ1でもやっていける力があるということを見せられたと思う。ただ、これは続けていかなければいけない。来年に向けても、今日の良かったところを継続させていきたい。

枝村 匠馬

山形戦でようやく勝利し、この2週間も良い準備をして試合に臨むことができた。チームとしては良い流れで先制して追加点も奪うことができ、ここまでは理想通りだった。ただ1点返されてから甲府に流れが行ってしまい、最後まで流れを引き戻すことが出来なかった。選手間でも、来年に繋げるために絶対に勝利しようと強い気持ちを持って臨んだ試合だったので、この結果には残念な気持ちしかない。個人的にも、得点を狙っていたが、結局1本もシュートを打つことが出来なかったので、反省している。
情けない成績の中でも、ホーム・アウェイ関係なくスタジアムには大勢のサポーターが駆けつけてくれた。本当に感謝している。これで、今季は全日程終了したが、来季こそはしっかりサポーターの皆さんへ恩返し出来るように取り組んで行きたい。

白崎 凌兵

攻撃の選手からすると、3点目を取れなかったことが大きい。2点差は何が起きてもおかしくないし、チャンスがあった中で2点というのは少なかったと思う。ただ、甲府はブロックを組んできたが、うちとしては良いコンビネーションも作れて、ゴールにつながった。
(1点目は)犬飼のシュートが上手く当たらなかったので、ファーに来るかなと思ってたまたま詰めていた。相手に当たって転がってきたところに、自分がいられたのは良かったと思う。(トップ下という)一番得意なポジションでやらせてもらっている以上、結果を出さないといけないと思っていたし、もっとチャンスを作り出せなかったことは今後の課題になると思う。今季はもう少し試合をしたかったが、来季につながるプレーは出来たのかなと思う。

北川 航也

(ゴールシーンでは)白崎選手がドリブルでエリア内に進入してくれた時に、最初はキーパーとディフェンスの間に入ろうと思ったが、相手のディフェンスラインが下がっているのが分かったので、後ろのスペースに入った。あとは合わせるだけだった。
ここ3試合スタメンで出してもらって、(第15節)柏戦より(第16節)山形戦、山形戦より甲府戦というように徐々に成長することが出来ている。試合に出ることで、紅白戦や練習試合では感じられない相手のスピードや強さを肌で感じることが出来た。自分でも自信がついてきて、周りも良く見えるようになってきている。その面では、ゴールという形で終わることが出来て良かった。ただ、もう一つ追加点を自分が奪えたらもっと良かったのかなと思う。