清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

明治安田生命J2リーグ 第3節  2016.03.13 Sun 13:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

0

試合終了

  • 0前半0
  • 0後半0
DAZN

0

ロゴ:松本山雅FC

松本山雅FC

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 西部 洋平
4 DF 鎌田 翔雅
15 DF ビョン ジュンボン
2 DF 三浦 弦太
38 DF 福村 貴幸
16 MF 六平 光成
7 MF 本田 拓也
8 MF 石毛 秀樹
10 MF 大前 元紀
17 MF 河井 陽介
23 FW 北川 航也

Substitutes

13 GK 杉山 力裕
5 DF ヤコヴィッチ
24 DF 川口 尚紀
20 MF 竹内 涼
11 FW 村田 和哉
14 FW 澤田 崇
19 FW ミッチェル デューク

松本山雅FC

Line-ups

1 GK シュミット ダニエル
3 DF 田中 隼磨
4 DF 飯田 真輝
18 DF 當間 建文
11 DF 喜山 康平
7 MF 武井 択也
15 MF 宮阪 政樹
20 MF 石原 崇兆
6 MF 安藤 淳
23 FW 工藤 浩平
19 FW 山本 大貴

Substitutes

25 GK 白井 裕人
16 DF 鐡戸 裕史
33 DF 安川 有
5 MF 岩間 雄大
17 MF 飯尾 竜太朗
8 FW ウィリアンス
38 FW 前田 大然

STATS

    45 90   90 45    
    7 7 14 シュート 3 1 2    
    3 3 6 GK 10 5 5    
    1 2 3 CK 3 2 1    
    8 6 14 直接FK 10 6 4    
    2 1 3 間接FK 2 1 1    
    1 1 2 オフサイド 2 1 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
村田 和哉 ← 河井 陽介(75分)
竹内 涼 ← 本田 拓也(77分)
ミッチェル デューク ← 北川 航也(82分)
交代 (77分)山本 大貴 → ウィリアンス
(81分)石原 崇兆 → 岩間 雄大
(89分)工藤 浩平 → 鐡戸 裕史
画像:イエローカード六平 光成(16分)
警告・退場 (72分)飯田 真輝画像:イエローカード
(74分)喜山 康平画像:イエローカード
(81分)工藤 浩平画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
13,078人 曇のち晴/弱風 12.7℃ 40% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
入江 勉 山本 雄大 西尾 英朗 植田 文平 上村 篤史 岩下 和弘

GAME FLASH

試合前

今日はアイスタでJ2第3節松本戦です。エスパルスサポーターはもちろんのこと、松本サポーターも多く集まり、スタジアムの雰囲気は最高です。昨季松本には2敗しているので、今節で借りを返したいところです。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK西部洋平、DF鎌田翔雅、DFビョン ジュンボン、DF三浦弦太、DF福村貴幸、MF六平光成、MF本田拓也、MF石毛秀樹、MF大前元紀、MF河井陽介、FW北川航也の11人です。犬飼智也はケガでベンチにも入っていません。先発のビョン ジュンボンはリーグデビュー戦となります。

試合前

松本先発メンバーは、GKシュミット ダニエル、DF田中隼磨、DF飯田真輝、DF當間建文、MF武井択也、MF宮阪政樹、MF石原崇兆、MF安藤淳、MF工藤浩平、MF山本大貴の11人となります。前節のメンバーと変わりありません。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、相手のクロスボールでゴール前の混戦をビョン ジュンボンが落ち着いて対応。

前半 3分

エスパルス、エリア内でボールをキープした石原崇兆に対し、エスパルスディフェンス陣が4人囲む。ファウルをもらい、エスパルスボールに。

前半 5分

エスパルス、自陣から石毛秀樹がGKの動きを見てロングシュート。しかし、これはGKシュミット ダニエルがキャッチ。

前半 7分

エスパルス、相手陣内中央右からFK獲得。大前元紀がふわりとしたボールをゴール前に送るが、ファーまで届かず、當間建文にクリアされる。

前半 9分

松本、自陣のからFK。前線の山本大貴にボールを送るが、ビョン ジュンボンが対応。CKに。

前半 10分

松本、左CK。宮阪政樹は低いボールを選択。ニアで安藤淳が合わせるが枠へは飛ばず。

前半 12分

エスパルス、前線に出したボールは、北川航也には合わなかったが、喜山康平のクリアを北川航也が体を張って阻止。ロングボールを蹴らせない。

前半 15分

エスパルス、エリア右から切り込んだ大前元紀がシュート。これはディフェンスに当たったが、ファーに流れたボールに河井陽介が走り込む。しかし、合わせることができなかった。

前半 16分

エスパルス、六平光成が武井択也を倒しイエローカード。

前半 17分

エスパルス、前を向いた大前元紀が中央でドリブル。そのまま右足でコースを狙ったシュートを放つも、これはわずかにゴール右に外れる。

前半 20分

松本、エリア外中央やや左から宮阪政樹が低い弾道のミドルシュートを放つ。これは西部洋平がキャッチ。

前半 22分

エスパルス、河井陽介が右サイドからゴール前に放り込むが、GKシュミット ダニエルが抑える。ゴール前の人数が少なかったか。

前半 24分

エスパルス、河井陽介とのコンビで抜け出した福村貴幸がゴール前に絶妙のクロス。大前元紀が落として石毛秀樹の左足シュート。これはディフェンスにブロックされる。

前半 27分

松本、エスパルス陣内中央右からFK。宮阪政樹がボールを放り込むが、ゴール前でファウルがあったもよう。

前半 28分

エスパルス、本田拓也がロングフィードで福村貴幸を狙ったが、これはギリギリ届かず。松本のゴールキック。

前半 30分

エスパルス、松本のGKへのバックパスに三浦弦太の声で一斉にラインを上げる。犬飼智也不在でもDFラインは安定している。

前半 32分

エスパルス、左サイドの福村貴幸からのアーリークロスは大きくゴール前を外れ、逆サイドのタッチを割る。

前半 33分

エスパルス、左サイドに流れていた大前元紀が中央に低いボールを折り返す。そのボールに北川航也が飛び込んだが相手ディフェンスに阻まれる。

前半 34分

エスパルス、右サイドで鎌田翔雅がディフェンス1人をかわし、ゴール前にマイナスのボール。これを大前元紀がヘディングで合わせたがディフェンスに当たりCKへ。

前半 37分

松本、中盤で石原崇兆が前を向いてボールをキープ。スルーパスを出すもそのままゴールラインを割る。

前半 40分

エスパルス、中盤で激しいプレスに行った大前元紀がボールを奪い、近くにいた石毛秀樹がボールを前に運ぶ。松本ゴール前に迫ると、再び大前元紀のもとにボールが。右から走り込んだ鎌田翔雅にボールが渡る。鎌田翔雅の強烈なシュートがゴールに向かったが、ディフェンスが体を張って防ぐ。

前半 44分

エスパルス、右から本田拓也のスルーパスが河井陽介に通ったが、これはオフサイドの判定。

前半 45分

エスパルス、中盤で鎌田翔雅が反転して松本ディフェンスを1人を交わすプレーで、観客から声があがる。

前半 46分

エスパルス、松本のGKシュミット ダニエルに対してのバックパスに、最後まで追い込む。ロングボールを体を張って阻止した。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルス、ゴールまであと一歩のところまで近づいています。後半にゴールを奪って勝利をつかみ取りましょう。

後半 1分

松本ボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、右サイドに流れた北川航也が空いて陣内深いところからクロスも、GKシュミット ダニエルにキャッチされてしまう。

後半 6分

松本、エリア外から宮阪政樹がミドルシュート。これはゴール左に外れる。

後半 7分

エスパルス、ビョン ジュンボンが山本大貴のドリブルに中を取られるが、スライディングで止める。

後半 8分

エスパルス、高い位置でボールをカットした石毛秀樹がスルーパスを大前元紀に送るが、これはオフサイドの判定。

後半 9分

エスパルス、田中隼磨が左から中に切り込むドリブルを六平光成が一度はかわされるが、2度目のタックルでボールを奪う。

後半 11分

エスパルス、縦パスを受けた石原崇兆に、ぴたりとマークに付くビョン ジュンボン。クロスに持ち込もうとする石原崇兆を最後まで離さずスライディングで止める。

後半 12分

エスパルス、中盤で北川航也がドリブル。左サイドに走り込んだ大前元紀に展開。大前元紀のシュートは上手く当たらず、枠を外れる。

後半 13分

エスパルス、右サイド石毛秀樹からクロスは上手く合わなかったが、逆サイドに流れたボールを福村貴幸が左足で丁寧に上げる。ファーで大前元紀が叩きつけるヘディングを見せるが、GKシュミット ダニエルがセーブ。

後半 16分

エスパルス、自陣から左サイドにボールをつなぎ、河井陽介がGKとDFの間に落ちる柔らかいボールを送る。しかし、GKシュミット ダニエルが飛び出してキャッチ。

後半 18分

エスパルス、松本最終ラインがもたつく間に大前元紀と石毛秀樹がプレスをかけてマイボールに。後半のこの時間帯でも運動量衰えず。

後半 20分

エスパルス、自陣右サイドで本田拓也がハンドを取られ、松本のFKに。

後半 21分

松本、宮阪政樹のFKからのボールは西部洋平が直接キャッチ。

後半 22分

エスパルス、三浦弦太の縦パスを當間建文にカットされピンチになりかけたが、クロスをビョン ジュンボンがおちついた対応で西部洋平に頭で返す。

後半 25分

エスパルス、本田拓也のスルーパスが北川航也にギリギリ通ったかに見えたが、上手くコントロールできずゴールキックに。

後半 27分

松本、ビョン ジュンボンと競り合った飯田真輝にイエローカード。

後半 28分

エスパルス、オフサイドギリギリに抜け出した山本大貴に対して、戻ってきた本田拓也ががっちりとスライディングを決めてピンチを防ぐ。

後半 29分

松本、喜山康平にイエローカード。

後半 30分

エスパルス選手交代。河井陽介に代わり村田和哉。

後半 31分

エスパルス、エリア手前からFKのチャンス。大前元紀が直接狙ったが、GKシュミット ダニエルに弾かれCKに。

後半 32分

松本選手交代。山本大貴からウィリアンス。

後半 32分

エスパルス選手交代。本田拓也に代わり竹内涼。

後半 34分

エスパルス、左サイドで起点を作り、竹内涼がゴール前に放り込んだが、鎌田翔雅と喜山康平が競り合い、鎌田翔雅のファウルを取られる。

後半 35分

松本、左CK獲得。宮阪政樹のボールは西部洋平がパンチングでクリア。再びクロスを上げられるも最後は西部洋平が抑える。

後半 37分

松本選手交代。石原崇兆から岩間雄大。

後半 37分

エスパルス選手交代。北川航也に代わりミッチェル デューク。

後半 38分

エスパルス、自陣から村田和哉がドリブル開始。ゴール前で中に切り込み、パスを送るがウィリアンスにクリアされる。

後半 40分

エスパルス、左サイドの村田和哉のクロスからミッチェル デュークが頭で飛び込んだが、松本ディフェンスにクリアされる。

後半 42分

エスパルス、エリア手前で大前元紀の落としに、石毛秀樹のミドルシュート。しかしこれは枠の左へ。

後半 44分

エスパルス、大前元紀の右CKから三浦弦太がファーで頭で合わせたがゴール右へ。

後半 44分

松本選手交代。工藤浩平から鐡戸裕史。

後半 46分

後半アディショナルタイム3分。

後半 46分

エスパルス、大前元紀が左サイドで抜け出してドリブル。ゴール前のミッチェル デュークが落として、竹内涼のミドルシュート。これは枠の上に外れる。

後半 47分

エスパルス、大前元紀のスルーパスに左サイドから走り込んだ村田和哉が滑り込みながらシュートを放つも、GKシュミット ダニエルの正面に。

後半 49分

ここで試合終了。エスパルスが攻めた試合ですが、最後までゴールを割ることができず0-0のスコアレスドロー。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・球際が弱い。もっと強く行くこと。

・ドリブルをもっと上手く使おう。

・サイドと裏への飛び出しを工夫しよう!

松本山雅FC
反町 康治監督

・ここから底力を出す時

・バイタルでの1st DFを早く

・クロスは有効で攻撃はプラン通り進んでいる

COACH COMMENT

小林 伸二監督

松本山雅はJ1にいただけあってプレスが早かった。(ゲームの)入りは少し悪かったが、ボールは良く回せるようになったと思うし、守備に関しても切り替えは早くできたと思う。あとは1/3(アタッキングサード)で上手く縦パスが入ったときに個人からグループになるコミュニケーションが足りない。事前にそういう情報を入れておくというのは必要。
決定打がいくつかあるので、(相手の)プレスに力が入って取って飛び出していると思うが、最後は力を抜いてシャープに蹴れるということが必要。そこの精度を上げていかなければいけないし、どのような形でも1点入ると違うのだろうが、そこができなかった。最後の精度をすぐ変えるということはできないだろうが、意識してやらすことが必要ではないかと思っている。
なかなかホームで勝てていないので、次の札幌に向けて良い準備をしてホームで勝ちたいと思う。


<Q.犬飼選手の状態と代わりに出たビョン選手の評価は?>
昨日の(練習の)最後にちょっとだけ筋肉を傷めた。重症ではないが、今日無理して使って(ケガが)大きくなると長くなるので思い切って代えた。
ビョンについては今週初めに練習試合をやっているし、2回ほど二部練習もやっているのでコンディションは悪くないと思う。出来としては、フィードは良い。他の選手とはちょっと違った感覚で縦パスを入れるので、少し合わないということはあったと思う。もう少し見てタイミングを取ったり、どちらの足に入れるかというくらいのことはできると思うので、そこはやらしたい。
今回の守備の課題の一つだったセットしてラインが高いときに、(相手の)裏への飛び出しへのリスク管理で下がるというトレーニングをやってきたが、(裏を取られたことが)前半に1回あった。ただ、いきなり今日メンバーに入ったということでいくと上手くやってくれたと思っている。

<Q.昇格を争うチームとホームで引き分けたという結果に対して、どう思っているか?>
厳しい、堅いゲームになるかなと思っていた。たぶん今までのチームの中で1番前にかかるプレスは早いだろうと(思っていた)。ボランチが1枚押してくるので、そこを怖がらずに脇に縦パスを入れられるかということは上手くいったと思う。ボランチがボールサイドに寄っているときに逆(サイド)にボールが入ったというところまでは良かったと思う。そこからもう少し合わせたい。そういうところが足りなかったと思う。
去年は2ゲームとも0―1で負けている。リスタートとカウンターについては用心をしていたところもあるので、その中であのようにボールを回して押し込めたというのは悪くないし、切り替えも早かったと思う。
あとは、これがトップではなく、シーズン通してこれぐらいのことはできるように積み重ねていくということと、どんな相手にもこれぐらいの切り替えとボールを奪ってということができるようにしていければ良いと思っている。

<Q.ここまでの攻守両面でのリスタートの評価は?>
全体で組織的に守備ができている。1回だけ武井(択也)選手に入っただけで、あとはしっかり締まるので、何回も高い位置でボールが取れた。そういうところもコンパクトにできている。少し押し込まれるとトップがボランチのラインまで下がり、カウンターの一つになるので良かったと思う。サイドハーフについても限定のしかたは悪くないので、上手く取れていて良かった。
このようなゲームで点が取れるチームになっていきたいと思うが、全体的には良い形で進んでいると思う。セットプレーや横からのクロスについても随分良くなっている。開幕のとき(愛媛戦)は厳しいものはあったが、今日は上手く守れていて悪くはないと思う。

PLAYERS' COMMENTS

本田 拓也

結果が全てだと思う。良いサッカーをしていても勝てなければ意味がない。もう少しクロスの精度や、最後のフィニッシュにつながるところの精度を上げなければ、固められたときには厳しくなる。ホームでの試合は相手が出てくることはあまりないので、こういうサッカーになってしまうので、そこでの精度が大事になる。
松本は去年よりもつなぐチームになっているので、その部分ではやりやすくはなっていた。相手FWに入った時も、こちらの2枚のセンターバックがしっかり潰せていたので、自分はセカンドを拾うだけだった。
ビョン(ジュンボン)も良かったと思う。くさびを入れるボールは、何回かミスはあったが、狙っていることで相手も中を締めてくるので、外が空いてくる。また犬飼(智也)とは違った良さがあると思う。(三浦)弦太と初めて組んだと思うが、2人の連携も良かったので後ろは問題なかった。
次もまたホームの試合になるが、普段通り自分たちのサッカーをやって勝ちたい。

大前 元紀

ホームで点を取れていないし、勝てていないので歯がゆい。そこはやり続けるしかないが、守備陣が3試合連続完封してくれているので、そこはプラスに考えたい。守備陣のためにも早く点を取りたい。自分たちのゲームだったし、自分たちの方が確実にチャンスがあった。ボールも支配できていたので、ゴールを決めなければいけなかった。
だが、今日の試合では、引かれても縦に入れたり、危険なところに入れるパスを多くしていこうとしていた。愛媛戦のように、引いた相手に何もできないという試合ではなかったので、ラストの部分の精度だけだった。また1週間しっかり準備して、点を取れるようにしたい。次はまたホームで試合ができるので、勝って次に進みたいと思う。

鎌田 翔雅

勝ちきれなかったのが一番悔しい。チームとしても、個人としても最後の精度の部分を上げないとこういう試合になってしまう。そこは練習をするしかない。
松本は今年からつなぐチームになってきているが、その対応は上手くできていたと思う。それでも、決定機がウチの方が多かったので、決めきる力をつけなければいけないと思う。シュートのシーンは、(大前)元紀が上手く形を作ってくれたので、あそこは決めたかった。
3試合連続無失点というのはチームとして評価しても良いところだと思う。そこは継続しながら、早くホームで1点目を上げて、流れに乗って順位を上げられるように頑張っていきたい。

六平 光成

内容的には悪くなかったが、チャンスで慌てて決めきれないところがあった。そこを改善するしかない。開幕戦の愛媛と比べると、今日は相手も出てきてくれていた。その中で崩せているシーンもあったので、やはりラストの精度が大事になる。あとは、もっとチャンスを増やすこと。それは練習からやっていかなければいけない。
(個人としては)セカンドボールを本田(拓也)選手と2人で意識して拾うということと、カウンターのリスクマネジメントを意識していた。
(ミドルシュートを打ったシーンは)相手が引いていたので、打たなければ入らないと思っていた。打つと何かが起きると思うので積極的に打った。しかし、点を取らないと勝てないので、まずは点を取ること。守備は安定しているので、次は点を取って勝ちたい。

ビョン ジュンボン

今日がリーグデビューになった。広島で2年間苦労して、エスパルスに来た。ここまで汗を流しながら頑張ってリーグでデビューできたので、感じるものがある。もちろん満足はできないが、初めての試合としては悪くないと思う。
今日は緊張したが、落ち着いてプレーしているように見せることを意識した。ゲームが進むにつれて、試合に適応できて、少し余裕が生まれたと思う。
スカウティングで松本は裏のスペースを狙ってくるという話だったので、そこをカバーリングして、やられないように気をつけていた。自分はある程度できていたと思ったが、監督の要求はまだまだ高いので、そこまで高めていきたい。