清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

明治安田生命J2リーグ 第10節  2016.04.29 Fri 17:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

4

  • 大前 元紀(12分)
  • 大前 元紀(52分)
  • 鄭 大世(57分)
  • 鄭 大世(79分)

試合終了

  • 1前半1
  • 3後半0
DAZN

1

  • 太田 康介(17分)
ロゴ:ツエーゲン金沢

ツエーゲン金沢

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 杉山 力裕
24 DF 川口 尚紀
3 DF 犬飼 智也
2 DF 三浦 弦太
38 DF 福村 貴幸
16 MF 六平 光成
7 MF 本田 拓也
11 MF 村田 和哉
10 MF 大前 元紀
17 MF 河井 陽介
9 FW 鄭 大世

Substitutes

21 GK 碓井 健平
15 DF ビョン ジュンボン
8 MF 石毛 秀樹
20 MF 竹内 涼
39 MF 白崎 凌兵
23 FW 北川 航也
30 FW 金子 翔太

ツエーゲン金沢

Line-ups

31 GK 原田 欽庸
4 DF 小柳 達司
5 DF 太田 康介
15 DF 辻尾 真二
16 DF メンデス
27 DF 廣井 友信
8 MF 山藤 健太
11 MF 古田 寛幸
25 MF 星野 有亮
14 FW 金子 昌広
30 FW 山崎 雅人

Substitutes

1 GK 原田 直樹
2 DF 阿渡 真也
18 DF 野田 紘史
6 MF 安東 輝
24 MF 大槻 優平
13 FW 水永 翔馬
19 FW 玉城 峻吾

STATS

    45 90   90 45    
    5 9 14 シュート 4 1 3    
    4 2 6 GK 12 9 3    
    2 2 4 CK 0 0 0    
    4 8 12 直接FK 11 7 4    
    1 0 1 間接FK 5 2 3    
    1 0 1 オフサイド 5 2 3    
    0 0 0 PK 0 0 0    
白崎 凌兵 ← 河井 陽介(66分)
石毛 秀樹 ← 村田 和哉(75分)
金子 翔太 ← 大前 元紀(82分)
交代 (59分)古田 寛幸 → 大槻 優平
(67分)廣井 友信 → 安東 輝
(74分)金子 昌広 → 水永 翔馬
警告・退場 (52分)星野 有亮画像:イエローカード
(88分)太田 康介画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
11,057人 晴/弱風 18.4℃ 63% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
松山 吉之 東城 穣 中野 卓 川崎 秋仁 竹田 明弘 森田 祐史

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ2第10節金沢戦です。今日こそアイスタ初勝利で勝ちロコをして帰りましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK杉山力裕、DF川口尚紀、DF犬飼智也、DF三浦弦太、DF福村貴幸、MF六平光成、MF本田拓也、MF村田和哉、MF大前元紀、MF河井陽介、FW鄭大世の11人。先発メンバーは前節と変わりありません。

試合前

金沢先発メンバーは、GK原田欽庸、DF小柳達司、DF太田康介、DF辻尾真二、DFメンデス、DF廣井友信、MF山藤健太、MF古田寛幸、MF星野有亮、FW金子昌広、FW山崎雅人の11人。元エスパルスの辻尾真二、廣井友信は揃って先発です。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、左から川口尚紀、河井陽介、大前元紀とゴール前までつなぎ、鄭大世にボールが渡ればというところだったが、金沢ディフェンスにクリアされる。

前半 2分

エスパルス、中盤で大前元紀が相手ボールをカット。そのままエリア外からミドルシュートも、GK原田欽庸がキャッチ。

前半 4分

金沢、古田寛幸のスルーパスに金子昌広がワントラップから反転してシュート。これは杉山力裕がセーブ。

前半 7分

エスパルス、自陣からボールをつなぎ、右サイドで村田和哉がドリブルを開始。相手陣内に侵入すると、狙いすましたクロスはファーの河井陽介へ。河井陽介はゴール前に送ったが味方に合わせることができなかった。

前半 9分

エスパルス、右サイドで川口尚紀のスルーパスに鄭大世が抜け出したが、これはオフサイドの判定。

前半 11分

エスパルス、本田拓也、大前元紀、そして前線にいた福村貴幸へ縦パスがつながる。福村貴幸は粘ったが金沢ディフェンスに囲まれボールを奪われる。

前半 13分

エスパルス先制!エスパルス、右サイド川口尚紀のクロスが、ファーの大前元紀のもとに飛ぶ。大前元紀は狙いすましたヘディングでゴール右隅へ。大前元紀の3試合連続ゴールで先制!1-0

前半 17分

エスパルス同点に追いつかれる。金沢、エスパルス陣内中央、やや左でFK獲得。辻尾真二のボールは、ゴール方向に。太田康介のヘディングに杉山力裕が触ったが及ばず。1-1

前半 20分

エスパルス、一度中央を使い、右サイドに展開。右サイドから川口尚紀の低いクロスは、GK原田欽庸が正面で抑えた。

前半 20分

エスパルス、再び右サイドから川口尚紀のクロス。ファーの河井陽介まで転がり、ワントラップ。シュートまでいきたかったがディフェンスに阻まれる。

前半 21分

エスパルス、大前元紀のスルーパスに河井陽介が左サイドから走り込み、ワントラップで抜け出すも、シュートは金沢ディフェンスに止められる。

前半 25分

エスパルス、金沢の陣形が動かず、後ろでボールを回す時間が続く。

前半 26分

エスパルス、大前元紀が左サイドからクロス。鄭大世がワントラップからオーバーヘッド気味にシュートを放つが上手く当たらず、ディフェンスにブロックされる。

前半 27分

エスパルス、再び大前元紀が左サイドからクロス。今度は鄭大世がヘディングでゴールを狙うも、枠の左に外れる。

前半 29分

金沢、山藤健太のパスを受けた古田寛幸が中央をドリブルで持ち込みエリア外からシュート。これは枠をとらえることができない。

前半 31分

エスパルス、右CK獲得。福村貴幸はショートコーナーを選択。河井陽介とワンツーで福村貴幸がゴール前に放り込む。ファーの犬飼智也が落としたが、金沢ディフェンスにクリアされる。

前半 33分

金沢、右サイドのこぼれ球に古田寛幸が抜け出したがこれはオフサイドの判定。

前半 35分

エスパルス、中盤で本田拓也の素晴らしいカットから河井陽介へ。河井陽介はエリア外からミドルシュートも相手ディフェンスにブロックされる。

前半 36分

エスパルス、こぼれ球を拾った川口尚紀が、右サイドからクロス。河井陽介が頭で合わせたが、これはオフサイドの判定。

前半 37分

エスパルス、左サイド、エリア内に抜け出した福村貴幸がゴール正面の鄭大世にふわりとしたボールを上げるが、これはボールが大きすぎた

前半 39分

エスパルス、左サイド福村貴幸のスルーパスに大前元紀がスライディングで飛び込んだが、わずかに届かず。GK原田欽庸がキャッチ。

前半 42分

金沢、最終ラインの太田康介がロングボールで一気に前線を狙うが、これは味方に合わせることができなかった。

前半 43分

エスパルス、相手陣内中央、やや右からFK獲得。大前元紀がボールを蹴った瞬間、ゴール前でファウルがあったもよう。金沢ボールで再開。

前半 45分

エスパルス、左サイドの大前元紀がゴール前に転がし、中央の本田拓也がスルーして、後ろの鄭大世が右足アウトでゴールを狙うもGK原田欽庸がキャッチ。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了の笛。エスパルスは大前元紀のゴールで先制しましたが、金沢に追いつかれ1-1。試合は後半勝負になります。

後半 1分

金沢ボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、右サイドで村田和哉がタッチライン際で残して、マイナスのボールを転がす。走り込んだ河井陽介がダイレクトでシュートもディフェンスにブロックされる。

後半 4分

エスパルス、右サイドから六平光成のクロスはゴール前、絶妙なボールだったが、廣井友信が頭でクリア。

後半 7分

金沢、本田拓也にチャージをした星野有亮にイエローカード。

後半 7分

エスパルス再びリードを奪う!エスパルス、右サイド村田和哉のクロスに、大前元紀が頭で合わせてこの試合2点目!2-1

後半 10分

エスパルス、左サイドの福村貴幸が河井陽介にスルーパス。河井陽介はワントラップから逆サイドにふわりとしたボールを上げるが、味方選手は走り込んでいなかった。

後半 12分

エスパルス追加点!エスパルス、右サイドの川口尚紀がディフェンスを外して速いクロス。これを鄭大世がGKの前で合わせてゴールに突き刺す!3-1

後半 14分

金沢選手交代。古田寛幸から大槻優平。

後半 15分

金沢、エスパルス陣内中央からFK。山藤健太から大外の廣井友信がヘッド。これはゴール左に外れる。

後半 17分

エスパルス、本田拓也が左サイドに展開。ポジションチェンジをしていた村田和哉がドリブル。相手陣内深くまで勝負し、右足アウトでゴール中央に転がす。ここに大前元紀が走り込んでシュートも枠の上に外れる。

後半 21分

エスパルス選手交代。河井陽介に代わり白崎凌兵。

後半 22分

金沢選手交代。廣井友信から安東輝。

後半 24分

エスパルス、白崎凌兵が左サイドからグラウンダーのクロス。走り込んだ大前元紀にはわずかに合わず、GK原田欽庸がパンチング。こぼれ球を六平光成がミドルシュートもゴールライン付近でディフェンスにブロックされる。

後半 27分

エスパルス、右サイドの村田和哉のクロスはディフェンスにクリアされるが、こぼれ球を六平光成がミドルシュート。これは枠の上に外れる。

後半 29分

エスパルス、犬飼智也の縦パスに右サイドの村田和哉がボールを受ける。村田和哉のクロスは大前元紀と白崎凌兵がかぶってしまいボールは流れてしまった。

後半 29分

金沢選手交代。金子昌広から水永翔馬。

後半 30分

エスパルス選手交代。村田和哉に代わり石毛秀樹。

後半 32分

金沢、FK獲得。山藤健太のボールがゴール前に飛ぶも、ファウルがあったもよう。川口尚紀と三浦弦太がゴール前に倒れている。2人とも起き上がり、プレー再開。

後半 34分

エスパルス4点目!エスパルス、石毛秀樹のスルーパスに大前元紀が飛び出してGKと一対一に。狙いすましたシュートだったが、GK原田欽庸にセーブされる。しかし、詰めていた鄭大世が無人のゴールに押し込んだ。4-1

後半 36分

エスパルス、左サイドに流れていた大前元紀が中央にボールを転がす。白崎凌兵がミドルシュートを放つもこれは、GK原田欽庸がセーブ。

後半 37分

エスパルス選手交代。大前元紀に代わり金子翔太。大前元紀は大きな拍手で迎えられます。

後半 39分

エスパルス、自陣からフリーキックを犬飼智也が前線の鄭大世までボールを送ったが、わずかに届かず。

後半 41分

エスパルス、左CK。福村貴幸のボールは直接GK原田欽庸がキャッチ。

後半 44分

金沢、GK原田欽庸のフリーキックから水永翔馬が頭で落として山崎雅人が受けようとするも、これはハンドの判定。エスパルスボールで再開。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 49分

エスパルス、左サイドに流れた鄭大世からクロス。これは石毛秀樹には合わず。

後半 50分

ここで試合終了!エスパルス11ヶ月ぶりアイスタでの勝利となりました!!皆さま、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手のリスタート、もう1回集中すること。
・ボールを取ったあとが雑なので、もっと正確に動かしていこう。
・恐がらずに勝負しろ!

ツエーゲン金沢
森下 仁之監督

・カウンターに出ていくとき、中央で奪われないようにしよう。
・ブロックはうまく作れている。球際をもう一歩いくこと。

COACH COMMENT

小林 伸二監督

ゲームの入りは良かったと思う。残念ながら、もったいないファールの後に、気にしていたリスタートから失点してしまったのは、もったいなかったと思う。その後も押し込むが結局裏を取れず、パスなのか個人(でドリブル)なのかというところが前半の途中から全然なかった。
後半はサイドにボールが出たときに、(相手DFの)背後をとりに行けということ(を指示した)。右サイドは個人も(複数での)モビリティもあるので、個人で突破したり、コンビネーションで裏を取るということを選手が上手くやってくれたと思う。クロスで2点取れたというのは良かった。
あとは相手がシステムを(4バックに)変えてかかって来たときに、セットして飛び出して4点目だったが、その後にもう少し回して裏が取れたはずだと思う。前線の3人のカードを代えたので、もう少し工夫できれば良かったと思っている。
失点したが、上手くリカバリーして点を取れたということからいくと良いゲームをしてくれたと思う。(次は)中3日で、(対戦相手の)京都が勝っているということなので、そういう(好調な)チームにアウェイで戦いたいと思う。次は3連勝目指して頑張っていきたい。


<Q.これまでホームではチャンスはあっても得点が取れなかったが、今日はチャンスが4得点というゴールに結びついた要因は?>
回すことから突破に後半はトライしたことだと思う。村田の突破、川口の突破。前半も十分あったと思うが、1-1になったときにどうしても横に(パスを)つけてしまう。横につけた後に(相手DFの裏へ)飛び出したり、コンビネーションがあれば良いが、結局それで(相手DFの前を)なめているだけで怖さがない。ただ、ボールを回している分、後半(相手の)足が止まったというのもあると思う。一対一で上手くしかけたということと、意図的に村田を(サイドに)張らして突破させ、内側に川口を入れるという形をしばらくとったことも成功したと思う。そのように裏をとるということ、(後ろに)落としてセットすること、セットすると見せかけてターンするとか、ドリブルでしかけて裏をとるということが少なくなっていたのかもしれない。そこを見直しただけでこのようになったので、少しトレーニングを工夫する必要があると思う。

<Q.最終ラインやボランチからのサイドチェンジなどピッチを広く使ったように見えたが、意識したのか?>
(相手は)リトリートしているので、縦(パス)と(サイドへの)広がりというところ。(サイドへ)広がったときにスピードアップするということでいくと、ボールを(追い)越すケースが出てきた。前半はそれが少なかったと思う。後半については、右サイドは個人で突破というところだが、サポートがいて、クサビにテセがいた中での突破で点が入るような形になった。左は河井、白崎が入って高い位置でボールをもらうのではなく、もらう前に前へ出るということが、福村にできてきたと思う。そのようなところは良かった。

<Q.ようやくホームで勝てた率直な今の気持ちは?>
(ゲームへ)良い入りをして失点をしたので、また厳しいなという感じを受けていた。(ただ)冷静に良い入りができていたので、ハーフタイムにそれを伝えることと、どうしたら上手くいくのかということだけを話したことが良かったと思う。選手は素直にトライしてくれたので、すごく嬉しく思うし私自身もホッとしている。

<Q.勝ちロコをやった感想は?>
なかなか素敵で、何回もやれるように頑張りたい。

<Q.結果は4-1だが、監督から見て今日の試合は良い試合だったのか、課題が多かった試合だったのか?>
それは良い試合だった。良い(ゲームへの)入りができて突破から点が入った。だが5分後に失点をしたということと警戒していたことが直っていないということが大きかった。後半については、冷静に良い入りの意識を持ってトライしてくれたことはすごく良かったと思う。あのようなにできれば点が取れるんだということと、少しずつモビリティが個人からグループになってきているのでそこは良かったと思う。
4点目についてもセットして飛び出しているので、そこは決して悪くなかったと思っているし、(失点から)リカバリーして得点を取ったということは凄く良いゲーム。ただ、勝負のあやとして、(点を)取った後がまだ緩いというところと失点が課題のリスタートだというところ。まだリスタートのトレーニングはしなくてはいけないなと思う。

PLAYERS' COMMENTS

大前 元紀

1年間待っていたサポーターに対して勝利を見せられたことは本当に良かったと思う。
(1点目は)川口(尚紀)が、速いボールでDFラインとGKの間を狙ってくるのは分かっていたので、そこに一番に反応できて上手くボールを触れた。DFラインと上手く駆け引きしながら狙えたことが良かった。2点目は、(村田)和哉からは速いボールというより、ふんわりとしたボールが来るので、あまり(前に)入りすぎないでボールを見てから入るように意識していた。
2点とも良いボールが来て、合わせるだけだった。ほとんどの(相手)ディフェンダーが自分よりも(背が)高いので、相手の視野から一度消えて、そこから飛び込むということは常に意識している。
毎試合点を取りたいと思っているし、試合数にゴール数が追いつくようにゴールを取っていきたい。42試合が終わった時点で(得点ランクの)一番上にいれば、順位も上にいると思うので、しっかり点を取って順位を上げていきたい。
今の時期でチームが一番上の順位にいるのが理想だが、チームとしてのコンディションはどんどん上がってきている。これを維持して早くトップに立ちたい。ホームで勝てないと言われている中で勝てたので、この勝利は大きい。これからもホームで勝って、サポーターの皆さんに「また来たい」と思ってもらえるような試合をしていきたい。次はアウェイ。アウェイは全勝しているが、そこで足元をすくわれないように、また集中して戦っていきたい。

鄭 大世

勝って安心はしたが、それ以上に今まで勝てていなかったことに対して、皆さんに申し訳ない気持ちの方が大きい。これから勝利を続けていけるように努力したいと思うし、今日の1勝で一喜一憂しないようにしなければいけない。これはまだ通過点だと思っている。ただ、(ホームで勝てない)呪縛から解き放たれたような心境だと思うので、チームとして勝てたことは大きいと思うし、(金沢の)堅くて高い壁を突破できたことは本当に良かった。
前半から自分にボールが来たら決定的なチャンスになるという場面が何度かあった。それがことごとく通らなかったので、前半からイライラしているところがあった。でも、川口(尚紀)と練習中から、状況に応じて「ここに走り込む」という約束事を決めていて、試合前にも、「今日はお前のクロスにニアに飛び込んでゴールを決めるイメージができている」ということを言っていた。それができたことが嬉しい。2点目は、今日は体が軽かったので、最後まで走り切れたことによるゴールだったと思う。
今日の試合で、京都がC大阪に勝っていて、(京都は)勢いに乗っていると思うし、自信を持って戦ってくると思う。自分たちはアウェイに強いので、次も確実に勝ってアウェイ5連勝を狙いたい。

六平 光成

前半は崩しきれなかったので、後半は「サイドからもう少し仕掛けよう」と意識していて、それが上手くいったと思う。仕掛ける回数が増え、村田(和哉)選手と(川口)尚紀で上手く突破してくれたと思う。その狙いが上手くいった。ただ、その中で、自分でも得点を決めるチャンスがあった。後半のミドルシュートは、決めなければいけないところ。決めきるか、決めきれないかで試合は変わってくることもあるので、一つ一つを大事にしていかなければ反省している。
チームとしても、今日の課題は得点を奪ったあとに失点をしていること。そのような失点がなかなか減らないので、そこは集中しなければいけない。あとは、4点入ったあと、もう少し上手く回して、裏を狙って追加点を取れたら良かったと思う。
だが、久しぶりのアイスタでの勝利は嬉しい。連勝もできたので、次またアウェイでしっかりと勝っていきたい。(C大阪を破った京都となるが)どこと対戦しても大変な試合は変わらない。1試合1試合に集中してやっていきたい。ゴールデンウイーク3連勝で、もっと上の順位にいけるようにしたい。

川口 尚紀

去年からなかなかホームで勝てず、ようやく勝ち点3を取ったことで選手たちはみんなホッとしている。今までも気持ちは強く持っていたが、悔しい試合が続いていたので、どんな形でも勝ち点3を取るという気持ちで臨んだ。それがチームとして上手く機能して、こういった大勝につながったと思う。
(先制ゴールのシーンでは)相手がゴール前を固めていて、自分のところにプレッシャーが来ていなかった。ボールを持った時に、中で3人の選手が準備をしていたので、アバウトにでも良いボールを上げれば、誰かが合わせてくれるだろうと思って上げた。弾道的にも狙い通りで、(大前元紀が)そのボールに上手く合わせてくれたと思う。2点目は、普段の練習から(鄭)大世選手と「このタイミングでニアに入る」というような話をしていて、練習が終わった後もクロスの練習をしていた。それが結果に結びついて良かった。
自分の良さはある程度出せたのかなとは思うが、失点の部分も自分が絡んでいるし、上位の強い相手はそういう隙を突いてくる。今日は試合を難しくしてしまったので、守備のところはもっとやらなければいけない。
チームとしては、3連勝はまだないので、勢いに乗って、次もしっかり勝ち点3を取れるように頑張りたい。

金子 翔太

開幕戦以来の出場となったが、最近はずっとコンディションが良くて、自分の感覚も良かった。(ミッチェル)デューク選手がケガをしたことなどもあると思うが、久しぶりにメンバーに入って出場できて、ホームで1年ぶりに勝てたことは本当に嬉しい。
4-1で勝っている状況での出場だったが、監督からは「どんどん前に仕掛けろ」ということと、「スペースを見つけて上手くボールを受けろ」という指示を受けて試合に入った。自分としては点差もあって、余裕もあったので、積極的にいこうと思ったが、少し消極的になってしまったところもあった。少ない時間でも、自分にできることはあったと思う。これからも出場機会を得られるように、日頃の練習からアピールして、次に出たときはゴールやアシストという目に見える結果を意識していきたいと思う。
チームが勝っている時に自分が出場しているということで、自分にとってもプラスになるし、次につながると思う。また、明日の練習からアピールして、(試合に)出場できるように良い準備をしていきたい。