清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J2リーグ 第12節  2016.05.08 Sun 18:04 岐阜メモリアルセンター長良川競技場

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • 大前 元紀(4分)

試合終了

  • 1前半1
  • 0後半0

1

  • 阿部 正紀(27分)
ロゴ:FC岐阜

FC岐阜

HOME

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 碓井 健平
24 DF 川口 尚紀
3 DF 犬飼 智也
2 DF 三浦 弦太
38 DF 福村 貴幸
7 MF 本田 拓也
28 MF 八反田 康平
8 MF 石毛 秀樹
39 MF 白崎 凌兵
17 MF 河井 陽介
10 FW 大前 元紀

Substitutes

13 GK 杉山 力裕
15 DF ビョン ジュンボン
22 DF 枝村 匠馬
11 MF 村田 和哉
16 MF 六平 光成
9 FW 鄭 大世
23 FW 北川 航也

FC岐阜

Line-ups

21 GK 高木 義成
17 DF 野垣内 俊
2 DF 阿部 正紀
27 DF 苅部 隆太郎
35 DF 磐瀬 剛
34 MF 田中 達也
28 MF 水野 泰輔
6 MF 高地 系治
33 MF レオミネイロ
10 FW レオナルド ロシャ
9 FW エヴァンドロ

Substitutes

22 GK ポープ ウィリアム
4 DF 岡根 直哉
7 MF 田中 パウロ淳一
14 MF 風間 宏矢
19 MF 益山 司
23 MF 小野 悠斗
29 FW 鈴木 ブルーノ

STATS

    45 90   90 45    
    4 4 8 シュート 11 8 3    
    4 4 8 GK 6 2 4    
    3 4 7 CK 3 1 2    
    5 4 9 直接FK 13 5 8    
    2 4 6 間接FK 1 0 1    
    2 4 6 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
村田 和哉 ← 石毛 秀樹(57分)
六平 光成 ← 本田 拓也(65分)
鄭 大世 ← 八反田 康平(76分)
交代 (46分)レオミネイロ → 岡根 直哉
(66分)高地 系治 → 小野 悠斗
(81分)レオナルド ロシャ → 鈴木 ブルーノ
画像:イエローカード白崎 凌兵(77分)
警告・退場 (2分)磐瀬 剛画像:イエローカード
(36分)高地 系治画像:イエローカード
(59分)レオナルド ロシャ画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
6,124人 晴/中風 23℃ 22% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
大野 辰巳 柿沼 亨 山村 将弘 日比野 真 中澤 涼 末永 隆

GAME FLASH

試合前

今日は岐阜メモリアルセンター長良川競技場でJ2第12節岐阜戦です。アウェイの連勝が止まったエスパルスですが、再スタートとなる試合を勝利で飾ります。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK碓井健平、DF川口尚紀、DF犬飼智也、DF三浦弦太、DF福村貴幸、MF本田拓也、MF八反田康平、MF石毛秀樹、MF白崎凌兵、MF河井陽介、FW大前元紀の11人。碓井健平、八反田康平は今季初出場となります。

試合前

岐阜先発メンバーは、GK高木義成、DF野垣内俊、DF阿部正紀、DF苅部隆太郎、DF磐瀬剛、MF田中達也、MF水野泰輔、MF高地系治、MFレオミネイロ、FWレオナルド ロシャ、FWエヴァンドロの11人。ブラジルトリオは揃って先発となります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 2分

エスパルス、岐阜の最終ラインのパスミスを奪った石毛秀樹が、エリア手前で倒されFK獲得。

前半 2分

岐阜、磐瀬剛にイエローカード

前半 4分

エスパルス先制!エスパルス、FKは大前元紀が直接狙い、ゴール右に飛ぶ。GK高木義成のセーブを弾き、サイドネットに突き刺さった。1-0

前半 5分

岐阜、右サイドの田中達也が、中に切り込み左足でミドルシュートも、碓井健平の正面。

前半 8分

エスパルス、八反田康平のカットから大前元紀、さらに右サイドの石毛秀樹とつなぐ。石毛秀樹はスルーパスを狙ったが、相手ディフェンスにカットされる。

前半 10分

エスパルス、右サイドから本田拓也のロングパスが、一発で裏に走り込んだ大前元紀の足元に。大前元紀のダイレクトシュートは、GK高木義成がセーブ。右CKに。

前半 11分

エスパルス、右CKは石毛秀樹がキック。ニアの三浦弦太はディフェンスに押さえ込まれながらも、強引にヘディング。枠をとらえることはできなかった。

前半 14分

岐阜、右サイドの野垣内俊がゴール前に放り込む。レオミネイロが頭で落とし、エヴァンドロが裏に走り込んだが碓井健平が飛び出して抑える。

前半 17分

エスパルス、八反田康平が中央で縦パス。大前元紀が反転して、エリア外から左足シュート。GK高木義成が何とかセーブした。

前半 18分

岐阜、カウンターでボールを持った右サイドの田中達也が中央に転がす。エヴァンドロが走り込んでいたが、碓井健平がエリア外まで飛び出してクリア。ピンチを防ぐ。

前半 21分

岐阜、中盤でボールを回し、ゴール前に放り込むタイミングを狙うが、レオナルド ロシャに石毛秀樹がプレスをかけてボールを奪い返す。

前半 23分

岐阜、右サイドの深い位置で野垣内俊スローイン。エリア内でボールを受けたエヴァンドロが粘るが三浦弦太が振り向かせずクリア。

前半 26分

岐阜、レオナルド ロシャのドリブルを八反田康平が体で止めてFK。

前半 27分

エスパルス同点に追いつかれる。岐阜、ゴール正面のFK。レオナルド ロシャが蹴って阿部正紀が頭で落とすと、田中達也がつめた。小林伸二監督、選手は田中達也のオフサイドを主張。猛抗議も実らなかった。1-1

前半 31分

エスパルス、空中戦を競り合った三浦弦太とレオナルド ロシャが激突しファウル獲得。エスパルスの選手はレオナルド ロシャに詰め寄る。ピッチ内はヒートアップしているようす。

前半 34分

エスパルス、最終ラインの三浦弦太が、右サイドで走り込んだ川口尚紀への見事なロングパス。川口尚紀は胸で落として中央に折り返すも、岐阜ディフェンスにクリアされる。

前半 36分

岐阜、高地系治にイエローカード。エスパルス陣内でボールを奪い、カウンターをしかけた大前元紀を倒した。

前半 41分

エスパルス、福村貴幸のクロスに石毛秀樹が頭で落として、白崎凌兵が飛び込むが岐阜ディフェンスにカットされる。こぼれ球を拾った石毛秀樹が再びゴール前に飛び込み、倒されたがPKとはならず。

前半 43分

エスパルス、左サイドで八反田康平が白崎凌兵とワンツーで抜け出す。エリア内で右足に持ち替えシュートを放つも、岐阜ディフェンスにクリアされる。

前半 45分

岐阜、右CK。レオナルド ロシャのキックは、三浦弦太がクリア。しかし外には出せず、ゴール前にボールが落ちるが福村貴幸が再びクリア。

前半 46分

前半アディショナルタイム3分。

前半 46分

エスパルス、エリア手前右からFK獲得。大前元紀がふわりとしたボールをゴールに送ると、石毛秀樹がヘディングシュート。ゴールの上に外れる。

前半 48分

岐阜、エヴァンドロが右サイドでボールを奪い、そのままドリブルでエリア内に侵入。三浦弦太が間合いをはかってブロックした。

前半 50分

ここで前半終了。大前元紀のFKで先制。その後、微妙な判定で追いつかれてしまいましたが、1-1で後半を迎えます。

HT

岐阜選手交代。レオミネイロから岡根直哉。

後半 1分

岐阜ボールで後半キックオフ。

後半 2分

岐阜、レオナルド ロシャが、ゴール前の田中達也にふわりとしたボールを落とすが、これはオフサイドの判定。

後半 4分

岐阜、田中達也が右サイドでドリブル。クロスを上げられてしまうが、犬飼智也が足を出して、碓井健平が抑えた。

後半 5分

岐阜、レオナルド ロシャのミドルシュート。後半立ち上がりから3バックになった岐阜を捕まえきれていない。

後半 6分

岐阜、中盤でパスをつなぎ、レオナルド ロシャがスルーパス。これは体を入れて、碓井健平が抑えた。

後半 7分

エスパルス、左サイドで白崎凌兵がターンから、シュート。これはサイドネットに外れる。

後半 9分

岐阜、自陣からエヴァンドロがドリブルで持ち込みエリア内に侵入しシュート。これは碓井健平の守備範囲。左手を伸ばして防いだ。

後半 12分

エスパルス選手交代。石毛秀樹に代わり村田和哉。

後半 12分

エスパルス、相手エリア内で大前元紀が粘ってボールをキープ。倒されたように見えたが、ノーファウルの判定。

後半 14分

岐阜、レオナルド ロシャにイエローカード。

後半 16分

エスパルス、右サイドで村田和哉を何度も使おうとするが、ようやく1本が通る。しかし、村田和哉のクロスは上手く足に付かなかった。

後半 20分

エスパルス選手交代。本田拓也に代わり六平光成。

後半 21分

岐阜、水野泰輔のクロスに田中達也がファーで合わせるが、枠を外れた。

後半 21分

岐阜選手交代。高地系治から小野悠斗。

後半 23分

エスパルス、右サイドで村田和哉が突破からゴールライン際でクロス。ファーの大前元紀には合わず、手前でクリアされてしまう。

後半 26分

エスパルス、左サイドから福村貴幸のアーリークロスはカットされ、クリアボールが裏に走り込む田中達也に。ピンチになりかけたが福村貴幸が戻って対応した。

後半 28分

エスパルス、右サイドの村田和哉がドリブルで抜け出す。ゴール方向にドリブルし、シュートはディフェンスに当たって枠を外れる。

後半 29分

エスパルス、右CK。福村貴幸がグラウンダーのボールを転がし、中央の大前元紀がキックフェイントで3人かわしシュート。しかし、岐阜ディフェンスにクリアされる。

後半 31分

エスパルス選手交代。八反田康平に代わり鄭大世。

後半 31分

エスパルス、右CK。福村貴幸の低いボールは岡根直哉がクリア。

後半 32分

エスパルス、白崎凌兵にイエローカード。

後半 33分

エスパルス、右サイド村田和哉からの低いクロスに鄭大世が無理な態勢からダイビングヘッド。ゴールの右に外れる。

後半 36分

岐阜、ゴール前、田中達也の落としをエヴァンドロが反転してミドルシュート。碓井健平がパンチングでクリアした。

後半 37分

岐阜選手交代。レオナルド ロシャから鈴木ブルーノ。

後半 38分

エスパルス、右CK獲得。福村貴幸のコントロールされたボールは、三浦弦太にはわずかに合わず。

後半 39分

岐阜、FK獲得。小野悠斗のボールに岡根直哉がヘディングシュート。これは枠を外れる。

後半 43分

エスパルス、碓井健平のスローイングで、右サイドの村田和哉がスペースに走り込むがエヴァンドロに体を入れられてしまう。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 48分

岐阜、小野悠斗のシュートを碓井健平が足でセーブ。再びシュートを打たれるも、三浦弦太がブロック。ここは守りきりたい時間帯。

後半 50分

ここで試合終了。後半は防戦一方の時間が続きましたが、何とか守り抜いた形になりました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・個人でプレーしないで、チームでやろう

・我慢強くやれば点は取れる

・立ち上がり前から守備をして、切り替えを早く!

FC岐阜
ラモス瑠偉監督

・ゲームに集中すること

・簡単にボールを失わないこと

COACH COMMENT

小林 伸二監督

良い(試合への)入りができたと思う。待望のフリーキックで得点ができたということ、コーナーキックも少しチャンスらしいものができたのでそこは良かったと思う。
(相手は)予定通りアプローチが良くて、食いつくので簡単に裏を取れるところが、センターバックとボランチが持ち出したときのサイドハーフとトップの連携が悪かった。点を取られた後、我々の攻撃でボール保持者が(ボールを)出せるタイミングではないのに動き出したりとかが、もったいなかったと思う。
後半は(相手は)マンツーマンに近いので、タイミング良く裏が取れれば簡単に破れるところがなかなかできなかった。(ボールを)足元に付けたときの(相手の)アプローチが鋭くて、チェックの動きだったり、フリックだったり、裏を取ったりというところが個人にあれば良かった。(相手のマークが)緩い中だったら(ボールを)持てるが、はめられるとそこの空間を外したり、もう一回動きを変えてボールをもらうという個人戦術が少し乏しい。なかなかトレーニングでこういう形はできないので、1-1の中から、(相手の)プレスを上手く回避して点が取れれば良かったと思うが、残念ながらそこまでいかなかった。個人からグループの連携はまだまだやる必要があるという気がする。
点を取った後、少し受けてしまってもったいない失点だったと思う。あのような(押し込まれた)ところで凌いで追加点というところまで乗り切れなくて、気がつくと追い付かれることが続いている。どうにかしてチームの力で乗り切って、次のホームで頑張っていきたいと思う。

<Q.失点場面はオフサイドだということで抗議をしていたと思うが、審判団の説明は?>
(ビジョンで)ビデオ(の映像)も出て、残念ながらオフサイドだと思った。レフェリーは確認するということだったがゴールになったので、良く判らない。であるならば(映像は)流さない方が良いと思う。
その後も危ないプレーがあって(レフェリーは)注意したと言い、その次からイエローが増えるということではなくて、選手のことを考えると明らかに(選手の身体へ)狙っている危ないプレーだったら、そこで(警告を)出さないとゲームは上手く流れないと思う。ハードにプレーしてものすごく攻守が入れ替わって面白いゲームだと思うが、レフェリーが付いていっていない。(レフェリーは)尊重しているが、(オフィサイドと思われる場面は)映像も出たわけで残念だと思う。もう一度(レフェリーで)話し合って欲しかった。

<Q.メンバーを入れ替えたが、DFラインを代えずにGKだけ代えた意図は?>
失点が多くて、少しナーバスになっているようなところがあったのでコーチングができる碓井にした。バックラインについては、ここで代えるより(彼らが)やれることを尊重しながらミスを修正していくということと、(こちらが)引いたときに(相手は)食い付くので、モビリティのある選手でトライをした。(ボールを)足元と裏というものが出たと思うが、点を取った後に受けてしまったのは残念だった。
(先発は)前の方をより攻撃的にしながらモビリティを出せれば良いと(思った)。(途中からは)両サイドハーフが白崎と石毛だと守備も十分できるのでサイドバックの守備も安定するということもあり、前の方を代えた。

PLAYERS' COMMENTS

碓井 健平

今まで試合に出ていない中でも支えてくれていた人もいるので、その人たちに恩返しをする意味でも、今日は本当に勝ちたかった。それができなかったのが悔しい。
(失点シーンは)まずは自分が出たら触らなければいけなかった。あとは、(壁の選手が)助走の時点でシュートはないと分かったはずなので、もう少しボールにアタックできれば良かったと思う。
最後のピンチは、相手をフリーにさせてしまって「まずいな」と思ったが、我慢をして先に倒れないようにして、ボールに集中をしていた。ファーは空いていたとは思うが、ニアしっかり締めて、取れるボールは確実に取ろうという冷静さがあったので、そこは良かったと思う。
(後半は)数的同数の場面が多かったが、(三浦)弦太も犬飼(智也)も一対一には強いので、そのこぼれ球やカバーはしっかりしようと最後まで集中していた。
自分たちにできることはまだあったと思うので、そこを突き詰めていけば勝ち点3を取れるようになる。次のホームに向けて、チームとして良い準備をしていきたい。

大前 元紀

(得点シーンは)最初にフェイントを入れてGKを動かすという駆け引きはしたが、(蹴るときは)壁を越えて枠に入れることだけを考えて蹴った。そこは上手くいったと思う。ここまで直接(フリーキックを)蹴る機会があまりなかったので、あったら決める自信はあった。ただ、コーナーキックや合わせるフリーキックからは点が入っていないので、そこから点が入るともっと楽になるし、ゴールを決めないと上にはいけないと思う。
相手にマンツーマンで守られて、自分が動いたところにみんなが上手く入るような攻撃ができなかった。自分たちの距離感が遠かったので、一人ひとりが近づいて、動いたスペースに走りこむことができればチャンスになったと思う。
最後は相手に押し込まれる時間が続いたが、ここには勝ちに来ているし、上とも差を縮めなければいけなかったので、最後まで勝ち点3を狙っていた。だから、この勝ち点1には納得できない。ただ、負けてないということでプラスに考えなければいけない。今日初めて試合に出た選手がもっとフィットして、誰が出ても良いようなチームになればもっと強くなる。残り30試合近くあるので、チーム全体のレベルを上げていけば、終盤に良い結果が出ると思う。

八反田 康平

相手のディフェンスがマンツーマンで来るので、その背後を狙おうという話をしていたが、そこを意識しすぎたところもある。それで長いボールが多くなって、自分たちがセカンド(ボール)を拾えず、相手のペースになったのかなと思う。相手はガツガツきていたが、そこは上手くかわす技術と、受け手と出し手のタイミングをもっと練習しなければいけない。あとは、2列目、3列目の選手が、相手をはがすようなドリブルなどがあっても良かったと思う。
(個人的に)今日はボールを受けようと意識して動いていたが、(ポジションが)相手のディフェンスとかぶってしまったり、タイミング的にもらえなかったりと効果的な動きができていなかった。練習や、練習試合でできているので、こういうチャンスが来たときに一発でできなければいけないし、そこができなかったことが悔しい。
チームが負けてチャンスをもらった自分たちが、チームを勝たせるための働きをしなければいけなかった。今日はふがいないプレーしかできなかったが、チームの勝利に貢献できるような選手になりたい。

三浦 弦太

失点のところは、まずはそうならないような守備をしなければいけない。セットプレーでやられてしまうことが最近多かったので、どうしても防がなければいけない場面だった。GKとDFの判断や、最後まで相手に体を寄せてプレーさせないようにするとか、やれることはあったと思う。(失点後)時間もまだあったし、点を取れるとは思っていた。焦る必要はないと思っていたが、みんなどこかでバタバタしているところもあったと思う。前半に追加点のチャンスはあったと思うので、そこで決めていればこのような展開にはならなかった。
後半になってからは自分たちのサッカーができていなかったし、相手のサッカーが出やすい展開になるように、自分たちが合わせてしまっていた。ただ、相手のカウンターや、(数的に)同数の局面もあったが、自分たちはリスクを負って攻めているので、そこは一対一で負けないように徹底してやろうと思っていた。次のホームは絶対に勝たなければいけないし、そこから連勝できるようにしていかなければいけない。

石毛 秀樹

相手がマンツーマンで来ているので、もっとボールを回した方が良かったのかなと思う。裏のスペースへの意識が強すぎて、「蹴って、走って」というサッカーをお互いにやってしまっていた。もっと効率よくボールを回していければ良かったと思う。チームとして回せれば簡単に裏を取れたと思う。その工夫が足りなかった。
(川口とコンビを組んで)自分が中に絞って川口がフリーで上がれるようなタイミングで2人とも動き出していたが、相手がマンツーマンでケアをしてきていた。今日は一緒に試合に出られたことは良かったが、川口の攻撃をもっと引き出したかった。お互いまだまだやれると思うので、これから頑張っていきたい。守備の部分では今年は頑張ろうと決めているので、その点では良かったと思う。また試合に出られるように練習からアピールしていきたい。