清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J2リーグ 第13節  2016.05.15 Sun 13:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

0

試合終了

  • 0前半0
  • 0後半1

1

  • 山崎 凌吾(65分)
ロゴ:徳島ヴォルティス

徳島ヴォルティス

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 碓井 健平
24 DF 川口 尚紀
3 DF 犬飼 智也
2 DF 三浦 弦太
38 DF 福村 貴幸
16 MF 六平 光成
7 MF 本田 拓也
11 MF 村田 和哉
10 MF 大前 元紀
17 MF 河井 陽介
9 FW 鄭 大世

Substitutes

13 GK 杉山 力裕
15 DF ビョン ジュンボン
22 DF 枝村 匠馬
28 MF 八反田 康平
30 MF 金子 翔太
39 MF 白崎 凌兵
23 FW 北川 航也

徳島ヴォルティス

Line-ups

1 GK 相澤 貴志
26 DF 橋内 優也
2 DF 福元 洋平
5 DF 石井 秀典
22 MF 広瀬 陸斗
16 MF 渡 大生
6 MF カルリーニョス
7 MF 木村 祐志
8 MF 岩尾 憲
19 MF 内田 裕斗
17 FW 山崎 凌吾

Substitutes

29 GK 杉本 大地
25 DF 冨田 大介
10 MF 大崎 淳矢
11 MF キム キョンジュン
14 MF 濱田 武
9 FW 長谷川 悠
23 FW 前川 大河

STATS

    45 90   90 45    
    5 7 12 シュート 12 6 6    
    4 6 10 GK 13 7 6    
    4 4 8 CK 5 2 3    
    6 3 9 直接FK 11 5 6    
    1 1 2 間接FK 1 1 0    
    1 1 2 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
枝村 匠馬 ← 福村 貴幸(61分)
白崎 凌兵 ← 鄭 大世(65分)
北川 航也 ← 本田 拓也(73分)
交代 (74分)山崎 凌吾 → キム キョンジュン
(79分)橋内 優也 → 冨田 大介
(87分)カルリーニョス → 濱田 武
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
10,469人 晴/弱風 22℃ 60% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
安間 和仁 飯田 淳平 聳城 巧 権田 智久 松澤 慶和 鶴見 智美

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ2第13節徳島戦です。5月の初勝利は、ここアイスタで。小林伸二監督の古巣を倒し、上位との差を詰めていきましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK碓井健平、DF川口尚紀、DF犬飼智也、DF三浦弦太、DF福村貴幸、MF六平光成、MF本田拓也、MF村田和哉、MF大前元紀、MF河井陽介、FW鄭大世の11人。本日は碓井健平の誕生日です。

試合前

徳島先発メンバーは、GK相澤貴志、DF橋内優也、DF福元洋平、DF石井秀典、MF広瀬陸斗、MF渡大生、MFカルリーニョス、MF木村祐志、MF岩尾憲、MF内田裕斗、FW山崎凌吾の11人。GK相澤貴志は14年にエスパルスに在籍しており、この試合が古巣対決となります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

徳島ボールで前半キックオフ。

前半 2分

エスパルス、左CK獲得。大前元紀のボールはニアで鄭大世と、GK相澤貴志が競り合う。ボールはゴールの左に外れて徳島ボールで再開。

前半 4分

エスパルス、鄭大世の素早いスローインから村田和哉が右サイドでドリブル。クロスはファーに飛び味方選手に合わせることができない。

前半 6分

徳島、中央から岩尾憲のスルーパスが通るが、碓井健平が出足よく飛び出してキャッチ。

前半 7分

エスパルス、右サイドの川口尚紀のクロスに、中央河井陽介が頭ですらしたが、後ろの鄭大世には合わなかった。

前半 10分

エスパルス、ゴール正面約25mの位置からFK獲得。福村貴幸が一度キックフェイントを入れ、大前元紀がキック。これは壁に跳ね返される。

前半 10分

エスパルス、河井陽介が左サイドからボールを高く上げるクロス。ここに三浦弦太が飛び込んだが足に当てただけの形になり、ゴール左に外れる。

前半 13分

エスパルス、鄭大世が前線でボールをキープし大前元紀に落とす。大前元紀はGKの前にボールを転がすが、鄭大世との呼吸は合わなかった。

前半 15分

エスパルス、エリア手前で犬飼智也が山崎凌吾と接触。犬飼智也は顔面を押さえて倒れ込むが、問題はないもよう。

前半 18分

徳島、自陣ハーフライン手前でFK獲得。内田裕斗が前線へ放り込むが、三浦弦太が頭で弾き返す。

前半 20分

エスパルス、村田和哉のカットから、相手のタックルもかわして右サイドでドリブル。クロスはエリア手前の鄭大世へ。トラップから左足シュートは相手のワンタッチもあってエスパルスボールに。

前半 21分

エスパルス、右CK。キッカーは本田拓也。鋭い弾道のボールは、ファーでフリーになった大前元紀へ。ワントラップからシュートも枠の上に外れる。

前半 22分

徳島、ゴール正面、本田拓也のマークを少し外したカルリーニョスがミドルシュート。これは碓井健平が正面でキャッチ。

前半 23分

エスパルス、ゴール前の混戦からこぼれてきたボールに福村貴幸が左足でグラウンダーのシュート。これはわずかにゴール右に外れる。

前半 28分

エスパルス、右サイドで村田和哉がドリブル突破。グラウンダーのクロスに鄭大世が中央に飛び込んだがシュートは打てず。その後ゴール前で粘り混戦になったが、シュートまでは持ち込めず。

前半 29分

徳島、左サイドの渡大生がカットインからシュート。これは碓井健平がパンチングで逃れるが、こぼれ球を木村祐志がミドルシュート。これは枠の上に外れる。

前半 33分

徳島、右CK獲得。カルリーニョスのボールは、大前元紀がタッチに逃げる。

前半 35分

徳島、内田裕斗のクロスを渡大生がヘディング。ふわりとゴールに向かったが、碓井健平が下がりながら飛びつきボールをかき出す。

前半 36分

徳島、左右で連続CKのチャンスを迎えるが、エスパルスディフェンスが何とか耐える。

前半 40分

エスパルス、エリア手前ゴール正面でボールを受けた六平光成が、ディフェンスを一人かわそうとするが、その前で相手に奪われる。

前半 42分

エスパルス、相手陣内中央右で大前元紀のFK。しかし、これはボールを蹴った瞬間に笛。ファウルがあったもよう。徳島ボールで再開。

前半 44分

徳島、エリア手前からカルリーニョスがグラウンダーの強烈なミドルシュートを放つ。碓井健平は一度こぼしたが、その後すぐに起き上がりボールを抑えた。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルスにチャンスはありましたが両チームとも得点が動かず、0-0から後半がスタートします。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、本田拓也が右サイドの村田和哉を走らせるパスを出すが、これは少し長すぎた。徳島のゴールキックからプレー再開。

後半 4分

エスパルス、左サイド河井陽介がクロスのこぼれ球を村田和哉がシュート。ボールがゴール前で混戦になり、福村貴幸のシュートはブロックされる。

後半 7分

エスパルス、河井陽介のパスに大前元紀がワントラップからシュートも橋内優也がスライディングでブロックされる。

後半 7分

エスパルス、左CK。大前元紀が丁寧に上げたボールは、ファーで犬飼智也がヘディング。これはサイドネット。

後半 9分

エスパルス、エリア手前でボールを受けた鄭大世が振り向きざまにミドルシュート。これはGK相澤貴志の意表を突いたがバーに弾かれてしまう。

後半 10分

エスパルス、ゴール前、GKとDFの間に嫌なボールが転がるが、碓井健平が飛び出して何とかボールに触れ、コースを変え難を逃れた。

後半 11分

エスパルス、エリア内で大前元紀のヒールから鄭大世がシュートを放つが、これはディフェンスに当たりコーナーキック。

後半 14分

徳島、左CK。木村祐志は低いボールを蹴ると、ニアで橋内優也が合わせ、ファーに福元洋平が滑り込んだがわずかに合わず。危ない場面だった。

後半 16分

エスパルス選手交代。福村貴幸に代わり枝村匠馬。

後半 19分

徳島、右サイドの広瀬陸斗が飛び出し、クロスを上げたが枝村匠馬が足を出してブロック。

後半 20分

エスパルス先制を許す。徳島、右CKを木村祐志から山崎凌吾が頭で合わせた。0-1

後半 20分

エスパルス選手交代。鄭大世に代わり白崎凌兵。

後半 22分

徳島、最終ラインで広瀬陸斗がボールを奪い、渡大生がシュートを放つも、碓井健平のポジション取りが良く正面でボールをキャッチ。

後半 24分

徳島、エスパルス陣内中央からFK。木村祐志のボールはそのまま流れてゴールラインを割る。エスパルスボールで再開。

後半 27分

エスパルス、左サイドから中央に入っていた枝村匠馬が白崎凌兵とワンツーからシュートを放つ。これはゴール惜しくもゴール右に外れる。

後半 28分

エスパルス選手交代。本田拓也に代わり北川航也。

後半 29分

徳島選手交代。山崎凌吾からキム キョンジュン。

後半 30分

エスパルス、犬飼智也が北川航也とワンツーで抜け出したが、徳島ディフェンスのタックルに入られる。

後半 31分

エスパルス、ゴール前のロングボールを三浦弦太が頭で落とし、大前元紀がダイレクトにシュートを放つが、ゴールの左に外れる。

後半 33分

エスパルス、白崎凌兵のパスに抜け出した北川航也がワントラップからシュートを放つが、徳島ディフェンス2枚のスライディングに防がれる。

後半 34分

徳島選手交代。橋内優也から冨田大介。

後半 35分

徳島、右サイドの渡大生が深い位置からマイナスのクロス。木村祐志が合わせるが、ボールはゴールを大きく外れる。

後半 38分

徳島、村田和哉とマッチアップした内田裕斗が足を負傷。一旦ピッチを外れる。

後半 40分

エスパルス、FKを素早く初めて大前元紀がエリア手前からシュートも石井秀典にブロックされる。

後半 42分

エスパルス、右サイド川口尚紀のクロスに、大前元紀が頭で合わせたがゴールの左に外れる。

後半 42分

徳島選手交代。カルリーニョスから濱田武。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

エスパルス、河井陽介が後方からボールを放り込み犬飼智也の頭に合わせるが、上手く当てることができなかった。

後半 49分

エスパルス、ゴール正面約25mの位置から白崎凌兵がミドルシュート。しかし、これはGK相澤貴志の守備範囲だった。

後半 50分

ここで試合終了。笛が鳴った瞬間、エスパルスサポーターから大ブーイングが聞こえます。試合は0-1で敗れ、3試合ぶりの勝ち星とはなりませんでした。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手のロングフィードに対するポジション、対応をしっかりすること。
・組織でボールを動かしていくこと。
・自信を持って攻めきろう!

徳島ヴォルティス
長島 裕明監督

・前半は上手く出来ていたから、これを続けていくこと。
・もっとシュートで終われるぞ。貪欲にいこう。
・後半の入り、もう一度集中していこう。

COACH COMMENT

小林 伸二監督

立ち上がりから30分程はリズムは良かったと思うが、その後少しリズムを崩したというのと、ミスが多かった。ハーフタイムに、もう少し展開を大きくということと(ボールを)持ち出すことができるから落ち着いてやれということで送り出した。リスタートでの失点がクリアできていないが、それが凄く重たく選手に映ったと思う。チャンスがある程度作れた中で、1点を(取って)同点にしたりということが、今日はできなかったことは残念だと思う。右サイドを少し消されていたが、上手くオーバーラップしたり中央を収めたりということが上手くいかなかったので、(交代)カードを切りながらいけるなという感じで(点が)取れればと思っていたが、あのような失点をしてしまって、その失点が重たく(なった)。応援してもらったり、期待を背負っているのは分かるので、そのようなところが少し重いのかなと。良いところまでいくが、もうひとつ収まらない、シュートが枠に入らない。ちょっとしたところで収められた(点を取られた)ので残念だが、失点のところをクリアする、リスタートをクリアする、1点取られても(点を)取れるというところに持っていきたいと思う。(攻撃で)サイドのところと、サイドがダメだったら中央のところができつつあるので、より回数と精度を上げていく必要があると思う。もう少しのところまできているので、そこは伝えながら点が取れるようにしていきたいと思っている。

<Q.枝村選手をサイドバックで起用した理由と評価は?>
枝村は右サイドバックとして準備していた。今日は福村が少し重たくて、あそこからピンチを食らっていたので0-0だったが少し怖いと思い、枝村が去年やったことがあるということで左に据えた。中の選手をサイドバックに落とすよりも、元気がある選手を入れた方が良いということで据えた。攻撃は上手く絡んだと思う。本職ではないので、CBが流れて戻るところのローリングだったりカバーするところは少し悪かったと思うが、攻撃の起点にはなったと思う。攻撃のところでいくと悪くはなかったと思う。

<Q.引いてこない相手に対して、前半の途中から主導権を握りきれなかったという印象だが、どう考えているか?>
相手に主導権を握られたのは、(相手)センターバックから1トップに(ボールを)入れられて裏を取られたところで(こちらの)センターバックが慌てたというところ。(相手の)3バックの右の1枚に河井がプレスをかけているので、予想通りに右足からロングボールが入った(ときの)セカンドボールが拾えなかった。そういうところでリズムが狂ったと思う。あのような時に(相手は)中盤を使うのではなくて、前から蹴っているので、(こちらの)FWがプレスをかけるということと併せてコンパクトになる(必要がある)。センターバックのどちらかがボールサイドにずれることとロングボールを蹴られたときにセンターバックがボランチのところまでコンパクトにならないと(いけない)。我々のボランチが相手のボランチを見ると、(相手の)シャドーに(ボールが)入るとスカスカになってしまう。リズムの良いときにコンパクトになれなかったのが30分以降慌てた問題だったと思う。
後半、そこはコンパクトにするということでは悪くはなかったと思うが、(相手の)強さに押された時に、後ろがコンパクトになるということができなかった。逆にプレスをかけると(ロングボールを)蹴られてセンターバックの2人の真ん中にいる渡(大生)に走られているだけだが、どちらが見るのかというところ。(相手が)裏へ走ったら「裏走った」と言っているのか、走るのが右サイドだったら、(中を)締めておいて走ってローリングするという連携がもったいなかったと思う。そこ(ロングボール)を弾くとセカンドボールが本田だけで、六平は戻りが遅い。(相手は)シンプルに蹴っているので中をコンパクトにするということができれば(良かった)。言われて(から)動くとやはり遅い。攻撃はできると思うが、当然相手も攻撃するわけで、ゲームを進めていく中で前半ラスト15分位は相手の方に勢いがあった。

<Q.セットプレーの失点が多く課題だと思うが、改善点は?>
(こちらのセットプレーの守備が)弱いということで分析してきていると思う。今日も普通にマンツーマンで付くということになっているが、例えば3人位固まると一番奥に大きい選手がいる。そこを一番外からマークしても、割って入って行かなければ付けない。でも、そういうところで(相手が)見えているから(入っていかなくても)いいということが出てしまう。それが前半に通用すると、後半もそれをやってしまう。だからこちらの(ヘディングが強い)2番手の選手が付いているのだが、こちらの選手は助走なしでブロックに行くぐらいで、(相手は)当然助走をつけて走っているから、上から叩かれた現象になっている。でも、つばぜり合いをしておけば動きがあるかもしれないが、そこまで叩けないはず。そういうところが出てきてしまうということは、まだ細かく私が教えてすり込んでいないということになると思う。(ヘディングが強い)1番手、2番手のところが軽くあのようにやられると、やはりポジション取りの甘さがあるのかもしれない。もっとポジションをレフェリーには注意されない程度にしっかりはめていくというところができていないという感じがする。そこはメンタル的にもその人にも負けない、戦うというポジション取りではないので、残念だったと思う。そういうところは直していかないとやられてしまう。今日もそのような現象が出てしまった。

PLAYERS' COMMENTS

枝村 匠馬

(監督には)マークの確認やポジショニングについての指示を聞いて試合に入った。ただ、すぐに失点をしてしまったので、攻撃せざるを得ない状況になってしまった。(左サイドだったが)出たところでしっかりとやれたら問題はなかったが、結果が残せなかったので残念に思う。
(ベンチで見ていて)パスコースが少ないなと思っていた。実際に(試合に)出ても、前にパスコースがないなということは感じた。そこは色々と問題があると思う。追う展開になればある程度バランスは崩れるのは仕方ないのかもしれないが。
(久しぶりに試合に出て)試合勘の部分で、なかなか難しいところはあった。今日はできたことがほとんどなかったと思う。次は良い状態で入っていけるようにしたい。

村田 和哉

後半は自分たちがボールを持つ時間が少なかった。(相手が)前からプレッシャーをかけてきて、六平(光成)や、本田(拓也)選手が落ち着いてボールを持つことができなかったことが(要因として)あったと思う。それで蹴るしかなくなってしまった。中盤が良い形でボールを受けられなくなったので、上手くボールが入ってこなかったり、難しいロングボールがサイドに入っていた。また、自分のサイドもしっかりと抑えられていたところもある。相手の監督も細かい指示を出していたし、そこでしっかりと修正してきていた。そういう意味では警戒されていたと思う。だが、そこを打ち破れないのは自分の問題。自分が(サイドを)破れている時は、エスパルスの攻撃ができている。逆に自分が突破できなかったときは厳しい試合になってしまう。自分が(攻撃の)生命線だと思っているので、責任を感じているし、役割を全うできなかったのは悔しい。
今はチームにとって一番苦しいとき。(シーズンの)序盤も良くはなかったが、調子を上げてきた。ここでどう奮起するかが、これからのエスパルスに懸かってくると思う。

大前 元紀

(試合後にブーイングがあったが)そうされるような結果だと思うし、全ては自分たちが招いたもの。チャンスも自分たちの方が多かったと思うが決めきれず、逆に相手の1本のセットプレーで敗れてしまうという、最近の悪い流れのままになっている。自分たちの力で、それを変えていかなければいけない。
(試合は)相手のボランチも捕まえきれていなかったし、そこから良いボールを何本か出されていた。「行くなら行く」、「行かないなら行かない」という意思統一がチームとしてできていなかった。
ただ、前半はゼロで抑えられたことは良かったと思う。でも、今の段階ではセットプレーでも点を取られているし、ホームで勝てていないというのもあって、0-0で折り返したとしても、良くはない雰囲気になってしまっている。それを早く変えなければいけない。
今日負けたのは自分たちの力(が足りない)。昨季J1から落ちて、今J2で戦っていて、自分たちの甘さや覚悟が足りない部分があると思う。もう一度考え直して、自分たちが何をしなければいけないのか、どうあるべきかを一人ひとりが考える必要がある。1週間しっかりと考えて、次のリーグ戦を迎えたい。

河井 陽介

試合の流れを読まなければいけなかったし、やられてしまってはいけないところでやられてしまっている。相手に隙を与えてしまう場面も多かった。その中でも今日は特に距離感が良くなかったと思う。縦に入っても近くに誰もいないし、ワンタッチプレーもほとんどなかった。それだと相手も崩れない。事故のような形にならなければ、チャンスになっていなかった。それを解消するためには、みんながもっと動かなければいけない。誰かが動き出さなければ、スペースも生まれないと思う。練習ではできているが、試合になってみると、少しずつずれてしまっている。みんなホームで「良いプレーをしよう」と思い過ぎているところもあるかもしれないが、それが悪い方に向いてしまっている。
次節は連敗だけは許されないと思う。今の時点で負けが多すぎるので、これからアウェイだろうがホームだろうが全試合勝つつもりでやっていきたい。

犬飼 智也

前半に相手のペースになった時間帯もあったが、相手の良い時間を耐えることができれば、自分たちにもペースが来ると信じて守っていた。それはゼロで抑えることができていたが、(後半に入って)課題のセットプレーでやられてしまった。注意しているところでやられてしまったのは悔しい。
(セットプレーは)毎試合注意しているし、マンツーマン(ディフェンス)なので個人個人が責任を持ってやっている。でも防ぐことができなかった。セットプレーは今後も課題になると思うが、いつまでもやられるわけにはいかないので、この経験を次につなげていきたい。
次の試合に向けて気持ちを切り替えなければいけないが、次の試合ではゼロで抑えることに全力を尽くしたい。