清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

明治安田生命J2リーグ 第14節  2016.05.22 Sun 16:03 味の素スタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • 白崎 凌兵(6分)

試合終了

  • 1前半2
  • 0後半0
DAZN

2

  • 高木 大輔(44分)
  • 高木 善朗(45+2分)
ロゴ:東京ヴェルディ

東京ヴェルディ

HOME

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 碓井 健平
24 DF 川口 尚紀
5 DF ヤコヴィッチ
45 DF 角田 誠
25 DF 松原 后
17 MF 河井 陽介
7 MF 本田 拓也
30 MF 金子 翔太
39 MF 白崎 凌兵
10 MF 大前 元紀
23 FW 北川 航也

Substitutes

13 GK 杉山 力裕
15 DF ビョン ジュンボン
38 DF 福村 貴幸
8 MF 石毛 秀樹
16 MF 六平 光成
9 FW 鄭 大世
11 FW 村田 和哉

東京ヴェルディ

Line-ups

31 GK 鈴木 椋大
30 DF 高木 純平
23 DF 田村 直也
3 DF 井林 章
6 DF 安在 和樹
8 MF 中後 雅喜
11 MF 南 秀仁
10 MF 高木 善朗
17 MF ドウグラス ヴィエイラ
2 MF 安西 幸輝
18 FW 高木 大輔

Substitutes

1 GK 柴崎 貴広
15 DF ウェズレイ
16 MF 中野 雅臣
20 MF 井上 潮音
28 MF 楠美 圭史
7 FW 杉本 竜士
25 FW 平本 一樹

STATS

    45 90   90 45    
    3 8 11 シュート 11 4 7    
    5 3 8 GK 11 6 5    
    1 3 4 CK 3 2 1    
    3 11 14 直接FK 14 8 6    
    1 3 4 間接FK 1 1 0    
    1 3 4 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
村田 和哉 ← 金子 翔太(46分)
鄭 大世 ← 本田 拓也(78分)
石毛 秀樹 ← 北川 航也(89分)
交代 (39分)南 秀仁 → 井上 潮音
(70分)高木 善朗 → 杉本 竜士
(79分)高木 純平 → 中野 雅臣
画像:イエローカードヤコヴィッチ(36分)
画像:イエローカード松原 后(45+1分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
8,792人 晴/中風 26.5℃ 42% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
猿沢 茂 木村 博之 唐紙 学志 大川 直也 山口 博司 小山 修

GAME FLASH

試合前

今日はJ2第14節東京V戦です。天候は晴。かつての黄金カードで、エスパルスは3試合ぶりの勝利を目指します。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK碓井健平、DF川口尚紀、DFヤコヴィッチ、DF角田誠、DF松原后、MF河井陽介、MF本田拓也、MF金子翔太、MF白崎凌兵、MF大前元紀、FW北川航也の11人。ヤコヴィッチ、角田誠、松原后が今季初出場です。

試合前

東京V先発メンバーは、GK鈴木椋大、DF高木純平、DF田村直也、DF井林章、DF安在和樹、MF中後雅喜、MF南秀仁、MF高木善朗、MFドウグラス ヴィエイラ、MF安西幸輝、FW高木大輔の11人。こちらもメンバーを3人変えています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

東京Vボールで前半キックオフ。

前半 1分

東京V、中盤で安西幸輝が河井陽介からボールを奪い、シュートまで持ち込む。これは勢いがなく、ゴール右に外れる。

前半 3分

エスパルス、右サイドで河井陽介、金子翔太のパス交換から、本田拓也がスルーパスを狙うが合わせることができなかった。

前半 6分

エスパルス先制!大前元紀のスルーパスから白崎凌兵が抜け出し、左サイドから逆サイドのネットに突き刺した。1-0

前半 8分

エスパルス、大前元紀が左足を抑えてピッチに座り込む。すぐに起き上がってプレーは再開している。

前半 9分

エスパルス、右サイドの金子翔太がドリブルからふわりとしたクロスに、白崎凌兵が右足で合わせる。2点目かと思われたが、わずかにゴール左に外れる。

前半 12分

東京V、左サイドからドウグラス ヴィエイラが強引に中に切り込み、南秀仁にパスを送ったが、エスパルスディフェンス陣が囲みこみボールを奪い返した。

前半 14分

エスパルス、ハーフライン付近でボールを奪うと、大前元紀が北川航也にスルーパスを出すが、これはわずかに合わず。エスパルスの中盤の守備がこの日は機能しているもよう。

前半 15分

エスパルス、左CK。大前元紀のボールはゴール中央でGK鈴木椋大にパンチングでクリアされる。

前半 16分

エスパルス、ゴールラインを割りそうなボールを、北川航也がゴール前に上げると、角田誠が頭で落としたが、ボールはそのままGK鈴木椋大の元に。

前半 21分

エスパルス、右サイドから大前元紀の鋭いクロスに相手ディフェンスがクリアできず、白崎凌兵がボールをキープ。白崎凌兵は金子翔太とワンツーからシュート。これもわずかに左に外れる。

前半 23分

東京V、中後雅喜からドウグラス ヴィエイラへの縦パスにヤコヴィッチが寄せたが、エスパルスがファウルを取られる。高木善朗のFKは角田誠が頭で跳ね返した。

前半 26分

東京V、中後雅喜がお腹を押させてピッチ上に倒れいている。白崎凌兵と接触があったもうよう。

前半 27分

東京V、中後雅喜が起き上がりプレー再開。

前半 28分

東京V、ドウグラス ヴィエイラが高木善朗とワンツーでボールを受け、スルーパスを出そうとしたところ、ヤコヴィッチが足を伸ばして防いだ。

前半 31分

エスパルス、高木善朗が自陣からロングパスで状況を打開しようとするも角田誠がしっかりと対応。

前半 33分

東京V、ドウグラス ヴィエイラがピッチ上で足を押さえて座り込むが、この間に両チームの選手が一斉に水を取る。

前半 36分

エスパルス、ヤコヴィッチにイエローカード。中盤でボールを奪いドリブルを仕掛けたドウグラス ヴィエイラを倒した。

前半 37分

東京V、エスパルス陣内中央でFK。高木大輔が直接ゴールを狙ったが、ゴールの上に外れる。

前半 37分

エスパルス、裏に出されたボールをヤコヴィッチが戻って対応したが、碓井健平を狙ったバックパスがずれて相手にコーナーを与える。

前半 39分

東京V選手交代。南秀仁から井上潮音。

前半 40分

東京V、中盤にこぼれたボールを中後雅喜が思い切ったミドルシュートも、勢いがなく碓井健平が落ち着いてキャッチ。

前半 41分

東京V、高木善朗が浮き球のスルーパスを高木大輔に送ったが、碓井健平が前に飛び出してキャッチ。

前半 43分

東京V、ドウグラス ヴィエイラが中央に持ち込み、縦の高木大輔に一度くさびを当て、リターンをシュート。碓井健平は一度弾いたが、しっかりとリカバー。

前半 44分

エスパルス同点に追いつかれる。東京V、安在和樹が左サイドゴールライン際からふわりとしたボールをゴール前に上げると、高木大輔が頭で押し込んだ。1-1

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 46分

エスパルス、松原后にイエローカード。

前半 47分

エスパルスリードを許す。東京V、井上潮音のシュートはエスパルスディフェンスに当たって勢いが弱まったが、高木善朗が詰めて押し込んだ。1-2。

前半 48分

ここで前半終了。立ち上がりは良かったエスパルスですが、前半終了間際の失点で逆転されました。ハーフタイムで気持ちを切り替えて、後半に向かいます。

HT

エスパルス選手交代。金子翔太に代わり村田和哉。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、本田拓也のサイドチェンジから村田和哉が後ろに戻し、川口尚紀がゴール前にクロスを上げるが、これは上手くコントロールできず。

後半 2分

東京V、中後雅喜からのボールに高木大輔が飛び出し、シュートを放つが碓井健平が何とかセーブ。

後半 4分

エスパルス、河井陽介が浮き球でゴール前に送ると、北川航也が走り込んだがオフサイドの判定。

後半 6分

エスパルス、右CK獲得。大前元紀のボールは相手ディフェンスにクリアされ、カウンターを受ける。ドウグラス ヴィエイラへのボールを碓井健平が飛び出し東京Vの攻撃を押さえ込んだ。

後半 7分

東京V、井上潮音がゴール前でボールを奪い、狙いすましたシュートを放ったが、ゴール右に外れる。

後半 10分

東京V、エスパルス陣内でドウグラス ヴィエイラが倒れており、担架が入る。

後半 12分

東京V、ドウグラス ヴィエイラは担架に乗らずピッチ外へ。

後半 12分

エスパルス、北川航也がエリア内で一人交わすも、シュートを打てず。こぼれ球を拾い、河井陽介がミドルシュートを放ったが、これは相手ディフェンスに阻まれる。

後半 15分

東京V、高木善朗が中盤でボールを奪い、高木大輔にスルーパス。しかし、これはタイミングが合わず、ボールは流れた。

後半 16分

エスパルス、右サイドの村田和哉からのクロスに白崎凌兵が頭で合わせたが、ゴールの上に外れる。

後半 17分

東京V、右CK獲得。高木善朗のボールは北川航也がニアでクリア。

後半 19分

エスパルス、ロングボールに走り込んだ高木大輔を、ヤコヴィッチが倒してしまいファウルを受ける。

後半 20分

東京V、FKは高木善朗の低いボール。高木大輔がダイビングヘッドで折り返すが、エスパルスディフェンスがクリア。

後半 22分

エスパルス、エリア手前やや右でFK獲得。大前元紀はゴール前に上げるのではなく、壁の横を抜けるシュート。GK鈴木椋大の逆を突いた感じになったが、上手くセーブされた。

後半 23分

エスパルス、左サイドの白崎凌兵からのクロスから、最後はゴール前にいた村田和哉がボレーを放つも、上手く当たらなかった。

後半 25分

東京V選手交代。高木善朗から杉本竜士。

後半 28分

エスパルス、大前元紀と北川航也のワンツーで中央からの崩しを試みるも、最後のパスがずれて上手くつながらない。

後半 31分

エスパルス、左CK獲得。キッカーは河井陽介。高いボールに、ファーの北川航也が倒れ込みながらシュートを放つがゴールの右に外れる。

後半 33分

エスパルス選手交代。本田拓也に代わり鄭大世。

後半 34分

東京V選手交代。高木純平から中野雅臣。

後半 35分

エスパルス、鄭大世が落としたボールに大前元紀がシュートを放つも、GK鈴木椋大の正面。

後半 37分

エスパルス、相手のキックミスを拾い、カウンター。左に開いていた大前元紀のクロスは鄭大世の頭に合わなかった。

後半 39分

エスパルス、左CK獲得。大前元紀のボールは、ゴール前の角田誠にわずかに合わなかった。

後半 41分

東京V、右サイドからカットインした中野雅臣が、エリア外からシュートを放つも碓井健平が正面で抑えた。

後半 43分

エスパルス、ゴール正面の位置で大前元紀が粘ってボールをキープ。相手ディフェンスに囲まれながら、最後は白崎凌兵がループ気味に裏を狙ったが、繋がらない。

後半 44分

エスパルス選手交代。北川航也に代わり石毛秀樹。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 47分

エスパルス、自陣右サイドタッチライン際でボールを持ったドウグラス ヴィエイラに対して鄭大世が厳しいスライディングで気迫を見せる。

後半 49分

エスパルス、右サイドの川口尚紀からのクロスはファーに流れたが、白崎凌兵が粘り、後ろの松原后へ。松原后のミドルシュートはディフェンスに阻まれる。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは先制したものの、前半終了間際のゴールで逆転負け。痛い2連敗となってしまいました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・サイドを上手く使って幅広く攻撃していくこと

・あと45分ある。立ち上がり集中して、まず1点取っていこう!

東京ヴェルディ
冨樫 剛一監督

・あと45分ある。まだ何も手にしていない

・攻守の切り替えをもっと早く、球際で絶対に負けるな!

・サイドを上手く使っていこう

COACH COMMENT

小林 伸二監督

ゲームの入りは良かったと思う。ただ、失点をする前に大きな展開をされたところで、少しスライドが遅いということと、1点目もそうだが、サイドバックが食いついた方が良いのか、受け渡してそのままサイドハーフのカバーができなかっただろうかということ。合わせてGKの判断というところ。もう一つは、あの時間帯でもう1点取られてしまうというのは、やはり厳しかったと思う。
後半落ち着いて1点取ろうということで、いくつかのチャンス(を作ったり)とシステムを変えながらトライしたが、そうなると焦ってしまって残念ながらこういう結果になってしまった。少し崩れるとあのような形で崩れてしまうというのは残念。今回はリスタートのところ、フリーキック、コーナーキックのところは凌げたと思うが、流れの中でやられてしまったのは残念。
一週間後にホームで(試合が)やってくるので、今日のゲームで大きなケガをしているわけではないので、リカバリーをして前に進めていきたいと思う。


<Q.大幅にメンバーを代えたが、その意図は?>
まずCBがケガということ。右はそのまま、左はだいぶコンディションが上がってきた松原を使った。ボランチに下を本田が抑えながら、河井については散らすことと前線にボールを出せるのでボランチをやらせた。両サイドに白崎、金子を置いたのはコンディションが上がってきたということ。(トップは)テセと大前でやってたが、足が動ける北川を使ったというところで、練習試合をしながらパフォーマンスの良い選手を使って今回は臨んだ。
決して負けたからというわけではなくて、練習試合ですごく良い表現、プレーを出していたので、良い入りをしたと思うが、残念ながらこのような結果になった。ボールも河井を元に散らせたので悪くはなかったと思うが、蹴り込まれてきたときの弾き返しだったり、カバーだったり、スライドというのが少し良くなかった気がする。

<Q.モビリティに期待して7ヶ所のポジションを代えたが、そのモビリティの部分はどうだったか?>
ものすごく悪くはなかったと思うが、点を取ったあとに入りが良くて、あのように引き込まれるというのはあると思うが、やはり守備のところが不安定になったというところ。メンバー的にセンター(バック)は調子が良いということで2人(角田、ヤコヴィッチ)を選んでいるので、そこは悪くはないといいうことと、松原についても福村よりパフォーマンスが上がっていたということで選んだので、それは悪くないと思う。
良い形で点を取って、いくつかのチャンスを取れなくて、(点の)取られ方が悪くて自分たちで自滅した形になると思う。それで後半、(点が)取れれば良かったが、どうしてもそうなると重くかかってしまっているというのが現状だと思う。

PLAYERS' COMMENTS

角田 誠

個人としてはコンディションも良かったし、気持ちも入っていたが、チームとして「勝ち」だけが欲しい試合を落としてしまって非常に苦しい。(前半の30分が過ぎて)ボール持っている時も、守備の時も、選手の距離が少し広くなってしまった感じがあった。簡単なパスミスで相手にカウンターを食らったりしてしまっていたので、一つのパスをしっかりつけるとか、細かいところをしっかりしないとゲームの流れが変わってしまう。(チームとして)ボールを保持したいという意図があったと思うが、距離感が徐々に遠くなってきたし、相手が多少前から来た部分もあるが、それをいなせるくらいの選手はいるし、そこはしっかりやらなければいけなかった。
このように勝ってない状況であっても、ネガティブになるのが一番やってはいけないこと。危機感を持ちながら、日々のトレーニングで自信を持つことが大事になる。幸い一週間ではあるが、もっともっと細かい部分を突き詰めていきたい。

白崎 凌兵

(前半のゴールは)やってやるという感覚はあった。でも、その流れで追加点が取れないということと、あとはピッチにいる自分でも違和感が少しずつ出てきていることを感じていて、それが整理できないままチームとしてもバタバタしてしまったことで(相手に)流れを持っていかれた。失点の部分も、2失点目が早すぎるのはいつも課題になっているし、立て続けに点を取られるとやはり難しくなってしまう。今年はこういった試合が多く、今までの戦いがそのまま現れてしまった。
(個人としては)相手を外してチャンスを作れていたと思うが、そこでもう一人(相手を)剥がせればもっとチャンスは増えると思った。ゴール前のアイディアや崩しのところでチームとして足りない部分もあるので、もっと違いが出せれば良かったのかなと思う。
ブーイングされて当然の内容だし、自分がサポーターの立場だとしても同じ気持ちになる試合だと思う。もっと単純なところで、球際で負けないとか気迫が足りなかった。1失点目も球際の部分から失点しているし、ボールが無いところでの戦いでもっと気迫を見せていかないといけない。なかなか期待に応えられない試合が続いているが、もう一度ホームで勝って勢いをつけていきたい。

金子 翔太

今週はずっとコンディションが良くて、試合の準備はできていた。(初先発だったが)緊張はせずにいつも通りの気持ちで試合に入れたとは思う。体は多少硬さがあったかもしれないが、前に行くという部分ではできていたと思う。ただ、失点シーンのところももう少し対応の仕方も考えなければいけなかった。アンラッキーな部分もあったが、一発で行ってしまったところがあるので、我慢して対応しても良かったのかなと思う。
(チームとして)序盤で得点が決まって立ち上がりは良かったが、間延びしてしまったところもあるのかもしれない。ボランチとフォワードや、センターバックとボランチの間にスペースを作ってしまった。相手のボランチに誰がプレッシャーをかけるのか、はっきりできなかったところもあると思う。それも失点につながったと思う。
個人としては、攻撃ではもっと積極的にボールを受けても良かったと思う。今日は45分で代わったということが監督の自分への評価。それでも、前を向いて気持ちを切り替えてやっていくしかない。

北川 航也

前半の中盤くらいから、ボランチのケアや、相手の8番(中後雅喜)と10番(高木善朗)のところで起点を作らせないという、自分としては守備の部分で上手くいかなくなっていた。FWのどちらかが(前に)行ったら、もう片方が相手のボランチを消すということは(監督から)言われているところだった。紅白戦ではできていても、試合になるとできないところがあるので、そこは修正しなければいけない。
(試合への)入りが良くて早い時間に先制できて、そのあと落ち着いてやれたら良かったが、修正できずに終わってしまった。
(攻撃では)相手の背後を突くというところが自分のストロングなので、そこは意識してやっていた。でも、そこはパスの出し手とのタイミングを合わせていかなければいけないし、もっと要求していかなければいけないと思う。もう次の試合はすぐに来るので、ホームで必ず勝たなければいけない。

村田 和哉

(前半で)負けている状況だったので、自分がチャンスを作らないといけないと思っていた。(交代の時は)監督からも攻撃の指示だけで、「自分の持っているスキルを出して欲しい」ということを言われていたので、何としてもやらなければいけないと気合いを入れていた。
それでも、チームとしても上手くいかず、なかなか良い形でボールが回っていなかったし、自分としても良いところでボールを受けられなかった。東京Vの守備陣は高さもあったし、一人ひとりの頑張りもエスパルスを苦しめる結果になってしまったと思う。
前半はベンチで試合を見ていて、20分くらいまではエスパルスも良かったが、そこから攻撃のチャンスが少なくなってきていた。自分の交代が良いきっかけになれればと思ったが、それができなくて残念だし、悔しく思う。